サーカス五人組のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > サーカス五人組
 > (レビュー・クチコミ)

サーカス五人組

[サーカスゴニングミ]
1935年【日】 上映時間:65分
平均点:6.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
ドラマモノクロ映画
新規登録(2011-03-02)【ユーカラ】さん
タイトル情報更新(2017-11-24)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督成瀬巳喜男(演出)
キャスト大川平八郎(男優)ジンタ五人組・幸吉
藤原釜足(男優)ジンタ五人組・甚吉
丸山定夫(男優)世界漫遊曲馬団長
堤真佐子(女優)千代子
宇留木浩(女優)虎吉
清川虹子(女優)女給・おきよ
原作古川緑波「悲しきジンタ」
撮影鈴木博
配給東宝
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 サイレントの面影を残す作品。
会話シーンも、どこかぎこちなく、音楽シーンも意図的に多い感じがする。
特に、サーカスのシーンが冗長。

物語としては、普通に楽しめる。

印象的なのは、「女の一念」という言葉。
女性はなんでこうもまぁ・・・
自粛規制^^;

それはさておき、昭和初期の雰囲気を感じることができる。
これは現代劇だからこその魅力。
にじばぶさん [インターネット(字幕)] 5点(2013-09-30 21:17:01)
1.PCLに移籍してのトーキー第三作。成瀬作品には風物詩的に度々登場するチンドン屋(ジンタ)五人組が主役となる。

序盤中盤の楽隊行列やクライマックスのサーカス興業と、演奏も盛り沢山。
加えてアブラゼミ・ヒグラシ・鈴虫の音色など、夏の風情を醸す音も豊かに取り入れられていて、ロケーションの魅力と共に味わい深い。

そして素晴らしいのは、堤真佐子と梅園龍子が語り合う岸辺のシークエンス、同じく堤真佐子と大川平八郎が語りあう海辺のシーン。

それぞれ僅か数分にすぎない一対一の対話シーンなのだが、振り向く・腰を下ろす・横に並ぶ・顔を逸らすといった繊細なアクションが多彩な角度と位置から組み立てられ、的確かつ入念なカッティングで連繋されている。

梅園龍子が水辺に静かに腰を下ろす所作の美しさ。寄り添う姉妹の画面手前で静かに揺れている青草の情感。いずれも絶品のショットだ。

ラストの海岸沿いの一本道。見送り、見送られる二人の切ない切返しも陽光の明るさが二人を救っている。
ユーカラさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2011-04-03 19:02:47)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 6.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5150.00%
600.00%
700.00%
8150.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS