DOG×POLICE 純白の絆のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > DOG×POLICE 純白の絆
 > (レビュー・クチコミ)

DOG×POLICE 純白の絆

[ドッグポリスジュンパクノキズナ]
2011年【日】 上映時間:104分
平均点:3.86 / 10(Review 7人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-10-11)
アクションサスペンス刑事もの動物もの
新規登録(2012-05-07)【あきぴー@武蔵国】さん
タイトル情報更新(2019-08-17)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャスト市原隼人(男優)早川勇作
戸田恵梨香(女優)水野夏希
村上淳(男優)竹清悟
カンニング竹山(男優)西村孝
阿部進之介(男優)永井孝介
矢島健一(男優)村岡総一郎
堀部圭亮(男優)田尻泰治
小林且弥(男優)鈴木博之
本田博太郎(男優)佐久間警備局長
相島一之(男優)近藤篤史
きたろう(男優)有吉宗太郎
伊武雅刀(男優)斉藤均
若葉竜也(男優)久坂亨
松重豊(男優)大塚直樹
時任三郎(男優)向井寛
神尾佑(男優)佐々木
豊崎愛生宙音ミク
脚本大石哲也
音楽佐藤直紀
撮影斉藤幸一
製作市川南〔製作〕
東宝(「DOG×POLICE」FILM PARTNERS)
日本テレビ(「DOG×POLICE」FILM PARTNERS)
企画日本テレビ(企画・製作)
プロデューサー奥田誠治(エグゼクティブプロデューサー)
配給東宝
照明豊見山明長
動物
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.冒頭の爆発シーンにはその後の展開を期待させる映像の凄味があったのですが、市原君が仮死状態の子犬を励ますあたりから、、、怪しい雲行きになり、、、でした。カメラワークは決して嫌いではなかったのですがね、脚本でしょうかね。残念です。
movie海馬さん [地上波(邦画)] 4点(2013-06-17 15:44:06)
6.《ネタバレ》 確かに、主人公は単独プレイで行動していたのが「チームにそういう奴はいらない」ということで犬屋に飛ばされたのに、終盤はやっぱり単独プレイで行動して死ぬ寸前までいって、しかも夏希までやはり単独で助けに行く展開には違和感がありました。もしかして、犬というパートナーがいたから単独じゃないよって言いたいのだろうか。時限爆弾を間一髪処理して助かる展開は割とハラハラして良かったけど、そもそもあの犯人、なんでブリーフ一丁なん?(笑)。シロと心打ち溶けて仲良くなっていく過程の描写がもっと欲しかったな。
あろえりーなさん [地上波(邦画)] 5点(2013-02-27 00:16:39)
5.《ネタバレ》 とりあえず犯人の能力が凄い。
爆発物の制作能力に加えて、ハッキングを仕掛けて逆探知させないというサイバー犯罪の能力も併せ持ち、しかもパンツ一丁。
そして、全速力で逃走しても息切れしないという超人的なスタミナの持ち主。
恐らくスタミナだけじゃなくスピードもかなりのもので、わんこに追い掛けられても逃げ切れるくらいの速度で走れる。
そんな完璧超人に対抗するわんこの能力は鼻が利くというだけ。
それでも最後はわんこが勝ってしまうんだから、嗅覚の大切さを思い知らされる。
あと、どうでもいいことだけど、肝心のストーリーはつまんない。
もとやさん [地上波(邦画)] 3点(2013-02-23 15:31:50)
4.《ネタバレ》 わんこ! 今日は猫の日だけど、わんこが頑張った。
シナリオの破綻とか、主人公の犬に対する始動と自分の行動との自己矛盾とかいろいろあるけれど、まあ、犬の演技を評価したい。最後はどうしてもあんな状況から生還できると思えなかったんだけれどね。その前に無線で連絡しろよ。肩にあるだろ。
オオカミさん [地上波(邦画)] 5点(2013-02-22 22:58:21)
3.《ネタバレ》 いや、あの状況なら早川君は少なくとも背中黒こげだよね。少なくとも後頭部チリチリだよね。つーか・・・なんだろ。お子様向け?シロが一生懸命走ったし、ホワイトシェパードって初めて見たので☆☆☆
MILAさん [地上波(邦画)] 3点(2013-02-22 22:56:14)
2.《ネタバレ》 映画を見続けた人を最後に裏切るような脚本を書いてはいけないと思うのですね。この映画で主人公はスタンドプレイを戒められ、チームでの協力こそが大切ですよ、っていうメッセージを描いてゆく訳なのですが、クライマックスに至って主人公は何も学ばなかったかのようにスタンドプレイに走り、更には主人公を戒める側に居た筈のヒロインまでもがスタンドプレイに走り、結果として二人でデンジャラスな状態に陥るという。ついでにチームもそのスタンドプレイを認識しながら全員爆発物のみに集中しちゃって二人を放置して(そもそもあの状況で何故放置してる?)事態を大きくしてるし。途中で脚本家が交代したとか訳判らなくなったとか、もう最後にそれまでのメッセージ全否定。人間みんなバカで犬だけがおりこうさんでした、ってそんなオチを付けてどうすんの。テレビドラマ的な、ありきたりな物語ながら(マヌケなシチュエーションもいっぱいながら)ダレる事もなくそれなりに見られる映画だと思っていたものが、最後でメチャクチャな事になってしまって唖然呆然。つーか市原くんってキャラいつも一緒だよね・・・。
あにやん‍🌈さん [映画館(邦画)] 3点(2012-05-08 20:45:58)
1.べたなストーリー展開、べたなキャスティングであり、面白味に欠けるとも言えるし、安心して観ていられるとも言える。
ただし、爆弾犯の行動が支離滅裂であり、何をやりたいのかさっぱりわからないところがダメなところ。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 4点(2012-05-08 16:05:41)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 3.86点
000.00%
100.00%
200.00%
3342.86%
4228.57%
5228.57%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 3.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS