おいしい結婚のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > おいしい結婚
 > (レビュー・クチコミ)

おいしい結婚

[オイシイケッコン]
1991年【日】 上映時間:109分
平均点:5.50 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(1991-05-18)
ドラマ
新規登録(2012-01-11)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2014-12-10)【ESPERANZA】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督森田芳光
助監督篠原哲雄
キャスト三田佳子(女優)矢頭美栄子
斉藤由貴(女優)矢頭のん
唐沢寿明(男優)川又保
田中邦衛(男優)川又重樹
小林稔侍(男優)山内政行
橋爪功(男優)小野吾郎
入江若葉(女優)小野恵美子
南美江(女優)小山まつ
斎藤晴彦(男優)田宮作男
結城美栄子(女優)田宮明子
伊藤洋三郎(男優)大下の結婚式の司会
太田光(男優)マネー・トランジットセブンの店員A
田中裕二(男優)マネー・トランジットセブンの店員B
脚本森田芳光
音楽高桑忠男(音楽プロデューサー)
撮影前田米造
製作東宝
サンダンス・カンパニー
企画サンダンス・カンパニー
配給東宝
美術今村力
編集川島章正
田中愼二(ネガ編集)
録音橋本文雄
柿澤潔(録音助手)
照明矢部一男
赤津淳一(照明助手)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.どうしたんだ森田芳光と思った作品。働くようになって映画を見る頻度も減り、(時間があいたので)久々の森田作品(「それから」以来)
オフビート感がない。何かつまらない。良かったのは、しゃぶ飛鳥の曲(始まりはいつも雨)のみ。森田老いたりと感じた作品
にけさん [映画館(邦画)] 4点(2018-12-20 11:26:04)★《新規》★
5.《ネタバレ》 ●めんどくさい女だな~ この質屋令嬢ww でも変なところで拗ねる彼女がかわいらしいです →斉藤由貴。 

●田中邦衞がコンプレックスとかいう英単語をあの口から発してましてさ すごく違和感 しかも二度ww 

●両家お披露目会が陸上競技場のスタンドだとか 結婚式とかクマにでも出会いそうな森の中だとかww 
土壇場になっていきなりコメディ部分をぶっこんできましたね。 

●だいたいそもそも斉藤由貴が円盤投げってばww 


■はじまりはいつも雨がかかった 編集難しそうなところで一度、そして二度。
だけど、そのことについてはあまり触れないほうがよさそうだから それについてはもう触れない。
3737さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2015-04-06 22:11:48)
4.見合いとか結納だとか古風にやるかと思えば、野外披露宴とは進んでるというか奇抜。大女優を取り巻く三人衆いや田中邦衛も入れると4人衆か、この辺のやりとりはおもしろいのだけど斉藤と唐沢の若手カップルがちょっと物足りない。
ESPERANZAさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2014-12-02 15:10:49)
3.平成版秋日和。親子も似せてある。不愉快な人物を登場させず、淡々とゴールインまでを描いていくんだけど、なんなんだろう、このうつろな感じ。『家族ゲーム』ではそこに焦点が当たっていたんだけど、もしかすると監督の作品で感じるうつろさは、意識的なものじゃなくて体質的なものだったのかも。現代のそういううつろさ・手応えのなさを、そのまま反映できるってのも才能の一種ではあろうが。都会の白いオフィスや原色の家具だけでなく、ラストの緑の野にもうつろさがある。南美江のおばあさんが弱かった。あれが重しになれたのかもしれない。おかしかったのは夫を送り出すときに異様に躁状態になる入江若葉。階段を一段ずつ上がりながらの会話。あるいは鍋を囲んでの会話。うまく合わない楽しさ。テーブルの配置も不思議。あとは、競技場での顔合わせのときのせりふの入れ方。
なんのかんのさん [映画館(邦画)] 6点(2013-06-27 10:04:19)
2.面白い!さすが森田監督!これって「それから」「家族ゲーム」の後だったんですねぇ。いや、これなら森田さんは評価されるでしょう。面白いもの。とにかく食事のシーンは笑う。みんなが箸でかきまぜたり、そばをすすったり、もう笑った、笑った。この頃の森田さんはいいねぇ。夭折されましたが、やはりこういう作品つくらせても、一味も二味も違う。斉藤由貴の演技なんか、あまりにも自然すぎて、くらくら~ときてしまう。彼女、天才じゃないの!?天然なのに、あんなに演技巧いってことは彼女、天才だったんじゃない!?まぁとにかくこの監督、題材の目の付け所もいい、創ってる映画の演出もいい、俳優のうまい演技をひきだす指導もいい。相変わらず会話がいいね。自分には森田監督作品のなかでは、この映画が一番いいこと言っているし、会話の間もテンポもいい。爆笑問題の若い姿にはおっときた。いいよねぇ、本当に。そういえば「A列車で行こう」がもうレンタル屋の店頭に並ぶころだ。観なきゃ♪
トントさん [ビデオ(邦画)] 7点(2012-09-21 06:05:15)
1.小津映画によく出て来る(「秋日和」「彼岸花」とか)小料理屋さんでやたら飲んじゃあ食っちゃあして、だべる事しか能がない何の仕事してるかわからんけど、それなりに社会的地位やお金もありそうな中年男たちっていましたよねえ。んで、彼らの憧れの年増未亡人ヒロインが原節子だったりする・・・。この映画はそれを平成風にリメイクし直したような映画だと思いました。ハイ、もちろん精一杯の褒め言葉です・・・(汗)やたら理由もなくチヤホヤされまくる原節子のポジションが、当時好感度女優ナンバーワンで押しも押されぬ国民的女優だった三田佳子。巧く作ればそれなりの映画になったような気がするんですが・・・。中年男グループも含め、なんだが皆さん幼児性丸出しで、ゲンナリしてしまった記憶が。おかげでお目当てだった斉藤&唐沢の若手カップルの印象が極めて薄くなる結果に。森田監督のフィルモグラフィーの中ではこれは凡作の一つだと思います。
放浪紳士チャーリーさん [映画館(邦画)] 4点(2012-02-04 18:45:15)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 5.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4233.33%
5116.67%
6116.67%
7233.33%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS