仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > 仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦
 > (レビュー・クチコミ)

仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦

[カメンライダースーパーセンタイスーパーヒーロータイセン]
2012年【日】 上映時間:90分
平均点:3.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-04-21)
アクションSFシリーズもの特撮ものTVの映画化
新規登録(2012-02-02)【まるにゃ~ん】さん
タイトル情報更新(2021-09-29)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督金田治
佛田洋(特撮監督)
演出竹田道弘(アクション監督)
キャスト井上正大(男優)門矢士 仮面ライダーディケイド
小澤亮太(男優)キャプテン・マーベラス ゴーカイレッド
山田裕貴(男優)ジョー・ギブケン ゴーカイブルー
清水一希(男優)ドン・ドッゴイヤー(ハカセ) ゴーカイグリーン
市道真央(女優)ルカ・ミルフィ ゴーカイイエロー
小池唯(女優)アイム・ド・ファミーユ ゴーカイピンク
池田純矢(男優)伊狩鎧 ゴーカイシルバー
渡部秀(男優)火野映司 仮面ライダーオーズ
福士蒼汰(男優)如月弦太郎 仮面ライダーフォーゼ
鈴木勝大(男優)桜田ヒロム レッドバスター
馬場良馬(男優)岩崎リュウジ ブルーバスター
小宮有紗(女優)宇佐見ヨーコ イエローバスター
戸谷公人(男優)海東大樹 仮面ライダーディエンド
吉沢亮(男優)朔田流星 仮面ライダーメテオ
高橋龍輝(男優)歌星賢吾
清水富美加(女優)城島ユウキ
冨森ジャスティン(男優)大文字隼
志保(女優)野座間友子
土屋シオン(男優)JK
高田里穂(女優)泉比奈
秋山莉奈(女優)ナオミ
奥田達士(男優)鳴滝 ドクトルG カニレーザー
石丸謙二郎(男優)オーナー
榊英雄(男優)黒木タケシ
坂田梨香子(女優)風城美羽
高橋直人(男優)森下トオル
西平風香(女優)仲村ミホ
鈴木達央ウサダ・レタス/仮面ライダー龍騎/マジレッド
関俊彦モモタロスイマジン/仮面ライダー電王ソードフォーム
串田アキラオースキャナー音声
てらそままさきキンタロス/仮面ライダー電王アックスフォーム/シャドームーン
鈴村健一リュウタロス/仮面ライダー電王ガンフォーム/仮面ライダーW
関智一ゴーカイジャー各種アイテム音声/ナレーション ほか
遊佐浩二ウラタロス
林一夫ライダーハンター・シルバ/ライダーマン
小川真司〔声優・男優〕皇帝アクドス・ギル
飛田展男救星主のブラジラ
稲田徹仮面ライダー1号/デカレッド
桜田通仮面ライダーNEW電王 ストライクフォーム
野島裕史ワルズ・ギル
柴田秀勝ジェネラルシャドウ
堀秀行野球仮面/黒十字王
石川英郎仮面ライダー響鬼/ドラス
君嶋麻耶仮面ライダーバース
岩永洋昭仮面ライダーバース・プロトタイプ
戸谷公人アポロガイスト
市道真央ゲキイエロー
池田純矢ゴーオンレッド
渡部秀仮面ライダー555(ファイズ)
山田裕貴ゲキレッド
清水一希仮面ライダーX
千葉雄大ゴセイレッド
小山剛志ドラグバイザー音声
原作石ノ森章太郎
八手三郎
脚本米村正二
音楽中川幸太郎
山下康介
津島玄一(音楽プロデューサー)
エイベックス・エンタテインメント(音楽制作)
作詞藤林聖子「情熱 ~We are Brothers~」
編曲中川幸太郎「情熱 ~We are Brothers~」
主題歌松本梨香Hero Music All Stars「情熱 ~We are Brothers~」
仮面ライダーGIRLSHero Music All Stars「情熱 ~We are Brothers~」
野村義男Hero Music All Stars「情熱 ~We are Brothers~」
渡部チェルHero Music All Stars「情熱 ~We are Brothers~」
撮影いのくままさお
製作木下直哉
鈴木武幸
平城隆司
東映(「スーパーヒーロー大戦」製作委員会)
テレビ朝日(「スーパーヒーロー大戦」製作委員会)
アサツー ディ・ケイ(「スーパーヒーロー大戦」製作委員会)
バンダイ(「スーパーヒーロー大戦」製作委員会)
木下グループ(「スーパーヒーロー大戦」製作委員会)
東映ビデオ(「スーパーヒーロー大戦」製作委員会)
企画加藤和夫【プロデューサー】
プロデューサー白倉伸一郎(プロデュース)
武部直美(協力プロデューサー)
杉山登(エグゼクティブプロデューサー)
配給東映
特撮東映アニメーション(CG制作)
スーツアクター神尾直子ゴーカイピンク
岡元次郎キンタロス/仮面ライダーBLACK RX/皇帝アクドス・ギル
ショッカーO野
喜多川務
新堀和男
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.ヤケクソもここに極まれり。お祭りです。仮面ライダーと戦隊モノをぜーんぶ出しちゃえ、という企画案に対し、「解無し」という立派な解答を提示してくれた、製作陣の並々ならぬ努力に拍手。まず、半年少々しか放送されなかった仮面ライダーディケイド、コヤツが「歴代仮面ライダー」ありきの、非常にメタな性質をもった面倒なキャラ(その分、企画としては使い道が多い)。で、あの悪名高い(?)『オールライダー対大ショッカー』という映画が作られちゃうのだけど(アリンコみたいにライダーがうじゃうじゃ出てきても、なあ)。で、さらなる上を、安直に目指してしまうと、本作『仮面ライダー×スーパー戦隊』となっちゃう訳ですな。お誂え向きなことには、戦隊側にも『ゴーカイジャー』という面倒な企画が通っていて、コヤツらは過去の戦隊モノに色々変身できちゃう、明らかに“お兄ちゃんの世代”さらには“親の世代”へのご機嫌取りみたいなキャラなのですな(余談ですが、タイムレンジャーの最終回で、過去の戦隊を詳細に解説してくれていてなかなか面白かったと記憶しています。我々へのご機嫌取りは、アレで充分です)。お膳立ては揃った、あとはライダーと戦隊をテンコ盛り登場させるだけ! ライダーと戦隊が抗争を繰り広げる! 「次の獲物は?」「天装戦隊ゴセイジャーだ!」という訳で、どこかのド田舎でゴセイジャーが襲撃されている光景を観ると、スーパー戦隊というより、町興しの為のご当地戦隊にしか見えないのがトホホ(要するにコレって、テレビ放送が終わったヒーローたちは、日本各地でひっそりと余生を送っている、という設定なんですよね?? 違う??)。さてこの戦いの行方は、いかに。いかにってったって、最後は皆で手を組んで悪と戦うに決まっているのですが、ここでもアリンコみたいにうじゃうじゃヒーローを登場させるのは結構ですが、「実際に無数のヒーローが画面に収められているシーン」というのが意外に少なくて、背景の寂しい手抜きのような戦闘シーンになってしまっているのが、アカンでしょ。基本的にこういう“特撮ヒーローもの”というジャンルは、カット割りで見せることを身上とした楽しい作品であって、嫌いではないのですけどね。ちょっとお祭りバカ騒ぎが過ぎましたね。
鱗歌さん [DVD(邦画)] 3点(2013-08-17 11:36:41)(良:2票)
1.付き添いで劇場に行きました。おじさんとしては、ライダーや戦隊の膨大な数にびっくりしました。変身シーンも昔に比べると洗練されてカッコ良くなりましたね。戦闘に次ぐ戦闘で、画面の効果もド派手で、非常に迫力のある作品でしたが、予備知識ゼロのおじさんとしては、ワケが分からないところも多く、心から楽しむというところまでは行きませんでした。従って個人的な点数は低いですが、隣の子供は最初から最後まで身を乗り出して集中してましたし、この手のアクション映画としては、なかなか出来は良い気がします。意外にも大人だけで来ている女性のグループも結構いましたがイケメンのヒーロー目当てだったのでしょうか。たしかに男前が多かったですね。
すらりんさん [映画館(邦画)] 4点(2012-05-12 21:47:43)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 3.50点
000.00%
100.00%
200.00%
3150.00%
4150.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS