メアリー&マックスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > メ行
 > メアリー&マックス
 > (レビュー・クチコミ)

メアリー&マックス

[メアリーアンドマックス]
Mary and Max
2008年【豪】 上映時間:94分
平均点:8.17 / 10(Review 12人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-04-23)
ドラマコメディアニメ実話もの
新規登録(2011-04-21)【M・R・サイケデリコン】さん
タイトル情報更新(2015-09-07)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アダム・エリオット〔監督〕
トニ・コレットメアリー・デイジー・ディンクル
フィリップ・シーモア・ホフマンマックス・ジェリー・ホロウィッツ
エリック・バナダミアン
平岩紙メアリー・デイジー・ディンクル(日本語吹き替え版)
三宅弘城マックス・ジェリー・ホロウィッツ(日本語吹き替え版)
LiLiCo(日本語吹き替え版)
魚建(日本語吹き替え版)
脚本アダム・エリオット〔監督〕
配給エスパース・サロウ
美術アダム・エリオット〔監督〕(プロダクション・デザイン)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
12.あまり引き込まれなかった。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 4点(2014-09-27 00:40:34)
11.《ネタバレ》 好きな作家さんがお勧めに挙げていたこともあり、観たのですが…。今までのアニメーションにはなかった、この重さ!重い、なかなかに重いです。国も年齢も異なる、全く孤独な2人が文通を通して育む友情。最後、メアリーがマックスを訪ねる場面での、天井一面にあるマックスの想いには、涙が止まらず。曲がり道でこぼこ道を歩きつつ、君も僕も不完全だからいいんだと、まるで自分を人生を世界を許す下りには胸がグッとつまってしまいました。そうだね、多分きっとみんな不完全だから、厳しく醜いから、だからこの世は美しいのさ。そして友達はかけがえがないものなのさ。嗚呼、今晩友達にメールしよっと…。
泳ぐたい焼きさん [DVD(字幕)] 10点(2014-06-14 22:11:21)
10.《ネタバレ》 クレイアニメの素晴らしさの真髄を余すことなく伝えてくれたたまらない作品。今じゃなんでもメールだったり電話だったりで済ませてしまうことが殆どだけど文通だと自分で字を書くことによって感情がこもったり読む側に伝えたいことの気持ちが文字にこもってすばらすぃものになるんですが文通だけでこんなに泣けちゃうとは不覚でした・・。波乱すぎる二人の人生を通して生きる喜びと友達の大切さ、傍にいてほしいという気持ちとは裏腹にささいなことで疎遠になってしまう姿は見ていてほんと心が痛い。クレイアニメだからと言って「ウォレスとグルミット」のように子供と一緒に見るんじゃなくて大人向けのクレイアニメ。最後に出る「親類は選べないが、友は選べる」この二人にとってこの言葉はとてつもなく大きい言葉だったんですねぇ。
M・R・サイケデリコンさん [DVD(字幕)] 9点(2013-05-21 11:24:07)
9.クレイアニメだからこその独特の表現技法の面白さと、実話モノだからこそ優れた役者による実写だったらもっとドラマとしてリアルな表現ができたのではないかという疑問。感受性豊な方向けですね
Arufuさん [DVD(吹替)] 7点(2012-05-15 14:17:43)
8.実は映画館に観に行ったが、その日眠くて結構寝ちゃったんだが、観なおしてみるととても良かった。ナレーション多いと字幕読んでるうちに眠くなる傾向があるので、吹き替えで観た。自分も涙の流し方分からないし、なおしたいクズな部分が多いので、ぐっときた。
すべからさん [DVD(吹替)] 8点(2012-05-09 22:40:24)
7.クレイアニメ。癖が強い作品だけど、同じくクレイアニメの『ウォレスとグルミット』が抵抗なく観られる人は大丈夫だと思う。独特の有毒タッチでマイノリティーの目線から人の陰と陽を描く。ラスト泣いた。人はみんな不完全。自惚れては喪失の繰り返し。個性を隠さずにいられる、許し合えるって大事だね。うん(:_;)
movie海馬さん [地上波(字幕)] 9点(2012-04-22 04:35:38)
6.言ってることやメッセージはごく当たり前のことですが、やっぱり響いてくるものはあります。自閉症というキャラクターを出したことでより強調されていますが、共感という意味ではそれほどでもないか。
nojiさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-02-21 21:28:14)
5.数日前、とあるラジオ番組のポッドキャストを聞いていて、このクレイアニメ映画の存在を初めて知った。
今年はアニメ映画自体をあまり観ていなかったので、俄然興味はかき立てられ、早速レンタルした。
そのポッドキャストを聞いていなければ、この映画のパッケージを目にしたとしてもスルーし続けていたことだろう。
自分の人生にとって必要な「情報」は、色んなところに溢れていて、常にそれらを拾っていくためのアンテナを広げていかなければ、人生において大いに損をしてしまう。ということを、この素晴らしい映画を観終わって思った。

ポッドキャストでは少々重いテーマを扱った大人向けのアニメ映画ということだった。
確かに描かれる世界観は時に重苦しく、「人生」を生きるにあたっての様々な“障壁”について深く考えさせられる。
きっと子供が観ても理解出来ない部分は多いだろうと思う。
ただし、分からないなりにも本質的な部分で伝わるものはたぶんあるだろうし、辛辣な世界観ではあるが、ある程度の分別が付き始めた子供であるならば鑑賞し、子供なりの思いを膨らませてもいいのだろうと思った。

きっと世界中のほとんどすべての人間が、この映画の主人公たちと同じようなことで悩み苦しんでいる。
すなわち、自分自身を好きになることができないことによる行き詰まりだ。

その解決に明確な答えなどなく、手段や方向は人間の数だけ無数にあるのだろう。
世界には幸福も不幸もまんべんなくあって、自分に与えられたそれらを他者と比べて、劣等感や優越感に浸っても意味が無い。
ただただ与えられた一本道を歩んでいくしかないし、そうであれば自分自身で自分なりの“よろこび”を見つけていくしかない。

この特徴的なクレイアニメは、そういうことの大切さを辛辣さと可愛らしさを共存させた世界観の中で、雄弁に語ってくれている。

孤独の中でふいに繋がり合ったふたり。年齢と距離を越えて、長い時間の中でひっそりと支え合ったことは、決して偶然が呼んだラッキーなどではなく、ふたりの人間がそれぞれの意思によってしっかりと選びとった宝物のような絆だったのだと、愛くるしいラストシーンに涙を滲ませながら思った。
鉄腕麗人さん [DVD(吹替)] 9点(2011-12-01 17:04:33)
4.《ネタバレ》 メアリーもマックスも結構辛い境遇です。
にも関わらず二人とも前向きに生きているところがとても良い。
手紙で心が不安になっても、ペットの金魚が死んでも、乗り越えて生きていくところが良いですね~。
アニメの手法もいろいろ工夫されていたし、二人の演技も(動かし方)も素晴らしかった。
今年のベスト映画のひとつだなと満足しています。
たんぽぽさん [映画館(字幕)] 10点(2011-08-16 20:27:56)
3.《ネタバレ》 この映画が伝えたいことは分かる。メアリーとマックスの間には、手紙のやり取りだけとはいえ、本当の意味での心の交流があった。人生とは苦く苦しい旅路である。そして、苦しい人生を生きる孤独な二人が手紙を通じて、互いに相手を癒しあう。人生の中で喜びを見出していく。二人の人生には色々なドラマが起こる。彼らの結びつきは数多くの危機にも耐えて継続し、ラストのカタルシスへと観客を導く。
しかし、私には彼らの人生を肯定することができなかった。彼らが経験する出来事は全て私の想像を超えて苦しい。自分よりも遥かに不幸せな人生を送っているに見える二人に対して、私は、同情心は湧いたものの親近感を持てなかった。そして、これは明らかに監督にとって誤算だろうと思う。申し訳なくさえ思う。この映画に感動できない人は少ないかもしれない。でも、私はあえて6点をつける。すぐ他人と自分とを比べたがる世俗にまみれた人間には響いてこない試金石のような映画だ。
枕流さん [DVD(字幕)] 6点(2011-07-19 20:37:09)(良:1票)
2.《ネタバレ》 アスペルガー症候群を題材に、個々が抱える孤独と、人との繋がりとを描いた映画。他者との繋がりの大切さ、他者への許容が自己の存在の肯定に繋がるという、自己と他者との在り様について深く考えさせてくれるお話。それが非常に独特なデザインに支配されたクレイアニメで描かれるのですから、大変に独創的、他に類を見ないような作品になっています。セピアカラーで描かれるメアリーの世界と、モノクロで描かれるマックスの世界。それぞれの色が映す心象風景と、その色が文通という素材によって微かに交わりアクセントを加えてゆく表現の妙味。シニカルな笑いをあちこちに盛り込んだアニメであり、アーティスティックな映像作品であり、娯楽と哲学を両立させた奥行のある映画です。決して甘くなる事なく、他者との間に生まれる摩擦の厳しさも真正面から描かれ、その痛みが、およそリアルからはかけ離れた粘土人形からビリビリと伝わってくるという不思議な感覚。繊細なアニメートによって生命が吹き込まれる、その表現力にすっかり魅了されました。でも、マックスの生活はとても他人事とは思えません。猫達と暮らし、日頃、あと残されたイベントは死ぬ事くらいだよね、なんて思ってる私は、彼の生き様にドキッとさせられたのでした。
あにやんさん [映画館(字幕)] 9点(2011-05-06 20:14:50)
1.《ネタバレ》  久々に映画館で涙を流してしまいました。表現に結構グロテスクな面があって最初はちょっと不快に感じるところもあったのですが、それが逆に2人の関係の純粋さを強調してくれる効果を生み出してくれるんですよね。

 そもそも、人間の内面なんてグロテスクで気持ちの悪いものです。ただ、みんなそれを見せないように隠す努力をしているだけで・・・。そして、隠しきれない人には社会の厳しい仕打ちが待っているという構図が現実にあります。

 この映画は、そんなチョコレートのようには甘くない社会の現実の中で、人間の不完全さを受け入れることの大切さを教えてくれます。その視点は非常に暖かく、本当に心を揺さぶられました。何というか、フランク・キャプラの作品の世界観に相通ずるものを感じましたね。音楽も本当に素晴らしかったです。
TMさん [映画館(字幕)] 10点(2011-04-27 00:26:56)(良:3票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 12人
平均点数 8.17点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
418.33%
500.00%
618.33%
7216.67%
818.33%
9433.33%
10325.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS