パラダイス・キスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > パラダイス・キス
 > (レビュー・クチコミ)

パラダイス・キス

[パラダイスキス]
2011年【日】 上映時間:116分
平均点:4.08 / 10(Review 12人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-06-04)
ドラマラブストーリー青春もの学園もの漫画の映画化
新規登録(2011-07-02)【奥州亭三景】さん
タイトル情報更新(2018-06-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督新城毅彦
キャスト北川景子(女優)早坂紫
向井理(男優)小泉譲二(ジョージ)
山本裕典(男優)徳森浩行
五十嵐隼士(男優)山本大助(イザベラ)
大政絢(女優)櫻田実和子
加藤夏希(女優)麻生香
高橋ひとみ(女優)小泉雪乃
小木茂光(男優)二階堂譲一
羽田美智子(女優)早坂保子
小林海人(男優)山本大助(幼少期)
田中要次(男優)清栄学園の教師
弓削智久(男優)カメラマン山口
熊田聖亜(女優)早坂紫(幼少期)
西田有沙(女優)
吉松育美(女優)
小泉深雪(女優)
竹原久美子(女優)
蒼れいな(女優)
蒼あんな(女優)
泉里香(女優)
石田ニコル(女優)
かでなれおん(女優)まどか
平山浩行(男優)如月星次
賀来賢人(男優)永瀬嵐
原作矢沢あい「Paradise Kiss」(祥伝社)
脚本坂東賢治
音楽池頼広
作詞YUI「HELLO ~Paradise Kiss~」
作曲YUI「HELLO ~Paradise Kiss~」
主題歌YUI「HELLO ~Paradise Kiss~」
製作ワーナー・ブラザース(「パラダイス・キス」製作委員会)
20世紀フォックス(「パラダイス・キス」製作委員会)
キングレコード(「パラダイス・キス」製作委員会)
配給ワーナー・ブラザース
特撮オダイッセイ(VFXスーパーバイザー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
12.《ネタバレ》 前半は北川景子が綺麗になっていくさまや演技もまずまずだったけど、後半は向井さんのかっこつけが見ていて恥ずかしかった。前半にもその気配はあったが後半は見るに堪えないレベルでした。最初の5分ぐらいの映像にいかにもおしゃれなお店等が出てきてやな感じがしていたが見事に的中。服飾の学校や街並みもいかにもと言う感じでした。とどめはニューヨーク。どうも現実離れしすぎな感じでした。
jibuchiさん [CS・衛星(邦画)] 2点(2014-06-30 21:56:31)
11.北川景子の女子高生役は貴重ではあるが、年齢的にかなり無理もあるような。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2014-06-11 09:17:51)
10.《ネタバレ》 北川景子ぼビジュアルと主題歌ぐらいしか評価できません。ストレスが溜まるのは向井理のキザな態度。ボンボンで実績がない割には態度がデカすぎでしょう。それで自ら天才と公言する彼は何様のつもりなんだ。こういうステレオタイプな人間がこの業界に多いのも現実。観ていて気持ちの良いものではなかったですよ。恋愛もかなり薄っぺらいし、いかにも少女マンガという感じ。衣装には関心ありませんが、ジャガーのXJSコンバーチブルはカッコイイ!!
マーク・ハントさん [地上波(邦画)] 5点(2013-12-30 19:14:57)
9.北川景子が抜群に可愛い。これに尽きます。話の内容に深みが有る訳ではないので、気楽に楽しめます。主題歌も良かった。
山椒の実さん [地上波(邦画)] 6点(2013-11-24 18:08:15)
8.すねかじりで高級マンションとジャガーを乗り回し、委託販売した服は一着も売れないくせ(後半でゴミ以下の言い訳してたが)に、人に「自分の足で立て」等々と偉そうに説教かましちゃうカスすぎる天才肌のジョージ。終始イラつかせてもらいました。
真尋さん [DVD(邦画)] 1点(2013-08-06 05:08:59)
7.ストーリーはないに等しいですが、なんとなく最後まで観れました。少女マンガ原作なので、女性が楽しめるなら良いのでしょうが。
なこちんさん [地上波(邦画)] 4点(2013-07-07 02:48:09)
6.これは申し訳ないけど、つまらなかった。
理由は単純にファッション業界に興味がないという個人的なもの。
こういうのが好きな人が見たら、また違った感想になるのかも知れないけど、僕にはまったく良さがわからなかった。
仕方がないのでファッション云々を抜きにして、人間関係だけに注視してみると恐ろしく薄っぺらいラブストーリーが展開されていく。
世界観に興味が持てず、物語にも引き込まれず、最悪の2時間を過ごす事になってしまいました。
確かに映像は綺麗だし、オシャレな作品に仕上がってるのかも知れないけど、中身のない空っぽの作品という印象だけが残りました。
あと、どうしても納得できないのが、初恋→片想いという純愛の幕開けから、どうしてあんな展開になっちゃうのか???
まあ、それがリアルなんだと言われればそれまでだけど、せめてフィクションの世界でくらい純愛を貫いて欲しい。
イケメンに乗り換えました♪とか言われると僕は悲しくなってしまいます。
もとやさん [DVD(邦画)] 3点(2013-06-29 18:58:20)
5.《ネタバレ》 あー、なるほど、NANAっぽい。前半のコミカルな乗りのまま最後まで行って欲しかった。片想いしてる北川景子さんはかわいかったです。
いっちぃさん [地上波(邦画)] 5点(2013-06-15 03:26:26)
4.《ネタバレ》 画像はとにかく美しい。色使いも画面の映り具合もどの場面もポストカードになるような美しさ。これは「ファション雑誌」映画だね。写真は美しいが毎月、毎週、発売されて消費されて心に何も残らない。北川ちゃんも向井君も好きだが、この時はまだ演技が下手だったんだな~さすがに写真の写り具合は玄人だが、動きが良くない。卒業ショーでのウォーキングが下手なので、拍手喝采は苦笑いでした;(優勝した子のフォーキングはさすがだった)脚本というか台詞がよくないんだよな~原作は少女マンガだそうですが、台詞をそのまま使っているのでしょうか?映画にするなら映画なりの方向性があってしかるべきだと思うのですが…少女漫画は嫌いではないが、幼稚なのはご勘弁;
まあ、可愛い話ではあるのでけなす気にはなれないが、褒めるところは「画像が綺麗」ぐらいかな~;(映画でなくてもいいじゃん;)
果月さん [地上波(邦画)] 4点(2013-06-02 17:12:16)
3.主役の二人と世界観にまったく興味が持てず、見る予定では無かったのですが、同僚の恋愛映画ファンの子が「向井理の役"ジョージ"が私の趣味では?」というので鑑賞した。うん、服装の趣味は嫌いだがジョージは良かった。あと向井理さんのキスの仕方や強引なシーンの演技も好みだった。あとは、、、北川景子さんは何をやってもドン腐そうでモデル役はどうかと。当時の観月ありささんみたいなスタイル抜群な適役がいなかったんだろうか。内容は申し訳ないが漫画やアニメを見ているような感じだったので、脳みそにそう思い込ませて最後まで見る事が出来ました。漫画やアニメならば有りな感じです。
movie海馬さん [地上波(邦画)] 5点(2013-01-06 15:48:08)
2.とにかく人物設定が薄っぺらで、なおかつ古臭い。複雑な家庭環境で育って、少しひねくれたような言動をするが実は誠実な青年とかw50年くらい前に石坂洋次郎が書いて石原裕次郎が演じたとしても全く違和感がない(大爆笑)母親とか学校の教師とか全く記号だし。こんなストーリがー今の若い女の子に受けるなら、一つ少女漫画の原作者でも目指そうかw
 あとストーリーも、生まれながらの才能に恵まれた人間が、その才能を生かす道に気付いて幸せになりましたという、落ちも山もない平坦な話。北川景子が出てるから、画面が華やかでそれなりの説得力もあるのだが、そうでなければ、普通の特に才能に恵まれてない人間が見て、何を感じろと?
rhforeverさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2012-04-28 10:41:00)
1.《ネタバレ》 思ったほど悪くない、と言うか良かったですよ。同時期に公開されている秋葉原から売り出しているアイドル主演の映画に比べたら遥かに良いです。ハリウッド映画でワーキングガールを主題に取り上げた映画の構成を上手く利用しているという点で、楽しく見られるような仕組みにはなっているんだよね。役者としても北川景子と向井理がしっかりした演技をしているからこの二人だけを見てても楽しめるし、デートムービーとしては最適かな、と思います。まぁ、問題が無い訳ではなく、元が少女漫画なので、やたらと衣装が派手なのはわかるし、そのテイストを全面に出すというのも悪く無いと思うのだけど、少女漫画の悪い所をそのまま映画に持ち込んでしまうのはちょっと戴けないかな、という思いもあります。例えばジョージの乗るオープンスポーツの外車という事で、ジャガーを出しているけど、ジャガーの左ハンドル仕様を出す必然性が全く無いし、ついでに言うと、ジャガーに乗る人が何であのファッションなのかと思うほどのコーディネートのミスマッチ感があります。これは少女漫画が原作だし、日本だからこういう無粋な言い方自体が本来は駄目だと思うけど、男性目線で見てしまうとちょっと違うかな、と。
それとこれは役者の責任では無いのだけど、役者の演技の前後関係が繋がらない部分が結構見えました。見ると、役者はちゃんとオーダーをこなしているようにしか見えないから、やっぱりこれは監督の演技の付け方の出来の悪さだったり、編集の問題だったりするんだろうね。最後に、これは映画とはちょっと違う話ですが、矢沢あいの漫画自体が画に動きをあまり感じないからかも知れませんけど、映像化したときに動くと変な違和感を感じますね。この辺はやっぱり少女漫画特有の美的感覚を動画として表現しにくいという事なのかな?
奥州亭三景さん [映画館(邦画)] 7点(2011-07-24 11:33:17)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 12人
平均点数 4.08点
000.00%
118.33%
218.33%
3216.67%
4325.00%
5325.00%
618.33%
718.33%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 3.66点 Review3人
3 鑑賞後の後味 4.33点 Review3人
4 音楽評価 5.00点 Review2人
5 感泣評価 1.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS