僕等がいた 前篇のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ホ行
 > 僕等がいた 前篇の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

僕等がいた 前篇

[ボクラガイタゼンペン]
We Were There: First Love
2012年上映時間:123分
平均点:2.86 / 10(Review 7人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-03-17)
ドラマラブストーリーシリーズもの青春もの漫画の映画化
新規登録(2012-02-14)【にじばぶ】さん
タイトル情報更新(2021-04-20)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督三木孝浩
キャスト生田斗真(男優)矢野元晴
吉高由里子(女優)高橋七美
高岡蒼佑(男優)竹内匡史
本仮屋ユイカ(女優)山本有里
小松彩夏(女優)山本奈々
柄本佑(男優)アツシ
須藤理彩(女優)竹内文香
麻生祐未(女優)矢野庸子
滝裕可里(女優)たかちゃん
緑友利恵(女優)
片山享(男優)
山崎紘菜(女優)
秋月成美(女優)
円城寺あや(女優)
脚本吉田智子
音楽松谷卓
作詞桜井和寿「祈り~涙の軌道」
作曲桜井和寿「祈り~涙の軌道」
編曲小林武史「祈り~涙の軌道」
Mr.Children「祈り~涙の軌道」
主題歌Mr.Children「祈り~涙の軌道」
撮影山田康介
清久素延(スティディカム)
製作市川南〔製作〕
東宝(「僕等がいた」製作委員会)
アスミック・エース(「僕等がいた」製作委員会)
博報堂DYメディアパートナーズ(「僕等がいた」製作委員会)
小学館(「僕等がいた」製作委員会)
ジェイ・ストーム(「僕等がいた」製作委員会)
東宝映画(製作プロダクション)
配給東宝
アスミック・エース
照明川辺隆之
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.吉高由里子の無駄遣い。
こんな平凡なキャラなら吉高じゃなくてもいい。
本仮屋ユイカも無駄遣い。
こんな陰気なキャラだと本仮屋の良さが出ない。
話がつまんないのにキャラの魅力も無いんじゃどうしようもない。
この出来で続編を作るなんて自殺行為だと思うけど、化ける可能性もゼロではないので一応見てみます。
もとやさん [DVD(邦画)] 3点(2023-08-09 15:44:01)
6.《ネタバレ》 前篇は登場人物が高校生ということになっている。ヒロインは美少女ともいえないが、こういう顔の作り自体は嫌いでない(初恋のおねえさんに似ている)。ただ困るのは、ヒロインに男連中を含めた主要人物が全く高校生に見えないことで、かろうじて本仮屋ユイカ嬢はもとが可愛いのでそれらしく見えたが、ほかは特に序盤でギャップが大きいため全部が茶番に見えた。いったい最近の若い役者は何歳まで高校生役をやらなければならないのかと呆れるが、そもそも少女マンガを人気俳優で映画化することに構造的な無理があるのではという気もする。
物語の方は突っ込んでも仕方ないのでただ黙って見ていたが、ひたすら忍耐の2時間だった。しかし苛立つところ、腹立たしいところがそれほど多くなく、無用のストレスが溜まらないのは幸いだったとはいえる。
ちなみに時々だが北海道っぽい風景が見えたのはよかった。本州よりも土地利用が粗放に見える。
かっぱ堰さん [DVD(邦画)] 3点(2017-11-05 17:48:11)
5.こんな内容で前後編に分けないでほしい。兎に角薄ーいカルピスみたいな内容。その癖、もったえぶらせる終わり方。テレビドラマじゃなく、映画を作ってください。
はりねずみさん [DVD(邦画)] 3点(2013-10-27 20:34:56)
4.原作は未読。生田斗真主演で釧路地域が舞台ということで、つい「ハナミズキ」と比較してしまうが、こちらの方は方言指導もほとんど考慮されておらず、登場人物の設定をみても特に道東が舞台である必要が見当たらない。ロケ地としての雰囲気の良さだけでは、釧路在住の私からみても何か物足りない。ストーリーの起伏にも乏しく、後篇と分けてつくるほどの前篇ではなかったように思う。ていうか、さすがにキャストの高校生姿はイタい印象だけが残った。
田吾作さん [DVD(邦画)] 4点(2012-10-17 10:13:30)
3.高橋が、馬鹿で嫌な女にしか見えない。おっさんとおばさんが高校生を演じるというのも無理がありすぎなんじゃなかろか。はっきり言って気持ち悪い。非処女が処女の役ってのも、どうもねぇ。。吉高の演技も下手糞というか、この映画には合っていなくて興ざめだ。髪型のせいなのかブスに見えるし。アニメ版の方は良かったのにな。同じ場面で同じセリフをしゃべるのに、何という違いだろう。本当にがっかりだ。
駆けてゆく雲さん [DVD(邦画)] 1点(2012-09-23 19:43:22)
2.《ネタバレ》 事故で亡くなった恋人のことが吹っ切れない矢野。その苦しみや優しさとかに引かれて、好きになる高橋。この二人に数人が絡んで進んでいく、少し切ないラブストーリー。あまり大きな山場もなく淡泊なドラマに感じた。過去にとらわれず、今を大切に生きることが重要だという言葉は少し共感した。
cas385さん [映画館(邦画)] 5点(2012-04-02 22:56:22)
1.《ネタバレ》 同じ生田斗真出演、同じ釧路地区ロケでありながら、俳優にきちんと方言指導を施し、ロケーションを多彩に展開してみせた『ハナミズキ』の仕事のほうが数段誠実である。

主人公を取り巻く人間関係の展開、男女の距離の見せ方、映画的交通手段のあり方、季節の提示、携帯電話の用法など、様々な観点においてあまりにも演出が貧困でレベルが低い。

特に最初に挙げた二点のいい加減さは、作り手の単なる怠慢に他ならない。

方言は人物の人間味の演出と上京のドラマを語る上で必須の要件だろうし、主演二人の実力からすれば雑作もないことであるのは過去の出演作に明らかでありながら、それを課すことが出来ないのはスタッフよりもキャスト優位の環境ゆえか。それら手抜きの集積によってキャラクターの生活感が失われていく。

説話の効率の悪さも致命的である。

一例だが、生田斗真と吉高由里子が噴水のベンチで語り合うのを、本仮屋ユイカが見ていたというシーン。縦の構図一発で十分に語れるものを、俳優のスケジュールの都合かどうか知らないが、ショットをただただ官僚的に連ねひたすら説明に勤しむ。その繰り返し。
おまけに、使いどころを間違えているとしか思えない劇伴音楽がひたすら耳障りだ。

そうした陳腐で不出来なドラマと、要領の悪い語り口が駅での別れまで延々と続く。
結果、この程度のオハナシが自堕落に引き延ばされ、詐欺のごとく二時間超まで弛緩する。

そして結局、肝心の主演二人の人物像すら満足に描写できていないという体たらくだ。

後篇まで付き合う気は無い。
ユーカラさん [映画館(邦画)] 1点(2012-03-31 23:39:01)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 2.86点
000.00%
1228.57%
200.00%
3342.86%
4114.29%
5114.29%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.00点 Review1人
2 ストーリー評価 2.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 2.00点 Review1人
4 音楽評価 2.00点 Review1人
5 感泣評価 1.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS