Menu
 >
 >
 > ヒア アフター

ヒア アフター

Hereafter
2010年【米】 上映時間:129分
平均点: / 10(Review 90人) (点数分布表示)
ドラマファンタジー
[ヒアアフター]
新規登録(2011-01-09)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2014-11-10)【イニシャルK】さん
公開開始日(2011-02-19
公開終了日(2011-03-14)
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督クリント・イーストウッド
キャストマット・デイモン(男優)ジョージ・ロネガン
セシル・ドゥ・フランス(女優)マリー・ルレ
ジェイ・モーア(男優)ビリー・ロネガン
ブライス・ダラス・ハワード(女優)メラニー
マルト・ケラー(女優)ルソー博士
デレク・ジャコビ(男優)デレク・ジャコビ
リチャード・カインド(男優)クリストス
ステファーヌ・フレス(男優)ギョーム
ミレーヌ・ジャンパノイ(女優)レポーター ジャスミン
内田夕夜ジョージ・ロネガン(日本語吹き替え版)
小林由美子ジェイソン/マーカス(日本語吹き替え版)
根本泰彦ビリー・ロネガン(日本語吹き替え版)
小林さやか〔声優・1970年生〕マリー・ルレ(日本語吹き替え版)
糸博デレク・ジャコビ(日本語吹き替え版)
脚本ピーター・モーガン〔脚本〕
音楽クリント・イーストウッド
撮影トム・スターン〔撮影・照明〕
製作クリント・イーストウッド
キャスリーン・ケネディ
ロバート・ロレンツ
ワーナー・ブラザース
製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ
ピーター・モーガン〔脚本〕
フランク・マーシャル
配給ワーナー・ブラザース
美術ジェームズ・J・ムラカミ(プロダクション・デザイン)
フランク・ウォルシュ[美術](美術監督)
衣装デボラ・ホッパー
編集ゲイリー・ローチ
ジョエル・コックス〔編集〕
あらすじ
フランスのジャーナリストのマリーは、津波にのまれた時に臨死体験を経験し人生が変わりはじめる。ロンドンに住む少年マーカスは、双子の兄を亡くし悲しみから立ち直れずにいる。アメリカ人ジョージは、霊能者として有名だったが、今ではその能力を使うことをやめ静かに生きようとしていた。3人は、それぞれの苦悩と向き合いながらも、必死に何らかの答えを見つけようとしていた。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
90.《ネタバレ》 クリント・イーストウッドは映画を撮るのが上手い。シーンを作るのが上手い。映像が上手い。早撮りの名手らしいが役者に自然な演技をさせるのが上手い。台詞ではなく映像で分かりやすくさらっと説明してしまうのが上手い。そして題材が幅広い。この監督にマット・デイモンはすごく合う。あの「スターの輝きを持ちながら自分ではそれに気付かない普通の人」っぽさは異常だ。映画自体もシーンごとの流れが自然なので見やすいし、3つの別々の話がどう絡んでいくのかわくわくさせられる。

で、これ結局なんの話だったの?霊能力に悩む霊能力者、臨死体験を持つ人気キャスター、双子の兄を失った少年、それぞれ問題を抱えているのは分かるが、その深みというか闇の質がいまいち伝わらない。そしてこの3人が出会うとどうなるのか?というと特に意外なことは起こらないんだよね(笑)。個人的には話の整合性を重視しすぎて盛り上がらないストーリーというのも嫌いではないが、広げた風呂敷を半分に折って「はい畳みました」というのもどうなのか。

あと壊滅的なのが音楽で、ギターかピアノかストリングスの叙情的?メロディーがシーンによっては延々流れ続ける。音楽はクリント・イーストウッド。名優にして大監督に対してこんなこと言うのもなんだが、音楽はちゃんとした人を雇いなさい。
tubirdさん [インターネット(字幕)] 5点(2018-02-16 22:30:56)
89.《ネタバレ》 予備知識無しでみたらいきなり津波から始まるもんでパニック映画かと思った。イーストウッドが作るわけないか…。思ったよりもいい映画で、死を体験した人にしか得られない能力。信じるか信じないかは別にしても科学では立証できないことがあるのも事実。そんな人達をとりまく人間ドラマはあってもいい。
最後のラブレターの内容は気になるが2人の出会いが超常現象並にうまく行き過ぎたけど。
UFC196.さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-10-02 11:10:41)
88.《ネタバレ》 終盤30分を、もう少し丁寧に描いてほしかったなぁ。イギリスで集合する必然性なんか特に
ババロンさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2017-03-26 00:08:52)
87.《ネタバレ》 2013.02/23 鑑賞。東日本大震災で上映が中止になった作品らしい。さすが冒頭津波シーンは迫力あった。でも、東日本の現実をテレビで観ていた私にとっては比ではない。本物は恐ろしい程の、唖然とせざるを得ない身震いがする恐ろしさだった。
2017.01/31 BS2回目鑑賞。三つの話が一つに繋がっていく昔の手法が心地よい。底流に優しい穏やかさ心地よさがある作品。+1点。 
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-01-31 23:00:36)
86.丹波哲郎の大霊界よりは よっぽど面白いんじゃなかろうか。
ケンジさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2016-03-28 16:35:27)
85.クリント・イーストウッド監督作品にハズレなし。

僕は彼のことを、クリちゃんと呼んでます。
プラネットさん [DVD(字幕)] 6点(2015-11-08 23:13:19)
84.3人の絶妙な距離感。兄弟のエピソードがもっとあるとよかった。
Yuさん [DVD(字幕)] 7点(2015-02-01 23:33:12)
83.日本ではパッケージに津波のシーンがありますと配慮されています。この映画では津波は一つの事例として取り上げられており、交通事故も同じ条件(死)で扱われています。かなり真面目な映画です。死をどのように考えるか、どんな人にも納得できないし誰にも結論は出せないことです。

全体的に暗いトーンで描かれていますが、冷やかしが無いので当事者も鑑賞できると思います。当事者は簡単に気持ちの切り替えなど出来ませんが、そのきっかけになりうる映画ではあると感じます。人間の本質を映画化するのは難しいが、それにトライした映画だと思います。
アラジン2014さん [ブルーレイ(字幕)] 3点(2014-09-24 11:55:15)
82.《ネタバレ》 いきなり冒頭からの津波映像はすごい、でもやっぱりかなりきついものがあるね。こういうちょいと暗い役もこなすマット・デイモンはすごいなぁ+何故か官能的な料理教室のシーンは印象深いです。あの世よこの世、死んだらどうなるかは、やはり永遠のテーマなんでしょう。唐突な印象のラストですけど、過去を振り切り前を向いて生きていくというイーストウッド的なメッセージだと解釈致しました。なかなか良作だとオモイマス
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-07-01 11:05:29)
81.ラスト辺りもう少し説明がほしかったが、まぁ野暮ってものなのだろう。
misoさん [地上波(字幕)] 7点(2014-03-08 19:40:43)
80.《ネタバレ》 死者と交信する男。臨死体験をした女。兄を事故で亡くした少年。"死"にかかわる、稀有な体験者であるこの三人の人生が、運命に導かれるように交差する物語。私はこの映画の魅力に取り憑かれ数回鑑賞したが、特に少年がジョージを介して兄と交信をする場面について気が付いたことをコメントしたい。交信中、「兄が遠のいてきた」とジョージは言ったが、この時点で兄との交信は途絶えたと思う。この後に少年に伝えた「僕はお前でお前は僕なんだ。一卵性は二人で一人だ」の言葉、これは実はジョージの"嘘"だ。死者にいつまでもすがりつく少年の将来を危惧し、踏ん切りをつけさせようと思いついた"嘘"ではないか、と私は確信している。この言葉は、迷える少年を救うためにはこれ以外は考えられない素晴らしい"嘘"だ。事実、この言葉によって少年は立ち直った。そして、立ち直ったのは少年だけではない。ジョージは"嘘"で一人の少年の人生を救ったことにより、これこそが霊視者としての自分に与えられた本当の使命だったと感じたはずだ。彼にとってその能力は重荷でしかなかったが、この時ついにその呪縛から解放されたように思う。こう解釈すると、ジョージが突然に明るい未来を思い描き、唐突に思えたラストも違和感無く繋がる。マリーの手を固く握りしめても、もうそこには死の淵も冥界も見えない。傷ついた者が傷ついた者を救う。少しの思い遣りで支え合い、助け合う。その先には、幸せな未来と希望だけがどこまでも広がるのだ。
タケノコさん [映画館(字幕)] 10点(2014-01-19 16:35:13)(良:1票)
79.サラッと現在と死後の世界を描いた映画。
こじつけがましい運命論はナシ、説教くさい現世・来世の話もナシ。

(「ヒアアフター」は訳すと「来世」ですが、日本語の「来世」とは意味合いがかなり違う。単純に「現世の次の世界」というような感じ。「あの世」でもOKだと思います)

当然のように死んだ者はあの世にいて、まれに、ジョージのようなサイキックを通して、現世の者とほんの少しだけ交信する。

生の隣には死が存在しているのに、生きる者は死を全く意識していない。

それと同じで、死に触れた経験を持つ者だけが、死後の世界を知っている。
その経験は生しか見ていない人間にはまったく理解してもらえず、彼ら彼女らには孤独が付きまとう。
死を強く知ってしまった彼らは、死を知らない人間たちよりも数倍、生きるのが困難なのだ。

そんな彼らが、悩み、行動し、迷い、考え、感じる姿が描かれる。

彼らの望む幸福は、死を知らない人間たちと同じ、ごく普通の幸福だ。
だが死を知っている分、彼らの方が幸福の得難さ・有りがたさを何十倍も感じているのだろう。
だから、自分にもたらされた小さな幸福を、彼らはきっととてもとても大切にして生きていくに違いない。
そんな風に感じるラストでした。
りりらっちさん [地上波(字幕)] 6点(2013-12-12 16:10:19)
78.津波からからの臨死体験からどのような展開にさせるのかと思いつつ鑑賞いたしました。色々なシーンがこの作品にはありましたが、上手く纏められていたので心安らかに鑑賞できました。
SATさん [地上波(字幕)] 7点(2013-10-14 08:46:26)
77.死後の世界なんて真面目に議論する価値は無いが,映画の中であればネタにするのは自由.その辺に興味のない人はサラッと流せるような味付けした.あのお姉さん少しタイプでしたし.
マー君さん [DVD(吹替)] 6点(2013-10-13 01:11:16)
76.《ネタバレ》 この手のテーマは2分するでしょう・・・。米は100年以上も神霊研究をしている国で、しかもその結果「どうも神様の存在や霊界はあるようだ」と結論付ける研究者もおります。日本人の多くは何の研究もせず「まやかし」と言っているに等しいのでは・・・晩年になりクリント・イーストウッドがこのようなテーマを手掛けていることに共感できます。「古の縁」「因果律」「霊界」「輪廻」と言ったものは果たして唯物主観だけでは絶対に証明できないものだと思う。仮に「俺が死んであの世があったらお前にメッセージを送る」などと約束してもそのメッセージを受けたとしてもそれがその方からのメッセージであるという裏付けは出来ないというかなんだかんだ言って認められないと思う。私も少なからず神秘体験者としてこのようなレビューになってしまいましたが、映画自体はそれぞれがそれぞれの状況で「死後の世界」へ共通的に通じている全く違う3人が不思議な「縁」で最終的に出会いそれぞれがハッピー?!になるというもの。この3人は同じような苦悩を持ちそして3人によってそれぞれの折り合いが付いて行くものだと思います。個人的にはもう少し霊界のことやスピリチュアルな面を掘り下げ深さを出したらとも感じました。ますますこのような世界は明かされて行くことを希望します。
レスポーラーさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2013-02-25 21:51:03)
75.《ネタバレ》 好感のもてる映画でした。
折しも東日本大震災の津波被害があったことで『津波シーンがあります ご了承ください』の先駆けともなってしまった今作ですが、決して人の死を面白おかしく描くのではなくて、むしろその逆でしたね。ただタイミングが悪く、津波のシーンはリアルなだけに日本での影響は有無を言わさぬものがあったのでしょう。
で、内容の方ですが、その津波に襲われて臨死体験をしたフランスの女性の話と、双子の兄を亡くしたイギリスの男の子の話と霊能力のチカラに悩むアメリカの男性の話の三本柱で進みます。
どのエピソードも淡々とそれでいて丁寧に描かれていてお国柄か立場か、それぞれの死生観を垣間見ることができます。
ラストシーンはチョット解り辛い部分がありましたが、アレでよかったかな。
『死んだら驚いた』の名言を遺した丹波哲郎さん、今頃驚いてるかなぁ。。。
ろにまささん [CS・衛星(吹替)] 7点(2012-12-08 22:02:36)
74.アメリカ、フランス、イギリス、たとえば重要かもしれない死生観等欧米の機微が日本人は見過ごしてしまい物語が伝わりにくい嫌いが。イーストウッドはまごうことなき
世界を作ったとあらためて思う。
monteprinceさん [DVD(字幕)] 6点(2012-11-21 01:40:31)
73.《ネタバレ》 面白い、という感じではない。
説明が足りない部分も多い。
身近な人が亡くなったばかりとかそういう人が観たなら何か感じる物があるのだと思う。
虎王さん [DVD(字幕)] 5点(2012-10-10 19:56:52)
72.イーストウッドの映画は冗長である、そんなことを思い出させられた一作でした。『クィーン』『フロスト×ニクソン』でアカデミー賞にノミネートされた経験を持つピーター・モーガンによる脚本は悪くないのですが、なんせ演出が冗長で眠くなります。『ミスティック・リバー』から『グラン・トリノ』までの6作がいかに奇跡的な完成度だったかを思い知らされました。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 5点(2012-09-05 23:31:34)
71.《ネタバレ》 地味だけど面白かったです、セシルって可愛らしい人ですね。
ないとれいんさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2012-09-02 20:15:34)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 90人
平均点数 6.64点
011.11%
100.00%
200.00%
333.33%
422.22%
51213.33%
62325.56%
72224.44%
81820.00%
955.56%
1044.44%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.14点 Review7人
2 ストーリー評価 6.07点 Review13人
3 鑑賞後の後味 6.07点 Review13人
4 音楽評価 6.00点 Review11人
5 感泣評価 6.00点 Review12人

【アカデミー賞 情報】

2010年 83回
視覚効果賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
Copyright(C) 1997-2018 JTNEWS