同窓会(2008)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > 同窓会(2008)
 > (レビュー・クチコミ)

同窓会(2008)

[ドウソウカイ]
2008年【日】 上映時間:105分
平均点:7.00 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-08-16)
ドラマコメディ青春もの
新規登録(2011-03-08)【Olias】さん
タイトル情報更新(2011-11-14)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督サタケミキオ
キャスト宅間孝行(男優)南克之
永作博美(女優)友永雪
鈴木砂羽(女優)石川えり
二階堂智(男優)浪越文太
尾高杏奈(女優)友永雪(高校時代)
渡辺大(男優)浪越文太(高校時代)
窪田正孝(男優)中垣健太郎(高校時代)
飛鳥凛(女優)石川えり(高校時代)
佐藤めぐみ(女優)大崎めぐみ
北村一輝(男優)スター男優
渡辺いっけい(男優)島原市長
兵藤ゆき(女優)ゆき姐
中村獅童(男優)戸籍係
飯島大介(男優)住職
戸次重幸(男優)ボーイ
片桐仁(男優)居酒屋の客
石山雄大(男優)屋台の親父
石井愃一(男優)出版社編集長
うつみ宮土理(女優)南美佐子
笑福亭鶴瓶(男優)南ひろし
原作サタケミキオ「愛について考えてみないか」
脚本サタケミキオ
製作宮崎恭一
プロデューサー伊藤秀裕
渡辺武〔監督〕
配給エスピーオー
あらすじ
映画製作の仕事をしている克之は若い女優と浮気をしており、浮気相手と結婚したいと、妻の雪に離婚を申し出る。意外にもあっさり離婚を承諾する雪だったが・・。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 いくらコメディにしても、最後のオチがあまりにもチャンチャン、という感じの幕切れだったのは映画としてどうかと思うが、まあ全体として面白いのでいいことにしておく。そもそも最初からネタバレしているわけなので、見る側としては何があっても騙されてやる、というくらいの気分でいた方が楽しめると思われる。単純に面白おかしいだけでもなく、劇中の雪の人柄には心惹かれるものがあり、こういう人を粗末に扱ってはいかんだろうという気にさせる。最初の方では「むごかばい、神様」が切なく、また終盤で主人公が病院へ向かった場面では普通に泣けた。

一方キャストに関しても、永作博美は本当に可愛い人だとこの映画を見てしみじみ思う。また高校時代の雪もかわいいが、個人的には「口裂け女2」で悲惨な役をやった飛鳥凛が普通の女の子の役で出ているのでほっとする。そのほか主人公の同級生の娘2人の動きが可笑しくて仕方ないとか、校長役で出ていた本物の島原市長(当時)がなかなかの芸達者で笑えるとか、いろいろ指摘したくなる事項も多く、総じて登場人物は魅力的である。そういったことも含めて、少年時代の主人公が語っていたような、笑って泣けて心が暖かくなる娯楽映画にちゃんとなっていると感じられた。
かっぱ堰さん [DVD(邦画)] 7点(2013-06-03 21:08:06)
4.《ネタバレ》 面白かったですよー。ラストの2段オチは、自分は思いっきり騙されました。号泣しちゃいましたよ。高校時代の雪を演じた尾高杏奈が、たまらなくかわいいですね。なんか、青春時代の甘酸っぱさを思い出させてくれました。好きな映画。
コウモリさん [DVD(邦画)] 8点(2013-05-27 01:28:46)(良:1票)
3.なぜだかわからないけど、この監督の撮り方は好きじゃない。オチもバレバレだし。ここまで有名どころ揃えなくてもよかったんじゃないかな。
nojiさん [地上波(邦画)] 5点(2013-01-22 23:00:14)
2.日本の人口、一億三千万もいるのに ようやくレビュー2人目て ・・ 
なぜなんかしら 日本国内に永作ファンってこんなにも少ないものなんかしらって 驚き 桃の木 山椒の木。

《主演:宅間孝行 = 原作:サタケミキオ/脚本:サタケミキオ/監督:サタケミキオ 》 
主演及び監督って同一人物だったんですね ご苦労様でした。
〝勘違いは人生最高の悲劇であり喜劇である〟ってか。 でも、騙されませんでしたよ えへへへへ。
3737さん [DVD(邦画)] 8点(2012-10-06 18:43:54)
1.《ネタバレ》 やたらと説明的場面+説明台詞ばかりな上に九州弁が下手な前半は、ほとんど何も期待していなかったのです。しかし、時系列を行き来する回想の見せ方が巧く、後半はほろ苦系青春映画としてなかなかよくまとまっています。二段オチのインパクトも強力ですが、おかげで肝心なところの印象が薄くなったような気もしなくもない。
Oliasさん [DVD(邦画)] 7点(2011-03-09 02:11:47)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5120.00%
600.00%
7240.00%
8240.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.00点 Review1人
2 ストーリー評価 9.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS