インモータルズ/神々の戦いのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > イ行
 > インモータルズ/神々の戦い
 > (レビュー・クチコミ)

インモータルズ/神々の戦い

[インモータルズカミガミノタタカイ]
Immortals
2011年【米】 上映時間:111分
平均点:5.75 / 10(Review 28人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-11-11)
アクションドラマアドベンチャーファンタジー3D映画
新規登録(2011-07-01)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2017-05-23)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ターセム・シン
キャストヘンリー・カヴィル(男優)テセウス
ミッキー・ローク(男優)ハイペリオン
ジョン・ハート(男優)地球上のゼウス
スティーヴン・ドーフ(男優)スタウロス
ケラン・ラッツ(男優)ポセイドン
フリーダ・ピント(女優)パイドラ
イザベル・ルーカス(女優)アテナ
ロバート・メイレット(男優)ミノタウロス
アラン・ヴァン・スプラング(男優)ダレイオス
マシュー・G・テイラー(男優)モンドラゴン(王の護衛)
ルーク・エヴァンス(男優)ゼウス
スティーヴン・マクハティ(男優)カッサンダー
小森創介テセウス(日本語吹き替え版)
甲斐田裕子パイドラ(日本語吹き替え版)
大塚周夫地球上のゼウス(日本語吹き替え版)
菅生隆之ハイペリオン(日本語吹き替え版)
大塚芳忠カッサンダー(日本語吹き替え版)
志村知幸ダレイオス(日本語吹き替え版)
西凜太朗ヘリオス(日本語吹き替え版)
加瀬康之スタウロス(日本語吹き替え版)
東地宏樹ゼウス(日本語吹き替え版)
撮影ブレンダン・ガルヴィン
製作マーク・キャントン
ライアン・カヴァナー
ジャンニ・ヌナリ
ユニバーサル・ピクチャーズ
製作総指揮タッカー・トゥーリー
配給東宝東和
特殊メイクエイドリアン・モロ
特撮ティペット・スタジオ(視覚効果)
衣装石岡瑛子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
28.リアリティが中途半端なのかな。いまいち、入り込めなかった。
センブリーヌさん [インターネット(字幕)] 5点(2020-02-21 23:09:53)★《新規》★
27.《ネタバレ》 ギリシャ神話モノは好きなんですが、本作はどうもねぇ。
大作にしたい、大作を作ろう‥‥‥としたが、中途半端に終わった映画、という印象です。
肝心の弓は殆ど活躍しないし、最後の決戦も迫力不足
神々は、思いのほか弱いし、見どころが余りないという印象ですね。
あれ程「人間に干渉するな」と言っていたゼウスが、ラストでは先陣切って人間のために戦っているじゃないですか。
それならそれで、ゼウスの心変わりの場面が必要ですよね。
まぁ、ギリシャ神話の神々って、人間並みに俗っぽいし、身勝手で、煩悩の塊りのような部分は有りそうですが。
TerenParenさん [インターネット(字幕)] 5点(2019-08-26 23:44:29)
26.《ネタバレ》 この手の神話ものは好み。衣装が独創的で良いのだが、もっと露出を多く。
にけさん [映画館(字幕)] 5点(2019-01-27 22:37:54)
25. ギリシャ神話にちょっとスペクタクルな脚色を加えた叙事詩モノ、なんでしょうが、正直あまり魅力的な話じゃないと言うか、入り込めないと言うか……今一つ盛り上がらない。けっこうドタバタと戦闘シーンも多いのだが、何なんだろう?
 そして最も気になったのが、CGの多用で画面が暗い。観ていて疲れるんだな。だから尚更気が入らないのかもしれない。
 いずれにせよ、私的には思っていたのとまったく違った作品であり、最後までノレなかった退屈な映画だった。ただ、いつかもう一度チャレンジしてみよう、と思わせる何かがあるような気はする。体調と気分の良い時に。次回の観賞で点数が上がることを期待します。w
TERRAさん [CS・衛星(吹替)] 4点(2018-01-04 18:16:25)
24.ちょっと期待し過ぎてたかな。ターセム監督らしく映像美は圧巻なんですが、映像運びがちょっと退屈だったな。物語はギリシャ神話の変化系なんですが、ところどころに納得出来かねるおマヌケな部分があったりで個人的にはテンションが上がりませんでした。本当は4点なんですが、映像美でプラス1点おまけ。
movie海馬さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-02-26 18:56:11)
23.ストーリーは、所々、ん?ってなったり、ゼウスの身勝手さに、はあ?ってなったりしますが、ギリシャ神話自体、もともと混沌とした部分があるし、だいたいゼウスも地上でエッチしすぎなほど自分勝手な神様だし、現代チックにかっこよくフィルターがかかって描かれがちなギリシャ神話を、これはこれでちゃんと表現してるのかなーと思えば、気にはならなくなりました。映像は、斬新で、新鮮。女性巫女の不気味なアジアンテイストな衣装とか、ミノタウロスの現実的表現、絶壁の町の光景、タイタン族の恐ろしい造形、そして神のかっこいい戦闘や津波などの大いなる力のふるい方の描写など、どれも面白く画面に釘付けになりました。ただ映画を見る前は、神々のちょー神がかった戦いを期待していた部分もあって、それはほとんどのないので、そこだけがちょい残念かな。でもこーゆう戦いのほうが、ギリシャ神話っぽいかな~。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 7点(2014-10-03 10:27:29)
22.《ネタバレ》 ストーリーはほんの二言三言で語れる話を劇場のように徹底してスタジオセットとCGで描く 泥臭い人間同士の戦いと華麗で残酷な神の戦いを描き分けるのが見所の映画 神の戦いはポセイドンの海のシーンを含めて素晴らしい シンメトリーな画面構成やPVの様なスタイリッシュな映像はいいがまったくロケ部分がないので飽きて来る やはり奥行き感が無いと映画はきびしいな 物語はあえてだと思うがまったく起伏がなくつまらない キーアイテムのエピロスの弓を奪われるシーンも主人公が転んで落とした弓を犬が拾って走るだけ まったく盛り上げようとかも思っていない 物語はまだ薄かった「300 <スリーハンドレッド>」の方がちゃんとしていたんじゃなかろうか そもそもちゃんとしたストーリーは存在しない スタイリッシュな映像を楽しむためだけの映画だ 111分は長過ぎる60分ぐらいなら面白かった
にょろぞうさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2014-02-12 02:07:41)
21.《ネタバレ》 まだ神々の影響力が色濃く残る古代ギリシャ。かつて光の神に敗れ封印された闇の神々〝タイタン族〟を復活させ世界を支配しようと、ハイペリオンという邪悪な王が勢力を拡大していた。小さな村で平凡な農夫として暮らしていた青年テセウスのもとにも暗い影が忍び寄る。ハイペリオンに捕まり、最愛の母を目の前で殺されてしまったテセウスは彼の奴隷として連行されることに。だが、美しい巫女や光の神々の導きにより、なんとか脱出することに成功したテセウスは復讐を果たすため、そして世界を救うため、決死の覚悟でハイペリオンのあとを追うのだった。ザック・スナイダーの「300」の世界をターセム・シン監督の独特のセンスで全編リライトしたかのようなヒロイック・ファンタジー。恐らく、この作品の評価の分かれ目となるのは、この古代ギリシャでありながら何処かインドっぽいエキゾチックでオリエンタルな雰囲気を許容できるかどうかだろう。グロテスクな残虐描写もふんだんに織り込みながら、それでも細部にまで拘り抜いた絵画のように美しい唯一無二の世界観は確かに凄いとは思うのだけど、残念ながら僕の好みとは微妙に合いませんでした。まあ、面白いとは思うんですけどね。個人的には、何処までも真面目に真剣に製作されていながら何故か乾いたユーモアを感じさせる「300」のほが好み。でも、ミッキー・ロークのもはや貫禄の悪役っぷりはなかなか良かったっす。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2013-12-07 18:45:44)
20.誰が何のために、何と戦うのか?良くわかりませんでした。だから長くつまらなく感じた。映像は独特ですが。
たかちゃんさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2013-02-10 20:43:58)
19.神々のスローモーション戦闘をメインにすればいいのにつまらない人間の戦闘ばかりめだつ。明らかに脚本ミス。筋肉美はかなりいい。
とまさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-02-02 12:39:10)
18.映像は面白い。300とかみたいで確かに面白い。しかし、ストーリーはないに等しい。せっかくアテネとかかわいいのに、見せ場がない。人間の戦いと、神々の戦いがほとんど同じ見せ方って、もったいないな-。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-12-22 23:45:34)
17.ターセム・シン作品が続けて見られるのはありがたいこと。 これやザック・スナイダーの「300/スリーハンドレッド」はアートや映像叙事詩として作られていると思うので、安易なドラマを期待しなくてもよいのでは。 「300」よりもさらに濃く塗りこめられた映像はそれだけで異様な迫力があり、スピードまで自在に操る神々とタイタン族の戦いは、今まで目にしたことがないようなちょっとした見もの。 俳優は主人公テセウス以下イギリスやカナダ中心で、神話ゆえあまり手垢のついていない人を使ったのかもしれず、若い頃から映画に出ているヘンリー・カヴィルは大人っぽくなり、来年はスナイダーの「マン・オブ・スティール」(スーパーマン)があります。 2人のゼウスは、ジョン・ハートが地上での姿の老師、「三銃士」のアラミス、ルーク・エヴァンスは今少し重厚さがあれば、という印象。 石岡瑛子のユニークな衣装をまとったアテナたち若き神々はこの世ならぬ姿を見せ、アメリカ代表のミッキー・ロークは不気味なハイペリオン、神秘的な巫女パイドラは監督と同じインドのフリーダ・ピント。 異界をかいくぐってきた気分が味わえ、映像詩人ターセム・シンの面目躍如、彼の作品としても「落下の王国」に並ぶものではと思います。
レインさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2012-12-10 07:00:05)(良:1票)
16.『神々の戦い』ってほど神様の戦闘シーン無いじゃん!!見ごたえはあったけどさ。
それにしても、ハイペリオンだったりヒュペリオンだったり、テセウスだったりテーセウスだったり…、ギリシャ神話を日本語訳する時の読み方を統一してくれないかなぁ、面倒くせぇっ!!
SINさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2012-08-19 14:03:47)
15.《ネタバレ》 内容的に『タイタンの戦い』と被りまくっている上、ストーリー性のなさはどっこいどっこい、要は「怪獣映画」か「戦争映画」かの違いかね。しかし、本作ではターセム監督特有の美意識が炸裂しており、戦闘シーンも非常に美しい。神々が人間界に降りて来る時の格好良さったらない。しかし、役者さんはミッキー・ローク以外ほとんど知らない人たちなので、主人公の影も薄く、神様たちも「誰それ?」って感じ(神様としての威厳が感じられないんだよね。すぐ死ぬし)。さすがにリーアム・ニーソンとかレイフ・ファインズ級の役者は起用できなかったか。アテナとか有名な神々がいとも呆気なく死んじゃうのにはビックリした。
フライボーイさん [DVD(字幕)] 6点(2012-07-26 22:35:17)
14.脚本が平凡な上に監督がストーリーテリングに無関心なようで、お話しはまったく面白くありません。前半は「つまらん映画だなぁ」と思いながら観ていたのですが、ギリシャ軍vsハイペリオン軍の合戦がはじまると突如として面白くなりました。圧倒的兵力を見せつける敵にひよった自軍を鼓舞する演説はこの手の映画にありがちなのですが、本作はこれを意外なほどかっこよく演出してみせています。多くの兵が入り乱れる合戦は大迫力だし、満を持しての神様戦隊登場は笑ってしまうくらいかっこよく決まっていました。ここまでやってくれれば大満足、前半のつまらなさはクライマックスですべて帳消しになりました。。。
美しさを伴う残酷描写にスーパースローの多様と、ターセム・シンの画作りはザック・スナイダーとよく比較されますが、コミックのカットの忠実な再現を目指すザック・スナイダーに対して、動く絵画を目指すターセム・シンの画作りはより高度。『ザ・セル』を観た時には”小さなリドリー・スコット”という印象を受けたのですが、本作を観るにターセム・シンは映像派と呼ばれる監督群の中でも独自のポジションを確立しつつあるようです。そろそろまともな脚本を受け取って、ラッセル・マルケイ化する前に代表作を作って欲しいものです。
ザ・チャンバラさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2012-07-16 16:46:53)(良:1票)
13.《ネタバレ》 何人がかりで書いてる脚本か知らないが、ターセムさんはあまりストーリーとか拘らない人なんだろうね。ストーリーに惹かれないのよね。
神様の親玉ゼウスさんは人間の事、応援するし、人間に化けて、主人公君にこっそり稽古つけてあげたりする癖に、他の神様が手伝おうとすると、
「いかーん!人間のことは人間が解決せねばならんのだ。手伝ったりしたら、お前らでもマジで殺すぞ!!」
とか言う、理不尽大王。一番タチ悪い人だよね。とかいって、要所要所のオイシイところで神様が現れて大暴れするものだから、最終的に人間同士の争いが凄くちっぽけでどうでもいいものに思えてしまう。明らかに悪役に勝ち目ないじゃない。
神様っていつも勝手よね!主人公存在感薄すぎ!

見どころは勿論アクション。
殺すためのアクションなので、顔面に刀を容赦なくつき刺したり、四肢は容赦なくバラバラになり、血がブチュワァッって漏れる。ここら辺は、300とあまり変わらないかもしれないが、やはり迫力あって、カッコイイ。ストップモーションを使ったアクションはあまり好きではないんだけど、計算されつくされた滑らかなカメラワークで、見せるところをきちっと見せていくのでとても美麗に感じた。

アクションが楽しかったので、概ね満足!
すべからさん [映画館(吹替)] 7点(2012-07-03 00:42:53)
12.ターセム・シン監督のビジュアルが活かされていない。神話という浮世離れした題材はこの監督に合っているのでしょうが、展開がストレーートすぎて映像との一体感がない。
カワウソの聞耳さん [DVD(字幕)] 5点(2012-06-11 21:14:46)
11.《ネタバレ》 ミノタウロスの造詣や兵士たちの汚れ具合など、現実味が感じられる映像は好みだし、スーパースローを多用し、止まった時間を神々だけが動くような戦闘シーンは一見の価値あり。映像センスはかなりのものだと思う。だが、有名どころのポセイドンやアテナも簡単に死んでしまうような展開となり神々に絶対的な強さがあるのか不明だし、物語にも興味を惹かれる部分がなく、全体的に冗長な展開なので面白くない。全体的にイマイチな感じで残念。
しぇんみんさん [DVD(吹替)] 5点(2012-05-27 20:29:17)
10.《ネタバレ》 迫力がある映像だけは素晴らしいが、メリハリのないストーリー展開、安っぽい衣装にはげんなりした。
どうでも良いけど、アテナとか殺しちゃって大丈夫なのかなぁ?
あきぴー@武蔵国さん [DVD(吹替)] 4点(2012-05-13 21:11:21)
9.《ネタバレ》 神々が無双する話かと思っていましたが、そんな展開はほぼ終盤だけでちょっとガッカリ。しかしスローモーションを取り入れた血肉が踊るアクションシーンは美しくかっこいいです。タイタン族の強さの描写がもう少しあれば最後の戦いはもっと盛り上がったかなと思います。個人的に戦いの神アレスの無双ぶりと退場ぶりが良かったです。
nyarameroさん [DVD(字幕)] 5点(2012-05-09 13:43:05)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 28人
平均点数 5.75点
000.00%
100.00%
200.00%
313.57%
4310.71%
51139.29%
6517.86%
7414.29%
8310.71%
913.57%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 2.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 2.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS