ファイナル・デッドブリッジのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ファイナル・デッドブリッジ
 > (レビュー・クチコミ)

ファイナル・デッドブリッジ

[ファイナルデッドブリッジ]
FINAL DESTINATION 5
2011年【米】 上映時間:92分
平均点:6.08 / 10(Review 36人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-10-01)
ホラーシリーズもの3D映画
新規登録(2011-09-18)【3737】さん
タイトル情報更新(2018-09-09)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スティーヴン・クエイル
助監督カイル・クーパー(第二班監督)
演出J・J・マカロ(スタント・コーディネーター)
キャストアーレン・エスカーペタ(男優)ネイサン・シアーズ
トニー・トッド〔男優・1954年生〕(男優)ウィリアム・ブラッドワース
コートニー・B・ヴァンス(男優)ジム・ブロック捜査官
デヴィッド・コークナー(男優)デニス・ラップマン部長
デヴォン・サワ(男優)(回想シーン)
ニコラス・ダゴスト(男優)サム・ロートン
エマ・ベル(女優)モリー・ハーバー
マイルズ・フィッシャー(男優)ピーター・フリードキン
原作ジェフリー・レディック(キャラクター創造)
脚本エリック・ハイセラー
音楽ブライアン・タイラー〔音楽〕
シャーリー・ウォーカー(オリジナルテーマ)
撮影ブライアン・ピアソン
製作クレイグ・ペリー[製作]
ウォーレン・ザイド
製作総指揮ウォルター・ハマダ
配給ワーナー・ブラザース
美術カイル・クーパー(タイトル・デザイン)
その他ブライアン・タイラー〔音楽〕(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
36.《ネタバレ》  毎回気合の入った殺戮描写で、ホラーファンはもちろんホラー制作者にも注目されているというこのシリーズですが、さすがに5本目を数えるとそろそろ飽きてきたかな……、と思いきや。w
 お話自体はもう有って無いようなモノで、シリーズすべて大同小異。あとは、どうやって死んでいくのか、そのシーンの凄惨さのみに期待が掛かるわけです。まあ、悪趣味の極みと申しますか、下衆なホラーの王道を先陣切って突っ走る「ファイ・デス」シリーズ。
 ですが、今回はそんな中にも「ほうほう、そう来たか」と思わせる仕掛けを工夫してくれてます。途中までは過去のシリーズ作まで含めた伏線を、(この手の映画にしては丁寧に)きっちりと消化していく。そして終盤、一気に「えっ、前日譚だったの?!」と。w そこに繋げるかぁ、と。w
 誰にでもは薦めませんが、このシリーズを観てきて「流石にもうイイや」と思ってる方には、最後だと思って観てみて、とお薦めします。w
TERRAさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-10-22 17:38:41)
35.このシリーズをテレビ東京は木曜日の真昼間に毎週放送してました。
さすがですね。癖になりましたね。

エグいし、グロい、ですけれど、ここまで徹底してくれると感服ですね。
しょーもないワイドショーより、よっぽど為になると僕は思ってます。
そういう見方をすれば。ヒューマンエラーこそ元凶だと。
中途半端なハッピーエンドじゃないところもいい。
がらんどうさん [地上波(吹替)] 6点(2017-10-15 11:04:21)
34.さすがに飽きてきた。新しい予想がなくて、わくわく感がなかった。
センブリーヌさん [インターネット(字幕)] 6点(2016-12-07 23:30:49)
33.このシリーズ大好きな私にとっては期待通りの作品でした
前にも書いたけど「次はどうやって怖がらせてくれるのかな」と心の準備をさせてくれるお化け屋敷映画なので
過剰にグロに力を入れられても割りと大丈夫。全部お約束ですからね
期待通りだけど6点!
ぷらむ少佐さん [インターネット(字幕)] 6点(2016-11-29 23:43:54)
32.《ネタバレ》 これ、5作目だよね。橋が崩れて、助かったはずの彼女も死んじゃう?謎の映画。

体操選手がくぎをうまく踏まないシーンと、反対に折れて死んでるの・・・すごかった。

針のマッサージで火事。危うく燃えないけど仏像が落ちてくるのはコメディですか?

さすがに目系は、やめてください。嫌いです。
くまさんの何かにつまずいたのは良い。これもコメディですね。

そして最初の飛行機に戻って、みんな死ぬ。

こんな締めくくりでいいのか??

と思いながら、間違ってそのあと「ファイナルデッドコール」を借りてしまったバカな私だったりした。
新しい生物さん [インターネット(字幕)] 6点(2016-08-10 04:23:42)
31.《ネタバレ》  個人的には、シリーズ中一番盛り上がらなかった作品かもしれません。
 今作はグロ描写に力を入れすぎてしまい、もはや悪趣味の域です。
 いきすぎた表現は、現実感を薄め、虚構感を生み出す傾向があります。今作は特にその傾向が強く、作りものであることを観る側に強く意識させてしまう可能性があります。
 また、死んだ姿を見せている時間が長いのも問題あります。倫理的な面でもそうですが、それ以前に『どーだ、こーゆーのが見たいんだろう。』と一方的に言われているようで、大変不愉快です。
 シリーズ通して必ずあった『サイン』のようなものも無くなっています。あの『サイン』こそが、このシリーズの緊張感を生み出している最大のポイント。つまりはこのシリーズは、『結果』ではなくその『過程』における工夫の度合いが重要なのです。この監督さんはシリーズの良さが全くわかっていません。
 そして最悪なのが、『人』対『人』の構図を作ってしまったことです。このシリーズで一番やってほしくなかったことです。それをやっちゃうと、ただのサスペンスに成り下がってしまうということがわからないのでしょーか。
 最初の橋落としのシークエンスとラストの飛行機。この作品でよかったのはこの2点です。
 特にラストのつながりは、このシリーズのファンにとっては感慨深いものがあるのではないでしょーか。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2016-04-22 11:12:31)(良:2票)
30.《ネタバレ》 シリーズ最初の1に一番近い作りの作品。キャラクターの描き方は1の方が丁寧だったと思いますが、この5もなかなかです。登場人物たちの性格が伝わりやすいエピソードを上手に組み込んでいます。たぶん後半で殺人鬼に変貌する親友がいるので、そこら辺を丁寧に描いたのでしょうね。
しかし難点も結構ありました。オープニングが長くて眠りそうになったりしたのはともかく、悪魔の使い(葬儀社の黒人)に運命を逃れる方法をペラペラしゃべらせるなど、ストーリー運びに安易な点が目立ちました。
結局葬儀社の男の言った事は嘘八百だったワケで、なのになぜそんなウソを言わせたのかというと、「助かった仲間同士で殺し合いをさせるという見どころを作るため」に他ならない。あ、安易だ…。
しかも、予知夢では死ななかったモリーも死ぬし。工場の監督は脳の血管が破裂しそうな状態で遅かれ早かれ死ぬ運命だった、と一応話のつじつまを合わせているのに、なぜもっと大事な「助かったはずのモリーが死ぬ」に説明を与えないのだ?!これは安易ではなくストーリーの破たんだ…。
なんだか、最初は頑張って丁寧に作りだしたんだけど途中で息切れしてきて最後はやっつけ仕事になっちゃった、のでは?!
一番嫌な奴である上司がアッサリ軽めに死ぬとか、手抜きすぎです。どんな死に方するのか楽しみにしてたのに~。ピタゴラスイッチ的なのも今回ないしで、ちょっと残念。最後の「パリ行きの飛行機→1につなげる」というのも、なんちゅーか苦肉の策というか、別にやらなくてもよかったかも。

…と思ったんだけど、モリーの死に方は本当は主役のサム(だっけ?)がするはずだった死に方で、サムの死に方は1のアレックスがするはずだった死に方で…と、ここがピタゴラスイッチになっているのか?!それでなんとか辻褄を合わせたつもりなのか、死神さん!!じゃない、製作者の方々!!!

…などなど、伝わりにくい懲り方をしているのも、なんか中途半端ですなぁ…。
それでも、役者さんたちがそれなりに魅力的なメンツだったり、序盤の橋崩落のシーンが圧巻だったり(ちょっと現実味に欠けるが)、最後は頑張って収まるべきところへ収めたり、映画としてはそれなりに楽しめるんじゃないかと思います。
りりらっちさん [地上波(吹替)] 5点(2015-10-30 21:55:00)
29.《ネタバレ》 今月は毎週木曜日に5作品が連続して放送され、録画して全て観終わりました。
なるほどここでの書き込みの意味が分かりました。5→1→2という流れにした
わけですね。あの検視官のおじさんは火葬場に転職したわけですか。
確かに5作目となると食傷気味で最初の頃のはらはらどきどき感はなくなりま
したが、とにもかくにもうまく完結させてくれたことに感謝です。
このシリーズに出ている役者さんにとっては、いかに工夫して残酷に殺してもら
うかが、役者冥利につきるということになるかもしれません。
そういう意味では、ここでの部長さんの役者さんは「えー、俺だけなんで
こんなにあっさりつまらなく死ぬんだよー、もっと見せ場のある死に方にして
くれよー」とか文句言ったかもしれませんね。
キムリンさん [地上波(吹替)] 6点(2015-10-29 21:11:02)
28.公開当時に3Dで見ました。さすが3Dで最初に飛び出してくる凶器でどきっとしたけど、その後はまあまあ。ストーリーも目にレーザーのシーンは、過去の歯医者のシーン同様に生理的に怖かったです。
さすがに少し経つとストーリーはあまり覚えてないけど、見てる時に楽しかったんで、こういうのもいいかなと思います。
omutさん [映画館(字幕)] 6点(2015-10-08 15:47:04)
27.《ネタバレ》 内容的には、サスペンス・スプラッタという、少し珍しい作り。頭飛んだり身体釘刺しとなったりと、結構どキツイ映像だった。まぶたを器具で固定するシーンがあったけど、あれは明らかに『時計じかけのオレンジ』のオマージュだね(笑)
けんおうさん [DVD(字幕)] 5点(2015-08-24 01:13:16)
26.《ネタバレ》 相変わらず色んな死に方を見せてくれる映画です。冒頭の橋のシーンが力入ってるんですが、それ以降が若干盛り上げに欠けます。と思ってたらラストの180便。加えてラストの過去作死に様集。遊び心満載で良かったんじゃないでしょうか。マンネリしてましたが、十分盛り返したと思います。
悲喜こもごもさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2015-01-28 02:34:35)
25.《ネタバレ》 予知夢で何故モリーが死ななかったのか?の問題を放り出して全員さようならの展開は少し酷いと思いましたね。しかしながら、最後までダレることなく、ズッシャズッシャと死に様を連鎖させていくので見応えはありです。3、4、5と観ましたが、本作が最もまとまっていました。前作にあった下手に生き残ろうとする助長的な部分がまるで無く、前向きに死んでいくのでスピード感があったからでしょうか。でも一番はレーシック手術のおかしな器具を目に突っ込むシーンでした。どんなに良く出来た死のシーンよりおっかなかったです。現実はこわいね。
swamiziさん [インターネット(字幕)] 6点(2014-12-11 18:31:08)
24.《ネタバレ》 3Dで見ました
パリ行き飛行機か
そういえば一作目はフランス行きの飛行機事故だったなと
漠然と考えていたら飛行機の映像を見た時点であれと思ったが
そうきたか。

毎回思うのですがあの検視官の正体を知りたいです
(出てこない回もありますけど)
ミッドさん [ブルーレイ(吹替)] 6点(2014-02-17 20:48:22)
23.《ネタバレ》 相変わらずオープニングに
気合い入れてるなあーというのが最初の感想。
今回はピタゴラ装置的な死に方があまりなく、
色々と大雑把にぶっ殺しています。
レーシック手術でぎゃー!
のあとに窓突き破って落ちるとか、
新体操で回りながら落ちて死ぬとか雑すぎる。
過去にあった同じような出来事を探求するシーンが
何故ないのかと思ってたら、最後にまさかのエピソードワンで驚かされた。
なんだかんだでやっぱり飛行機が一番怖いな。






nokkyさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2013-07-15 09:04:45)(良:1票)
22.飛行機で腰を抜かした自分としては、毎回必ずチェックしています。3作目がピークだったかぁと。シリーズ初めのころは、ある意味、ピタゴラスイッチ的なこんな方法があったかと感心していたのですが。。。徐々にネタ切れでしょうか?いやーでも飛行機のアレ(1作目)すごかったよなぁって今でも思います。飛行機チケットの日付あたりで、こう来たね!って思いました。
たかちゃんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-12-30 17:02:42)
21.《ネタバレ》 「死にたくなかったら、○○する」という新機軸。マンネリ回避のためのものと思いますが、野暮な設定ですね。本シリーズを通じて、関係者はそんなつもりはなかった「重篤な事故」を、観客はたくさん見ています。サムやピーターも、本人も気づかぬうちに、何らかの「未必の故意による殺人」の一端を担う可能性はあるわけです。容赦ないのが、本シリーズの魅力。総てが解決したかのように見せた後の、懐かしい飛行機事故のシーン。そこで、生き残り新ルールは実はでまかせだったということか、と血圧が上がりかけたところで、残り人生が短い人を○○した場合は、それなりの寿命しか与えられないとでも言いたげなラストシーン。割と本気のルールだったのね。ふーん。
なたねさん [DVD(字幕)] 5点(2012-09-06 12:56:44)(良:1票)
20.最初のオープニングシーンは大変に良く出来ていましたが、オープニングで予算使い果たしたのか途中は予算が無い映像に成ってしまいました。映画館で鑑賞しなくてよかった作品でした
SATさん [DVD(字幕)] 5点(2012-07-18 22:49:20)
19.《ネタバレ》 どういうシリーズか理解してたら期待通りで非常に面白い映画。
90分と短いし、内容も薄いので深く考えずに友達とワイワイ見れます。迫力ある映像もあるし。特に最初の橋の予知の場面はすごかった。
死に様もどんなのかわくわくする。余計なシーンもなかったと思います。
死亡フラグと思ってたのが違ったり、直前でセーフ、と思いきやいきなり死んだりしてドキドキした。

全員死亡はちょっとヤな感じですが。予知のビジョンで生き残ってた女性も死ぬのはどーして? 死に方もみんな意外とあっさりしてた。とにかく人が死ぬ内容なんだから最後は誰か生き残ってハッピーエンドにすればいいのに。
1につながるラストは悪くなかった。エンディングスタッフロールの、ハプニング集みたいに流れる、シリーズの死に様集は笑えた。
ラジカルさん [DVD(字幕)] 7点(2012-07-18 15:55:00)
18.《ネタバレ》 シリーズ完結の体裁ですので(とは言いつつ続編がありそうな気もしますが苦笑)、シリーズ全体を含めた感想を述べたいと思います。基本コンセプトは“死に様博覧会”。悲壮感やリアリティを排除し、エンターテイメントに特化しています。痛いの、グロいの、仕掛けのアイデアに感心するもの等様々。悪趣味な趣向ではありますが、あくまで“不可抗力な事故”であるため、不快指数は低めに抑えられているのが特徴です。2作目に続き、本作では生還要件が示されていますが、真剣に捉えていたのは一人のみ。登場人物からは、「どうしても助かりたい!」という必死さが伝わってきません。それもそのはず。人は未確定なものに対して鈍感になれる生き物だから。寿命を縮めると分かっていても、飲酒やタバコを止められないのと同じ。姿を見せぬ死神の余命宣告は、医者のそれより効果が薄いのか。なかなか興味深いと思います。1作目に繋がるエンディングは確かに技ありだとは思いますが、無理矢理全員殺さなくてもいいんじゃないかと思いました。戦争モノ以外で、これほど命を軽く扱った映画も珍しいかと。
目隠シストさん [DVD(字幕)] 6点(2012-06-28 19:29:43)(良:3票)
17.《ネタバレ》 序盤の橋崩壊のシーンが圧巻だったが、そこがピークでもある。なんだかんだで面白かったので、このシリーズ1作目しか観てないけど全部観たくなってきた。
と思ってたら、エンディングでまさかのシリーズ死にざま総集編でネタバレされたので、満足した感も…。
すべからさん [DVD(吹替)] 7点(2012-05-13 14:06:32)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 36人
平均点数 6.08点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
412.78%
5616.67%
61850.00%
71130.56%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.33点 Review3人
2 ストーリー評価 4.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 5.75点 Review4人
4 音楽評価 3.50点 Review2人
5 感泣評価 2.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS