Menu
 >
 >
 > ALWAYS 三丁目の夕日‘64

ALWAYS 三丁目の夕日‘64

Always - Sunset on Third Street 1964
2011年【日】 上映時間:142分
平均点: / 10(Review 63人) (点数分布表示)
ドラマコメディシリーズもの漫画の映画化3D映画
[オールウェイズサンチョウメノユウヒロクジュウヨン]
新規登録(2011-10-31)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2017-07-14)【イニシャルK】さん
公開開始日(2012-01-21
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督山崎貴
助監督川村直紀
キャスト吉岡秀隆(男優)茶川竜之助
小雪(女優)茶川ヒロミ
須賀健太(男優)古行淳之介
堤真一(男優)鈴木則文
薬師丸ひろ子(女優)鈴木トモエ
堀北真希(女優)星野六子
小清水一揮(男優)鈴木一平
もたいまさこ(女優)大田キン
三浦友和(男優)宅間史郎(特別出演)
森山未來(男優)菊池孝太郎
大森南朋(男優)富岡
米倉斉加年(男優)茶川林太郎
高畑淳子(女優)奈津子
マギー(1972年生まれ)(男優)丸山精肉店
温水洋一(男優)吉田自転車
神戸浩(男優)電報局員
蛭子能収(男優)電器屋
飯田基祐(男優)中島巡査
ピエール瀧(男優)水野
正司照枝(女優)産婆
染谷将太(男優)ケンジ
浅利陽介(男優)中山武雄
畠山紬(女優)ポスタースチール
原作西岸良平「三丁目の夕日」(小学館 ビッグコミックオリジナル連載中)
脚本山崎貴
古沢良太
音楽佐藤直紀
作詞藤原基央「グッドラック」
井上ひさし「ひょっこりひょうたん島」
青島幸男「無責任一代男」
岩谷時子「恋のバカンス」
小林亜星「レナウンワンサカ娘」
作曲藤原基央「グッドラック」
萩原哲晶「無責任一代男」
宮川泰「恋のバカンス」
山本直純「学生節」
古賀政男「東京五輪音頭」
小林亜星「レナウンワンサカ娘」
編曲BUMP OF CHICKEN「グッドラック」
主題歌BUMP OF CHICKEN「グッドラック」
撮影柴崎幸三
製作亀井修
市川南〔製作〕
阿部秀司〔製作〕
島村達雄
日本テレビ(「ALWAYS 三丁目の夕日‘64」製作委員会)
ROBOT(「ALWAYS 三丁目の夕日‘64」製作委員会)
小学館(「ALWAYS 三丁目の夕日‘64」製作委員会)
東宝(「ALWAYS 三丁目の夕日‘64」製作委員会)
電通(「ALWAYS 三丁目の夕日‘64」製作委員会)
白組(「ALWAYS 三丁目の夕日‘64」製作委員会)
読売テレビ(「ALWAYS 三丁目の夕日‘64」製作委員会)
プロデューサー阿部秀司〔製作〕(エグゼクティブ・プロデューサー)
奥田誠治(エグゼクティブ・プロデューサー)
制作ROBOT(制作プロダクション)
配給東宝
特撮山崎貴(VFX)
渋谷紀世子(VFXディレクター)
白組(VFXプロダクション)
美術上條安里
龍田哲児(装飾)
藤原カクセイ(特殊造形)
編集宮島竜治
録音鶴巻仁
柴崎憲治(音響効果)
照明水野研一
その他IMAGICA(プロダクション協力)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
63.3作の中で一番好きです。
息子の◯◯を大切に残してるところには、泣いてしまいました。
へまちさん [DVD(字幕)] 9点(2017-12-06 22:17:20)
62.《ネタバレ》  『六ちゃんの結婚』『淳之介の小説家デビュー』ドラマ自体は面白いんですけどね。取り上げている題材が、どの時代でも共通のものになったぶん、『この時代ならでは』って感じが弱くなりましたね。
 『遊び人だと思われていたお医者さんが、実はとてもマジメで志の高い人だった。』こーゆーオチは良いですね。気分が良いです。
 『茶川のライバル作家の正体が実は淳之介だった。』というのも面白い。
 今作も、相変わらず良い人ばかり。この作品を見て不快になる人は、まあいないでしょうね。ただ映画作品として面白いかと問われれば、シリーズ中一番凡庸な出来だったことは否めないかもしれないです。
 このシリーズにはまっちゃった私にとっては、当たり障りのない内容でも面白いです。
 初見の人がこの作品を見てどう思うかは微妙なところでしょうね。テレビドラマとの違いがよくわからないと思うかもしれません。
 もはやこの3作目に関しては、1作目、2作目でファンになった人のためのファンサービスのような作品。これ1本での評価は難しいですね。
 蛇足ですが、このシリーズで、わたしは『鈴木オート』の面々がかなりお気に入りです。
 今作でも、『帽子を深くかぶって気付かれないようにする六ちゃん』『いきなりお医者さんを殴りとばす鈴木パパ』など、狙いすぎだし、ベタですが、そこが面白いです。
たきたてさん [ブルーレイ(邦画)] 7点(2017-07-13 13:40:19)
61.《ネタバレ》 六ちゃんの結婚はまあいいけど、茶川家の騒動はゴタゴタしているし見苦しい。どうも無理やり感がする。無理やりといえば、宅間先生のセリフも無理やりというか、とって付けたみたいというか、あまり座りがよろしくない。もう新作は作らないでしょうから、もう少しスッキリしたエンドにしてほしかった。
アングロファイルさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2016-04-23 19:49:31)
60.《ネタバレ》 三丁目だろうが四丁目だろうが飽きてきたものに対してお世辞など贈れない。142分はちょっと長過ぎた。せめて141分か140分程度で終わって欲しかったという希望。
3737さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2015-11-22 16:28:21)
59.《ネタバレ》 1作目が好きでした。2作目、3作目。悪くはないですけど、やっぱり1作目は超えることができていません。まだ続編は製作されるでしょうが、止め時を見失わないことを切に願います。
いっちぃさん [地上波(邦画)] 6点(2015-07-12 02:18:30)
58.《ネタバレ》 前2作と同様に、安心して見られる作品。薬師丸ひろ子と堀北真希はいい演技してるなあ。それに比べると、堤真一は相変わらず時代劇がかったわざとらしい演技だし、吉岡秀隆は相変わらずへにょへにょしてるし、この男優陣の演技が感動のボルテージを下げている。小雪は出産という大仕事をするわりに影が薄い。須賀健太くんは子役時代からずっと淳之介を演じ続けたのが立派です。前述のように、堀北真希はうまいが、上京して何年も経つのにいまだになまっているのは不自然に感じた。
チョコレクターさん [地上波(邦画)] 7点(2015-05-06 15:28:10)
57.さすがに安定感のある映画になっている。
ただ、1作目、2作目よりは泣けなくなってきた。この安定感が逆に作用しているかもしれない。
それに「あの頃は良かった」というテーマではなくて、「あの頃は未来に期待していた」という作品だということを実感した。
simpleさん [地上波(邦画)] 6点(2015-05-02 00:55:57)
56.この監督の映像と演出が嫌い。
miumichimiaさん [DVD(邦画)] 4点(2014-09-18 01:39:43)
55. 話がやや散漫になってきました。70年代になる前に終わりにしたほうが良さそうです。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2014-08-28 21:03:57)
54.《ネタバレ》 高齢者が増えればこういう懐古趣味の作品へのニーズはあるんだろうし、過去に戻れば未来があるという点で「昔はよかった」はある意味当然の感傷であり、別に悪い事ではないし、過去を肯定できるというのは現在はある程度幸せという事なんでしょう。
相変わらずのありきたりで平凡な人情話ではあるが、戦後的雰囲気はなくなっているし、50年前ぐらいになると現代と比較しても違和感のないストーリーになっておりCGやセット以外に懐かしさもなく、人間の変わらなさは感じる事はできる。総じて役者の演技がオーバーで見ていて疲れるが。その中で光るのはやはり掘北真希でこれは日本の宝になるのでは?という可能性を感じる。あとは淳之介がちゃんと心身共に成長している点が時代の経過を示すポイントにはなっている。
2020東京五輪も決まりこの「祭りのあとはどうなるんでしょう?」経済的には間違いなく下っていくのでしょうが、この映画のメッセージのように、モノや成長ではない幸せを感じる事はできるのでしょうか?
東京50km圏道路地図さん [DVD(邦画)] 4点(2014-01-14 11:54:43)
53.2回泣いた(;_;)
アキラさん [ブルーレイ(邦画)] 7点(2013-12-31 00:35:54)
52.なんだか上から目線でこの映画を観てしまう自分がいる・・ 古きよき昭和のよいとこ取りなベタ展開ってのが、なんとなくそういう目で観てしまっているのかも知れない。でも映画ってそういうもんだよなぁとは思う。映画ってのは基本、観た後に「よかった!」と口に出していえる作品がいいものね。そういう意味で言えばこの作品は3部続いてよくできた作品なんだろうな。俺も昭和生まれ(そこまで昔でないけど)で今みたいなテクノロジー最先端次代の生まれでもなく、アナログ時代が懐かしい。やっぱあの頃の思い出が蘇っていいなぁと思えるのはこの作品のお陰なんだろう。堀北真希はいい女優になったね。
ライトニングボルトさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2013-12-10 00:45:18)(良:1票)
51.《ネタバレ》 回を重ねる毎に茶川さんのキャラがたっていく(笑)。安心して見られる良いシリーズ作品ですね。ただ一つ、今回ひっかかったのは森山未来演じる医者があまりに良い人すぎることかな。
フラミンゴさん [DVD(邦画)] 5点(2013-11-11 09:12:32)
50.《ネタバレ》 あざとい脚本が鼻に付くシリーズです。本作でも、淳之介を追い出すところとか、婚約者の素性の勘違いとか、とてもワザとらしい。でも、それらを補う描写があちこちにあって、悪口を言う気が失せます(笑)。
今のテレビは量販店で買って持ち帰り、壁の端子にコードを繋いだら見られるけれど、昔は買った日から一週間以上経ってから電気屋さんが運んで来て、屋根に上ってアンテナ工事をして初めて見られる代物でした。そのテレビに映像が映った時の興奮は、家電製品がひとつ増えただけでは無く、生活の向上や社会の成長が実感できる証拠のようなものだったと思います。私は40年ほど前の我家にカラーテレビがやって来た日をまざまざと思い出しました。
5年前に製作された前作から、劇中でも同様に5年の歳月が流れていることも上手く活かしていました。子供たちが育ち、青森から集団就職で上京した堀北真希が嫁に行く。演技者の成長と劇中の成長を重ねられる作品は、最近では「ハリーポッター」くらいだろうか。「1」のレビューに「堀北真希が一皮むけた感じ」なんて書いたのだけど、若手を代表する女優になりました。今後も大きく期待できることが嬉しかったりする。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2013-11-07 01:16:01)(良:1票)
49.《ネタバレ》 ろくちゃんの恋と、茶川さんに見る「親子」をテーマにしたシリーズ3作目。原作未読だけど、どうも64年までらしいので、これで最後なのかな? う~ん。2作目のとき「続編はいらなかった」と書いておいて、こんな事言うのは都合が良すぎるかもしれないが、母親になったろくちゃんや、小説家としての淳之介を見てみたくなった。もちろん茶川さんや鈴木オートも気になる。2011年に東京五輪の「‘64」なら2017年に大阪万博の「‘70」だ。お金が許す限り続けていって、日本の戦後数十年がなんとなく分かる壮大なシリーズに作り上げてほしい。駄作化もありえるけど、一応期待しておこう。稼いでるシリーズなのに「セット臭」が漂っているのはちょっと残念だった。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2013-10-04 18:32:26)
48.《ネタバレ》 鈴木家と茶川家という2つの家族の物語が織りなす作品。鈴木家には六子、茶川家には淳之介という
血のつながらない家族がいるところが共通。その二人がストーリーに大きく関わる。1作目で堀北真希という女優を初めて見て作品と同時に惹きつけられた。作品の世界観に溶け込むルックスと声の良さ、抜群の演技力とこのシリーズを成功に導いたキャスト上の最大の功労者だと思う。このシリーズは、集団就職してきた六子の成長物語であると同時に、
堀北真希の女優としての成長物語でもあり、三作目の今作では一段と良くなっていた。シリーズ三作ともにラストシーンは主要人物がそれぞれに夕日を見るシーンとなっているが、これはスターウォーズの名シーンを彷彿させる。スターウォーズにおいては夕日は
希望を象徴しているが、ALWAYSも同じく夕日は希望を象徴していて、いつの日も何十年先
でもなんらかの希望があるという意味のラストシーンだと思う。


サラウンダーさん [DVD(邦画)] 10点(2013-06-22 20:33:51)
47.《ネタバレ》 2より良くなった気がしました。茶川の父親の葬式エピソードで泣いた。"親の心 子知らず"ですなー。ウチは"子の心 親知らず"なパターンなのでこういう親子関係には憧れちゃいます。突き放すのも愛ですよね、うん。
movie海馬さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2013-06-17 15:41:19)
46.《ネタバレ》 お涙頂戴の展開も気にならずに涙腺崩壊
osamuraiさん [DVD(邦画)] 8点(2013-05-12 22:14:21)
45.5回ほど、涙腺決壊。いい映画でした。過去の作品へのオマージュもあり、1、2を
見ている人にはにやりとする場面もありました。

1では大感動。2では超がっかり。なので3は映画館では見なかったんですが、
この内容の出来なら映画館で見ればよかった。ちょっとだけ後悔してます。

脚本の練りこみは1に近い。
2で、小ネタを盛り込みすぎて浅くなった脚本の反省が、今回は生きていました。

1の畳み掛けるようなラストにはかなわないけど、それなりに良い出来でした。
続きが見たいような見たくないような微妙な作品に仕上がっています。

三丁目の夕日の原作自身は64年までの時間軸が守備範囲なので、
普通ならこれでおわり。

ちょっとだけエキスポ70編も見てみたいような気がしますが、すでに三丁目では
なくなってしまっているかも。時代の空気が違うんですよね。
ひであきさん [DVD(邦画)] 8点(2013-03-31 03:40:33)
44.《ネタバレ》 まあまあ楽しかったです。でも、淳之介との別れについては、意味がよく判りませんでした。それに段々マンネリ気味になってきたし、これを最後にしてほしいです。続編できるのかな。
ぽじっこさん [地上波(邦画)] 6点(2013-02-23 14:57:56)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 63人
平均点数 6.78点
000.00%
100.00%
200.00%
311.59%
423.17%
51117.46%
61320.63%
71320.63%
81625.40%
969.52%
1011.59%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.20点 Review5人
2 ストーリー評価 7.42点 Review7人
3 鑑賞後の後味 8.11点 Review9人
4 音楽評価 7.50点 Review8人
5 感泣評価 8.11点 Review9人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS