シリコンバレーを抜け駆けろ!のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > シリコンバレーを抜け駆けろ!
 > (レビュー・クチコミ)

シリコンバレーを抜け駆けろ!

[シリコンバレーヲヌケカケロ]
The First $20 Million Is Always the Hardest
2002年【米】 上映時間:105分
平均点:6.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
コメディ小説の映画化
新規登録(2011-11-28)【M・R・サイケデリコン】さん
タイトル情報更新(2011-12-03)【M・R・サイケデリコン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ミック・ジャクソン
キャストアダム・ガルシア(男優)
ロザリオ・ドーソン(女優)
ジェイク・ビューシイ(男優)
エンリコ・コラントーニ(男優)
イーサン・サプリー(男優)
脚本ジョン・ファヴロー
音楽マルコ・ベルトラミ
編曲ピート・アンソニー
製作総指揮ハロルド・ライミス
ニール・A・マクリス
美術ウィリアム・サンデル(プロダクション・デザイン)
ロバート・グールド〔美術〕(セット装飾)
その他マルコ・ベルトラミ(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》  ドラマ性の強いコメディで、サクセスストーリー。
 夢を追う主人公が、落ちこぼれ3人とチームを組み、逆境に次ぐ逆境から最後は栄光をつかみます。まさに私にとって、どストライクの映画です。
 大企業の第一線で活躍する主人公。しかし誇りを持つ仕事をしたいと、技術系の会社へ転職。そこで、人間的には落ちこぼれだけど、技術者としては超一流の3人と、1台99ドルの格安PCを作り上げます。
 このPC、格安なだけではありません。まさに『あったら良いな』を体現した夢のようなPCで、超クールなんです。
 いいですねー。夢があって凄く面白いです。
 いろいろ人間的な欠点を抱えていたメンバー。チームの夢をかなえるために四苦八苦。少しずつ自分の短所を乗り越えていきます。それはもう見ていて気持ちが良いもんです。頑張る4人にずっと感情移入できます。
 次から次へと妨害があり、逆風が凄いので、ラストの緊張感とカタルシスは半端ないです。
 ですが、正義の鉄槌がくだるのが、アイデアを横取るフランシスだけってのが、何とも物足りないです。
 99ドルのパソコンを完成させるなと圧力をかけてきた大企業の社長。負け犬呼ばわりした元カノ。この辺りにも何らかの『罰』や『後悔』を与えてくれたらもっともっとスカッとしたんですけどね。
 とは言え、この作品は、笑いあり感動ありで、かなりの掘り出し物。
 主人公アンディは騒いでばかりで何も作っていない気はしますが、そんな細かいことが気にならないくらいスカッとする気分爽快でご機嫌な映画です。
たきたてさん [DVD(字幕)] 8点(2016-05-27 12:46:54)
1.DVDのパッケージにはサイバーサスペンスやらなんやら書いてましたがサスペンス要素は皆無に等しくむしろちょいとコメディが入ったドラマでした。一癖も二癖もあるプログラマー達が99ドルでパソコンを作ってみろ!!な感じのストーリーで出来上がったのがどう見ても99ドルで作ったようには見えないしホログラムを使って手で操作するっていうのは最近のアイフォンみたいなもんやね。あー、そんなパソコンが出ても手が疲れるから絶対にいらない。専門用語がたまに出てきてもちんぷんかんぷんですが面白くもなくつまらなくもなく、すげぇ普通でした。ちなみにシリコンバレーは抜け駆けてないのであしからず。
M・R・サイケデリコンさん [DVD(字幕)] 5点(2011-12-04 23:58:11)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 6.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5150.00%
600.00%
700.00%
8150.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS