ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越えるのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える
 > (レビュー・クチコミ)

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える

[ハングオーバーシジョウサイアクノフツカヨイコッキョウヲコエル]
The Hangover Part II
2011年【米】 上映時間:102分
平均点:5.77 / 10(Review 30人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-07-01)
コメディシリーズもの
新規登録(2011-06-27)【+】さん
タイトル情報更新(2015-06-08)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督トッド・フィリップス
助監督ブライアン・シュメルツ(第二班監督)
キャストブラッドリー・クーパー(男優)フィル・ウィネック
エド・ヘルムズ(男優)ステュ(ステュアート)・プライス
ザック・ガリフィナーキス(男優)アラン・ガーナー
ジャスティン・バーサ(男優)ダグ・ビリングス
ケン・チョン(男優)ミスター・チャウ
ポール・ジアマッティ(男優)キングズリー
ジェフリー・タンバー(男優)シド・ガーナー
サーシャ・バレス(女優)トレイシー
ジェイミー・チャン(女優)ローレン
ニック・カサヴェテス(男優)タトゥースタジオのジョー
マイク・タイソン(男優)本人
トッド・フィリップス(男優)ミスター・クリーピー(ノンクレジット)
桐本琢也フィル・ウィネック(日本語吹き替え版)
岡野浩介ミスター・チャウ(日本語吹き替え版)
田原アルノシド・ガーナー(日本語吹き替え版)
辻親八キングズリー(日本語吹き替え版)
佐古真弓トレイシー・ビリングス(日本語吹き替え版)
山野井仁マイク・タイソン(日本語吹き替え版)
脚本トッド・フィリップス
音楽クリストフ・ベック
ランドール・ポスター(音楽スーパーバイザー)
製作トッド・フィリップス
ダニエル・ゴールドバーグ〔製作〕
製作総指揮トーマス・タル
クリス・ベンダー
ジョン・ジャシュニ
配給ワーナー・ブラザース
編集デブラ・ニール=フィッシャー
録音グレッグ・ランデイカー
字幕翻訳アンゼたかし
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
30.1作目と同じパターンだし、何もかもがやり過ぎちゃってるし、いい加減飽きる。
でもやっぱり今度はどんなバカをやってくれるのか期待して見ちゃうんですねぇ。
アランは本当にどうしようもないサイコクレイジー野郎だが、何故か憎めないキャラ。今回も大暴れしてくれるのでそれだけで満足かな。
ヴレアさん [DVD(字幕)] 6点(2016-08-19 15:32:25)
29.《ネタバレ》 今回も大惨事。ってやっぱり全部アランのせいじゃねーか!
でも今回は収まりがいいのか悪いのか、オチも前回と変わらず違うのはその道のりだけ。
まぁその道のりが本作の醍醐味だがチェイスシーン以外はそこまでデカい事も起こらなかったし、起床時のインパクトも前回以上のモノにはならずでちょっと寂しい。
それでいてタトゥーはしたまんま、弟の指は無いまんま(とても満足そうだが)と、どこか腑に落ちない。どうせだったらダグも一緒に巻き込まれた方がよかったのかもしれない。
でも気になる第三部。この狼軍団がどのような末路を迎えるのかとても気になる。
それにしても、モンキーの演技にはビックリ、可愛かったなぁ…。
えすえふさん [ブルーレイ(吹替)] 5点(2015-10-02 22:54:55)
28.《ネタバレ》 ネタのヤバさで売っているシリーズですけど、この第二作目はまさに『国境を越える』あらため『一線を超える』じゃないでしょうか(笑)。指ネタはさすがに「おい、ほんとにそれでいいの?」とドン引きさせられました。夜のバンコクで暴れ回るのは観ていて痛快ではありますけど、この映画タイ国内で上映出来たんだろうか?、とさすがに心配になりました。 本作では“スチュいじり”がテーマみたいなもので、刺青から始まって平常は真面目そうな彼が本性に目覚めたというかどんどん変貌してゆくのが実に愉しいところです。船上でスチュが途方に暮れて歌うビリー・ジョエルの替え歌がまた大爆笑で、これアドリブ演技をそのまま使ったんじゃないかと思うほど自然な感じです。 またまた出ました“タイソン・ネタ”そしてMr.チャウ(正直これには驚きました)、とひとつのパターンを作っていてシリーズ化するのかはともかく、さらに続編撮るのは確定していたみたいですね。当然だれしもが予想するのがアランのご結婚でしょうけど、果たしてどうなりますやら…
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-05-30 20:55:45)
27.《ネタバレ》 ○まぁ面白いのだが、やってることが1作目と同じとは。ロケ地を海外にしただけじゃないか。○さすがに指を切断するのは笑えないし、スチュの婚約者の父に認められるところが強引過ぎる。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2014-11-17 21:47:57)
26.《ネタバレ》 うん、やってることは前作といっしょ。一緒なんだけど、それなりに整合性のとれた脚本の丁寧な作りも前作に劣らないので、例の三人~イケメン不良教師のフィル、飲酒で別人格表出のステュ、ど変人のアランを気に入っている向き(つまりワタクシ)には楽しめる出来になっています。場所をバンコクに移したのでアジア的な猥雑さもてんこ盛り。
続編では前作のバイプレイヤーは無視されがちなんだけど(今作でもヘザー・グラハムは消去されてますしね)、まさかのミスター・チャウがこんなにも出張ってくるとは(笑)。しかもけっこうな親近感をも持たせてくるとは。
いやはや、おかげで3作目(世間の評価は低いな)にも興味が湧いてしまうではありませんか。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-11-06 23:52:44)
25.アランのキャラの作り方が肌に合わない。やることなすこと全てにムカついて笑いにつながらない。
la_spagnaさん [DVD(字幕)] 4点(2014-10-15 19:29:08)
24.ハングオーバーさんについては、居酒屋トークのノリでそこそこ楽しめればいいと思っています。
牛若丸さん [DVD(字幕)] 5点(2014-04-04 23:36:37)
23.《ネタバレ》 前作で慣れたのか、違和感なく楽しめましたね。海辺で乾杯~、の、、、で「キターーー」的な(笑)。指切断とか普通笑えない事項だけどそこを笑えてしまうテディはえらいわホント。今回の舞台はバンコクで、この街ならではな混乱した雰囲気が、これまた混乱しまくり(笑)の3人によく合ってなかなかナイス+沈黙の誓いも興味深かった。さぁ次作がとても楽しみでゴザイマス
Kanameさん [DVD(字幕)] 6点(2013-12-18 12:02:57)
22.《ネタバレ》 前作程のインパクトはなかったが、充分楽しめた。内容は前作とほぼ同じも、ところどころ笑えるシーンがあり、気を張らないで軽い気持ちで見れる。
朝起きたら、坊主になってるわ、タトゥー入ってるわは、DVDのパッケージから予期出来たが、それでも笑ってしまった。
kontikiさん [DVD(字幕)] 7点(2013-08-14 11:07:09)
21.《ネタバレ》 同じ同じ、やってる事ほとんど前作と同じっすね。
マイク・タイソン再登場には笑いましたけど。
エンドロールネタバラシもキワキワものでしたが、弟くんが自分で指イッちゃってるのをみてひと安心!?
前作ハマらなかったんで期待値低かったのが、かえって今作の印象が良くなった原因かも。
あー、またコイツら、やってるわぁ!って。
ろにまささん [CS・衛星(吹替)] 5点(2013-07-30 00:37:11)
20.前作未見ですが、とくに問題なく観れました。やりすぎて笑えないシーンもありましたが、海外でバカやってる感じがとてもおもしろかった。
しっぽりさん [地上波(字幕)] 6点(2013-07-15 01:00:25)
19.これを下ネタが、とかグロいとか、私は全く思いませんでした。なんで花嫁の弟が嬉々として指を落としたり、花嫁の父が結婚を快く認めることにしたのか?死んだと思った人が2人も生き返ったり(死んでいなかった)、あれもこれも東洋の神秘で片付けるのも??微妙です。それでも結構本が練られて作られているし、面白い作品でした。サルはちょっとかわいそうでしたが。全体的に、アメリカ様から見た、(日本も含めて)アジアへの偏見やら、一段低く見ている感は、やはり日本人としては感じてしまいます。
たかちゃんさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2012-12-15 22:15:13)
18.《ネタバレ》 やってることは前作とほとんど同じですが、バンコクという都市のワイルドな土地柄を上手く絡めて前作の二番煎じを回避しようとしています。
将来の天才外科医が指を失い笑っていて良いのかと思っていたら、例のエンドロールで指が切れた状況が種明かしされて、なぜかホッとする。指が無くなった状況は変わらないけど、自己責任だったことが救いになっているのでしょう。自分で指を切り落とした後も笑ってるもんね。
ちなみに、誰と友人になるかの選択は自己責任です。だから、友人が作ったとんでもない状況も自己責任の範囲内です。そこを基調にすることで、ヤリ過ぎやイタ過ぎがあってもギリギリでネガな印象を回避するバカ騒ぎ。際どい見極めだと思いますね。
渾身の嫌味替歌「アラン・タウン」が個人的にはとってもツボでした。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-12-10 02:13:24)(良:1票)
17.《ネタバレ》 やってることは前作と同じ筈なのに前作より劣っていると感じてしまいました。前作同様オチは見事です。テディの居場所はロジックとして正しく"なるほどなぁ"と唸るトリックだし、相変わらずエンドクレジットで明かされる悪夢の夜の真相には心底笑える。結婚直前に後ろの処女を無くしたステュが哀れすぎて……笑。くわばらくわばら。間違いなくステュはアランを新宿二丁目に放り出す権利がありますよ。微妙なのはチャウがらみのシーン。主要三人はテディの居場所を追ってディーラーを辿っていきチャウの取引へと話が繋がりますが、結局「テディの居場所は分からなかったし手がかりもありませんでした」ってそれ脚本を放棄している気が。それじゃ真剣に見てる観客が馬鹿を見るというか、なんでもありだろと思ってしまいます。
民朗さん [DVD(字幕)] 6点(2012-09-30 20:58:11)
16.《ネタバレ》 海外で羽目を外す危険性を教えてくれる映画、では特にない(笑)多少「二番煎じだなー」と思うようなシーンもあったけど、それでも笑いどころはバッチリある。映画公開以前に、タトゥをめぐって問題が起こったようだけどそんなことさえ笑いにしてしまうのはさすがUSA。
たいがーさん [DVD(字幕)] 7点(2012-09-10 11:53:26)
15.前作が好きだっただけに、過度な期待をしてしまい、ちょっと物足りなさが。
ただ、もちろん、前作のパート2という感じがありありとしていて、見て失敗したということにはなりません。
前作が好きだった人は、過度に期待しすぎなければ、十分楽しめるで気になってます。
シネマファン55号さん [DVD(字幕)] 6点(2012-09-05 17:36:50)
14.笑えませんでした・・・残念。
アフロさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2012-07-07 16:53:58)
13.《ネタバレ》 飲酒系記憶喪失型謎解きミステリー的バカコメディ。今回は舞台をバンコクに移し、いつものトリオが例の如く“やらかして”くれます。前作が気に入った方なら、手堅く楽しめる定番スタイルの続編でした。個人的にはスチュのお相手が前作で既に結婚した(?笑?)彼女じゃなくて、ちょっとショックでしたが。他作品の感想でも繰り返し主張してきたところですが、コメディで重要なのは笑えるかどうか。これが全て。そういう意味では、少々行き過ぎた表現が散見されました。観客に引かれたらアウト。例えば指切断。本来はシャレでは済まない大惨事です。ところが、当人が後悔していないこと、真相写真のバカ加減で、腑に落ちてしまうのが素晴らしい。絶妙な匙加減でした。次は残された独身男、アランの番でしょうか。スチュに離婚をさせて、もう一回ってパターンもアリだと思います。次回も期待してますよ。
目隠シストさん [DVD(字幕)] 6点(2012-07-01 21:04:37)(良:1票)
12.《ネタバレ》 前作見てたほうがより楽しめる。ただ今回も前作同様種明かしをもっとうまく使ってほしかった感はある。もっとお馬鹿でもいいと思います。次作はついにアランですかね?
とまさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-06-17 22:49:57)
11.《ネタバレ》 かなりの下ネタ度ですが、前作と同じく楽しい映画でした。二日酔いの男達が色々と考えていることがブッ飛んでるのがいいですね。まだ続編も作れそうな感じかな。
とむさん [DVD(字幕)] 6点(2012-06-03 23:56:18)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 30人
平均点数 5.77点
000.00%
100.00%
200.00%
313.33%
4310.00%
5620.00%
61343.33%
7620.00%
813.33%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS