宇宙人ポールのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ウ行
 > 宇宙人ポール
 > (レビュー・クチコミ)

宇宙人ポール

[ウチュウジンポール]
Paul
2011年【英・米】 上映時間:104分
平均点:6.93 / 10(Review 72人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-12-23)
SFコメディアドベンチャー
新規登録(2011-08-28)【目隠シスト】さん
タイトル情報更新(2015-09-02)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督グレッグ・モットーラ
キャストサイモン・ペッグ(男優)グレアム・ウィリー
ニック・フロスト(男優)クライヴ・ゴリングス
ジェイソン・ベイトマン(男優)エージェント ゾイル
クリステン・ウィグ(女優)ルース・バッグス
ビル・ヘイダー(男優)ハガード
シガニー・ウィーバー(女優)ビッグ・ガイ
ジェフリー・タンバー(男優)アダム・シャドウチャイルド
ジョン・キャロル・リンチ(男優)モーゼ・バグス
ジェーン・リンチ(女優)パット・スティーヴンソン
ブライス・ダナー(女優)タラ・ウォルトン
デヴィッド・コークナー(男優)ガス
ジェシー・プレモンス(男優)ジェイク
セス・ローゲンポール
スティーヴン・スピルバーグ本人の声(カメオ出演)
横島亘グレアム・ウィリー(日本語吹き替え版)
茶風林クライヴ・ゴリングス(日本語吹き替え版)
日野由利加ルース・バッグス(日本語吹き替え版)
弥永和子ビッグ・ガイ(日本語吹き替え版)
脚本サイモン・ペッグ
ニック・フロスト
音楽デヴィッド・アーノルド
編曲ニコラス・ドッド
製作ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
ユニバーサル・ピクチャーズ
ワーキング・タイトル・フィルムズ
製作総指揮リザ・チェイシン
デブラ・ヘイワード
配給パルコ
特殊メイクグレゴリー・ニコテロ
特撮ダブル・ネガティブ社(視覚効果)
衣装ナンシー・スタイナー
編集クリス・ディケンズ
字幕翻訳町山智浩(字幕監修)
その他ニコラス・ドッド(指揮)
エドガー・ライト(スペシャル・サンクス)
リチャード・アイオアディ(スペシャル・サンクス)
グレゴリー・ニコテロ(スペシャル・サンクス)
あらすじ
コミックマニアが集まる一大イベント「コミコン」にイギリスから参加したイギリス人オタク青年二人組。彼らは帰路に有名UFOスポットを目指すが、ほどなく交通事故の現場に遭遇してしまう。そして、そこで彼らを待っていたのは本物の宇宙人。「ポール」と名乗るその宇宙人は、アメリカ政府から追われる身。青年たちは、故郷の星への帰還を望むポールのために、勇気を持って行動するのだった。「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ」のサイモン・ペッグとニック・フロストのコンビが贈るウィットに富んだSFコメディ。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
72.《ネタバレ》 キャラクターそれぞれ個性が立っていて面白い。主人公のオタク2人や下品でファンキーな宇宙人も良い味を出している。単純な下ネタ以外にもセンスを感じる笑い所があって、ルースの父親が逃げる車にショットガンを撃った後に紙切れを拾い上げるシーンとか、ポールと対面したルースが讃美歌を歌い始めるシーンなどは最高だ。スピルバーグにアイデアを提供していたとか、反エイリアン側のラスボスがシガニー・ウィーバーだとか、映画好きならニヤリとできるユーモアも良い。終わり方もハッピーでグッド。下品なのが許せるのであれば、お勧めしたいコメディだ。
alianさん [インターネット(字幕)] 8点(2018-06-11 00:00:55)
71.《ネタバレ》 僕には散りばめられているネタはごく一部しか理解できていないのだが、それでも面白かった。こういう映画にありがちな汚いネタやエグいシーンは一切なし。警官が爆死するところでドキっとするくらい。これも状況的に爆発に巻き込まれる描写になっている。基本的に観客を追い詰めないで「良いシーン」で映画を作っていく姿勢は好きだ。

悲しいシーンでも役者は涙を出さないし感動シーンも茶々を入れて笑いで終わらせる。ラストは少し長いなと思ったらポールが自分でその点を突っ込む。これはイギリスのエンターテインメントの特徴なのかわからないが、バカにも分かるような作りにしない代わりに分かる人ならちゃんと気付けるように作ってある。観客を騙しに行かない。こういうところが後味の良さを生み出していると思う。

ポールのキャラと造形には感心した。あの目は爬虫類のような「瞬膜」があるんだよね。生物としてのリアリティをマニアックに追求している。スーパーボールみたいにペンポコ跳ね回る最近のCGアクションに辟易しているのでポールのあの自然な動きは新鮮だった。
tubirdさん [インターネット(字幕)] 8点(2017-12-31 23:40:40)
70.サイペグとニクフロ(略しちゃいましたw)のコンビが好きな人はそれだけでもう見る価値あり。さらにSF好きなら言うことないですね。基本はゆるーいコメディですが、宇宙人のキャラがとにかく可愛くて癒やされます。そんなに大爆笑とまではいかなかったですが、クスクスニヤニヤ楽しめるし、友情あり恋愛あり(ニクフロがサイペグにヤキモチを焼くシーンが好き)、感動もできるのでオススメです。
ヴレアさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2017-10-24 15:03:53)
69.面白いけど、ホットファズの疾走感には敵いません。
面白いけどね。
kontikiさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2017-10-04 00:18:49)
68.《ネタバレ》 私もオタクなのでこんな旅をしてみたい!と思いました。
自分には大事な事でとても楽しいのに、一般人には通じない。
そんな間の悪さもあるあると大いに共感。

そして、ポールったら宇宙人イラストまんまだし。
Tシャツの柄の映画も気になったし、有名監督の声の出演など、見どころ聴きどころ満載でした。
SFには欠かせない大女優の登場もありました。

個人的には、コミコンでサインしていた作家先生の著書がどれもこれも面白かった。
こんなオタクっぽい題名、脚本家は面白がって書いたのだろうなと(笑
たんぽぽさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2017-01-29 16:09:43)(良:1票)
67.ユーモアにあふれた宇宙人モノ。ポールのキャラは文句なし。主人公2人がもっとオタクっぽければなお良かった。
nojiさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-01-21 21:26:32)
66.最初はフザケタおばか映画かと思ったが、ヒロイン登場の進化論のあたりから面白くなってきて引き込まれた。一見するとファンタジーパロディーのようではあるが、米英比較や南部の排他的カントリー保守主義を皮肉る点や科学と宗教の対立(と和解?)といった隠れテーマもあり、大人版E.Tというテイストに上手く仕上がっている。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2016-11-16 15:12:56)(良:1票)
65.《ネタバレ》 主人公二人に魅力がないのが何とも致命的。オタクが宇宙人とめぐり会ってそこから大冒険の活躍、というからには、宇宙人とも一体化できるほどのハイパーオタクぶりを期待するわけですが、この二人は言葉でオタクと説明されているだけで、実際の言動は伴っていません。一方で、脇役が揃ってからはストーリーはまあまあの動きを見せており、コミック店でのやりとりのおかしさ、タラとの再会、ラストに登場する大ボスなど、終盤にかけては盛り上がりを見せるのですが、中盤までの退屈さはカバーしきれませんでした。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2016-11-07 00:34:42)
64.実は楽しくて平和な映画。好きな人には好きな作品だろう、と。
テンポはそれなりにいいのだが、コメディとしてあまり笑うことは出来なかった。こういう笑いが実は苦手だったのかもしれない。
これまでの(神が世界を作ったという)価値観を否定されそうになって「アメイジング・グレイス」を歌ったシーンだけは笑えたけど。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-11-05 15:26:10)
63.嫌みのない下ネタにウィットに富んだギャグ、いい話やパロディー、オマージュもちりばめられた1時間45分に大満足。ひょっとして俺って隠れオタク?
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2016-11-04 23:42:29)
62.《ネタバレ》 「ショーンオブザデッド」の2人による「SFオタクロードムービー」
(私はそれを知らずにこの映画を観て「こいつらかよ!」と思ったわけですが)

この映画の魅力は映画全体を包むロードムービーならではのゆるい空気感と何よりも愛、そしてイギリス風のちょっと捻ったユーモア。
劇中、いろんなSF映画(特にスピルバーグ)への愛が半端なく(だから当然対宇宙人といえばシガニーウィーバーなわけで)それだけでもSF映画好きがこの映画を嫌う事は不可能。
そして、登場人物への愛も主人公たちだけではなく脇役にまでちゃんと降り注いでいて、映画を観ている途中で頬が自然に緩む映画です。

「大傑作」「超名作」なんてタイプの映画ではありませんが、映画愛、SF愛、人類愛に溢れた小粋な名品だと言えます。
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-08-15 16:35:37)(良:1票)
61.普通に面白かったと思いますが、何となく合わなかったとも感じた映画です。脚本・ジョーク・ビジュアル全てに文句は無く、ラスト付近もひねりがあって非常に良かったと思います。映画としてはかなり上質な仕上がりだったと思います。
合わないと感じた理由は主演の二人が私には合わなかったように思いますね。反面、ポールの仕草や表情は非常に素晴らしいもので、TEDの時も感じましたが今のCGは本当に凄いとしか言いようがありません。
アラジン2014さん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2016-06-14 17:40:00)
60.この二人主演と知ってたらもっと早く見たのですが。内容はなかなか楽しめました。
spputnさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2015-09-30 19:11:51)
59.《ネタバレ》 ポールの「容姿」に慣れてくると面白くなってきますね。今回は吹き替えで観ましたが、吹き替えにあたった各声優さんも大変上手で、なかなか楽しめました。まぁ若干品が無いwけど、まぁ許容範囲内ということで&シガニー姐さんをこんな風に使うとはなんと贅沢な(笑)。たまには吹き替えもいいものでゴザイマシタ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-04-23 08:35:47)
58.SF名作のパロディが散りばめられたファンタジーコメディ。
SFオタクとおかしな宇宙人の出会いと珍道中。
コメディは笑いのツボが合わなければ厳しいものになるが、残念ながらさっぱりでほとんど笑えず。
同じくサイモン&ニックコンビの『ホット・ファズ』も、高評価に反してまったく肌が合わなかったので、相性が悪いのかも。
キリスト教原理主義に染められたルースが禁忌から解放されるのだけちょっと面白かったけど、パロディがピンと来ないものも多く、ブラックジョークもあまり好みではなかった。
物語としてはうまくまとまっているのに、好きにはなれず。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 3点(2015-04-09 21:24:29)
57.《ネタバレ》 ポールのキャラが抜群にいい。変に子供受けするように作らなかったのがよかったと思う。ところどころ別のSF映画を思い起こさせるシーンでニヤニヤが止まらない。 スピルバーグよ、やっぱり知ってたのか!
ぷるとっぷさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2014-05-31 02:53:32)
56.期待していなかっただけに、かなり面白かった。終わり方も良かった。
AKiさん [DVD(字幕)] 7点(2014-05-05 23:26:11)
55.顔に似合わずジーンとくるラストだったのが意外でした。
下ネタを除いて顔を可愛くすれば児童にお薦めの名作ファンタジーになりそうです。
それだともはや宇宙人ポールじゃないか…
牛若丸さん [DVD(字幕)] 6点(2013-12-01 19:45:46)
54.《ネタバレ》 ○ポールのキャラが気取っていなくてすごくいい。そのおかげで設定や他の登場人物もくどく感じない。ラストもあっさりしていていい塩梅。○ちょい役だがシガニー・ウィーバーが出てるのはにやりとさせられる。○
TOSHIさん [DVD(字幕)] 8点(2013-08-16 13:16:01)
53.40代自称SFオタとしては完全にツボです。
スピルバーグ愛満載のいろんな小ネタに笑わされ、その小ネタを知らなくても楽しめるところがエラい。
洋画で感じる字幕の違和感がなかったのは、字幕監修の町山さんの功績でしょうねぇ。
とんちゃんさん [映画館(字幕)] 9点(2013-07-25 21:54:24)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 72人
平均点数 6.93点
000.00%
100.00%
200.00%
322.78%
434.17%
556.94%
61318.06%
72433.33%
81520.83%
91013.89%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.75点 Review4人
2 ストーリー評価 6.62点 Review8人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review6人
4 音楽評価 6.00点 Review3人
5 感泣評価 5.66点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS