アンフェア the answerのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アンフェア the answer
 > (レビュー・クチコミ)

アンフェア the answer

[アンフェアジアンサー]
2011年【日】 上映時間:109分
平均点:4.65 / 10(Review 17人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-09-17)
アクションサスペンスシリーズもの犯罪ものミステリー刑事もの小説の映画化TVの映画化
新規登録(2011-11-01)【目隠シスト】さん
タイトル情報更新(2017-03-16)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督佐藤嗣麻子
キャスト篠原涼子(女優)雪平夏見
佐藤浩市(男優)一条道孝
山田孝之(男優)村上克明
阿部サダヲ(男優)小久保祐二
加藤雅也(男優)三上薫
吹越満(男優)武田信彦
大森南朋(男優)結城脩
寺島進(男優)山路哲夫
香川照之(男優)佐藤和夫
横山めぐみ(女優)
モロ師岡(男優)
原作秦建日子「推理小説」
脚本佐藤嗣麻子
音楽住友紀人
主題歌中島美嘉「LOVE IS ECSTASY」
撮影佐光朗
製作亀山千広
市川南〔製作〕
東宝
フジテレビ
関西テレビ
プロデューサー臼井裕詞(エグゼクティブプロデューサー)
配給東宝
特撮石井教雄(VFXプロデューサー)
美術林田裕至
録音柴崎憲治(音響効果)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
17.横山めぐみが出ていたらしいのですが。。。
マー君さん [ビデオ(邦画)] 5点(2017-05-28 12:26:20)
16.《ネタバレ》 前作はスケールをでかくし過ぎてどっちらけだったけど、今回猟奇殺人ぽくって2時間尺の完結1エピソードで十分楽しめた。特に大森南朋宅で雪平が潜入している時の緊張感はハリウッド的。大ネタのところはどっかで見た感あるし都合がよ過ぎ感はあるけど、仕方ないかな。びっくりする人が裏切るのがアンフェアなんで、今回の裏切った人の人選はほぼ想定内なんだけど、さすがに尽きかけ。この続きはどうする?
タッチッチさん [地上波(邦画)] 6点(2015-09-13 18:49:27)
15.《ネタバレ》 世間の評価は低いですが、個人的には十分楽しめました。前作の評価が低かっただけに期待せずに観たからかもしれません。ドラマや前作の内容はすっかり忘れていましたが、話についていけないということもありませんでした。次回作も観てみたいと思わせるほどにはできていたと思うのですが。
いっちぃさん [地上波(邦画)] 7点(2015-05-02 11:45:05)
14.テレビドラマの瑛太氏が死んだぐらいから、その後のスペシャル版、映画版全てにおいて思う。篠原涼子の決めゼリフ、「バカか、お前は」に対して、「バカは、お前(映画や制作者達)だ」と…。。
小星さん [地上波(邦画)] 4点(2014-02-04 18:05:30)
13.だめだー。。こういう映画は組織のトップや大物に迫力があれば、うわあああすごいのでてきたよ!って感じになるのかと思うのですが、なんか見ていて、薄っぺらいというか、、はいはい。来ましたね。はいはい。裏切りましたね。っていう感じ。ドラマ見てると、また違うのでしょうか。。
うらわっこさん [地上波(邦画)] 3点(2013-10-20 13:11:35)
12.よくツッコミどころ満載っていうけど、満載どころか、あふれてこぼれて拾う気にもならないって感じ。そこに目をつぶれば、場面場面は楽しめたかな。この映画の後がどうなるのか気になる。
フラミンゴさん [DVD(邦画)] 5点(2013-06-27 14:24:06)
11.劇場版1作目が「?」な出来だったので、それと比べれば、あくまでマシなレベルにはおさまったか。
が、しかし「ドラマでやめておけばよかったのに」感は、残った。
終盤のネタ晴らしは、要るんだろうけど尺が短すぎて、とってつけたにもほどがあるなぁ。あの薫ちゃんがまでもが、実は「アチラ側」の人間だったという結構な仕掛けがあったにもかからわずインパクトもへったくれもなかった。
まぁ、「裏切り者」ありきの作品なので、今更、だれが裏切ろうとおかしくない作品なので、続ければ続けるほど、シラケてしまう負のスパイラルに陥ってしまうのだろうなぁ。
バニーボーイさん [地上波(邦画)] 4点(2013-03-04 21:33:25)
10.あはははは…これ最高の傑作じゃない?コメディとしての。
イサオマンさん [地上波(邦画)] 1点(2013-03-02 23:31:21)
9.「この映画は【観客を見下している。】」
映画の神様はそう仰っていました。
「いやいや、この映画はサスペンス有り、エロ有り、爆発有り、ホラー有り、何でもアリのミックス弁当の様だったよ。とても観客想いだったよ。そんなことより、映画を観た、只それだけで幸せなことじゃないか。」
映画鑑賞の神様はそう仰っていました。
エウロパさん [映画館(邦画)] 3点(2012-12-17 19:28:43)
8.ドラマ版に比べて、警察の機密だとか、国家機密だとか、風呂敷を広げすぎたと思う。
まぁ、一応広げた大風呂敷は畳めたようだから良かったけどね。
しかし、設定にかなり無理があるよなぁ。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 5点(2012-09-09 00:33:52)
7.《ネタバレ》  ちょっと無謀かな?と思ったが、TVシリーズも前作映画も見ていないのに鑑賞。
 何やら、何かの事件の続きっぽいけど、「TVシリーズが前にあった」という事だけ知っていれば、それなりに話は判るようになっている、と思っているのだが、どうだろう。
 前からの作品世界観というものを、全く分かってないので、ちょっと微妙だったが、被疑者となった雪平に、銃を持ってきて逃がす奴が現れた時点で、「踊らされているな」とは思った。が、あれだけの人数の「グル」がいるなら、あんな面倒なことしなくても、良かないかね?というのが、最後まで見た感想。だって、周り全部敵なんだもん。最後に雪平は意趣返しをしたように見せて終わってるけど、絶対巻き返されちゃうって。翌朝、どっかの川に浮かんだ雪平、持っていかれた携帯、という想像をしてしまった。
 それと、よく知らんがきっと今までのシリーズの中で、仲間だったのであろう人たちを、あっさり殺したり、犯人側にしてしまったりして、作品ファンの人達は、嫌な気持ちにならないのかな?と、余計な心配をしてしまう。

 ところで、最後に出てきたナレーションで、アンフェアというタイトルの意味を初めて知った。しかし「アンフェアな奴ににはアンフェアな対応を」という割には、アンフェアなのは、人質とって逃げたことだけ。もっと、アンフェアな捜査や、反撃があってもいいような気もする。
Tolbieさん [DVD(邦画)] 5点(2012-08-12 09:30:04)
6.1の後味を思い出しつつ見るのを躊躇いながら録画をし、なんとか見る事に。たぶんレビュー数からすると1でやめてる人多そう。…期待をしなかったからか、この2はなかなか楽しめました。終始ハリウッドサイコホラー風で和な空間がそうめんランチの所くらいですが。そして邦画に有りがちなキャスティングによる犯人探しも早々に当たってしまうのですが。でもまぁ…続編はいらないと思います。
movie海馬さん [地上波(邦画)] 6点(2012-07-22 23:22:43)
5.《ネタバレ》 カメラワークや照明・編集に工夫があり、最後まで飽きずに鑑賞できた。
篠原涼子のほぼノーメイクな演技にも、鬼気迫るものが感じられ見応え十分。
しかしそれだけの作品。最後に犯人も分かり大逆転となるのだけれど、だから?みたいになってしまった。
原因はこのアンフェアシリーズが、いいかげんマンネリ化しすぎてしまったせいだろう。
犯人は意外な人物!て言われても結局は主人公のすぐ近くにいる人間だし、おおよそこいつだろうと検討がついてしまう。なによりもこの映画の悪いところは、殺害された最初の三人に対する扱い方だ!彼らを殺した犯人も黒幕も分かっていながら、犯人は逃走、黒幕は平然と過ごしている。一応主人公が、黒幕連中から国家秘密を奪い取るというオチだったけれども、だからといってどうこうなるとは思えない。
だって考えてもみてくださいよ、相手は国家、ですよ。ほぼ味方のいなくなった雪平一人でなにができるというのですか?国家相手に。
だからね、風呂敷を広げすぎちゃったんですよ。畳めないほど。
まぁ一応完結編らしいからいいけど、もうちょっと頑張ってほしかったです。
Dream kerokeroさん [DVD(邦画)] 4点(2012-07-11 08:10:09)
4.ドラマ、映画共に内容を忘れた自分ですが、今作は単品でもいける内容です。
真尋さん [DVD(邦画)] 6点(2012-04-14 02:47:57)
3.私はドラマ版「アンフェア」のファンでしたが、SP1で雲行きが怪しくなり、
それに続く「劇場版1(the movie)」の あまり変さに落胆した人間です。

本作の直前に北乃きい主演の「ダブルミーニング 二重定義」が放送されましたが、
ほとんど本編に絡まない内容であったため、地デジ録画だけで済ませました。

この最終作「アンフェア the answer」はネット上での酷評がすさまじかったので
まったく期待せずに劇場へと足を運びましたが、単にドラマのイメージと異なって
いるというだけの話で、劇場版1より遥かに完成度の高い仕上がりとなっていました。

また香川照之さんも少ない出番ながら、非常に重要なシーンを熱演されていますし、
監督の佐藤嗣麻子さんによる女性視点でのストーリー描写が目立つ作品です。

国家機密が隠されたUSBメモリーに施されたプロテクトドングルの謎を打破する
佐藤和夫(香川照之氏)のIT技術力が神レベルだったり、予告編のインパクト画用に
殺される無関係な女性(5人目の被害者)がいたりと違和感もある作品ですが、
そういった欠点を補って余りあるほど、最後に悪党どもをギャフンと言わせた後、
雪平が並木道で「○○、馬鹿かお前は…」と吐き捨て→夫婦の絆を見せ→
アンフェアメインテーマ曲→本作タイトル「アンフェア the answer」→
怒涛の伏線回収しまくり映像群→中島美嘉「Love is Ecstasy」で決めるという
素晴らしい演出の数々が最高に格好良く、有終の美を飾っていると思います。

映画「シックスセンス」のように、1回目より2回目の方が楽しめる映画であり、
実際の国家機密が入ったUSBメモリーの行方を考えるだけで面白い傑作邦画です。
私は劇場公開中に3回も観ましたが、それだけリピートする価値のある作品です。
ピーポくんさん [映画館(邦画)] 9点(2012-02-24 21:45:15)
2.《ネタバレ》 それまで全く『アンフェア』って見た事がなかったのですが、冒頭にこれまでのあらすじがあるから大丈夫、ってフレコミだったので・・・って、なんにも判りゃしません。この映画だけ見た限りでは、一体何が面白いんだかよく判らないってゆー。『羊たちの沈黙』の安直なコピーみたいな部分がキモって訳ではないですよねぇ。騙し騙され、って部分が重要なのかな? でも、それはワリと早くから読めます。アレが裏で、だけど更にアレが、みたいなところまで。予告編の「お前は馬鹿か」が本編で延々と出てこない時点で予告は実はネタバレでした、って状態ですしねぇ。いちいちネタばらしの巻き戻しと言うか回想みたいなのが出てくるあたりがこの作品のキモなのかもしれませんが、脚本が雑で、果たしてソレはアリなのか?というエピソードが連続しているために、そこで膝を叩いて納得、ってワケにはいきません。このタイトル、ミステリーサスペンスとしてちゃんと筋を通せてない脚本自体がアンフェアです、って意味なんですかねぇ。せめて篠原涼子をもう少しキレイに撮ってあげるべきだと思いました。延々しかめっ面な上にいちいち汚れてたんじゃねぇ。余談ですが劇中とても気になったのが「USB」。登場人物全員がUSBメモリの事をUSBって言ってたのですが、見ていて規格というかコネクタの形状ばかり頭に浮かんで。アレ、フツーにUSBって言いますかねぇ?
あにやん‍🌈さん [映画館(邦画)] 2点(2011-11-13 22:10:22)
1.んーー、、、日本でこういう犯罪や刑事モノはやめた方が、、、。
lalalaさん [映画館(邦画)] 4点(2011-11-07 16:15:22)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 17人
平均点数 4.65点
000.00%
115.88%
215.88%
3211.76%
4423.53%
5423.53%
6317.65%
715.88%
800.00%
915.88%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review3人
2 ストーリー評価 5.75点 Review4人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review3人
4 音楽評価 7.00点 Review3人
5 感泣評価 4.00点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS