Menu
 >
 >
 > 宇宙兄弟

宇宙兄弟

2012年【日】 上映時間:129分
平均点: / 10(Review 47人) (点数分布表示)
ドラマ青春もの漫画の映画化
[ウチュウキョウダイ]
新規登録(2012-04-22)【eureka】さん
タイトル情報更新(2016-03-20)【イニシャルK】さん
公開開始日(2012-05-05
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督森義隆
演出諸鍛冶裕太(アクションコーディネーター)
キャスト小栗旬(男優)南波六太
岡田将生(男優)南波日々人
麻生久美子(女優)伊東せりか
濱田岳(男優)古谷やすし
新井浩文(男優)溝口大和
井上芳雄(男優)真壁ケンジ
塩見三省(男優)福田直人
堤真一(男優)星加正
益岡徹(男優)南波・父
森下愛子(女優)南波・母
吹越満(男優)鶴見徹太郎
堀内敬子(女優)
笠原秀幸(男優)
原作小山宙哉「宇宙兄弟」
脚本大森美香
音楽服部隆之
北原京子(音楽プロデューサー)
撮影栢野直樹
製作市川南〔製作〕
冨木田道臣
東宝(「宇宙兄弟」製作委員会)
講談社(「宇宙兄弟」製作委員会)
電通(「宇宙兄弟」製作委員会)
毎日新聞社(「宇宙兄弟」製作委員会)
配給東宝
特撮尾上克郎(スペシャルエフェクトスーパーバイザー)
美術都築雄二
西尾共未(装飾)
編集宮島竜治
録音白取貢
北田雅也(音響効果)
照明蒔苗友一郎
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
47.原作におんぶにだっこな映画。

それだけならまだしも原作の持つテーマを半分しか使わないで、
なおかつ甘く味付けするというダメな脚本。まあ才能が無いとかではなくて、
そうしなければ映画化できない現状があるということなんでしょう。

原作は夢に向かって最善を尽くすという生き方と
どうあがいてもダメなときはダメ。という科学的な事実の狭間で、
それでも少しでもましな結果を求めていくといういわば極限の戦いを日常的な空気の中で
描いているよく出来た作品であるが、今回は夢に向ってひたむきってステキよね。
程度の安っぽいロマンに包まれた作品である。

それでもこの映画がそこそこの域にとどまれたのはキャストの努力と原作の地力がゆえでしょう。
多分、こういう感じにしろ、とさえいわれなければ脚本ももっと良い物だったのかもしれません。

販売戦略ほど下等なくせに幅を利かせている考えかたってないよね。
病気の犬さん [DVD(邦画)] 5点(2015-12-16 14:20:01)
46.《ネタバレ》 原作未見。スタイリッシュに宇宙航空史の紹介からはじまるところは「おっ」と思わせたのだが、そこが盛り上がりのピークだった。まず前提として「六太が宇宙に行って何をするのか?何ができるのか?」ここをはっきりさせておいて欲しかった。「宇宙への漠然とした、しかし強い憧れ」「兄弟の夢」だけで、あの強引な展開を納得するのは難しい。ムッちゃんを演じる小栗旬はとても良かったのだけど。逆に、ヒビトの岡田将生はどうも表情に険があり、嫌な奴に見えてしまった。そこも物語に没入しきれなかった一因。
また、六太パートと日々人パートにあまり繋がりが感じられず、とくに日々人のアクシデントは映画的な要求からとってつけたようで(2025年にNASAが月で使う車両が崖の存在を検知できないのか?階段を検知すると転回するルンバ以下じゃないか)、激しく萎えた。
ただそれはそれとして、日々人が青く輝く巨大な地球に照らされるシーン。あそこは良かったと思う。あの映像が(何ができるのか不明な六太を宇宙飛行士として選抜する動機とは全く別の話で)「理屈ではない。宇宙は目指すべき場所だ」と語っているように感じた。あの映像でこの映画は(自分の中で)だいぶ救われた。全体として頑張っていた演者にも敬意を払いたい。
C-14219さん [地上波(邦画)] 5点(2015-11-19 10:35:30)
45.《ネタバレ》 最近原作を読み始めて、最新巻まで追いついた状態での鑑賞。原作原作言いたくはないけど、ここでのレビューを見て「宇宙飛行士ってあんなに簡単になれるものなの?」というコメントがちらほらあるのに、やはり憤慨せざるを得ない。原作では長い長い時間をかけて描かれているので、六太がどれだけ苦労して宇宙飛行士になったか、また、宇宙飛行士という肩書を得ても宇宙へ行けない人も多数いるということがほとんど描かれていないのが残念。原作では26巻・連載7年強でようやく月へ行けることになったわけだけど、それまで何度も何度もピンチに陥ってるし、その都度数多くの人々が六太を支えている。だからこそ感動も大きいわけで、それがあのBOXでの試験を終えたらすぐ宇宙へ行っているように見えるこの作品の描写では、「あんなに簡単になれるの?」と勘違いされても仕方がないだろう。上映時間の制限があるのでしょうがないが、それならもっとカットすべき部分はあったはず(特にグリーンカードのところは原作を読んでいなければJAXAの意図や、ケンジの制止の意味などが伝わりにくいだろう。実際は他にも様々なグリーンカードが出ている)。また、月面でピンチに陥った日々人の描写も弱いのですごく残念。本当はもっと過去から兄弟に関わってくる感動的な解決場面があるし、六太の活躍もあった。さらにあの事故によって日々人の宇宙飛行士としての立ち位置も大きく変わってしまうから非常に重要なシーンだというのに。さらに兄弟の心の支えである天文学者のシャロンという存在がバッサリとカットされているのも残念だ(う~んキリがないね)。このテの原作が終わってないタイプの作品を映画にするには色んな問題が出てしまうので、もうちょっと慎重に作って欲しかったと思う。ただ、小栗旬や麻生久美子らキャストはかなり原作に忠実で、そこは雰囲気を損なっていなかった。ロケット発射シーンや月面などでのVFXも頑張っていたと思う。無重力の表現もね。そういう点には、+6差し上げたい。
sora6さん [DVD(邦画)] 6点(2015-09-09 19:38:21)
44. 途中まで面白かったのですが、まとめきれなかった感じです。原作を読んだ人はがっかりでしょうね。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2015-08-18 08:28:42)
43.《ネタバレ》 原作未読です。どこまでホントかわかんないけど、あの「グリーンカード」に何の意味があったんだろうか?わざと仲間割れさせて何とか収めるリーダーシップ能力を見る?ギリギリまで追い込んで、の、プレゼン能力を見る? まぁどちみちイヤラシイことには間違いないけどねw。全体的にさら~~っとした描写が多くて、なんか簡単に宇宙飛行士になれそうな気が(苦笑)もちろん実際はそんなことはないと思うけど。あんまり重すぎる内容もいかんけども、ちょっと軽すぎるのもいかがなものかなぁとも思ったり。まぁそういいつつ夢を持つことは大事!ということはアピールできたように感じましたハイ
Kanameさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2015-03-25 15:06:33)
42.《ネタバレ》 原作未読(と言うより、今読んでいる)。
良くまとめた感じはする。
終盤における月での事故がたった一言のナレーションで終わっちゃいけないでしょう・・・
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 5点(2015-01-17 14:20:27)
41.原作に近づこうと努力は見られるがやはり色々あらが目立つ。やはりムッタはこの人じゃないでしょ。原作の名台詞に助けられた感じ。
とまさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2015-01-12 21:24:06)
40.《ネタバレ》 宇宙飛行士を夢見たことはないけれども、いつの頃からか宇宙飛行士とか医者とか自分の中で選択肢から知らぬ間に無くなっていました。きっと、無意識のうちに無理だと判断してしまったのでしょうね。そんな職業に真っ直ぐに向かって実現する弟はかっこいいし、途中からまた夢を追いかける兄もかっこいいです。夢を見れなかった自分にとっては熱い物語に感じられます。
いっちぃさん [地上波(邦画)] 7点(2015-01-03 21:46:30)
39.日本映画の外人役ってなんであんなに演技が下手なんだろう?ロケットのCGとかすごいのに、月面のシーンはなんか嘘くさい。月の重力感がいまいちだった。が、不思議とJAXAのほうの登場人物はそれぞれなんか個性的でストーリー的には面白かった。日本映画全般にいえることだけど、外人俳優にももう少し金使おうよ。
木村一号さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2014-09-24 13:53:17)
38.《ネタバレ》 原作前半の駆け足ダイジェストに原作では描かれていない最終エンドを無理やり挿入した、といった感じでした。極力減らした登場人物の書き込みも簡略化されてしまい、深みがなく記号のようになってしまったのは残念。特に主人公なのに関わらず日々人の描写があまりに薄くないでしょうか。小栗旬は六太を演じるにはカッコ良すぎ(笑)。総じて早すぎた実写映画化作品だと思います。
ライヒマンさん [地上波(邦画)] 5点(2014-08-10 14:14:41)
37.ま、日頃「宇宙」なんて気にしたこともないんだけど考えてみればはるか雲の上の空気も無いような世界に人間が行くんだもんね~こりゃロマンがあるよ。
イサオマンさん [地上波(邦画)] 5点(2014-05-06 00:05:58)
36.《ネタバレ》 たまたま原作を見たことがあったので、エピソードひとつひとつのあっさり感はそんなに気にならなかったです。
そもそも映画化されるほどおもろいか?って気はしましたが、漫画の映画化としてはよく出来てたのではないでしょうか。
小栗くん良かったですよ。
ろにまささん [地上波(邦画)] 5点(2014-04-29 09:48:05)
35.《ネタバレ》 原作未読。宇宙好きじゃないとあまり入り込めないのかなー、と思いながらダラダラと観ていましたが、最後の数分はなんだか感動的でした。岡田将生似の子役はよく見つけたな。
なこちんさん [地上波(邦画)] 5点(2014-04-27 01:45:07)
34.《ネタバレ》 全体的に退屈はしなかったので悪くはないが、
やはり前半の日々人の出発シーンがピークで後半の暗めの展開がなぁ。
なんとか良い感じへ繋げていこうとはしてみたものの、
キャストが意外に良くて、エピソードとしての地味さが目立ってしまったように思う。
原作やアニメは見てないので、
そちらの方へ目を通してみようかという気にはなったので、
まぁまぁの出来であった思います。
バニーボーイさん [地上波(邦画)] 6点(2014-04-20 21:03:52)
33.アニメの方を先に見ているので、どうしてもそれと比較しての見劣り感が否めない。細切れのエピソードを繋ぎ合わせて駆け足で見せたって感じの映画。
宇宙飛行士を題材にしてはいるが、サイエンスの面白さはあまり無くて、もっぱらヒューマンドラマが中心。少年時代の夢を追いかける中年男に自分を投影できる人は面白さを感じるかもしれない。
もんでんどんさん [地上波(邦画)] 4点(2014-04-10 13:24:31)
32.《ネタバレ》 前半が良かっただけに、後半は非常に残念でならなかった。
後半はJAXAの宣伝PVの色を強く感じた。また日々人の月面シーンも長い。ムダに長い。私の中でこの映画のクライマックスは、
日々人が宇宙船に乗り込む寸前『むっちゃんは宇宙に来ないの?』と挑発し、六太が『行ってやるよ。お前は先に行って下見してこい』言い返すシーンだろう。このやりとりに熱くほとばしるものを感じた。まぁ落ちは六太の「ちなみにガスの元栓は俺が閉めといたぞ!」という事になるが。後半の失速感を除けばそんなに悪くはないと感じた。
hibari_21stさん [地上波(邦画)] 6点(2014-04-02 12:52:40)
31.思ったほど、ひどくなかった..
コナンが一番さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2014-03-29 14:15:46)
30.原作未読だが、もうちょっとシリアスに描いたほうがいいんじゃないかなあ。兄弟の確執とか訓練仲間の反目とか。ノー天気な子供向けの漫画なら仕方ないけど。あと、キャスティングもイマイチ。小栗旬はいいとして、岡田君の演技は浮いてたな。 子役はよかったけど。
東京50km圏道路地図さん [地上波(邦画)] 4点(2014-03-18 10:18:01)
29.不覚にも(笑)ないてしまったのですが、外人の下手な演技にちょっとひいてしまった。チャド・マレーンも最後にかり出されていましたね。
HRM36さん [地上波(邦画)] 6点(2014-03-17 09:51:05)
28.《ネタバレ》 地味だが心にグッと来るエピソードが多い原作。
それを映画にする難しさがあると思う。
映画化の話を聞いた時は、正直「もう?」と思った。
もっと原作の連載が進んでから重要イベントを厳選して脚本に
したら?と御節介気味に心配した。時間制限があるから、
残念だが3次元アリやシャロンの事までは、含まれない。
せりかさんの動機もサラっと台詞だけ。それより、描かれたのは閉鎖空間の緑カード。
そこ、大事か?。「宇宙の話をしよう」のエピソードを、あの形で入れて来るのは、
映画ならではの工夫だと思うけど、ちょっと無理がある。
原作通り「宇宙進出なんて」の批判に対するムッタの回答として描いた方が
良かったのでは?。野口さん本人にも、出て貰ったら良かったのに。
映像化して欲しい(子ども達に見せたい)のは、そっちなんだがな。
原作に忠実だったのは、子役の二人。素晴らしい。
小栗さんは、ムッタを演じるには、元がカッコ良過ぎ…かな?。
オープニング映像、センス良過ぎ!。担当、誰?。
地上に並ぶ広大な発射場の空撮と走ってる麻生さんが美しかった。
じょるるさん [地上波(邦画)] 5点(2014-03-17 02:25:06)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 47人
平均点数 5.77点
000.00%
100.00%
200.00%
312.13%
4612.77%
51429.79%
61225.53%
71123.40%
824.26%
912.13%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.80点 Review5人
2 ストーリー評価 5.85点 Review7人
3 鑑賞後の後味 6.14点 Review7人
4 音楽評価 6.33点 Review6人
5 感泣評価 4.60点 Review5人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS