昭和残侠伝 吼えろ唐獅子のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 昭和残侠伝 吼えろ唐獅子
 > (レビュー・クチコミ)

昭和残侠伝 吼えろ唐獅子

[ショウワザンキョウデンホエロカラジシ]
1971年【日】 上映時間:96分
平均点:6.67 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(1971-10-27)
アクションドラマシリーズものヤクザ・マフィア
新規登録(2010-10-17)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2017-01-15)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督佐伯清
助監督沢井信一郎
演出日尾孝司(擬斗)
キャスト高倉健(男優)花田秀次郎
池部良(男優)風間重吉
鶴田浩二(男優)三州政治
松方弘樹(男優)風間文三
松原智恵子(女優)加代
由利徹(男優)阿野金一
葉山良二(男優)黒田米吉
諸角啓二郎(男優)稲葉寅松
小林稔侍(男優)舟木勝
今井健二(男優)小岩源七
須賀良(男優)平賀忍五郎
藤山浩二(男優)井岩又市
中田博久(男優)村井音松
清水元(男優)岩佐幸平
脚本村尾昭
音楽木下忠司
主題歌高倉健「昭和残侠伝」
撮影星島一郎
企画俊藤浩滋
吉田達
配給東映
美術藤田博〔美術〕
編集田中修
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 シリーズ第8作。今回は高倉健、池部良の風花コンビに加え、鶴田浩二まで登場している。内容は義理や筋を通すことへの苦悩がよく描かれた典型的な任侠映画らしい任侠映画になっていて面白いし、出来としてはそんなに悪くない。でも、マキノ雅弘監督の担当した回と比べると佐伯清監督(本作で監督作初鑑賞)の本作は脇役の描き方がイマイチに思え、そこが物足りなく感じる(単に慣れの問題かもしれないが。)し、話の発端となる風間重吉(池部良)の弟・文三(松方弘樹)の駆け落ちの相手と、花田秀次郎(高倉健)のかつての恋人の二人のヒロインが登場するが、展開上、駆け落ちのエピソードのほうがウェイトが大きくなり、秀次郎のかつての恋人とのエピソードはなにか中途半端な感じ。文三の駆け落ち相手を演じるのが新人ぽい女優なのに対してこの秀次郎のかつての恋人を演じるのが東映専属ではない日活の松原智恵子(に加えて今回の敵役も日活の葉山良二。)だったので、せっかく他社から出ているのにととくにファンでもないのにもったいなく感じてしまい、無理に主人公にもヒロインを出さなくても駆け落ち相手だけで良かったのではと思う。また鶴田浩二が出たことにより、池部良の存在感がちょっと薄くなった感がある気がして、とくにクライマックスの殴り込みシーンに途中から鶴田浩二が助太刀に現れ、いちばん最後のシーンも高倉健と鶴田浩二の後ろ姿のツーショットというのはこのシリーズとしてはさすがに違和感があったのがちょっと残念だった。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 6点(2017-01-19 20:19:27)
2.《ネタバレ》 そうですね。健さんが、あんまり”筋だ”!”筋をとおせ”!とうるさいもんだから、わたしはアタマん中で、なぜか、あみだくじを思い浮かべてしまった。あーなって、こーなって、それって、筋通ってるの?高倉。池部。鶴田。現代日本に、一人としてこのようなすげーー!!俳優はいない。松方は昔もいまも、大分、落ちる。と私は思う。
男ザンパノさん [DVD(邦画)] 7点(2015-02-11 21:22:37)
1.鶴田、池部、高倉そろい踏みの、痛みがヒシヒシと伝わる大立ち回りの迫力。「義理」「筋を通す」事の苦悩。これ等をシリーズ中最も感じた本作。惜しむらくは物語の発端が駆け落ちであった事で今一つグッと迫ってくるものがありませんでした。
The Grey Heronさん [DVD(邦画)] 7点(2012-06-09 14:16:44)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 6.67点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6133.33%
7266.67%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS