コニャックの男のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > コニャックの男
 > (レビュー・クチコミ)

コニャックの男

[コニャックノオトコ]
The Married Couple of the Year Two
(Les mariés de l'an deux)
1971年【仏・伊】 上映時間:98分
平均点:5.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(1971-11-06)
アクションコメディ
新規登録(2012-03-09)【アングロファイル】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジャン・ポール・ラプノー
キャストジャン=ポール・ベルモンド(男優)
マルレーヌ・ジョベール(女優)
ミシェル・オークレール(男優)
サミー・フレイ(男優)
ラウラ・アントネッリ(女優)
ピエール・ブラッスール(男優)
パトリック・ドヴェール (男優)
脚本ジャン・ポール・ラプノー
クロード・ソーテ
音楽ミシェル・ルグラン
撮影クロード・ルノワール
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.フランス人特有の表現なのかジャン・ポール・ラブノーの感性なのか、私には可もなく不可もないコメディでした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-08-04 21:16:53)
1.《ネタバレ》 フランス革命を背景に、ドタバタコメディとロマンスのごった煮みたいな映画。とりあえず、登場人物はみんな手が早い。すぐに殴るは銃を構えるは剣を抜くはで、時代が時代だけに仕方がないのかもしれませんが、とにかく喧嘩っ早い。フランス革命ものとしては、共和派と王党派のどちらもバカみたいなところがあって、皮肉が効いています。ばかばかしい映画として、そこそこ笑えます。話の根幹としてはロマンスがあるのですが、主人公のニコラがなぜあのような行動をとったのか、ちょっと説得力に欠けました。話の展開としては面白いのですが。あと、私が当時のフランス史(ヨーロッパ史)にうといためか、最後のオチがよくわかりませんでした。個人的にベルモンドが好きなのでこの点数ですが、普通ならもう少し低くつけるでしょう。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-06-07 21:24:46)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 5.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5150.00%
6150.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS