GANTZ:PERFECT ANSWERのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > GANTZ:PERFECT ANSWER
 > (レビュー・クチコミ)

GANTZ:PERFECT ANSWER

[ガンツパーフェクトアンサー]
2011年【日】 上映時間:141分
平均点:4.90 / 10(Review 40人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-04-23)
アクションサスペンスSFシリーズもの漫画の映画化バイオレンス
新規登録(2011-05-09)【あにやん】さん
タイトル情報更新(2018-01-16)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督佐藤信介
神谷誠(特撮監督)
演出下村勇二(アクション監督)
キャスト二宮和也(男優)玄野計
松山ケンイチ(男優)加藤勝
吉高由里子(女優)小島多恵
本郷奏多(男優)西丈一郎
伊藤歩(女優)鮎川映莉子
山田孝之(男優)重田正光
戸田菜穂(女優)北倉玲子
緑友利恵(女優)山本真子
綾野剛(男優)黒服壹
夏菜(女優)岸本恵
水沢奈子(女優)黒服参
白石隼也(男優)桜井弘斗
吉谷彩子(女優)桜井の恋人ヒトミ
若葉竜也(男優)高橋光輝
本田望結(女優)
田口トモロヲ鈴木良一
原作奥浩哉「GANTZ」
脚本渡辺雄介
音楽川井憲次
製作鳥嶋和彦
島谷能成
日本テレビ(2011「GANTZ」FILM PARTNERS)
東宝(2011「GANTZ」FILM PARTNERS)
集英社(2011「GANTZ」FILM PARTNERS)
ホリプロ(2011「GANTZ」FILM PARTNERS)
日活(2011「GANTZ」FILM PARTNERS)
読売テレビ(2011「GANTZ」FILM PARTNERS)
ジェイ・ストーム(2011「GANTZ」FILM PARTNERS)
企画日本テレビ(企画製作)
プロデューサー奥田誠治(エグゼクティブプロデューサー)
配給東宝
特殊メイク若狭新一
衣装宮本まさ江
編集今井剛
その他落合モトキ(special thanks from 「GANTZ PART1」)
池上幸平(special thanks from 「GANTZ PART1」)
土平ドンペイ(special thanks from 「GANTZ PART1」)
長江英和(special thanks from 「GANTZ PART1」)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
40.《ネタバレ》 前編が非常に良くできていただけに、このPERFECT ANSWERは残念でした。

原作のGANTZは、暴力を肯定してでも〝守るべき者の為に俺たちが戦う〟という日本の漫画らしからぬ〝力で未来を切り拓く〟点がこの作品のアイデンティティです。その「(戦いに)行こう。」と、主人公が宣言するまでの流れを前編のGANTZは非常にうまく描いていました。
原作が未完の段階での製作とは言え、なぜ、PERFECT ANSWERは原作と真逆の〝緩い平和主義のお涙ちょうだい劇〟にしてしまったのか・・・破壊描写をファンタジーとして緩和する適度なユーモアも失われてGANTZではい凡庸で中途半端なものになってしまい・・・残念でなりません。

しかし、この結果を反省し、原作の魅力を最大限に生かすことで『アイ・アム・ア・ヒーロー』が成功したと思えば、本当の尊い犠牲になったのかも知れませんね。笑
墨石亜乱さん [映画館(邦画)] 3点(2016-12-06 12:09:34)
39.原作からの切り張り感が半端なくて、これはどうかな~と思ってみていたけど、最後のオチでやられました。この作品にとてもあっているし、このオチだけで観た甲斐はありました。
もんでんどんさん [地上波(邦画)] 6点(2014-05-16 13:10:05)
38.この方をやっつけにいってくだちい

かんとく 佐藤信介

とくちょう おりじナルすぎ

好きなもの メロどらま
sting★IGGYさん [ブルーレイ(邦画)] 3点(2014-05-04 18:14:58)
37.《ネタバレ》 前作と同じで妙に間延びしたテンポが気になったものの、バトルシーンやオリジナルストーリーがなかなか良い感じ。
星人とのバトルをむやみに出さず、黒幕を作ったことも功を奏していた。
吉高は別としても、配役がしっくり来ているのは評価したい。
最後のオチは「そうきたか~」という感じ。原作にないだけに新鮮な驚きでした。
mhiroさん [地上波(邦画)] 4点(2014-04-12 07:47:58)
36.前作は、「設定」というものに引きずられて硬直化してしまった、という印象。敵の奇抜さで何とか魅力を保ったものの、映画全体を通じて「本作の設定はこうなんです」と念を押され続けた挙句、そのまま終わっちゃった、という感じ。それに比べると、このPERFFECT ANSWER(なんだそうです)、話が変則的に広がり出して、その点では確かに楽しいのです。ま、敵キャラの魅力という点では前作の方に軍配が上がるかも知れませんけれども。電車の中や商店街といった日常に非日常的戦闘を持ち込む面白さは、前作以上でしょう。ただ。オチをつけようとした本作でより鮮明になってしまったのが、やはり、「死んでも生き返る」という“可逆性”の、つまならさ、です。まあ、神話性の体現として映画のクライマックスに一人くらい生き返る作品にまでケチはつけませんけれども、さすがにこのGANTZという作品、ここまで図式的にやっちゃうとマズいでしょう。盛り上がるものも盛り上がらない。映画の魅力って、基本的に、“変化”とか“非可逆性”とかの方にあって(引き返せない、取り返しがつかない)、それと対立しそれを強めるためにこそ“不変””可逆”が映画の中に配置されるのではないですかね(その逆も、ありうるかも知れませんが)。と言う訳で、このGANTZというオハナシ自体、どうも、映画というものと相性が悪いように感じてしまった次第。
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2014-03-30 17:41:51)
35.最低。
センブリーヌさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2014-01-09 03:20:30)
34.原作はずっと読んでるんですが、どうせ邦画だし…と思って今更見ました。いや、結構面白かったです。戦闘シーンも手に汗握ったし、CGはしょぼいけど。欲を言えばもう少しヒロインのエロさが欲しかった。せっかくのガンツスーツが暗くてよく分からないところがだめ。でも、原作読んでないと意味わかんないかも。人には勧められないかな。
木村一号さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2013-05-21 22:27:23)
33.《ネタバレ》 原作は部分的に読んだことがあるが、ともかくあれをよくここまで映画化したもんだとは思った。これは私の勝手な想像だが、作者の奥浩哉氏自身もどういうようにストーリーをつなげ、どういうオチをつければいいかわからないまま苦悩しながら連載が進んでいったのでは?という気がする。これは本作に限らず、奥作品に共通する印象。
  そのため、シチュエーション設定や演出の断片断片は凝っていて面白い反面、人間心理(兄弟愛とか友情とか)はありがちなステレオタイプを越えられておらず、掘り下げや練りはない。感覚的にはいいものを持っているが、ロジカルな思考が深められないという言い方をしてもいい。テーマ性は希薄というか弱く、「正義とは何か?」とか「人間における暴力の不可避性」とかいちおうあるようだが、それらも突っ込みが足りず平板。
  不条理がウリの作品なので、あまり細かいことをいってもしょうがないのだが、ラスト近くで星人たちと玄野たちが猛烈な撃ち合いをしたあと、いったい、どう落とし前をつけるのかと思っていたところ、まるでゾンビのように次々と人物たちが起き上がってきたのは、いくらなんでもない。
delft-Qさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2013-05-06 00:20:18)
32.原作から離れオリジナルストーリーとなり、なんとかオチをつけた感じのラスト。前作に比べて無駄の多い作り。率直に言ってあまり面白くなかったです。前作が結構面白かっただけに残念です。
ぽじっこさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2012-12-05 19:31:58)
31.それぢわさいてんをはじぬる。
意味わからなすぎ2てん。
とまさん [CS・衛星(邦画)] 2点(2012-11-17 15:46:10)(笑:1票)
30.パート2は前作に比べ、オリジナルストーリー色が濃くなっていた。だけど、やはり漫画からのエピソードをいくつか持ってきていて、いうなれば、漫画のエピソードをバラバラにして、独自に再構築して、そこにオリジナルな要素をちりばめた感じか。うー、実に評価に悩む。原作が好きなだけに。いや、僕は原作を最高におもしろいとは思うが、原作で泣いたことはない。だが、この映画では泣けた。脚本に穴があったりして、そこ説明になってないとか、原作の展開を無理やり入れ込んだなとは思うのだけど。ツツーっと頬をつたう涙。これはどーゆう事だ。役者の演技力?音楽の力か?それとも監督にしてやられたのか?パート1同様、映画の1シーンで、ここは原作のあのエピソードをもってきてるなとか、相変わらずチェック気味ではあったが、パート1よりは、映画の世界に入り込めてたみたいだ。地下鉄のすさまじい殺陣シーンや、必死で逃げるシーンなど、迫力も邦画にしては良くできてる。いや、邦画らしい迫力だった。この雰囲気は洋画に出せないと思う。そして、ラストだ。なるほど。これは相当がんばって出した答えではないだろうか?みんな元どうりでは陳腐すぎる。かといって、死んだままじゃ、せつなすぎる。ガンツ破壊?駄目だ安直だ。戦いは続いていく?ジャンプの打ち切りみたいだ。そう考えると、終わってない原作に、映画としてちゃんと結末を描くなら、もうこれしか解答はないかもしれない。でも、意表はつかれた。そーなっちゃうわけだ。観覧車のシーン、せつないが希望はある。そこにまた泣けた。しかたがない。負けだ。僕にとって面白いと認めよう。
なにわ君さん [DVD(邦画)] 10点(2012-09-29 10:34:43)(良:1票)
29.頭空っぽすると面白いんだけど、大小の黒玉の存在理由とか黒服星人とか復讐とか、映画の尺では描ききれなかったのかもしれないけど、???が多いなあ。吉高さんは演技させるとうまいというか存在感あるよなあ。とってもかわいらしかった。
タッチッチさん [地上波(邦画)] 6点(2012-08-26 10:49:05)
28.《ネタバレ》 テレビ放送を録画してまとめて観たので、うまく2作品に分けてレビューできる記憶が無いため、まとめてこちらの方に書きます。邦画にしてはかなり出来が良いと思いました。ネギ星人や田中星人(原作は田中星児をモデルにして笑いもあり何体も出て来るんだそうですね)もよく出来ていたと思います。マンガを読まないので原作のことも知りませんでしたが、この原作を読んでみたくなりました。映画の後半はシッチャカメッチャカな感じはありましたが、手のひらサイズの黒いボールという展開は『LOST』なみに引き込まれる新展開でした。理由も分からないまま他者を殺戮するゲームに投じられ、気がつけば自分たちが自己の利益(解放)のみにとらわれて理由無き殺人(?)をしていて、復讐に転じられるという展開は「あ、そうだよね!」と思わされました。誰かのためにともっともらしい「愛」の理由で、あるいは誰のためでもなく自分自身のために、他者を傷つけ点数を稼いでいく殺伐としたシステムで人を縛り付けながら「新しい朝が来た希望の朝だ」とラジオ体操の歌が流れる皮肉は『バトルロワイアル』原作の皮肉と共通する小気味よさで、それと同時に『2001年宇宙の旅』のモノリスのように、閑散とした小さな部屋に佇む黒い球体の無機質な不気味さが印象的でした。球体の中で眠る人間は一体なんなのか、あっと驚くほどのひねりでは無いけれど、良い落とし所だと思います(原作の落ちも気になります)。人間なんて「自分を犠牲にしても愛する者のために」などと言ってみても、多くの人が共通に理解できることでありながら、それは自分の日々の暮らしの実に小さな世界の中での極限られた存在に対して思うことで、それ以外の人間に対してまでは思いを巡らさない。人を愛したことのある人間なら「あるある」で世界中の人々が共感し合えることであっても、実際のところそれが世界をひとつにまとめてくれるわけではなく、冷たい無機質な「システム」は人間のそういう身近な対象だけへの「愛」を利用しながら、新たな搾取と淘汰の競争を強いて、システムを維持していく・・・そういう話かなと解釈しました。仏像との対決や電車内の格闘などは飽きが来る感じもありましたが、全体的なストーリーは素直に楽しめました。
だみおさん [地上波(邦画)] 7点(2012-06-18 00:09:57)
27.なぜ原作が終わってもいないのに、「PERFECT ANSWER」という大層なタイトルをつけたのか?脚本に無理が生じるのはわかっていたはず。役者陣はよくやっているだけに、残念。
あるまーぬさん [地上波(邦画)] 5点(2012-05-23 23:27:08)
26.前作に比べ、かなり展開が早い..唐突で、意味不明さが増し、アクション先行で..なぜ?なぜ?の連発..あげくの果てに、あの結末..作者は、何を伝えたかったのか、理解不能...
コナンが一番さん [地上波(邦画)] 1点(2012-05-22 17:19:03)
25.邦画のSFにしては見応えのある感じです。原作を読んでなくても楽しめると思いますよ。ただ内容は不条理物なので理由を求めてはいけません。洋画『CUBE』をご覧になった方、あんな感じのハテナSFです(笑) ここから2の感想→原作は映画の1部分しか読んでいないのでここからは未知の話でした。しかも原作はまだ連載中との事なのでオリジナルな話なんでしょうね。予感通り最後まで不条理で(汗)しかもラスト予想も個人的に的中してしまった。まぁ1を見てしまってその後が気になってしまった方は2も見てもいいと思いますよ。アクション映画的にも頑張っていますから。
movie海馬さん [地上波(邦画)] 5点(2012-05-13 17:17:23)
24.《ネタバレ》 アンサー無し。わからんままのことが多くないですかね。
面白くないの一言に尽きる。
虎王さん [地上波(邦画)] 4点(2012-05-08 02:34:06)
23.《ネタバレ》 GANTZとは?星人とは?の答えを出してこそのPERFECT ANSWERではないのでしょうか。誰かのために世界のために自分が犠牲になるなんて答えはキレイ事以外のなにものでもない。
いっちぃさん [地上波(邦画)] 5点(2012-05-07 19:46:03)
22.原作未読。電車のシーンは、なかなかの迫力。よく出来ていると思います。ただ、結局ガンツってなんだったの?という答えに全く回答が無いまま終わった、“コレ”をパーフェクトアンサーと言ってしまっていいのだろうか?なんだかもやもやが残ります。
はりねずみさん [地上波(邦画)] 5点(2012-05-03 10:12:39)
21. 前作が面白かったので期待していましたが、外れました。
 笑えないし、入り込めないし、納得できない、という感じです。何がPERFECT ANSWERなのか、わかりません。
海牛大夫さん [地上波(邦画)] 4点(2012-04-28 21:45:35)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 40人
平均点数 4.90点
012.50%
112.50%
237.50%
3410.00%
4717.50%
5922.50%
6717.50%
7410.00%
837.50%
900.00%
1012.50%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.00点 Review6人
2 ストーリー評価 4.14点 Review7人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review6人
4 音楽評価 6.00点 Review6人
5 感泣評価 4.33点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS