郵便配達は二度ベルを鳴らす(1981)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ユ行
 > 郵便配達は二度ベルを鳴らす(1981)
 > (レビュー・クチコミ)

郵便配達は二度ベルを鳴らす(1981)

[ユウビンハイタツハニドベルヲナラス]
The Postman Always Rings Twice
1981年【米】 上映時間:125分
平均点:5.30 / 10(Review 57人) (点数分布表示)
ドラマサスペンスラブストーリー小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2013-03-20)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ボブ・ラフェルソン
助監督ビル・スコット[その他]
キャストジャック・ニコルソン(男優)
ジェシカ・ラング(女優)
ジョン・コリコス(男優)
マイケル・ラーナー(男優)
アンジェリカ・ヒューストン(女優)
クリストファー・ロイド(男優)
ジョン・P・ライアン(男優)
ドン・カルファ(男優)
ブライオン・ジェームズ(男優)
エルザ・レイヴン(女優)
ライオネル・マーク・スミス(男優)
中尾彬(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大谷直子(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小松方正(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
池田勝(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
寺島幹夫(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
糸博(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
藤城裕士(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
沢田敏子(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
秋元羊介(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
村松康雄(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
藤本譲(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
鳳芳野(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
北村弘一(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
片岡富枝(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
原作ジェームズ・M・ケイン
脚本デヴィッド・マメット
音楽マイケル・スモール
編曲ジャック・ヘイズ〔編曲〕
撮影スヴェン・ニクヴィスト
製作ボブ・ラフェルソン
チャールズ・マルヴェヒル
配給日本ヘラルド
美術ジョージ・ジェンキンス(プロダクション・デザイン)
ロバート・グールド〔美術〕(セット)
衣装ドロシー・ジーキンズ
編集グレーム・クリフォード
録音スティーヴ・マスロウ
グレッグ・ランデイカー
ビル・ヴァーニー
字幕翻訳清水俊二
その他ジェラルド・R・モーレン(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
57.《ネタバレ》 郵便配達がどこに出てくるのかと思えば、ただの比喩表現のよう。二度目の殺人計画、二度目の事件、二度目の自動車事故。二度目に決定的な運命が訪れるということか。
美人妻の男の趣味があまりにも悪すぎる。亭主は金だけ持っている老いぼれオヤジだし、乗り換えた男は見るからに悪人顔のニコルソン。男は前歴もある根っからの悪で、ギャンブルもするし浮気もする。そんな二人に共感できるものはなく、悲劇的な結末も因果応報の印象しか受けない。何度もリメイクされるほど魅力的な作品とは思えない。
飛鳥さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2015-09-28 22:24:12)
56.はい、想像してたのとは全然違います。
ちゃかさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2015-09-08 18:15:29)
55.全然面白くなかった。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 2点(2014-10-02 00:35:43)
54.原作は読んでいませんが、4度も映画化されていてブロードウェイでも上演されたとか。この4回目のリメイク作品はそれなりに面白い映画でしたが、何がそれほど受けたのかよく分かりません。
ProPaceさん [試写会(字幕)] 6点(2014-09-07 20:14:22)
53.《ネタバレ》 不思議なタイトルに、なんとなくサスペンス性の高さを期待して観てみると、鑑賞後はJ・ラングのエロい肢体のみ印象に残ってますというちょっとずっこけ気味な映画。コーラの夫殺しはそんなに大事にならずに処理されてしまうという、えええ?な展開。弁護士の元秘書がゆすりに来て、おおこれから面倒ごとに巻き込まれるのかな、と思ったらジャック・ニコルソンがぶっとばして撃退するだけかい。サスペンス度は低く、中~後半に至っては二人のロマンスというか痴話げんかになっちゃってる。ちょこっと出てきたサーカスのくだり、ちょっとのわりにアクが強すぎ。ありゃ一体何なのかしら。なんだかへんてこな話だったなあ、というのが正直なところ。
tottokoさん [地上波(吹替)] 6点(2013-07-14 01:09:56)
52.《ネタバレ》 二度もリメイクされているんですね。
郵便配達員はいつ出てくるんだろうと思ってたら終わっちゃいました。
レビュワーの方の説明を読んで『郵便配達は二度ベルを鳴らす』意味がわかってスッキリしましたが、知らなかったら『?』のままでしたw
まぁ、それは置いといて肝心の内容の方ですが、まぁこんなもんかなぁって感じですね。
ジャック・ニコルソンとジェシカ・ラングのキャストは魅力的でしたが、結局何が言いたい映画だったのか…なんとなく消化不良でした。
過去2作は未見なのでチェックしてみようかな。
ろにまささん [地上波(吹替)] 4点(2013-07-10 16:53:48)
51.ジェシカ・ラングの美しさとジャック・ニコルソンのエロさぐらいしか記憶に残っていなかったが、イタリア版の映画がまずまずだったので改めて見る気になったのだが・・・。やはり犯罪映画という以外何もなかった。ニコルソン演ずるフランクは根っからの悪人だ。そういう悪人に惚れる女の気が知れない。せっかくキングコングから解放されたというのに。それにもう一度見直しても後半のストーリーがわかりにくい。
ESPERANZAさん [映画館(字幕)] 4点(2013-03-13 23:16:29)
50.《ネタバレ》 おもてたんとちがーーう!!! 昔っから名前だけは良くきくのでタイトルからして重いサスペンスものだと思ってたらおもてたんとちがーーう!!! 無駄に濃いラブシーンは必要なんでしょうか? なんか何をどう描きたいのか終始ようわからんかったです。途中から裁判ものなのかと思ったらフランクの珍道中になったり、恋愛物になったりおもてたんとちがーーう!!!
映画大好きっ子さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2012-05-18 20:20:10)
49.純粋なサスペンス作品ではなくて、男の女の情欲の深さを描いた、
あくまでラブストーリーに重きを置いた内容。冒頭からの展開が異様に早い。
とにかく主演二人のキャラが強烈で、おかげで本来なら皮肉という形で終わるはずのラストが
全く物足りないものとなってしまった。配役に関してはこれはこれでいいと思うのだが、
ストーリーとのバランスが悪く、ちょっと評価が難しい作品。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 4点(2011-08-18 22:49:49)
48.《ネタバレ》 三度も映画化されるとは、ジェームズ・M・ケインの原作小説はよっぽど傑作なのでしょうか、この映画を観る限りではそんな感じはしませんでしだけど。ニコルソン、ラング、コリコス、三人が揃って情念むき出しのキャラでなんかすごく暑苦しさばかりが残る芝居です。ニコルソンは終始ラングに引っ張られて悪事に手を染め、肝心のところではヘタれになる気弱で中途半端なワルだったのが印象的でした。さあこれからというときに、突然の悲劇に見舞われてただ泣くしかなかったニコルソンを観ていると、なんか胸が締め付けられる思いがしました。あっけないないラストは、遅れてきたアメリカン・ニュー・シネマという感じでした。
S&Sさん [DVD(字幕)] 6点(2011-02-24 01:07:28)
47.《ネタバレ》 えぇ郵便配達の人がその家のご婦人とうんぬん…系のサスペンスとずうっと昔から勝手に(笑)思っていたので全く違う内容にビックリ 先入観で映画を観てはいけませんね(笑) ジャック・ニコルソンどはまり役 ジェシカ・ラングの危うい美しさはお見事  で、ちょっと観ていて思ったこと ジェシカ演じるコーラ(この名前ちとイマイチ…じゃないですか?)の夫はギリシャ人 先日とある映画でギリシャ人と結婚するアメリカ人の描写があったんだけど、やっぱりギリシャの人っていっつもあんな感じなのか?(親戚一同?全員踊って歌って)あの場に「明らかに」なじめてない2人はその後の暗転を示唆する印象深いシーンかと思いましたね まぁなんだかんだいって最後まで観させて頂きましたが(よくわからないサーカスの女の人やいきなり山猫(!)や結構ビックリなラストも含め)、、、やっぱりタイトル関係無さ過ぎと思うなァ ※クリストファー・ロイド(そう、あのドク)が、冒頭一番最初ジャック・ニコルソンを置き去り(何故かw)にしていくドライバー役で出てましたね 意外な発見デアリマシタ
Kanameさん [ビデオ(字幕)] 5点(2011-01-18 20:53:30)
46.《ネタバレ》 原作はハードボイルドの古典として有名で、あらましだけは知っていました。なので亭主を殺す過程に重点を置いた犯罪サスペンスかと思ったら、殺人は途中で成功してそれから裁判。さらにそれも無事すんで、終わってみれば実は恋愛映画だったのか? と思うような不思議な印象が残ります。原作を読んでいないのでわかりませんが、あのラストが原作通りだとすると、やはり「悪人は罰せられなければならない」という時代に書かれたからなんでしょうね。しかし理由はともかく、哀しい終わり方がそれまでの内容とかなり異なっているのに、不自然さを感じさせません。この2人はいろいろありましたが、満たされない現実から脱出しようと必死で足掻いていた過程を、じっくり見せたからでしょう。主人公が犯罪者なのに、最後は同情させて切なさを感じさせるとは、なかなかのものだと感じました。あと、弁護士役のマイケル・ラーナーが、いい味を出していました。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-11-08 21:51:52)(良:1票)
45.《ネタバレ》 これを観て、映画のタイトルがわからなかったので調べてみました。
JMケインの原作小説の文庫本のあとがきによると
「アメリカでは郵便配達はいつも玄関のベルを二度鳴らすしきたりに
なっている。つまり来客ではないという便法である。それに郵便配達は
長年の知識でどこの何番地の誰が住んでいるかをちゃんと知っているから、
居留守を使うわけにはいかない。二度目のベルは決定的な報を意味する。
それと同じようにこの小説では事件が必ず二度起こる。パパキダス殺しは
二度目で成功する。法廷の争いも二度ある。自動車事故も二度、フランクも
一度去ってまた帰る。そしていつも二度目の事件が決定打となるのである。」
これを見て、なるほどと思った。
茶畑さん [DVD(字幕)] 5点(2008-03-30 23:37:14)(良:1票)
44.劇場で鑑賞しましたが私の年齢が若すぎました。おそらくこの映画の何たるかは全然理解していないと思います。ジェシカ・ラングとジャック・ニコルソンとのエッチなシーンのみが残っています。以来オンエアー他で何度となく再見の機会はありましたが未だに再見にいたっていません。今回の評価は現時点での点数として4点とさせていただきます。
SITH LORDさん [映画館(字幕)] 4点(2007-08-15 23:53:33)
43.《ネタバレ》 人間の心境の変化が見事に描かれた作品でした。まさに適性とも思われる役者が演じていたので、なかなか面白かったです。そして、むちゃくちゃ怖かった。特に、サーカスの女が知らんうちに訪ねてきて、コーラが変わってしまったところとか。んで、最後のシーンはマジビビリました。ハッピーエンドじゃないのかよ!?
SAKURAさん [DVD(字幕)] 7点(2007-03-14 07:53:48)
42.《ネタバレ》 「運転中にイチャつくと事故りますよ」という良い見本の映画。
ケンジさん [DVD(字幕)] 6点(2006-08-29 18:20:00)
41.ジャック・ニコルソンとアンジェリカ・ヒューストンの貴重な2ショットが見れたのが感動。ジェシカ・ラングもとてもキレイだ。
ふぉんださん [地上波(吹替)] 6点(2006-05-05 01:31:30)
40.展開が微妙なので意外性はありますね・・・悪い意味で(笑)。
ジマイマさん [ビデオ(字幕)] 4点(2006-02-02 18:49:56)
39.俺が見たときはボカシが入ってたけど・・・別にボカす程でもねーだろ!!
ゆきむらさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2005-09-28 01:14:34)
38.郵便配達人は誰?
Sleepingビリ-さん [DVD(字幕)] 7点(2005-09-19 03:10:20)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 57人
平均点数 5.30点
000.00%
100.00%
247.02%
323.51%
41221.05%
51526.32%
61322.81%
7610.53%
823.51%
911.75%
1023.51%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 1.00点 Review3人
2 ストーリー評価 5.00点 Review4人
3 鑑賞後の後味 4.60点 Review5人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 0.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS