カニング・キラー 殺戮の沼のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 カ行
 > カニング・キラー 殺戮の沼の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

カニング・キラー 殺戮の沼

[カニングキラーサツリクノヌマ]
Primeval
2007年上映時間:94分
平均点:4.50 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
ホラーサスペンスパニックものモンスター映画
新規登録(2011-07-02)【鳥居甲斐守】さん
タイトル情報更新(2021-03-30)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
助監督スティーヴ・ボーヤム(第2班監督)
キャストドミニク・パーセル(男優)ティム
オーランド・ジョーンズ(男優)スティーブン
ユルゲン・プロフノウ(男優)ジェイコブ
ギデオン・エメリー(男優)マシュー
ブルック・ラングトン(女優)アビバ
ニコラス・ゲスト
山野井仁ティム(日本語吹き替え版)
檀臣幸スティーブン(日本語吹き替え版)
本田貴子アビバ(日本語吹き替え版)
岸尾だいすけ(日本語吹き替え版)
西村知道(日本語吹き替え版)
脚本ジョン・D・ブランカトー
マイケル・フェリス[脚本]
音楽ジョン・フリッゼル
撮影ピーター・ベルチャー(カメラ・オペレーター)
製作ギャヴィン・ポローン
製作総指揮ミッチ・エンゲル
特殊メイクグレゴリー・ニコテロ
ハワード・バーガー
あらすじ
ニューヨークのテレビ局で政治問題を扱う番組プロデューサーのティムは、仕事でミスを犯し番組打ち切りの危機に直面する。そんな時、上司からまったく畑違いの動物ドキュメンタリー制作の仕事を命令される。それは内戦状態のアフリカのブルンジ共和国に出現した殺人巨大爬虫類「グスタブ」を捕獲するというものだった。モチベーションが上がらないまま現地に向かうティム一行を待ち受ける本当の恐怖とは・・・・。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.目新しいプロットでもないように見えます。ラストに至るまで概ね想定内でした
。となると、怪物のホラー具合やら人々のパニック度合いの描写が評価対象となるのでしょう。しかし私はその分野に明るくありません。そこそこ普通に楽しめたとしか表現できません。そういう点ではDVD特典のメイキングの方が勉強になりました。
架空の生物ではなく人肉の味を覚えて巨大化したワニという設定もリアリティを増す効果があったと思います。
傲霜さん [DVD(字幕)] 5点(2023-08-24 18:34:01)
3.《ネタバレ》  ドミニク・パーセルが主演のワニ映画だなんて、それだけでワクワクします。
 男臭くて恰好良いパーセルが、アフリカの巨大ワニと戦い、見事仕留めてくれるのを期待して鑑賞した訳ですが……

 色んな意味で、予想も期待も外れちゃう内容でしたね。
 まず、思った以上に社会派というか、ワニよりも人間同士の争いにスポットを当てた作りなんです。
 この場合の争いっていうのは「自分だけが助かろうと、遭難者グループ内で醜い争いが起こる」って代物じゃなく、文字通りの戦争であり、民族間の内戦。
 そもそも巨大ワニのグスタヴが人喰いの味に目覚めたのは「内戦や虐殺で多くの遺体が河に捨てられた為」というのだから、云わばワニなんて内戦の副産物に過ぎない訳です。
 映画の半分が過ぎても、パーセル演じる主人公は「俺はワニになんか興味無いんだ」って断言してるし、ヒロインも「ワニなんかより、ここで行われてる虐殺を世界に伝えるべきよ」と言い出すしで、作り手としてもワニより内戦にスポットを当てていたのは明白。
 それが失敗だったとは言わないし、斬殺シーンや射殺シーンなどには(確かに、ワニなんかより人間の方が怖い)と感じさせる力がありましたけど……
 やっぱり、普通の、王道のワニ映画が観たかったなぁって、つい思っちゃいました。

 第一、社会派な内容にするのであれば、もっと事実に即した作りにすべきだったと思うんですよね。
 「人喰いワニであるグスタヴ」以外は全て架空の人物ってのが、何とも中途半端。
 そんな架空のドラマ部分は悪くなく「友人を失った代わりに、彼が救おうとした現地の若者を保護する事が出来たハッピーエンド」ってのは納得なんですけど、実話に即した「結局グスタヴを退治する事は出来なかった」ってオチまで付くのが、足を引っ張ってる形。
 いっそワニの存在も架空にして「今回遭遇した個体は倒したけど、まだまだアフリカには巨大な人食いワニが残ってる」みたいな形にしても良かったんじゃないでしょうか。

 ジャーナリストで知性派なパーセルってのも意外性があって良かったですし、カメラワークや演出なども洗練されていたのですが……
 何とも勿体無い、もうちょっとで傑作に化けてくれそうな一品でした。
ゆきさん [ブルーレイ(吹替)] 5点(2021-09-22 15:16:18)(良:1票)
2.この映画は「実話ベース」と言われてますが、実話に基づいてるのは「巨大ワニがいる」というところだけなので、お話自体は完全オリジナル

てっきり失笑物のC級ワニ映画なんだろう…と思ってたら、意外と金のかかったちゃんとしたB級映画でした。
この映画の問題はその「ちゃんとした」ところにあって、普通の安いホラーであれば「ここでワニが登場して脅かす」みたいなお約束シーンで一切ワニが出てこないその作りにあります。中途半端に真面目でちゃんとした話にしようとしてる。アフリカの情勢とか無駄にいれちゃって、どっちつかずだし。

結果としてシンプルにつまらない。ただつまらないだけという残念な事になってしまっている映画です。
あばれて万歳さん [地上波(吹替)] 4点(2020-10-21 14:40:01)(良:1票)
1.《ネタバレ》 アフリカのサバンナのど真ん中で「警察呼びましょう!」って絶叫したレポーターのお姉ちゃんには思わず爆笑してしまいましたが、それはともかく、やっぱり肝心の巨大ワニがイマイチというか、もうちょっとなんとかならんかなぁ。動きとか爬虫類特有の滑らかさがないし、ドタドタドタドタ馬が走ってるんじゃないんだからさ。細かいところも夜の暗さでごまかしてるような感じだったし。また民族紛争の渦中にある国ブルンジの状況についても、もうちょっと突っ込んでくれないと、作品の背景が十分理解できません。いきなりリトル・グスタブって奴の手下が出てきてティム一行を襲い始めるんだけど、何やってんの?って感じです。でもまあ、アフリカの映像がキレイだったのと、この手のホラー映画特有の余計なエロ描写がなかった分だけ良しとしますかね。
鳥居甲斐守さん [地上波(吹替)] 4点(2011-07-04 22:49:05)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 4.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4250.00%
5250.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 4.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS