マイティ・ソーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > マ行
 > マイティ・ソー
 > (レビュー・クチコミ)

マイティ・ソー

[マイティソー]
Thor
2011年【米】 上映時間:130分
平均点:6.23 / 10(Review 66人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-07-02)
アクションドラマアドベンチャーファンタジーシリーズもの漫画の映画化3D映画
新規登録(2011-04-04)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2018-09-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ケネス・ブラナー
ジョス・ウェドン(ポスト・クレジット・シーン)(ノンクレジット)
演出アンディ・アームストロング〔スタント〕(スタント・コーディネーター)
キャストクリス・ヘムズワース(男優)ソー
ナタリー・ポートマン(女優)ジェーン・フォスター
トム・ヒドルストン(男優)ロキ
アンソニー・ホプキンス(男優)オーディン
ステラン・スカルスガルド(男優)エリク・セルヴィグ
カット・デニングス(女優)ダーシー
イドリス・エルバ(男優)ヘイムダール
コルム・フィオール(男優)ローフェイ
レイ・スティーヴンソン(男優)ヴォルスタッグ
浅野忠信(男優)ホーガン
レネ・ルッソ(女優)フリッガ
アドリアナ・バラザ(女優)イザベル・アルバレス
J・マイケル・ストラジンスキー(男優)
スタン・リー(男優)スタン
ジョエル・マクラリー(男優)酔っぱらい
ダコタ・ゴヨ(男優)少年期のソー
サミュエル・L・ジャクソン(男優)ニック・フューリー(ノンクレジット)
ジェレミー・レナー(男優)クリント・バートン / ホークアイ(ノンクレジット)
クラーク・グレッグ(男優)コールソン捜査官
三宅健太ソー(日本語吹き替え版)
坂本真綾ジェーン・フォスター(日本語吹き替え版)
平川大輔ロキ(日本語吹き替え版)
浅野忠信ホーガン(日本語吹き替え版)
滝沢久美子フリッガ(日本語吹き替え版)
手塚秀彰ニック・フューリー(日本語吹き替え版)
水野龍司ローフェイ(日本語吹き替え版)
咲野俊介ヴォルスタッグ(日本語吹き替え版)
小松史法ファンドラル(日本語吹き替え版)
阪口周平クリント・バートン(日本語吹き替え版)
東條加那子ナース(日本語吹き替え版)
白石充警備指揮官(日本語吹き替え版)
村治学フィル・コールソン(日本語吹き替え版)
浦山迅オーディン(日本語吹き替え版)
原作スタン・リー
ジャック・カービー
J・マイケル・ストラジンスキー(脚本原案)
マーク・プロトセヴィッチ(脚本原案)
脚本ドン・ペイン[脚本]
音楽パトリック・ドイル〔音楽〕
デイヴ・ジョーダン(音楽監修)
編曲パトリック・ドイル〔音楽〕
撮影ハリス・ザンバーラウコス
製作ケヴィン・ファイギ
パラマウント・ピクチャーズ
製作総指揮スタン・リー
ルイス・デスポジート
制作東北新社(日本語版制作)
配給パラマウント・ジャパン
特撮BUFカンパニー(視覚効果)
デジタル・ドメイン社(特殊視覚効果 / デジタル・アニメーション)
美術ボー・ウェルチ(プロダクション・デザイン)
衣装アレクサンドラ・バーン
編集ポール・ルベル
日本語翻訳岸田恵子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
66.《ネタバレ》  CGや映像は派手できれいで迫力あって良い感じ。ただその質感、ヴィジュアルは、『映画』というより『ゲーム』の世界のよう。神話の話や映像は嫌いではないんですけど、なんかちょっとだけ、自分が見たいものとは違うものを見せられた感じがします。
 ストーリーは、神様の世界でのごたごたがいまいち面白くないです。ソーが地球に追放されてからが、俄然面白くなりますね。
 『このソーにそんなものが効くか。』⇒ビリビリビリ。『お前らなどにやられはせん。』⇒注射ブスっ。このあたりがかなり笑えます。バックした車にはねられるのも見所のひとつ。
 アクションは、地球でのVSデストロイヤー戦がこの映画のクライマックス。面白かったのはそのあたりくらいまでかな・・・。
 ソーの仲間たちは序盤では頑張っていたのに、後半は見せ場がほとんどなくて物足りない。
 ロキはただのかまってちゃんで、巨人も神も人間も、ただそれに巻き込まれただけ。なんともスケールの小さい話で、巨悪というものが存在しないから、勝利で得られるカタルシスなんてあろうはずもない。
 『氷の巨人たちが再び地球を侵略する。地球を守るため、ソーたちアスガルドの神々が立ち上がる。』なんてのを勝手に想像していただけに、なんとも期待はずれの内容でした。
 そしてこの内容に対してこの時間、この尺。これをまさに『冗長』というのでしょう。
 ちなみに、『ヘイムダル』と『デストロイヤー』はキャラとしてかなりお気に入りです。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2019-11-12 04:07:39)
65.《ネタバレ》 アベンジャーズの中には、宇宙人もスカウトされるのですね。知りませんでした。
アスガルドからは九つの国(星)に行くことが可能で、その一つが地球
西暦965年には、既に地球の危機を救っていただいたとの事‥‥どうもどうも感謝です。

判らなかったのは、ロキの実の父はラウフェイなのに、全くアスガルド人と同じ顔立ち
怪物の様なラウフェイとは、似ても似つかぬことですよね。不自然
また、序盤でヨトゥンヘイムに"たったの6人"で乗り込む気が知れません。負けて当然でしょ

終盤でソーを連れ戻すために地球にやってきたシフなど4人は弱すぎ
浅野さんの見せ場もなかったですねぇ。
エンドロールの後に、サミュエルLジャクソンがセルヴィグに箱の研究を要請しますが、その時に死んだはずのロキが居ましたね。
しかも、セルヴィグはロキの言いなりだった。
うーん これは続きを観なければいけない。

アベンジャーズ結成前夜の物語という事で、中途半端感は満載ですし、ストーリーにも難が有りますが、序盤のCGの素晴らしさと、次作への期待感を込めて7点
TerenParenさん [インターネット(字幕)] 7点(2019-09-28 02:34:22)
64.《ネタバレ》 エンドゲームが評判いいので前日譚であるMCUシリーズの観てない作品を観てみることにしたが面白くないなー。
主人公が自業自得で王座を追放されるシーンも親父は息子二人の何を見てきたの?って思った。
長男はわがままな乱暴者だし弟はずる賢いし親父見る目なさすぎ違う?

ソーが改心して力を取り戻すシーンもあきらめるの早すぎない?って思った。
ソーの仲間達も雑魚すぎるんかな。手も足も出てなかったし、何しに出てきたの?って感じだった。

ロキも半端な悪役ですっきりしない。
氷の巨人も弱そう。
目が赤いと病気っぽい。結膜炎みたい。

エンドゲームは少なくとも映画館で見るのは控えることにした。
キャプテンマーベルは見るかもだけど…
視聴予定だったハルクとブラックパンサーはこれまた詰まんなそうだしなー。
SASUKEさん [インターネット(吹替)] 5点(2019-05-14 07:51:38)(良:1票)
63.《ネタバレ》 地球に降り立ったソー以外の神様、弱っ!ただのコスプレ集団ですか?www
とういうかソーの強さが反則なのか!www

ロキは北欧神話でも不思議な存在。善悪さえも関係なく何を考えてるのか全くわからない。
自分の策にはまって狼狽している相手を見るのが楽しいだけ?
良い感じに擬人化してますねー。
こっちゃんさん [インターネット(字幕)] 7点(2019-05-05 01:43:49)
62.恋愛要素を無理矢理入れた感じがしてダメ。
なんとなく出会ったから付き合いましたという感じで、あまりにリアリティーがない。
まあ、宇宙から来た神話的人物が英語を話しているという時点でリアリティーもへったくれもないわけだが…もうちょっと、ねぇ?
ヴレアさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2019-04-16 17:57:54)
61.《ネタバレ》 ナタリーポートマンが良かった。浅野さんが出て嬉しかった。マーベル映画というより、普通のSF映画。
にけさん [映画館(字幕)] 6点(2019-01-27 21:41:50)
60.どこぞのムキムキ王子が地球にやってきて一騒動。要するにこれは、キン肉マンみたいなシステムなんでしょうか。
前半の神話的世界と、後半のカルチャーギャップネタ(と言ってよいのかどうか)との二段構成から、それを一つにまとめていくクライマックス、オモシロいっちゃあ、オモシロい。んですけどね。でも。
ケネス・ブラナーが監督しようが誰が監督しようが、結局、こうなっちゃうのか、という、CGによる均質化。物語はと言うと、王、ソー、ロキの関係はこれ、もしかして「リア王」のグロスター伯、エドガー、エドマンドの関係なのか?と思うけれど、踏み込み不足で、「リア王」ほどの峻烈な印象には程遠い、いかにも中途半端な描かれ方。
ナタリー・ポートマンとの関係に至っては、もはや軽薄としか言いようがありませぬ。
でもあのロボットみたいなヤツは、ちょっとカッコいいぞ。どうしてよりにもよってこんな場所で、という、ド田舎での死闘。何となくスーパーマンII冒険篇あたりを思い出したり。
鱗歌さん [CS・衛星(吹替)] 6点(2018-01-31 23:24:23)(良:1票)
59.意外に面白い、そんな映画。
もちろん奥深さとかは無くて、単純に楽しむものとして、たまにはいいだろう、と思う作品。恋愛筋を入れるのは無理があるが、エンターテイメントとしては仕方ないか。
simpleさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2017-11-05 20:23:24)
58.《ネタバレ》 全体的にもはや様式美とも言える意外性のないベタなストーリー。異世界人が地球に来てその文化の違いから起こるドタバタコメディパートなんてここまでベタをやってくれると最早天晴れ。良い筋肉映画でした。全てはアベンジャーズのために……。
eurekaさん [ビデオ(吹替)] 5点(2017-09-02 08:18:46)
57.《ネタバレ》 天上界と田舎のスケールの違いがなんとも言えずホンワカパッパする。ペットショップに馬を買いに行ったりグラスを叩き割っておかわりを要求したりと、民衆にカルチャーショックをお与え下さる雷神様が素敵。相変わらず抜群に優秀なマーベルのキャスティング担当が連れてきたソーとロキさんの主演ふたりはドンピシャ。特にロキさんはこの後もアベンジャーズシリーズで大活躍してくれます。
けんじマンさん [映画館(字幕)] 6点(2016-09-02 18:33:07)
56.《ネタバレ》 ​神様で、王の継承者で、腕っ節も強いから調子こいて暴れちゃって、遂に親父のカミナリが落ちて勘当を言い渡されちゃった!
そんな訳で我らがソーさん。ファイナルファンタジー的な神々しき世界から、ようこそニューメキシコの田舎へ。
別世界から地球にやって来た異邦人の王子、はたから見ればイカれた奴。地球人から変な目で見られるのは、アニメでも漫画でもよくある光景。でもやっぱり面白い。
しかもソーさん、育ちがいいせいか聞き分けは良いので、人間の女の子とも仲良しになるし、ラフな格好ですっかり田舎の兄ちゃんスタイルに。似合ってますよ!
主軸は弟ロキとの世継ぎ争いなんだけれど、そんな事より愛するトンカチを持てない悲しみで、すっかり人格者になっちゃうソーさんのなんと成長の早い事。
なんとか自分達の正義に取り込みたいシールドは頑張るけれどアスガルドの神パワーにタジタジですね。ホークアイはホントにチョイ役でビックリ。
それで根暗で人望の無いロキのガバガバな策士具合と、ソーさんのモリモリ筋肉パワーの戦いは、正義の筋肉の方が勝ってしまう世界でした。ソーの仲間たちが街を闊歩してソーを見つけるシーンと、トンカチでロキを固定するシーンは笑えましたw
アクション面はソーさんがあんまりにも強いのでちょっとダレますが、派手な演出はたまりませんね。
美しいアスガルドの光景と、ちょっとユルい神さま達のニューメキシコの生活が面白い作品でした。
えすえふさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2016-04-13 12:49:58)
55.《ネタバレ》 「アベンジャーズ」を先に鑑賞済み。
もっとカタブツだと思っていたソーが冗談が効く感じで好感がもてました。
ただ脇役の存在意義がよくわかりませんでした。
他の作品との関連もありニヤっとしてました。
とむさん [DVD(字幕)] 5点(2015-08-25 23:58:15)
54.マイティ・ソー自体も楽しかったけどもちょこっと出演してるホークアイやらスタークのものか?というやりとりラストに出てくるコズミック・キューブ。他の作品との関連が観ていて楽しげ。アベンジャーズのために本作も見たのでなおさらです。
ケ66軍曹さん [DVD(字幕)] 7点(2015-08-11 14:42:49)
53.《ネタバレ》 アメコミ映画のマイちんソーです。
美しい黄金のグラフィック、ギリシャ神話のようなキャラクター、
アメコミの映画にある雄大さ、
などがとても楽しい映画です。映画館で見るとなお良かったでしょう。
ゲーム好きにもウケがいいと思います。
パーティーには騎士、女戦士、ドワーフ、侍、、、これはまるでRPGです。
日常世界と神話世界、そこに軍事機密が絡んでくるので面白かったです。
さらに銀河レベルの話ともなればワクワク度はヒーロー映画の中でもかなり高いです。
エンターテイメントとしての欠点があまり見当たりませんでした。
続編の流れっぽいのは個人的にいらないですが。
ゴシックヘッドさん [DVD(字幕)] 7点(2015-01-28 00:32:28)
52.《ネタバレ》 アイアンマン2の最後にかなづちが出てきたので、見ることにしました。ナタリー・ポートマンやアンソニー・ホプキンスも出ていてへーっと思いながら鑑賞。ソーは嫌な奴だなと思って見ていたけどだんだん人のいい(あっ神か)奴に見えてきました。
pokobunさん [DVD(吹替)] 6点(2014-08-14 22:17:36)
51.ソーの事、嫌いじゃない!でも、あんまり記憶に残らない映画・・と、思っていたのに、この後「アベンジャーズ」を見たら、この映画がいかに大事か、というか、「アベンジャーズ」鑑賞用に作られた具合を知ることに。嫌いじゃない、けど、なんかダサい(笑)
ネフェルタリさん [DVD(吹替)] 6点(2013-12-16 17:49:57)
50.《ネタバレ》 マーベルの映画は自分に合うのか、これぞ期待通りの映画、という感じでした。内容は確かに深くないし、単純だけれど、2時間素直に楽しめる「娯楽映画」だと思います。
自分はアベンジャーズを見た後にこの映画を見たんですけど、見たことのあるキャラがたくさん出てきて楽しかったですし、逆にアベンジャーズを見る前にこの映画を見ればよりアベンジャーズを楽しめるのではないでしょうか。
ほかろんさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2013-11-15 23:06:26)
49.薄味なのね。
最近の映画はなんだか薄味だと感じるのは、年取るごとにいろんなパターンの映画を観てきたからか?はたまた二番煎じのくどさを無くすために工夫されているからか。後者も否定できない気もする。音楽も映画も薄味な時代になってきているような気がする。
 
この映画もそう。さっぱりしていて観やすいからあっさりと楽しめる映画ではある。
こないだ外食してるときに僕はくどい味が好きだと言うことが判明した。
次はくどい映画を観ようと思う。韓流とかがいいのかな。
おでんの卵さん [DVD(字幕)] 7点(2013-08-03 23:28:01)
48.《ネタバレ》  家庭の事情により、神様は嫌いだが神の物語は好きなのである。科学と神話の適度に融合した話も同様だ。
 アベンジャーズをより理解しようと思って観てみたが、やはりこちらを先に見るべきだった。あの兄弟にはこんな因縁があったのか。

 物語は、王となる兄が傲慢の罰により力を失った隙に、弟が謀反を起こすが、心入れ替えた兄が復権し弟を征伐するという、昔話にありそうなモノ。コミックのヒーローだったと言うから、このストーリーの中のどこかで、毎週だか毎月だか人間を救っていたのだろう。
 しかし今作では、あんまり人間側ドラマに面白い所はない。というか、氷の国人たちも、もっと地球を攻めて来て、もっと人間にかかわって欲しい気がする。神々の争いの影響がロボット一体というのは、ちょっと寂しいのではないだろうか、

 とは言え、あの変なロボットは凄い。パーツを組み立てた構造物では無い感じのキモチワルさ、甲虫やムカデを思わせる全身の分割具合、顔の中なんてガランドウで、人のカッコをしているだけに余計不気味。それにヘンに巨大すぎない、俊敏でない、弱くない、というのもイイ。
Tolbieさん [DVD(字幕)] 6点(2013-04-29 21:46:49)(良:1票)
47.なんでケネス・ブラナーがアメコミ映画の監督に??って思ってたけど、観たら納得。彼の大好きなシェイクスピアの話に通じるものが有りますね。マッチョで俺様なソーはカッコイイけど、乳輪が小さ過ぎるな。お話は、、、ペラい、とにかくペラペラ。まるで紙芝居のような展開で話にも人物描写にも深みがない。頭空っぽで観られる娯楽作。トンカチが武器って、、、。 しかしキャスティングはばっちし。でも!クリス・ヘムズワースは超絶カッコいい。
movie海馬さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-02-07 22:23:00)★《更新》★
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 66人
平均点数 6.23点
000.00%
100.00%
200.00%
311.52%
4812.12%
5913.64%
61827.27%
72233.33%
846.06%
934.55%
1011.52%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review3人
2 ストーリー評価 5.50点 Review6人
3 鑑賞後の後味 7.16点 Review6人
4 音楽評価 7.20点 Review5人
5 感泣評価 6.33点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS