激流(1994)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ケ行
 > 激流(1994)の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

激流(1994)

[ゲキリュウ]
The River Wild
1994年上映時間:112分
平均点:5.76 / 10(Review 88人) (点数分布表示)
公開開始日(1995-04-22)
アクションドラマサスペンスアドベンチャー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2020-11-17)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督カーティス・ハンソン
演出伊達康将(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
キャストメリル・ストリープ(女優)ゲイル
ケヴィン・ベーコン(男優)ウェイド
デヴィッド・ストラザーン(男優)トム
ジョセフ・マッゼロ(男優)ローク
ジョン・C・ライリー(男優)テリー
ベンジャミン・ブラット(男優)ジョニー
池田昌子[声]ゲイル(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
安原義人ウェイド(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
納谷六朗トム(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小林優子ローク(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
西村知道テリー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
古田信幸ジョニー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
宝亀克寿(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
片岡富枝(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
辻親八(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
塩田朋子ゲイル(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
堀内賢雄ウェイド(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
牛山茂トム(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
近藤玲子ローク(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
佐久田修ジョニー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
福田信昭(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
巴菁子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大谷育江(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
脚本デニス・オニール〔脚本〕
音楽ジェリー・ゴールドスミス
編曲アレクサンダー・カレッジ
アーサー・モートン〔編曲〕
撮影ロバート・エルスウィット
デヴィッド・ノリス〔撮影〕(追加カメラ・オペレーター)
製作デヴィッド・フォスター〔製作〕
ユニバーサル・ピクチャーズ
デニス・オニール〔脚本〕(共同製作)
ローレンス・ターマン
製作総指揮レイモンド・ハートウィック
配給UIP
特殊メイクリチャード・スネル(メーキャップ)
衣装マルレーネ・スチュワート
編集デヴィッド・ブレナー〔編集〕
ジョー・ハットシング
字幕翻訳戸田奈津子
その他レイモンド・ハートウィック(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ジェリー・ゴールドスミス(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
88.《ネタバレ》 出ましたアイラブケヴィン・ベーコン映画。
川下りする映画ってことしか知らずに見たので、最初に現れた爽やかな彼を見て「お、とうとう爽やかキャラでメイン張る映画に巡り合ったか!」
と思ったら相変わらずの中途半端なクズキャラでした。
でもそれでいいし、そこがいい。
ベーコンが出ている映画を見るのではなく、見た映画にベーコンが出てきた。そんな人生を私は送りたい。
悲喜こもごもさん [インターネット(字幕)] 6点(2022-05-08 19:46:29)
87.《ネタバレ》 物語途中から狂気の度合いを増していくウェイド。こいつはマジキチである。
なんせ泳げないのに逃亡手段に急流下りを選ぶんだから本物だ。普通は陸路だろ。

最初はよさげな母を演じていたゲイル。しかし夫婦でありながら夫の性格や想いも把握せず文句を言いつづけるこいつの態度が犬や子供にも悪影響を及ぼし結果として事件を悪化させていく。実は諸問題の根源はこいつ。

いらつくガキ。まったく父親の言う事をきかない。とくにガキのせいで問題が大きくなっていくわけだが自覚もない、こんなガキはどうなってもいい…と思わせるんだがそもそも母親の普段の言動のせいなんだよなぁ…と思い直す。途中から急に父親の味方に。手のひら返しはや!

メガネ父。最初は家庭を顧みないダメ父と思わせておいて、途中からカブが急上昇。よく見るとイケメンだし一番おいしい役。
絶対突破できないガントレットを陸路でさっくり迂回するというウルトラCをみせるくらいのスーパーマン。
おかげで基本設定がむちゃくちゃだよ!!いやそこだけ陸路でいけばいいんじゃん!と客はみんな気づいたよ!
あばれて万歳さん [地上波(吹替)] 5点(2020-08-24 14:45:37)
86.《ネタバレ》 “逃走中の強盗に脅されながら、大自然の中を川下り”という、トリッキーな設定を有するサスペンスは、恐怖度1コワの甘口仕様で家族揃って楽しめる娯楽作品でした。ハイライトは、ガントレットと呼ばれる激流をゴムボートで乗り越えるシーンで、普通にアクティビティを楽しむ感覚。ノーCGの迫力ある画が楽しめますが、クライムサスペンスのハラハラドキドキとはまた別の種類のもで、ネイチャーアドベンチャー要素の比率の方が遥かに高いと考えます。それにしても、途中から別行動となったお父さんの動きが謎過ぎました。家族救出を試みるなら、(絶対に越えられないと散々アナウンスしていた)ガントレットの前じゃなきゃ駄目なんじゃないでしょうか。まあ、そのあたりも“お約束”と捉えて、ゆるく楽しむのが正しい観方なのでしょう。
目隠シストさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2018-02-25 22:58:16)
85.《ネタバレ》  シンプルな邦題の「激流」ってのが、凄く恰好良いですね。

 内容に関しても、画面に広がる雄大な自然を眺めてるだけで楽しいし「崩壊の危機にあった家族が、試練を乗り越え強く結ばれる」という王道展開も備えているしで、満足度は高いです。
 一応サスペンス色も強い作りなんですが、血生臭い場面は出て来ないし、主人公一家の中から死人が出たりもしないという、安心設計。
 程好い緩さの、程好い緊張感を味わえました。

 旦那の命令は全く聞かないけれど、妻に命令されたらすぐに聞き入れる飼い犬の存在も、良いアクセントになっていましたね。
 上述の描写は「旦那さんは仕事で忙しく、家を留守にしがち」「だからこそ、犬も旦那さんを家族として認めていない」と、さりげなく伝える効果があり、それだけでも感心していたのですが、実は終盤に掛けての伏線になっていたというんだから、もう吃驚。
 共に協力し、危機を乗り越え「初めて私の言いつけ通りにしてくれたな」と、旦那さんが犬を抱き締め、喜ぶ展開に繋がってたんですよね。
 「父と息子」「夫と妻」の和解は描かれるだろうと予測済みでしたが、この「主人と飼い犬」の絆に関しては予想していなかっただけに、気持ち良いサプライズ感を味わえました。

 川下りの途中、釣りをする描写があるのも嬉しいし「一家は手話が使える」という設定の使い方も上手い。
 メリル・ストリープも、流石の目力と存在感。
 如何にも頼りなさそうな、眼鏡着用の旦那さんが、家族の為に奮起して超人的な活躍を見せちゃうというのも、観客としては応援したくなるし、良い脚本だったと思います。

 そんな本作の不満点としては……やはり、ケヴィン・ベーコン演じるウェイドの扱いが挙げられるでしょうか。
 勿論、良い悪役だったと思うんですけど、ちょっと勿体無い気がしたんですよね。
 主人公一家の幼い息子、ロークと心を通わせる序盤の展開が好みだっただけに「結局は単なる悪人でした」というオチな事が、凄く寂しい。
 ロークに拳銃の秘密をバラされた時に、傷付いた表情を浮かべたりするのが良かっただけに「悪人だが、子供には優しい」というキャラで通して欲しかったなと、つい思っちゃいます。

 例えば「十徳ナイフ」の存在にしても、犯人達がそれをロークから取り上げておかないのって、凄く不自然なんですよね。
 でも自分としては(ウェイドはロークが好きだから、誕生日プレゼントのナイフを取り上げるような真似はしたくないんだろう)と解釈し(十徳ナイフで危機を脱する展開を、自然にしてみせたな)と感心してたくらいなんです。
 でも、クライマックスにてウェイドの本性が暴かれ「ガキも捕まえて殺せ」とか平気で言い出すもんだから(……じゃあ、あれって単に迂闊なだけかよ!)と、大いに失望。
 自分の読み違いに過ぎないんですけど、それにしたってコレは落胆しちゃいました。

 終盤の難所「ガントレット」を乗り越えるシーンに関しても、迫力があって良かったんですが(いや、旦那さんは陸路で先回り出来たんだから、無理して水路を選ばなくても良いのでは?)と、そこが気になっちゃうんですよね。
 多分「犯人二人は、ガントレットを越える以外のルートは無いと、元仲間のフランクに騙されていた」「ローク達もそれを察し、陸路の事は口にしなかった」って事だとは思うんですが、それならそうで、もっと分かり易く説明して欲しかったです。

 そもそも、登場人物達は「ガントレット」を越えた際に凄く盛り上がっている訳だけど、前提として「ガントレットを無事に越えたとしても、その後に犯人二人をどうにかしなければいけない」って課題が残っている訳だから、観客目線だと一緒に喜べないんですよね。
 「犯人達と協力して難所を越えた事により、絆が芽生えて分かり合うなんて有り得ない」「勧善懲悪な結末であるべき」という真っ当な作りゆえに、映画の一番の山場で、カタルシスを得られなかったように思えます。

 全体的には好みな作風ですし、家族の絆が深まるハッピーエンドなので、後味も悪くない。
 それでも(最後、もうちょっと上手く着地してくれたらなぁ……)と、欲張りな気持ちを抱いてしまう。
 そんな一品でありました。
ゆきさん [DVD(吹替)] 6点(2018-01-09 08:57:29)(良:2票)
84.なぜメリル・ストリープを主演に選んだかほとほと疑問に思う。他に役に合う女優などいくらでもいたはずであろう。
真尋さん [DVD(吹替)] 5点(2015-02-08 20:56:19)
83.《ネタバレ》 結局、これってメリル・ストリープ演じる主人公が一番バカでダメな女だということが、最後に分かる映画だ。
出だしは、あたかも夫がダメ人間かのように描かれているのだが、この夫は危機に陥ってからは大活躍である。
しかし、息子がこの父親を中盤まで尊敬していないため、危機を更に悪化させてしまう。
これは母親である主人公が、夫を尊敬していないのが息子に伝染している為だ。
そもそも、あんな危険な川下りに小さな息子を連れ出す感覚が理解出来ない。
しかも遊んでいるわけじゃ無い夫を小馬鹿にしている。
見ていて誰のせいでこうなったのさと、イライラし通しである。
ラストも、何故撃ち殺す?
殺さなくても自由を奪える体の部位はたくさんあるのに、完全に殺しにかかってる。しかも息子の目の前で。夫や犬には好感が持てたが、こういう主人公の女は好きになれない。
へろへろさん [地上波(吹替)] 5点(2014-11-11 22:51:56)
82.《ネタバレ》  目的地に行くにはこの川を下るしかないのです。しかし、「ガントレット」と呼ばれる危険度MAXの難所が行く手に待ち構えるんです。
 母は言います。「あなたたちがガントレットで死のうが、それは自業自得よ。でも私には家族がいるの。ここにはいない娘も待っているの。幼い娘を一人残して死ねないのよ。」涙ながらに訴える母。冷たくつっぱねる強盗犯。
 もう決死を覚悟でガントレットを越えるしかない・・・!それしか目的地にたどりつく方法はないのだから・・・。
 これはもう「激流」というシチュエーションでつくられる大自然の密室サスペンス!すばらしい!なんて面白いんでしょう!
 な、の、に・・・・・・あー!だからだめだって、お父さん!陸路で先回りしちゃ!『川下りでガントレットを越えるしか方法が無い』というのが、この映画の醍醐味なんだから!
 でも観ているときはそんなお父さんの反則技を忘れちゃうくらい面白かったので7点で。脚本の段階で誰も気付かなかったんですかねー。みんな川下りに夢中で細かいことは忘れちゃったか。
たきたてさん [DVD(字幕)] 7点(2014-01-12 22:08:13)(良:1票)
81.《ネタバレ》 ガントレットの川下りはすごくハラハラしました。
これだけのことを乗り越えられたら夫婦仲も父息子関係も、父ペット関係も修復されるよね。
メリルは悪者二人を倒せるんじゃないかと思えるほど逞しいんだけど、夫婦で仲直りしたときの顔が可憐で可愛かったです。
ケヴィンは細マッチョで執着質な悪者役。俺様ぶって強がっていたかと
思えば立場が弱くなるといきなりヘコヘコして頭を下げる。打算的だけど知性はあまりない感じ。凶悪だけじゃなく人間臭さがあって観ていて憎めないところも。やっぱり現実にいたら嫌ですが。
でも、ケヴィンの悪役大好き。
ベーコンエッグバーガーさん [DVD(字幕)] 8点(2013-07-22 01:51:01)
80.《ネタバレ》 面白かった。この面白さはウェイドたちが本性を現してからが本番だけど、そこに至るまでもなかなか楽しめる。家族の時間にずかずか入ってくる男二人。200ドルの件なんてわざと場の空気を壊そうとしたと見えて、嫉妬もあったのかな?と…。おい、熟女好きか。この後で嫌な感じが決定的となり、いざ逃げるとなってからはハラハラドキドキ。時間帯を考えると見回りのジョニーが来たところでどうにもならないのは分かってるし、銃を奪おうとしても失敗するのは目に見えてるが、それでも手に汗握る。川下りはいつ突き落とすか、いつ転覆させるかってところを楽しみに。でもご主人の方は何をしようとしてるのかがイマイチ分からなかった…。一応は役に立って良かったが。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-04-08 17:32:05)
79.メリル・ストリープ主演のアクションサスペンス。
アクションと言っても、そのほとんどが激流の川を下るシーンのみなので、
サスペンス映画として鑑賞した方がいいかもしれない。
ケヴィン・ベーコンは相変わらず何か企んでいるような人相で、
こういう役をやらせたら右に出る者はいない役者さんだ。
作品全体の印象としては、川下りというシチュエーションが地味ということもあるのだが、
アクションやサスペンス部分が中途半端で、ストーリー自体の面白さとしては並。
まあまあ普通に楽しめる程度の出来だと思う。
MAHITOさん [ビデオ(字幕)] 4点(2011-07-31 07:41:11)
78.《ネタバレ》 美しいロケーションに崩壊の一歩手前にあった家族が悪に立ち向かい絆を取り戻すというドラマはいいのですが、もう一工夫欲しかった作品。

ほとんど全編川下りで、最後の激流”ガントレット”をさんざんアピールして早い段階から見る者にその存在を意識させる。本作一の見せ場になる筈だしここでひと波乱あると思っていたのであっさり通過に拍子抜けでした。それまでは色々ドラマもあったのですがこの間はそれも無しになるので、結局ガントレット下りが一番つまらなかったように思います。

ツッコミ所としては前半からひ弱だった筈のパパが険しい山中を走り回り川を横断し、川下りよりはるかに早く先回りする驚異的体力にビックリ。しかし一番の不満はラストの決着方法。家族のドラマでもあるので幼い息子の眼前で母に罪を犯させての決着は安易というか、もう少し考えてもらいたかった。

キャストに関しては本作のようなメリルを見慣れてないせいか微妙に感じました。悪役の方はケビン・ベーコンは相変わらずハマッてたし、ケビンの相棒役の人はこの前年には「ギルバート・グレイプ」で見るからに人のいい田舎のあんちゃん役でしたが、1年後の本作では悪党の一味だが悪になりきれていない。こんな感じがいい味の俳優さんです。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2011-05-17 22:11:11)(良:1票)
77.《ネタバレ》 ○いたって普通の作品。それ以上でもそれ以下でもないかな。○話にもう少し面白みがあれば良かった。テンポは良かった。○ケヴィン・ベーコンはいつから悪役やっているかわからないが、出てくるだけで悪役と分かってしまうのはなんか惜しいなぁ。○メリル・ストリープがサスペンスアクション映画に出るのは貴重。○銃を持つ犯人相手に屈しないメリル・ストリープ演じる母親も凄いが、デヴィッド・ストラザーン演じる父親が地味ながら超人ばりの大活躍。渓谷・山道を難なくクリア。○割と純粋なサスペンスアクションの中に、インディアン差別が残るアメリカを反映するシーンは凄く浮いた印象。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 5点(2011-01-02 09:29:33)
76.《ネタバレ》 けっきょくボートだと漕ぐだけで工夫のつけようがないんだよね。製作者としては「川下りなんてのはなんか目新しいものが出来るんじゃないか」と思って作り始めたんだろうが、旦那を先遣隊にして小細工はしたものの、どうしても本筋は淡泊。まあ映画ってのは疑似体験させるって役割もあるので、そのレベル。でも実際に川下りしたほうが面白いだろうなあという気になる。ラストのケヴィン・ベーコンの「俺を撃つと悩むぜ」とか、いろいろ説得しようとするあたりのネバッとした感じ。相棒のデブの小心ぶりも、定型ではあるが大事なとこ。観客をちょっとホッとさせ、また主ワルを際立たせる。ちゃんと犬と子どもも出る。M・ストリープのアクション映画という珍しさの価値。気になるのは、非白人は、あっさり殺されてかわいそうな役になること。こうなること多いんだよね。パニックものやSFなんかでも、チームのなかに非白人がいると、しばしば「皆に感謝される勇気ある犠牲者」になる。いい役だろ、と与えておいて、実質最後に白人が生き残るための捨て石・厄介払い、って感じがする。無意識の底では、大団円のときは白人だけで祝いたい、と思ってるんじゃないか。って、これ被差別妄想かなあ。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 6点(2010-05-15 11:53:52)(良:1票)
75.メリルストリープの腕ばっかり印象に残ってる。あとは建築家(デザイナー?)の腕力は凄いなってこと。
デフォルトモードさん [ビデオ(字幕)] 5点(2009-01-23 20:43:55)
74.《ネタバレ》 公開当時の宣伝の印象はサスペンスよりも川下りアクションに重点を置いてて(勝手にそうとらえてただけかも)、とにかく今まで見たこともないようなアクションが見れるのだと期待したのをよく覚えています。けっきょく映画館には行かずレンタルしたんだけど、たしかにほぼ全編で川下りってのは新しいんだけど、ごく普通のサスペンスにちょっぴりの味付けくらいにしかなってないのが惜しい。だいたい、せっかく命懸けで激流を下ってきたのにこんなこと言うのもなんですが、徒歩の父ちゃんの方がトラップつくる時間があるほど先に目的地についちゃってますが・・。
R&Aさん [ビデオ(字幕)] 5点(2009-01-20 15:28:58)(良:1票)
73.《ネタバレ》 ベーコン悪役街道の原点(?)。しかし、本作ではそれほど魅力のない悪役。とりたてて残忍でもないし、実は優しいやつってわけでもなく、ごく普通にそれなりに悪そうな犯罪者。爽やかな登場だけど実は犯罪者ってのが、役者ベーコンの行く先をしめしていたのかもしれません。
川下りはなかなか絶景で気持ち良いのですが、激流シーンになるとカメラワークが雑になり、結局キャストは激流下ってないのかな、と思うと冷めますよね。まぁ、そもそも大して熱中するわけでもないんですが。
すべからさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2009-01-20 10:18:18)
72.《ネタバレ》 ストーリーは予測できる程単純で分かり易い。しかしエンディングがシュールで呆気なく終わってしまうのが残念。
ロケーションはいいがアングル等撮り方を工夫して迫力が欲しかった。
アキラさん [地上波(吹替)] 4点(2008-08-22 19:15:18)
71.《ネタバレ》 ケヴィン好きなんですけど、顔恐いんですよ。でも本当に恐いのは普通っぽいオバサンを演じさせたら天下一品のメリル。そのメリルとケヴィンのやり取りがなんか怖さ倍増してくれることを期待し過ぎちゃうのですが、画面上ではそれが成されておらず至極残念な感じは否めない。
成田とうこさん [DVD(字幕)] 7点(2008-06-18 06:48:07)
70.語り口にしても、サスペンス展開にしても非常に良作。
プロットは至極真っ当です。

ただ、やっぱり地味ですよね。山場となる急流下りの場面もそれ程劇的に見えないし。
皆さんご指摘のとおり、父さんの活躍も不自然。

あと、急流地帯だけ陸路をとるなんて事は出来ないのでしょうか?(何か聞き逃しちゃったのかな)
カラバ侯爵さん [地上波(吹替)] 7点(2007-10-23 00:46:53)
69.主演・メリル・ストリープ、レビューを拝見したところ、90%自前のアクションだったらしく、流石に大女優でした。ここまで広い役柄をこなせる女優はそう居ないのでは。ケビン・ベーコンも持ち前の悪人面を生かした好演。旦那のおっさんが突如ブルースウィルスも真っ青のタフガイに変身したことに多少の違和感を覚えましたが、まぁそんな細かいことは気にしない、気にしない。6点献上。
赤松五太郎さん [DVD(字幕)] 6点(2007-08-16 06:35:46)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 88人
平均点数 5.76点
000.00%
111.14%
211.14%
344.55%
466.82%
52528.41%
62730.68%
71415.91%
889.09%
911.14%
1011.14%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.83点 Review6人
2 ストーリー評価 4.66点 Review6人
3 鑑賞後の後味 5.83点 Review6人
4 音楽評価 4.75点 Review4人
5 感泣評価 4.00点 Review4人
chart

【ゴールデングローブ賞 情報】

1994年 52回
主演女優賞(ドラマ部門)メリル・ストリープ候補(ノミネート) 
助演男優賞ケヴィン・ベーコン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS