アウェイクのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アウェイク
 > (レビュー・クチコミ)

アウェイク

[アウェイク]
Awake
2007年【米】 上映時間:85分
平均点:6.56 / 10(Review 18人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-05-21)
ドラマサスペンス医学ものミステリー
新規登録(2011-09-06)【8bit】さん
タイトル情報更新(2021-01-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョビー・ハロルド
キャストヘイデン・クリステンセン(男優)クレイトン・ベレスフォード・Jr
ジェシカ・アルバ(女優)サマンサ・ロックウッド
テレンス・ハワード(男優)ジャック・ハーバー医師
レナ・オリン(女優)リリス・ベレスフォード
クリストファー・マクドナルド(男優)ラリー・ルーピン医師(麻酔医)
サム・ロバーズ(男優)クレイトン・ベレスフォード・Sr
アーリス・ハワード(男優)ジョナサン・ネイヤー医師
フィッシャー・スティーヴンス(男優)パットナム医師
デヴィッド・ハーバー(男優)ドラキュラに扮した客
デニス・オヘア(男優)経済ニュース解説者
川田紳司クレイトン・ベレスフォード・Jr(日本語吹き替え版)
佐古真弓サマンサ・ロックウッド(日本語吹き替え版)
坂詰貴之ジャック・ハーバー医師(日本語吹き替え版)
唐沢潤リリス・ベレスフォード(日本語吹き替え版)
仲野裕ラリー・ルーピン医師(麻酔医)(日本語吹き替え版)
野沢聡ドラキュラに扮した客(日本語吹き替え版)
田村睦心(日本語吹き替え版)
脚本ジョビー・ハロルド
音楽グレーム・レヴェル(テーマ曲)
撮影ラッセル・カーペンター
製作ジェイソン・クリオット
ジョアナ・ヴィセンテ
ジョン・ペノッティ
フィッシャー・スティーヴンス
製作総指揮ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
配給ショウゲート
編集クレイグ・マッケイ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
18.《ネタバレ》  『術中覚醒』。手術中に麻酔が切れちゃったってまじで怖いです。正確には、麻酔が体には効いているので、体の自由が効かない金縛り状態。だから、触覚や痛覚、そして意識は切れていないにも関わらず、そのことを伝えることすらできない。ご、拷問じゃないですか。こんな状態で体開かれたらショック死しそうですけど・・・。
 クレイトンの慌て方が尋常じゃないので、それも恐怖を煽ります。手術開始前に、『冷たい』『臭い』みたいな感覚が残っているのを示唆するシーンがえぐいです。
 ただ、映画そのものはグロ系でもなければ医療スリラーでもない、ただの犯罪ミステリーでした。
 信頼していた親友と婚約者が全員自分を裏切って、しかも自分の命を狙っていたっていう救いようの無いお話。一番視聴者から反感をもたれそうな母親が、実際のところ最大の味方であったというのもある意味どんでん返し。先入観を利用したミステリーサスペンス。いいようにだまされちゃいましたね・・・。
 プロローグでクレイトンが死んじゃうようなことを独白していたので、最悪のバッドエンドも覚悟していたのですが、クレイトンだけでも助かってよかったです。でも彼の今後を思うと・・・。自分にとって大切だった母親、親友、婚約者が、目覚めたときには全員いないわけですから、なかなか辛いもんがありますね。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2020-01-12 00:50:40)
17.手術中に意識が覚醒?
怖い!
でも、声も上げられないし医者に伝える事もできない。もし、自分がなったらと思うと恐怖だった。
でも、それだけ。覚醒してしまった主人公の痛みなどよそに手術は淡々と進んで行く。我慢していればいずれ終わる。
それだけで、どうやって物語を進行させて行くのかと思いきや、それは予想もしない展開を見せるのだった。
凄いサスペンスと愛の物語だった。
予備知識無しで観た方が楽しめます。
ヴレアさん [インターネット(字幕)] 7点(2018-07-18 21:47:10)(良:1票)
16.《ネタバレ》 予備知識なしで観ていたので、中盤からの展開に驚きました。しっかり練られた脚本、飽きさせない展開、「観客を楽しませたい!」という製作者の想いが伝わってくる、数少ない秀作です。それにしても、ジェシカ・アルバは美しいだけでなく、ものすごい女優さんですね。前半と後半で全く印象が異なるキャラクターをみごとに演じています。
たけたんさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2017-02-21 01:20:42)
15.《ネタバレ》 期待せずに鑑賞しましたがビックリ。中盤までは誰もがサムにセクシーさに魅せられ、境遇に同情していただろう。後半では見事にサムと母のイメージが逆転。母の洞察力、母性は偉大だ。素直に面白かったです。
とむさん [DVD(字幕)] 8点(2014-05-01 00:49:22)
14.《ネタバレ》 やられましたね、オペ室のベッド上メインの医療べったりかと思っていたら、婚約や、交際の場面、とてつもない金持ちであるという設定など、全部含めたミステリーだったのですね。術中覚醒は、犯人のミスリードに使うとは結構面白い作品ではないかな。
minさん [DVD(字幕)] 8点(2013-10-31 21:49:51)
13.《ネタバレ》 終盤のつじつまの合わし方には驚かされた。何もかもピースがうまくピタッとはまって、まさに「こう来たか!」という感じ。優秀な外科医と、悪事に手を染める医師が応酬するセリフにも工夫がしてあって、医師に対する間違った先入観を視聴者に抱かせるよううまく誘導させている脚本は、さすがだと思った。
ただ、2つだけ大きな違和感があった。

1つは、あれだけ患者が痛がっていれば血圧は不自然なほど急上昇するだろうになあ?という疑問。手術中、血圧の変化に気づかないドクターなんているんだろうか??? なんといっても術中覚醒している患者は心臓が疾患なんだから、モニターで何らかの異常が見つからないはずなかろうに・・・・・・ここら辺が不自然で、「この先生、胸を切り開く時点でさっそく医療ミスか?」と不安になった。

2つ目は、ラストの医師のもっともらしいつぶやき。しでかしたことが悪質きわまりないのに、優等生ぶりな反省の言葉にどっちらけ。4件も医療訴訟を起こされてることを考えたら、まさに正真正銘のヤブ医者だ。いっそ、本気で手術して失敗したら、罪に問われることなく完全犯罪が成立したのではと嘲笑ってやりたくなる。

最後に、主人公であるクレイトンに深く同情する。手術する数時間前には、新妻も、親友も、母もいたのに、やっと生還してきたら「そして誰もいなくなった」状態。不用意に肋骨は折られるし、手術前に突き放した母からもらった心臓で生き延びるなんて・・・・・・罪悪感なしで生きていけるんだろうか・・・・・・なんて哀れな余韻に浸っているところへヤブ医者の独白がかぶってきて、くどいようだがほんと腹立つ!
tonyさん [DVD(吹替)] 8点(2013-10-25 01:10:31)(良:1票)
12.《ネタバレ》 術中覚醒のシーンを観てたら、局部麻酔で盲腸手術をした自分の体験が甦ってきました。麻酔が効いてるから痛みはないけど、メスがお腹を切開するのが良く判るんです。もちろん物音も良く聴こえていて、医者が看護婦に小言を言っていたのまで覚えています。まあ医者にとっては超簡単な部類とはいえ、局部麻酔で開腹手術をするのは盲腸切除ぐらいのもんでしょうけど。 だからもし本当に心臓手術中に麻酔が効かないで意識があったらとてつもない責め苦にあうことは間違いなしで、この映画は拷問系のホラーなのかと慄きました。でもあれではまるで幽体離脱している様なもので、術中覚醒と言うプロットがあんまり生かされていない様な感じです。しかしサスペンスとしたら実に良くできた脚本なのは間違いなく、なんでこの映画が不評だったのか理解できません。冒頭から伏線の張り方が上手で、登場人物たちのキャラ自体をどんでん返しの材料にしちゃうなんて実にお見事です。強いて粗を探すとすれば、医療過誤の訴訟を4件も抱えている医師が、あそこまでリスクを冒すかというあたりでしょうか。でも小品ながらテンポも良いし、観て損はないかと思います。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-06-02 20:35:45)(良:1票)
11.うーん、なんだろなぁ。監督か?脚本か?はたまた役者のせいなのか・・・。なかなか練られた構成だとは思うのですが、個人的には少し退屈な作品でした。サスペンスとしても個人的に推理の域を超えませんでした。人物設定や時折挟む映像などから思い浮かぶ想像の域。世にも奇妙な○○スペシャル的なテレビドラマでもいけそうな、そんな感じ。
movie海馬さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-04-04 01:19:36)
10.《ネタバレ》 全身麻酔の手術中にもし意識が残っていたら・・・というお話。というか映画の冒頭そんな説明があり、内容もそういう手術中の話に終始するのかと思いきや、そういうシーンはほんの一部でした。そのシーンも、感覚がありながら体を切り刻まれてるというのに、意外と痛がり方が軽い。麻酔が「半効き」だからその程度で済んでるのかもしれませんが、メスで切られながら流暢に手術の内容をコメントしてるヘイデン・クリステンセンさんに若干の違和感を覚える。

でも現実の手術室ってどうなんですかね。やっぱり「今晩どっかたべに行く?」とか「今度一緒にフットボール見に行こうよ」とか言ってるんでしょうか。十分あり得るリアルな話だとも思いながら、実際自分が患者だとこれほど怖い話もありませんね。

さてさて実際の映画はというと、全身麻酔よりもどっちかというとラストのどんでん返しの展開のほうに重しが置かれてる気がします。私は比較的サスペンス好きなもので、むしろこういう展開には慣れっこであまり驚きはありませんでした。とは言いながらも、全身麻酔だけど意識のある状態の中、信じていた友人が淡々と自分を殺す算段を語りだす様子ときたら、恐ろしい印象を受けました。

サスペンス慣れのせいで少し辛口評価ですが、十分面白い作品だと思います。
TANTOさん [DVD(字幕)] 6点(2012-08-29 16:53:04)(良:1票)
9.《ネタバレ》 毎年、全身麻酔手術を受ける2100万人以上のうち3万人が術中覚醒するらしい。これが事実なら他人事じゃないし、今後全身麻酔の手術は受けたくないなあと。映画はまあまあ面白かったが、テンポよくて短かったから良かったのでしょう。内容は薄いので。ジェシカ・アルバが相当の悪女だったわけですが、長期間掛けた殺害計画の割に仲間割れが起きたりで結構情けない。結局、母親がすべて正しかったということで、母親は大事にしましょうねってことでしょうか。
ぽじっこさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-07-28 18:45:59)
8.《ネタバレ》 ワンアイデアながら、そこそこ面白かった。ただ、映画を観終わって改めて思い返してみると、そういえば主人公は結局なにもしてなかったなぁとも思った。周りの人間が頑張るのを応援しているだけで、術中覚醒という設定をあまりうまく活用しきれていなかったかも。ともあれ、十分にサスペンスフルで最後まで惹き込まれた。余談だけど、このシナリオを書いた人って絶対マザコンだよね?
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2012-04-24 13:01:50)
7.なんでこれがあっちでは不評だったのか、どうして日本ではなかなか公開されなかったのか、
やっと公開されてもなぜ全然話題に上らなかったのか理解不能の大傑作です。
ここのレビューも少なすぎ!

練りに練られた脚本。ちりばめられた伏線。
久々に映画見てドキドキしました。
たぶん、本当の悪党が判明したとき、ええええええええええ!?と驚愕することでしょう。
まったく予想がつかない展開。しかしなるほどと納得します。
ヒロインのジェシカアルバがいい。
今までかわいこちゃんアイドル女優かと思ってましたが、
ものすごい演技を見せてくれます。

陰謀渦巻く中、
かわいいヒロイン、だけど貧乏な身分違いのジェシカアルバが奮闘する。
はめられる金持ちの主人公+身分違いのヒロイン+頑固な母親というと
「花より男子」を想起させるトコもある。
少女漫画じゃ、よくある設定?いやいや(笑)
花より男子が好きな人はモロ騙されると思う。

脚本が秀逸。緻密、完璧。
観客を見事にミスリードしていく。
真犯人はたぶん99%の人が、明かされるまで見破れないと思う。
で、本当のド悪党がわかったときは、ええええええええええ!?
と驚愕し、今までちりばめられた伏線になるほどと唸るはず。
ほんとにええええええええ!?と声を出してしまった(; ̄- ̄;)
久々にドキドキしました。

予告もなにも見ずに、恋人や夫婦で見ることを推奨します。

うさぎさん [ブルーレイ(字幕)] 10点(2012-02-17 00:40:13)(良:2票)
6.《ネタバレ》 ジェシカ・アルバはかわいいし、ヘイデン・クリステンセンはスーツや白いシャツがよく似合ってカッコよかったので助かってほしい一心で見てしまった。術中覚醒とかってコワすぎる..!!心臓移植手術で、覚醒したまま自分の心臓が外されるなんてどうですか..あ~~ヤダ~ッッ!!死んだほうがマシっていうのはこんなことでしょうね、きっと!こんな映画はあんまり丁寧に作られたら私は怖くて見ていられません..サクッと短めでちょうどよかったです。結末も納得できるものだったのでとりあえずよかった...
まーごさん [DVD(字幕)] 7点(2012-01-20 16:11:42)(良:1票)
5.二転三転して良いミステリーなんですが、何かもう一つ足りない。
真尋さん [DVD(吹替)] 5点(2012-01-02 15:26:03)
4.《ネタバレ》 医学サスペンスだったんだね。
まぁ、主人公の母であるリリス(レナ・オリン)が旦那を殺していたところ以外は、想定の範囲内なのでサスペンスとしては普通だね。
だけど、術中覚醒(手術中に意識が覚醒する)なんて現象あるんだね。しらんかった。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(吹替)] 5点(2011-12-06 01:17:59)
3.《ネタバレ》 CMを見た限りでは、術中覚醒(全身麻酔手術の最中に覚醒してしまう)の苦しみを描いた痛い映画なのかなぁと思ったが全然違った。メスで体を切り裂くシーンはほんの少し。主人公が手術中の医師達の会話から、隠された真実が見えてくる…というサスペンス。かと思いきや、さらに後半は…と、良い意味で次々と予想が裏切られる。終盤は猛烈に燃えます。感動もあります。これはオススメしていい良作。
にしきのさん [DVD(字幕)] 7点(2011-12-03 02:19:44)(良:3票)
2.《ネタバレ》 アイデアは良いのだが、約80分と短いし、造りが粗いと言うかアッサリしていると言うか、対象年齢が低いと言うか.........後半に真相が明らかになってからの展開と演出がこちらの想像の範囲を一歩も出ていなくて拍子抜けな感じでした。もっと丁寧に創って欲しかった。
がーぷさん [DVD(吹替)] 5点(2011-10-25 21:30:53)
1.ジェシカ・アルバは恐ろしいほどかわいい。
レナ・オリンは蜘蛛女のイメージしかない。
ヘイデン・クリステンセンの演技がダサすぎて参った。技術とは別の部分で最低。
ジェシカ・アルバを観れなかったら0点。
Mazelo Nostraさん [DVD(字幕)] 2点(2011-10-11 19:15:46)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 18人
平均点数 6.56点
000.00%
100.00%
215.56%
300.00%
400.00%
5422.22%
6316.67%
7422.22%
8527.78%
900.00%
1015.56%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.50点 Review2人
2 ストーリー評価 8.16点 Review6人
3 鑑賞後の後味 7.80点 Review5人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 7.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS