忍たま乱太郎(2011)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ニ行
 > 忍たま乱太郎(2011)
 > (レビュー・クチコミ)

忍たま乱太郎(2011)

[ニンタマランタロウ]
Ninja Kids!!!
2011年【日】 上映時間:100分
平均点:4.90 / 10(Review 10人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-07-23)
アクションコメディ時代劇シリーズものファミリー学園ものTVの映画化漫画の映画化
新規登録(2011-06-27)【+】さん
タイトル情報更新(2020-10-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督三池崇史
キャスト加藤清史郎(男優)猪名寺乱太郎
林遼威(男優)摂津のきり丸
木村風太(男優)福富しんべヱ
平幹二朗(男優)忍術学園学園長 大川平次渦正
寺島進(男優)山田伝蔵
三浦貴大(男優)土井半助
山本耕史(男優)戸部新左ヱ門
古田新太(男優)食堂のおばちゃん
(女優)若い姿の山本シナ
中村玉緒(女優)老婆の姿の山本シナ
柄本明(男優)ウスタケ忍者長老
石橋蓮司(男優)ウスタケ忍者OB
山本裕典(男優)錫高野与四郎
石垣佑磨(男優)海松土寿烏
竹中直人(男優)海松万寿烏
中村獅童(男優)乱太郎の父 猪名寺平之介(特別出演)
檀れい(女優)乱太郎の母
谷原章介(男優)雑渡昆奈門
鹿賀丈史(男優)斉藤幸隆
松方弘樹(男優)ドクタケ忍者隊首領 稗田八方斉
池田純矢(男優)潮江文次郎
やべきょうすけ(男優)
福本清三(男優)
徳井優(男優)
仁科貴(男優)
波岡一喜(男優)
小沢仁志(男優)
小林海人(男優)夢前三治郎
溝口琢矢(男優)斉藤タカ丸
落合モトキ(男優)立花仙蔵
白石隼也(男優)小松田秀作
原作尼子騒兵衛「落第忍者乱太郎」(朝日新聞出版刊)
脚本浦沢義雄
音楽池頼広
作詞松井五郎「勇気100%」
作曲馬飼野康二「勇気100%」
編曲馬飼野康二「勇気100%」
主題歌NYC「勇気100%」
撮影北信康
製作中沢敏明
ワーナー・ブラザース(実写版「忍たま乱太郎」製作委員会)
電通(実写版「忍たま乱太郎」製作委員会)
キングレコード(実写版「忍たま乱太郎」製作委員会)
朝日新聞社(実写版「忍たま乱太郎」製作委員会)
OLM(実写版「忍たま乱太郎」製作委員会)
プロデューサー坂美佐子
配給ワーナー・ブラザース
美術林田裕至
編集山下健治
録音柴崎憲治(音響効果)
その他IMAGICA(協力)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
10.《ネタバレ》 こんなんで笑えると思うなよ!
子供向けだとかそれ以前や。
だいいち俺が子供の頃こういうのが1番嫌いだった。
子供向けだからこそ最高の映画を!
エンドロールの楽しそうな子供たちに3点。
CBパークビューさん [DVD(邦画)] 3点(2014-04-30 20:49:25)
9.《ネタバレ》 子ども向けっぽい作品とは解っていましたが、あえて見て、撃沈。笑えるようなシーンが少なく、最後まで見るのが苦痛な感じ。古田新太の食堂のオバちゃん役は良かった。
山椒の実さん [地上波(邦画)] 2点(2013-08-13 00:03:26)
8.私にとって乱太郎は子供の頃の大好きな作品の一つでしたがこれはいただけなかった。テンポが悪いのとキャラが多過ぎるせいで話がわかりずらかった。子ども向けとも大人向けともとれない中途半端な印象でした。
しっぽりさん [地上波(邦画)] 4点(2013-07-14 18:51:33)
7.《ネタバレ》 NHKの長寿アニメ「忍たま乱太郎」の実写映画化作品。アニメと同じ脚本家(浦沢義雄)が脚本を担当し、同じ主題歌を使っているが、アニメのオリジナルキャラクターであるヘムヘムとシゲが登場しないこともあってか、アニメよりも原作の漫画をベースにして作られているのかもしれない。とにかく登場する大人の出演者たちが加藤清史郎ら子役たちよりも明らかにノリノリで演じていて楽しそうなのが印象に残る映画で、大御所俳優たちがひたすらバカみたいなことをやっているが、それが見ていて楽しく、子供向けだろうなという見る前の予想を覆して、退屈することなく楽しめた。先週見たばかりの「十三人の刺客」と同じ三池崇史監督だが、「十三人の刺客」にも出演していて渋い演技を見せていた平幹二朗や松方弘樹が特殊メイクを施した姿でコミカルに役を演じているのはギャップを感じる。でもそのギャップも笑えるのだ。もうこれだけで単なる子供向け映画ではない。ラストの鐘を鳴らすシーンも、そう来たかという感じで、たぶんアニメだとやらない展開だと思うが、自分的にはぜんぜんOK。取り立てて深い内容があるわけではないが、子供よりも大人のほうが見ていて楽しめるのではないかと思った。(でも合わない人も多そう。)個人的にはある意味ではアニメよりも面白かったけど、そんなに高い評価をする映画でもないので、まあアニメの劇場版と同じ6点が妥当かな。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 6点(2013-01-08 13:45:41)(良:1票)
6.「俺は今回は内輪ネタがやりたいんだよ!!!!!」という心意気をのっけから恥ずかしげもなく提示し、かつ最後までやりきったのは評価したい。檀れいのくの一モードがツボだったので+1点
j-hitchさん [映画館(邦画)] 6点(2012-09-24 21:17:00)
5.久々に最後まで観るのがきついと感じる映画だった。笑えない悪ふざけが延々と続く上、話も分かりづらいという…。エンドロールで流れた撮影風景がみんな楽しそうで、ほんわかした気分になれたので1点だけプラス。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 3点(2012-05-21 23:44:27)
4.《ネタバレ》 忍たま乱太郎は僕も子供の頃、よく見ていましたよ。それが実写化されたということで興味本位で見てみましたが、なんというか、忍たま乱太郎の舞台を借りた、三池ワールド炸裂のやりたい放題ムービーでしたね(笑)。前半こそまだなんとかストーリーテリングしてるけど、後半になってくると好き勝手やりまくりという感じで、とにかく登場人物の多いこと多いこと(笑)。「こいつ、何者だ?」みたいなのがワラワラと出てくるので覚えるのも大変でした(汗)。まぁ、それでも笑わせてくれたことは事実です。出演者の面々が、もの凄い豪華なんですよね。そんな大御所の人たちがアホみたいなメイクして体張って笑かしてくれる。みんな、とても楽しんでやってるのが伝わってきて、こういうのは三池監督でしか作れないものなんだろうな~としみしみ感じました。
あろえりーなさん [DVD(邦画)] 5点(2012-02-07 00:45:50)
3.《ネタバレ》 こういう映画は「映画を見よう」と思って見ちゃ駄目ね。「楽しもう」と思って見なきゃ。そりゃ子供向け映画なんだから細かい事いいだしたら粗は見えますよ。でもね。違うんです。この映画は違うんです。まずこの映画の良い所はとにかく役者達が楽しんでいるという事。子役から大御所までがとにかくはしゃいでいます。あの平幹二郎が!あの松方弘樹が!あの鹿賀丈史が!アホな格好でアホな事言ってアホな動きばっかしています。もうね,その姿を見ているだけで自然とニヤけてしまいますよ。基本的は子供に分かりやすいギャグで攻めてくるんですが、そのギャグをやってるのが平幹二郎や松方の兄貴ですからね。大人からすれば「ガキの使いの笑ってはいけないシリーズ」を見ているような感覚に陥りました。まぁ松ちゃん流に言えば「あんなもん誰が見ても笑うやろ」という卑怯な手でもありますがw
関白宣言さん [映画館(邦画)] 7点(2011-08-06 14:41:40)(良:1票)
2.《ネタバレ》 小4の娘と一緒に鑑賞。食堂のおばちゃんに扮した古田新太見たさに行きましたが、面白かったです。笑えるような笑えないようなシーンもふんだんに織り交ぜながら、映画という大きな大きなおもちゃで大人がたっぷり遊んでます、という映画。子どもの映画ではないけれど、私としてはこれは大アリだと思います。最後の鐘なんて、子ども向けの「がんばろう!」な映画ではあり得ない展開で、花マル。谷原くんは顔をあれだけ隠しても谷原くんなんだよ、というところもある意味よかったような、悪かったような・・・。
longsleeper21さん [映画館(邦画)] 8点(2011-08-06 11:38:03)
1.《ネタバレ》 (TVアニメの予備知識なし。もうすぐ6歳になる娘と劇場鑑賞しました。)次々と登場するキャラクターの名前と相関を頭に入れる間もなく突き進む物語。誰が敵で誰が味方なのか良く分からない。寝不足もあってか思考停止状態に陥りました。そんな中、しっかりと伝わってきたのは三池映画特有のアクの強さ(要するにう○こですな)と、俳優陣が皆楽しんでいること。とくに大御所俳優のノリノリぶりは凄かった。平幹二朗、松方弘樹、加賀丈史…。素顔が特定できないほどの特殊メイクを施し、忍たま、いや三池映画の世界に浸る様は、アニメの実写版という特有の胡散臭さと相まって、えもいわれぬ雰囲気を醸し出していました。少なくとも子供が理解できる“面白さ”ではないと思う。そう、本作は子供向け映画の皮を被った極めて大人向け作品であると解釈しました。「忍びとはガッツじゃ!」をメインテーマと思い込ませつつ、主人公の努力をいとも簡単に反故にするオチの付け方に痺れます。正直、面白いともツマラナイとも言いづらいのですが、娘曰く「最後、鐘がチーンと鳴ったのが良かった!」そうなので、これはこれでアリなんだろうとは思います。ほとんど採点放棄の5点。
目隠シストさん [映画館(邦画)] 5点(2011-08-01 20:13:28)(良:1票)(笑:2票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 10人
平均点数 4.90点
000.00%
100.00%
2110.00%
3220.00%
4110.00%
5220.00%
6220.00%
7110.00%
8110.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS