シャンハイ(2010)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > シャンハイ(2010)
 > (レビュー・クチコミ)

シャンハイ(2010)

[シャンハイ]
Shanhai
2010年【米・中】 上映時間:105分
平均点:4.79 / 10(Review 14人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-08-20)
ドラマサスペンスミステリーロマンス
新規登録(2011-07-07)【+】さん
タイトル情報更新(2014-11-25)【DAIMETAL】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ミカエル・ハフストローム
演出ヴィク・アームストロング(スタント・コーディネーター)
キャストジョン・キューザック(男優)ポール・ソームズ
コン・リー(女優)アンナ・ランティン
チョウ・ユンファ(男優)アンソニー・ランティン
フランカ・ポテンテ(女優)レニ
ジェフリー・ディーン・モーガン(男優)コナー
菊地凛子(女優)スミコ
デヴィッド・モース(男優)リチャード・アスター
ベネディクト・ウォン(男優)キタ
ヒュー・ボネヴィル(男優)ベン・サンガー
渡辺謙(男優)田中大佐
アンディ・オン(男優)
家中宏ポール・ソームズ(日本語吹き替え版)
日野由利加アンナ・ランティン(日本語吹き替え版)
磯部勉アンソニー・ランティン(日本語吹き替え版)
横島亘リチャード・アスター(日本語吹き替え版)
渡辺謙田中大佐(日本語吹き替え版)
西凜太朗コナー(日本語吹き替え版)
山根舞スミコ(日本語吹き替え版)
脚本ホセイン・アミニ
音楽クラウス・バデルト
撮影ブノワ・ドゥローム
製作マイク・メダヴォイ
バリー・メンデル
製作総指揮アーノルド・メッサー
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
配給ギャガ
特撮ギョーム・ロチェロン(CGスーパーバイザー)
美術ジム・クレイ〔美術〕(プロダクション・デザイン)
ピーター・フランシス[美術](美術監督スーパーバイザー)
ドミニク・マスターズ(美術監督)
衣装ジュリー・ワイス
編集ピーター・ボイル〔編集〕
ケヴィン・テント
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
14.すべてが中途半端な印象がある。何かそれなりの場面がいろいろ出てくるが何をやっているか分からない。
のははすひさん [DVD(字幕)] 4点(2012-08-19 13:24:19)
13.《ネタバレ》 第二次大戦前夜の様々な国の陰謀渦巻く上海を舞台にした、濃厚な政治ドラマ。という個人的に好きなテーマの映画なのだが、いまいち乗り切れなかった。やはりこの手の映画は、政治八割・恋愛二割くらいがちょうど良い配分だと思うのだけど、恋愛の比重が幾分か多すぎてバランスが悪くなってしまっている。豪華な俳優陣だけに残念な作品だった。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 5点(2012-07-04 04:25:31)
12.サスペンス風の大衆向け娯楽作品かと思ったら、予想と違い、かなりシリアスな創りになっていることに驚きです..しかしながら、軍部や諜報活動、そして太平洋戦争開戦が、絡んでいるのに..メインはそこではなく、ジャンルとしては、男と女の悲恋もの..結末あたりでガッカリ..残念...
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 6点(2012-06-06 10:39:59)
11.俳優陣は豪華ですが、内容はイマイチでした。一体が何を表現したいのかがわかりづらいし、物語の展開にも不自然さがあり、結局最後まで映画にのめり込むことが出来ませんでした。
おやじのバイクさん [DVD(字幕)] 5点(2012-03-11 22:14:38)
10.太平洋戦争〈前夜〉の上海を舞台にした日米中の諜報戦…という、面白そうな題材を扱っているにも関わらず、このつまらなさは何だ?起伏のない展開と凡庸な演出で、サスペンスとしてもラブストーリーとしても中途半端。しかし、俳優陣だけは豪華。チョウ・ユンファと渡辺謙は相変わらずの存在感だが、主役のジョン・キューザックにあまりにも華がない(好きな役者さんだけど)。コン・リーは綺麗だった。
フライボーイさん [DVD(吹替)] 4点(2012-03-07 00:18:24)
9.序盤で登場人物達の立場・背景がよく理解できん中(別なことをやりながら観ていたのがいけなかった)、そのまま中盤に突入してしまったので、あまり楽しめなかった。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 4点(2012-02-26 21:21:20)
8.《ネタバレ》 渡辺謙は僕の好きな俳優なので、彼目当てで観てみました。それに、この時代の男の人たちの服装、コートに帽子姿が凄く好きで、こういう時代物の映画を観るとついつい自分も入り込んじゃいます。そんなわけで期待して観たのですが、、、まず不満なのは、映像が少しチープっぽいんですよね。上海の街並みがいかにもセット臭いというか。おそらくだけど、コントラストが弱いんじゃないかと思うんですよ。全体がのっぺりとし過ぎてるというか、光と影をもっとはっきりさせるほうがいいと思うんです。いわゆるフィルムのワールみたいな感じで。それから、恋愛劇としてちょっと中途半端なんですよね。タナカ大佐とスミコの恋愛模様はそもそもほとんど描かれてなかったから仕方ないとしても、ポールがとアンナの愛はもうちょっとなんとかならなかったのかなと。お前さん、いつのまに好きになってたんだよって思っちゃった。そんなわけで不満がいろいろとあったのですが、時代物としての面白さもあったとは思うのでおまけの6点。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 6点(2012-02-03 19:33:27)
7.《ネタバレ》 戦争前夜の暗いなかにも何とも言えない艶と猥雑で独特な雰囲気を醸し出している上海の夜。米、中、日の存在感ある俳優たち。話の中身も興味深い。
なのに観終わった後にぼんやりとして感動うすく、しかもごちゃまぜのなかに漂っていたのは何故なんだろう??と。
詰め込みすぎ、理解するのが大変なそれぞれの関係、一番はジョン・キューザック演ずる諜報員とコン・リー、渡辺健と菊地凜子のラブストーリーに真実味がちっとも感じられなかったことかな、と思ってます。

AKOさん [映画館(字幕)] 6点(2012-01-13 13:10:04)
6.《ネタバレ》 様々な形状のランプシェード、幻燈、ネオンサイン、暖炉、ヘッドライト。
あるいは、動乱の予兆ともいうべきマッチの発火に銃の発砲火炎と、暗闇に浮かぶ光の要素は数多いにも拘わらず、明暗のコントラストが際立たず、官能性にも欠ける。
結果として光も闇も共倒れの印象で、その辺りもラブロマンスとしての弱さの一因かも知れない。

ノワールなら、せめて濡れた路面への照り返しや、黒塗り車の艶光や、煙草の紫煙へのこだわりは欲しい。

ジョン・キューザックがコン・リーを尾行するシーンはほぼ起点と終点のみで、映画として肝心な経過の描写を欠き、上海駅ホームの群集シーンも同様に、追う・追われるのサスペンス醸成が拙い。

日本大使館前での暗殺シーンのカットバックも、クライマックスのショットガンの撃ち合いも編集が乱雑すぎる。

巷で騒がしい政治性論議などはどうでも良いとして、これでは乗れない。

ユーカラさん [映画館(字幕)] 3点(2011-09-30 22:51:50)
5.《ネタバレ》 消化不良感が残りました。特に前半に問題があったと思います。登場人物の立場と関係性がよく見えないうちに大量の台詞が流れる。そこで物語に置いて行かれるとリカバリーできずに他人事の三角関係を眺めることになる。自分はそんな状態でした。二次大戦の最後に残された大一番である日米開戦に向けて情報が錯綜するなかに真珠湾を織り込むことで歴史大作感を匂わせるけど、それがストーリーに深く絡む訳ではない。渡辺謙が演じるタナカ大佐も情報戦の蚊帳の外に置かれたあて馬的な存在で、軍人より個人にフォーカスしたラブストーリーでした。でも、歴史の半端な扱い方が悪い方向に作用していて盛り上がりに欠ける感が否めない。いちばん良くないのは主役に華が無いことですね。これは私だけかも知れないけど、何度も主役を張ってるのに映画の中の彼の顔をすぐに忘れてしまう。比較的最近に観た「2012」や「1408号室」の主役は誰だった?と訊かれても私はすぐにジョン・キューザックと答えられない。本作も然り。友人の死を真相を探る諜報員という立場なのに、早々に人妻活動家に夢中になって本来の目的を忘れるようなストーリーも存在感の無さに拍車をかけていました。例えば謙さんを主役に構成を変えた方が面白かったかもしれない、と思うのでした。
アンドレ・タカシさん [試写会(字幕)] 4点(2011-09-06 22:23:10)
4.《ネタバレ》 随分と中途半端だな、という印象です。上海の第二次世界大戦前の魔窟と言われていた時代と、日本軍の暴虐ぶりという二つのイメージをネタに作りました、という感じ。戦藻映画好き、近代史好きからすると、このシナリオでは満足は出来ません。空母加賀が上海で魚雷を積み込んだ?しかも、ドイツ人技師に調整をしてもらった?こんな話を脚本に入れただけで、腰砕けです。帝国陸軍と帝国海軍陸戦隊の区別も階級章だけだったし。単に話を展開させるのを目的とするなら、こういうつまらない嘘をネタにしなくてももうちょっとマシなネタはいくらでもあったと思うんですよね。多分、日本以外の国ではこれでもウケるのでしょうね。いや、今の日本人であれば関係無いのかもしれない。但し、映画ファンから見れば、史実を知らなくとも、この脚本だけで映画の悪いところは充分に分かるのでしょうね。
役者は良い演技をしてたと思いますよ。笑ったのは日本語の英訳がかなり杜撰な事。やっぱり、日本語の言葉をちゃんと汲み取っていないのは日本人としては残念です。
奥州亭三景さん [映画館(吹替)] 4点(2011-09-03 21:35:40)
3.《ネタバレ》 日米中の豪華競演の中でも僕はコン・リーがお目当てでしたが、この人の年齢と共に増す妖艶さは一体何なのでしょか・・・?と言うほど本作でもお綺麗で、胸元に脚に・・・と衣装も素敵でした。

メインとなる太平洋戦争開戦前夜の上海で繰り広げられる、日本人、アメリカ人、中国人が絡み合うロマンスとミステリ&サスペンスは様々な関係が描かれるもどの関係も結局深みが感じられず、特に意外な真相のようなものも無かった。特にジョン・キューザック演じるポール、コン・リー演じるアンナ、謙さん演じるタナカのそれぞれと絡み合う、ある意味本作のキーともなるべきスミコの扱いが薄く、立ち位置が不明瞭すぎた。終盤に再会するタナカとの関係もそれまでが説明不足なので謎のまま終わってしまいました。

しかし当時の上海の下町や、華やかな西洋の租界を舞台に抗日組織、日本軍、西洋の諜報機関が入り混じり暗躍する太平洋戦争開戦前夜の混沌とした上海の雰囲気や、豪華キャストの熱き好演は見応えのある作品です。
とらやさん [映画館(字幕)] 5点(2011-09-01 17:40:56)
2.脚本に深みが無い為に、サスペンス・ミステリー・ドラマ・ロマンス全てが味わい薄いものでした。いぶし銀の役者が揃っていたのに各々の好演が活きていないのが何とも勿体ないことです。
The Grey Heronさん [映画館(字幕)] 5点(2011-08-31 23:15:37)
1.《ネタバレ》 太平洋戦争が始まる裏側、上海でのお話。役者の熱演が感じられましたが、内容としては、あと一歩なラブストーリーでした。特にタナカ大佐(渡辺謙)とスミコ(菊地凛子)の恋愛関係がいまいち分かりにくく、せっかくのラストも、本当に二人が愛し合っていたのか疑問でした。スミコの心情がもう少し表現されていれば…。大佐に関しては、ポールたちを見逃すところも含めて、どうも胡散臭くみえました。当時の日本軍の大佐クラスと言ったら、絶対に抜かりなし!という印象なのですが。と、ハリウッド作品ではつい日本人俳優ばかり目で追ってしまいますが、本作のコン・リーの妖艶ぶりは見事でした。あまり知らなかった当時の上海の様子も見ることが出来たので、なかなかの満足度。
西川家さん [試写会(字幕)] 6点(2011-08-16 22:36:12)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 14人
平均点数 4.79点
000.00%
100.00%
200.00%
317.14%
4535.71%
5428.57%
6428.57%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review1人
2 ストーリー評価 4.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review1人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 2.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS