ものすごくうるさくて、ありえないほど近いのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > モ行
 > ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
 > (レビュー・クチコミ)

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

[モノスゴクウルサクテアリエナイホドチカイ]
Extremely Loud and Incredibly Close
2011年【米】 上映時間:129分
平均点:6.25 / 10(Review 52人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-02-18)
ドラマ小説の映画化
新規登録(2012-02-14)【ムラン】さん
タイトル情報更新(2018-01-21)【TOSHI】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スティーヴン・ダルドリー
キャストトム・ハンクス(男優)オスカーの父 トーマス・シェル
サンドラ・ブロック(女優)オスカーの母 リンダ・シェル
マックス・フォン・シドー(男優)賃借人
ジョン・グッドマン(男優)ドアマン スタン
ヴィオラ・デイヴィス(女優)アビー・ブラック
ジェフリー・ライト〔男優〕(男優)ウィリアム・ブラック
スティーヴン・ヘンダーソン(男優)ウォルト
ジェームズ・ガンドルフィーニ(男優)
江原正士オスカーの父 トーマス・シェル(日本語吹き替え版)
本田貴子オスカーの母 リンダ・シェル(日本語吹き替え版)
山像かおりアビー・ブラック(日本語吹き替え版)
鈴木れい子オスカーの祖母(日本語吹き替え版)
脚本エリック・ロス
音楽アレクサンドル・デスプラ
撮影クリス・メンゲス
製作スコット・ルーディン
パラマウント・ピクチャーズ
ワーナー・ブラザース
製作総指揮セリア・コスタス
配給ワーナー・ブラザース
美術K・K・バレット(プロダクションデザイン)
ジョージ・デ・ティッタ・Jr(セット装飾)
衣装アン・ロス〔衣装〕
編集クレア・シンプソン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
52.《ネタバレ》 トム・ハンクスの出る映画、ということで敬遠して観ていなかったのを後悔するくらい、いい映画だった。
父の意図を越えたところで、鍵を巡ってオスカーは少しずつ壁を越えていく。
人からの慰めなんか自分は求めておらず、父の鍵に合う鍵穴だけを探していたオスカーだけど、実は母の愛や、たくさんのブラックさんの温かさに囲まれていた。
最期の瞬間まで、「いるんだろ?」ではなく、「いるのか?」と問い続けた父は、最後までオスカーを気遣ったんだろうなあ。
祖父や母と一緒に、これからも人生に立ち向かっていくであろうオスカーの未来に期待が持てる、本当にいい映画だった。
roadster316さん [DVD(字幕)] 9点(2018-07-31 23:04:47)
51.私の感想は、
ものすごく退屈で、あえりえないほどがっかりさせた
映画だったということです。

あ、違いますね。がんばって否定するほどの価値はなく、単に見て損した、取るに足らない映画でした。
別に0点でもよいのですが、私の場合、10点、9点、1点、0点は特別な場合に予約されていますんで、
2点、つまり映画としての最低点にしときました。

退屈な理由や、面白くないと感じた理由を説明するのはかなり難しいことです。
【フィンセント】さんのレビューが、自分が深堀できなかったことを説明してくれていました。
おら、はじめちゃんさん [DVD(字幕)] 2点(2018-03-26 04:52:08)(良:1票)
50.悲劇ではあるけど、泣かせようという作品じゃなくて、なんだか心が温かくなるような作品だった。
もう少し登場人物を絞り込んだ方が感動的だったのかも知れないけど、それぞれにいい人だったのが良かった。
中にはいい人じゃない人もいたけどね。
もとやさん [DVD(吹替)] 7点(2018-01-17 15:28:34)
49.《ネタバレ》 強い絆で結ばれていた父が9.11で亡くなり、その父との絆を強く求めて、父の遺品だと思われたカギで開けられる場所を必死で探す精神障害の少年。

そういうスタートを切ったのであれば、この物語は、少年がカギを開ける場所に到達し、その場所に、少年の心に光を照らす何かがあって、ハッピーエンドで終わるべきではないだろうか?

しかし」必死に探す少年の前につきつけられた答えは、そのカギは、見知らぬオッサンの父親の貸金庫を開けるカギだということだった。

結局、この物語で”感動”をもたらすエンディングとして提示されたエピソードは

カギで父が遺したステキな何かを発見して少年の「あの時、父からの電話に出られなかった後悔をクリアしたい。お父さんとの失われた8分を取り戻したい」という思いが成就することではなく

精神障害の息子とイマイチ深く関われていなかった母親が、息子のカギ穴探しの旅がスムーズにいくように密かに根回し活動をし、後日それを知った息子が母と和解するということであり、それによって心がクリアになった息子が9.11のトラウマを乗り越え、父に誘導されても乗れなかったブランコに乗れましたとさ、めでたしめでたしということであった。

確かに、”謎のカギ”や”冒険”という、けっこう小説では使われがちなテーマは、一歩使いかたを間違えると、よくありがちなパターンになって「オチ読めたし、つまんねー」と、否定されやすい。

だからあえて、カギの先にあるものと父親をリンクさせるという真正面からの真っ向勝負に出なかったのでは?
そしてもし、カギの先を探している過程で祖父との距離が縮まりました、とか、カギの先を探すサポートをしてくれた母親と和解できました、という、サイドストーリーをもちだして「はい、実はこっちが感動エピソードなのでした。意外でしょ?えへ、なかなか面白いプロットでしょ?」と、やってやったぞ感に満たされてストーリーを書いていたとしたら、非常にタチが悪い。

貸金庫の話しも煮詰めないまま突然終わらせ、そのカギの持ち主が離婚したはずの妻となぜかヨリ戻してるワンシーンを意味もなく見せ、祖父の死んだ息子や孫への気持ちもよくわからないまま「はい終了」とするだけのことはあるタチの悪さである。

(この映画にガマンならないので、あの開いた貸金庫には100億ドルの金塊が遺されていて、それに目がくらんだ元妻が遺産狙いで「やっぱりまた夫婦に戻りましょう」と色目を使ってカギの持ち主の男とモトサヤに持ち込んだに違いないと、いぢわるな解釈してやる。)

相撲の勝ち方で批判を浴びていた白鵬にたとえるならば
「勝てばいい」とばかりに、まっこう勝負に出ず、立会いの変化によって、ふいをつかれた相手を倒すという勝ち方と同じではないか。

この映画は、「はっけよーいのこった!」の声で立ち上がり相手に向かって突進するそぶりを見せて、ひょいと身をかわし、相手を「おっとっと!」って土俵際まで勢いづいたまま行ってしまったその背後から背中をポンと押して「はい、勝ちました」と言っている様な映画ではないか。

どうりで、ゴールデングローブ賞、全米映画俳優組合賞でも かすりもせず、アカデミー賞では作品賞&”しゃべらないオジイチャン”が助演男優賞でノミネートされただけで、オスカーは渡っていない。
9.11、精神障害、謎のカギ、探検・・・なんて、ずうずうしく並べて、いかにも「みんな、感動してくれ!」って感じなところとか、かえって毛嫌いされたのに違いない。

しかも「オスカーをくれ!」といわんばかりに、主人公にオスカーとか名づけている時点で、もうアウト。(実際そのつもりで名づけたかどうかは知らないが)

とにもかくにも、9.11と精神障害の少年という、最強のヒューマン映画臭を漂わせながら、カギという誰もが興味を強く惹かれる思わせぶりなアイテムをチラつかせてきたくせに、カギでまっこう勝負をしてこない、本当に卑怯な物語である。
フィンセントさん [DVD(字幕)] 1点(2017-12-15 13:22:30)(良:3票)★《更新》★
48.ものすごくうるさくて、ありえないほど近いのは、トラウマを引き起こす要因がいたるところに散らばっている「街」そのものではないかと思う。人々の声、交通機関の振動や騒音、異臭や見えないテロリストの気配に満ちた街。それはまた、オスカーが訪ね歩いた人々が住んでいる街であり、ドアマンのスタンが暮らし、自分を愛する祖父母や母が寝起きする街でもある。深刻なトラウマを抱えたアスペルガーの少年にとってストレスだらけの街は、そして大好きな父がかつて住んでいた街だ。愛とは、ものすごくうるさくて、ありえないほど近いもの。少年を包みこむニューヨークは、決して少年を独りにはしない。
tonyさん [インターネット(吹替)] 7点(2017-09-23 00:04:11)
47.9.11と遺族、それだけで内容が想像できて敬遠していましたが、これが案外良かったです。ネタバレすると面白さが7割スポイルされるので、素直な気持ちで鑑賞していただきたい映画です。子供の純粋な気持ちとアスペの感じがよく表現されていて、胸が痛くなります。そして母は強いのです。

できれば後半の説明臭い部分はほとんど端折って、それらを映像で上手に見せてくれたほうがもっと良かったと思います。説明臭いのがチト安っぽくなってしまいました。でも広く皆さんにお勧めできる映画だと思います。子供の気持ちに共感できれば泣けます。
アラジン2014さん [インターネット(字幕)] 6点(2017-04-10 12:35:26)
46.《ネタバレ》 人生思った通りには進まない。そんな現実を突き付けてくる映画。
9.11という敏感な話題を扱いつつも、お涙ちょうだいの偽善めいた薄っぺらい内容ではない。
オスカー少年の演出は本当に見事。彼の胸の内は痛いほど表されていて、自然と鑑賞に熱が入る。
残念ながら、絶望の後に再度絶望はやって来るんだけど、その過程で成長しているオスカー少年を見てたら、最後の最後で明るい希望を感じさせてくれて、さわやかな余韻を残してくれた。
カジノ愛さん [インターネット(字幕)] 8点(2017-03-01 21:02:16)
45.《ネタバレ》 母親の優しさに乾杯!
あずれもさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-12-13 09:05:40)
44.良かった!母親の優しさに泣けました。お爺さんの行動の説明がなかったので少し違和感はありましたが
私には心に沁みる映画でした。
最後のブランコも良かった。
東京ロッキーさん [DVD(吹替)] 8点(2016-11-03 16:24:51)
43.《ネタバレ》 アスペルガーを相手にするには、寛容の心がないと神経が擦り切れる。できれば関わりを持ちたくないのが本音。ただ、そんな息子を持った親の気苦労はどれほどだろうか。
オスカーを愛した父。その父を9.11で失って、父の死を乗り越えられずに、父との思い出にすがって鍵に合う鍵穴を探し続けるオスカー。そのオスカーを気遣って、先回りして根回ししていた母。
ハートウォーミングな話だけれど、少年に魅力を感じないので琴線に触れるまでにはいかない。また、祖父のことや貸金庫の中身が消化不良で、まとまりきれなかった印象が残る。
飛鳥さん [CS・衛星(吹替)] 5点(2016-10-05 23:08:02)
42.《ネタバレ》 とても重たい映画。アスペルガーの兆候がある少年が最愛の父を9.11で亡くし、父の遺品の鍵の謎を探しながら成長していく映画。アスペルガーの少年の苦悩、9.11、1つでも重たいテーマなのに、2つ合わさることで、とんでもなく重たい映画になっている。父が期せずして遺した鍵のおかげで、少年が成長し、母とも気持ちが通じ合い、祖父母が和解するわけだが、よかったねと微笑む気にはなれず、重たい気持ちのまま終わり、もう二度と見たいと思わない映画。
チョコレクターさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2016-09-30 16:59:04)
41.《ネタバレ》  愛する肉親の死と向き合って、それを乗り越えていくまでを描いた成長譚。

 主人公の少年にアスペルガー症候群の兆候があると判明した瞬間、それまでの彼の言動に納得させられた一方で(じゃあ母親が放任主義を取っているのは不自然じゃないか?)との疑念が湧いていたのですが、それを終盤にて吹き飛ばしてくれる脚本が見事でしたね。
 「あのビルにいたのが、ママなら良かった」などの痛烈な台詞が盛り込まれていただけに、最後は母子が和解出来た事に、心底から安堵させられました。

 ナイーブな少年を主役とした映画という事で、何処か既視感のある作風だなと思っていたのですが「リトル・ダンサー」と同じ監督さんだと知って納得。
 エキセントリックな表現が散見される中、作品全体に不思議な上品さが漂っている辺りなんかも共通していましたね。

 上述のように「本当は息子を見放していた訳ではなく、ずっと見守っていたのだ」と分かる母親の件は、凄く良かったのですが、その分、途中で離脱する形となった祖父の扱いには不満も残ります。
 また、ラストシーンに関しても、主人公がブランコから飛ぶ姿で終わるのかと思いきや、父親に言われた通りに「ジャンプはしない」形で終わった点に関しても、どこか興醒めするものがありましたね。
(子役に実際に飛ばせたりしたら危ないので、作中で父親に「飛ぶ必要は無い」と言わせたのではないか?)
 なんていう疑念が頭に浮かんで来てしまい、最後の最後で現実に引き戻されてしまった形。
 勿論、観客である自分の疑い深さが悪いだけなのですが「飛ばなくていい理由」が「危険だから」というのは、如何にも寂しいのですよね。
 それならば父親が飛んでみせる必要は無かったと思うし「飛んだ瞬間、鳥になった気がした」という台詞も不要。
 飛ばずにブランコを漕ぐだけで父親と同じ気分を味わうというエンディングは、中途半端に思えてしまいます。
 主人公がブランコに乗った時点で終わらせるなり、揺れるブランコの音と着地の音だけで飛んでみせた事を表現するなりしてもらった方が、好みだったかも。

 作中で嘘をつく度に回数を数えてみせたり、父親の死を太陽の消失に喩えてみせたりする主人公の姿は、とても良かったですね。
 純真で、それゆえに何処か大袈裟で、他者に理解される事を無意識に拒んでみせているかのような、少年らしい魅力が感じられました。
 世の中には、主演の少女を観賞して愛でる為の映画も存在しますが、それと同じような楽しみ方も出来る映画かと思う次第です。
ゆきさん [DVD(吹替)] 6点(2016-06-23 12:10:41)(良:1票)
40.予想していた物語と、まったく違っていた..人とのコミュニケーションが苦手な主人公 オスカー、大好きだった父(同時多発テロで亡くなる)、関係がぎくしゃくしている母、その中で展開される親子関係を、とても上手く描いた良作..日本人からすると、アメリカだな~って感じる、アメリカの文化が垣間見れる作品...
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 7点(2016-01-20 21:43:17)
39.《ネタバレ》 序盤は重い展開で鍵穴を探す旅までは大きな進展も無くしんどかった。
結局、鍵の穴の中身は重要じゃないってことね。過程の一部。
ただラスト、リンダが母親として見守った愛に感極まるものはあった。
思春期で父親を亡くした情緒不安定の少年にもどかしさはあったものの成長を見受けられましたヨ。
Mighty Guardさん [地上波(字幕)] 7点(2015-10-18 22:34:50)
38.《ネタバレ》 ガキンチョであり大好きな父が急に理不尽に亡くなるという境遇なので
仕方がないかもしれないが主人公の態度にイラッとするシーンが多かったですね。
母親、じいさんが非常にかわいそうでした。
結局貸金庫の中身がなんだったのか非常に気になりましたね。
とむさん [DVD(字幕)] 5点(2015-06-08 00:46:15)
37.《ネタバレ》 全く前知識が無い状態で観たので、9・11が題材になってるとは知りませんでした。かなり重い内容なので観るのをどうしようかと思う程でした、が、カギが出てきたあたりから物語は動きだし、観終わることが出来ました。なんとか最後まで観れたのは、しゃべらないおじいちゃんのおかげかな(笑)。結局のところ鍵穴探しは最初の人(だったよね?)のところだった訳で、かつ、最終的に中身は分からずじまいというなんとも微妙なエンディング。しかし何とも言えない見せるパワーがある作品でゴザイマシタ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-02-25 21:22:01)
36.どこまで見ていってもつまらないのはどうしてなんだろうと考えたのですが、相変わらず全部を書いてしまわないと気が済まないエリック・ロスの脚本と、隠喩や象徴的表現を得意とするダルドリーの控え目な演出が合っていない、というのが根本的な理由なんだろうな、やっぱり。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2014-10-05 02:31:34)
35.《ネタバレ》 不安定な発達障害の子が、鍵を片手に手前勝手な調査を繰り広げているときには、もうこれはどうにも観ていられんと思ったモノです。後半判明する、旅についての母親の裏事情、鍵の行方と第6区のくだりの落とし方で、だいぶホッさせて頂きました。残るは、このあたかも耳元で怒鳴り声が聞こえてくるようなタイトルの意味。主人公の彼にとっての「最悪の日」以降の世の中全般(公共交通機関、閉じこめられる場所など)と捉えましたが、自信がありません。どなたか見解を教えてください。なお、うちの子にも「8分間」を与えたくて、なにやらミステリーを残したくなりましたが、あっさりと諦められたらと思うと切ないです。【追記141010】あ、タイトルは母親のことを言っているのではないかな。ワタシはそう解釈します。父と子と母の物語です。
なたねさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-10-05 01:14:26)
34.《ネタバレ》 9.11で父親を亡くした少年の心の痛みを視聴者に投げかけてきます。個人的には、その辛さの共感を押し付けられているようで、気が滅入りました。父と息子の関係とその思い、少年の苦痛なんて、これを題材にするだけでも心が痛みます。誰しも抱くであろう思いや痛みを題材に、感動のストーリーのように視聴者に押し付けるのは好みではありません。その上、9.11やアスペルガー症候群の少年を題材にするのは、不謹慎というか、反則というか、どのように表現してよいか分かりませんが、気持ちのいいものではありません。どのような感情を抱くとしても、エンターテイメントとしては成立してはいけないものではないかと思いました。
Keytusさん [DVD(吹替)] 4点(2014-08-24 02:23:53)
33.《ネタバレ》 9.11後のアメリカ、そしてアメリカ市民を描いた映画は何本か見ましたが、その中でも本作は好きな映画です。
序盤からずっと見ていて気が滅入りそうになる。ですが、鍵の登場以降、状況が少しずつ動き出します。
オスカー少年と、彼の周りいる祖父、祖母、母親、NYの色んなブラックさん。
大げさに感動をあおる演出や音楽は控えられていますが、静かで優しさにあふれた人間描写がいい。
9.11を忘れることなんて永遠に出来ないだろうし、悲しみが消えることも無い。
しかし少しずつでもいい。少しずつ前を向いていこう。
最後は9.11以降、心に負った傷がそう簡単に癒されるはずもない、アメリカに暮らすごく普通の人々に贈る、優しいエールのようなものを感じました。
一見意味不明なこのタイトルもいい。
たしかに、時にものすごくうるさくもあるけど、ありえないほど近い。
更にもう1つ付け加えさせてもらえればありえないほど優しい存在でもあるのです。
とらやさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2014-06-30 21:43:33)(良:2票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 52人
平均点数 6.25点
011.92%
111.92%
211.92%
311.92%
423.85%
5917.31%
61121.15%
71223.08%
81121.15%
923.85%
1011.92%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.00点 Review2人
2 ストーリー評価 7.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 7.50点 Review4人
4 音楽評価 5.50点 Review2人
5 感泣評価 8.00点 Review3人
chart

【アカデミー賞 情報】

2011年 84回
作品賞 候補(ノミネート) 
助演男優賞マックス・フォン・シドー候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS