ベティ・サイズモアのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヘ行
 > ベティ・サイズモア
 > (レビュー・クチコミ)

ベティ・サイズモア

[ベティサイズモア]
Nurse Betty
ビデオタイトル : ベティ・サイズモア
2000年【米】 上映時間:112分
平均点:6.30 / 10(Review 87人) (点数分布表示)
公開開始日(2001-05-12)
サスペンスコメディロマンスロードムービー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2012-11-03)【M・R・サイケデリコン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ニール・ラビュート
キャストモーガン・フリーマン(男優)チャーリー
レネー・ゼルウィガー(女優)ベティ・サイズモア
クリス・ロック(男優)ウェズリー
グレッグ・キニア(男優)デヴィッド・ラヴェル医師/ジョージ・マコード
アーロン・エッカート(男優)デル・サイズモア
クリスピン・グローバー(男優)ロイ・オストレイ
プルート・テイラー・ヴィンス(男優)バラード
エリザベス・ミッチェル〔女優・1970年生〕(女優)クロエ・ジェンセン
アリソン・ジャネイ(女優)ライラ・ブランチ
キャスリーン・ウィルホイト(女優)スー・アン・ロジャーズ
スーザン・バーンズ[女優](女優)ダーリーン
スティーヴン・カルプ(男優)友達2
佐藤しのぶ【声優】ベティ・サイズモア(日本語吹き替え版)
菅生隆之チャーリー(日本語吹き替え版)
家中宏デヴィッド・ラヴェル医師/ジョージ・マコード(日本語吹き替え版)
檀臣幸ウェズリー(日本語吹き替え版)
原作ジョン・C・リチャーズ(原案)
脚本ジョン・C・リチャーズ
音楽ロルフ・ケント
撮影ジャン=イヴ・エスコフィエ
製作スティーヴ・ゴリン
製作総指揮モリッツ・ボーマン
配給UIP
字幕翻訳戸田奈津子
スタントジャック・ギル[スタント]
J・アーミン・ガルザ二世(カメラ・カー[ノンクレジット])
あらすじ
お昼の連続メロドラマ『愛のすべて』の大ファンであるウェイトレスのベティ。ある日、麻薬取引で裏切った夫が殺し屋2人に殺されるのを目撃し、そのショックから理想と現実がごっちゃになってしまう。ドラマの主人公、一流の心臓外科医のデヴィッド(現実は俳優のジョージ)との愛を貫くべく、彼女は看護婦として彼に会いに行く。一方、殺し屋たちも目撃者を始末するべく、その跡を追う…。カンヌ国際映画祭最優秀脚本賞のサスペンス・コメディ。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
87.レネーの魅力がとてもよく出ている1本です。
僕にとって、レネーは苦手な女優さんの1人ではあるのですが、本作のようなほんわかした天然系キャラがよく似合うと思います。
本作はそんな天然系キャラの主人公が巻き起こす騒動を軸にしながら、サスペンスとしてはユルいですが女性映画的な要素も巧く絡められています。
他のレネーの出演作でも感じることですが、演じる役のその時々の感情を言葉で吐露するよりも、
表情で全てを物語るかのような彼女の演技は本作でも素晴らしい。
モーガン・フリーマンとクリス・ロックの2人はお笑い担当としていい作品のアクセントに。
この2人がいなかったらもうちょっと面白味に欠ける映画になっていたかもしれません。
とらやさん [DVD(字幕)] 6点(2014-05-15 21:28:10)
86.《ネタバレ》 二次元の愛とショックのせいで現実と虚構の区別がつかない女性と、そこにロマンチックな殺し屋が絡んで、観てる方も頭が変になっていきそうなカワイイ映画。レニーセルヴィッガーは遅咲きの女優で、可愛い目にそばかす、タラコ唇とくれば、男なら誰だって胸がキュンとくる。「エンパイアレコード」で酷い役で出てたけど、若い頃にもっといい役で青春映画に出させてあげたかったなぁ。このような虚構の中での役柄を魅力的なヒロインのために、「現実」の中でも演じる、なんてストーリーは古くは「サボテンブラザーズ」、ちょっと前では日本のドラマだけど「合い言葉は勇気」とかあるけど、案外テレビや映画の現場では皆、思いつく素材なのかもしれないですね。深読みかもしれないけど、「悪」役の殺し屋とドラマ脚本家の女性の目つきが同じようだったのが、何かを意図(つまり物語を創る人間も「悪」だってこと)してたら・・・う~ん(笑)
トントさん [DVD(字幕)] 7点(2013-06-07 04:33:21)
85.レネー・ゼルウィガー、この決して真っ当な美女ではない女優が何故にハリウッドで大成したのか。あまり彼女の出演映画を観ていなかった自分にとっては少々疑問だった。しかし、その“理由”がこの映画には溢れている。
プロットとキャラクターの人物設定だけを読めば、あまりに“イタ過ぎる”主人公を、この主演女優はとても愛らしく魅力的に体現し、息づかせている。

主人公の言動は、身も蓋もない言い方をしてしまえば、あまりのことに精神を病みイタイ暴走をしてしまっているに過ぎない。
普通に考えればドン引きしてしまいそうな言動なのだけれど、そうなってしまった理由はどうであれ、自分の“望み”に対して真っすぐに突き進む彼女の姿は、とても魅力的に触れ合っていく人々を虜にしていく。
口封じのために彼女を追跡していたモーガン・フリーマン同様に、気がつけば観ている自分も彼女に恋をしてしまっていた。

主題歌の「ケセラセラ」が表すように、人生はなるようになる。
ただそのためには、「自分」という人間を他の誰でもない自分自身が認めることが出来なければならない。
人間の弱さや脆さに裏打ちされた確かな“強さ”。この映画には、愛すべきコメディの中にそういった人間の根底にある「価値」がしっかりと存在していた。


映画には様々なジャンルがあり、それぞれに様々な感情が盛り込まれるが、唯一“コメディ”というジャンルが、その一つの中にあらゆる映画的感情を盛り込めるものであるということを、この映画は証明している。素晴らしい。
鉄腕麗人さん [DVD(字幕)] 8点(2012-04-28 02:10:53)
84.痛すぎる女の話。映画だからなんとなく上手く終わっていくが、実際なら怖い。頭のイカれたストーカーと思われても全く不思議じゃない。ストーリー的にもいまいち感が強かった。とりあえず、レニー・ゼルウィガーの存在と全体的な雰囲気でなんとかもっていた作品だと思う。
スワローマンさん [DVD(字幕)] 3点(2011-12-24 21:37:17)
83.何だか訳のわからない映画だったね。一応コメディー作品なのかな?
サスペンス性は、ほとんどなかったと思うんだけどね。
ヒロインのレニー・ゼルウィガーは相変わらずかわいいんだけど、
現実と虚構の世界がごっちゃまぜという設定の妙味が笑いに直結しておらず、
ストーリー自体も全然面白くなかった。あくまで役者と作品の雰囲気だけを鑑賞するような映画。
MAHITOさん [映画館(字幕)] 2点(2011-08-12 09:07:23)
82.《ネタバレ》 これってコメディなんですかね?いきなり頭の皮はぎですからびっくり仰天でした。でも意外とこのシーンのモーガン・フリーマンは笑えるんですよね。アーロン・エッカートに向かって『パルプ・フィクション』のサミュエル・L・ジャクソンみたいにわけのわからない能書きを垂れてカッコつけてる最中にいきなりクリス・ロックが凶行に及ぶところなんか、この映画で唯一笑わしていただいたところかも。良く言えば予想のつかない展開と言うことなんでしょうが、結局なにがこの映画は言いたかったのか判らんというのが私の感想です。あんまり喋らないクリス・ロックが意外といい味出してたので、プラス一点。
S&Sさん [DVD(字幕)] 4点(2011-02-21 23:05:40)
81.《ネタバレ》 かわいい一作、B級の部類に入る。実話ものの類に入っていたのでびっくり。
HRM36さん [DVD(字幕)] 6点(2009-07-21 15:10:40)
80.アイドル映画なのでレネー・ゼルウィガーの可愛らしさを楽しめればいいと思います。完全なる天然系の不思議なキャラクターが痛すぎます。モーガン・フリーマンのかなりの勘違いっぷりも楽しいです。あの妄想は一体どこから…。殺害シーンが、なぜかグロテスクです。あれは過剰だと思います。苦手な方は、そこだけ眼をつぶってもらうといいと思います。レネー・ゼルウィガーの金髪がいいですね。多分染めているのかな、と思いますが、似合ってます。
色鉛筆さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2008-11-20 07:21:15)
79.私はブリジット・ジョーンズの宣伝でレネー・ゼルウィガーを見て、ポスター一杯のアップにするほど美人ではないだろーと感じていたのですが、この映画で初めて彼女の演技を見て、かわいいかもと思いました。ということは演技がなかなかということなのでしょう。オスカー取るのもうなずける気がします。 でも主演なのに、何故このページのキャスト欄の一番上に載ってないんですかね? あと、ウェズリーがベティを「痩せている」とけなすんですが、私にはそう見えないので違和感を感じました。アメリカ標準と比べると、ということなのかなあ?
くろゆりさん [地上波(字幕)] 6点(2007-11-07 06:34:08)
78.これは痛い。主人公からキャスティングからストーリー、字幕担当者にいたるまでまでいろんな意味で痛い。
Arufuさん [DVD(字幕)] 5点(2007-04-13 17:09:35)
77.ドラマの世界と現実がゴッチャになってしまうという脚本の着想が面白い、と思いました。レニーは、こういうキャラの役、向いてますね。イッちゃってる時のベティ、可愛かったよぉ。コメディだと思って見てたら、いきなり頭の皮剥ぎなんだもん、ビックリしたよぉ。
すねこすりさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-01-15 21:09:52)
76.韓流の日本にもこんな人が結構いたんじゃないでしょうか
マーガレット81さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2007-01-14 15:31:51)
75.《ネタバレ》 書くことをいろいろ考えましたが、結論を言うとモーガン・フリーマンは妄想しすぎです
さそりタイガーさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2006-11-11 23:06:45)
74.原題の「看護師ベティ」のほうがすごみがあっていいのになぁ。サイズモアって、サイズが増えて、太っていく話かと誤解してました。先の読めない、独創的な脚本にカンヌ脚本賞も納得。いっちゃってるレニーの演技もとてもよかった。「シカゴ」みたいなのはどうかと思ったけど、こういう田舎娘の役に彼女はぴったりだなー。
小原一馬さん [地上波(字幕)] 8点(2006-10-24 10:37:17)
73.思い込むのは自由(相手も自分を好きだと)。行動するのも自由(「好きだと」告白する)。相手を困らせた時点でストーカー(・・・)。にっにくめねぇベティ
tetsu78さん [ビデオ(字幕)] 6点(2006-01-30 00:18:20)
72.最初の夫殺しの残虐さにびっくり。。そのあとも怖いのかとびくびくしてましたが、そのあとはほのぼの?した感じでかわいらしささえ感じました。ベティさんのなった解離については色々知っていましたが、こんなにひどくなるんだなぁって驚き!しかも、昼ドラとのコラボかよ~ってちょっぴりつっこんでしまいました。
キャラメルりんごさん [地上波(字幕)] 6点(2005-08-02 13:35:53)
71.《ネタバレ》 旦那が殺されるシーン、なんでわざわざあんなに残虐にしたのでしょう?DVDに入っている未公開シーンも見ましたが、その他にも残虐なシーンを結構削ったみたいだし、ちょっぴり後味悪くなってしまった。。レネーの可愛さを引き立てた、不思議テイストのコメディというストーリーのみにしてほしかったので1点マイナス。
カルーアさん [DVD(字幕)] 6点(2005-07-11 20:59:42)
70.ほのぼのとしててイイですね~~全体の雰囲気がゆるくて、モーガンとクリス・ロックを使う意味はないですが…思い込みもここまで行くとチャンスになるんですかね~~(笑)
レスマッキャン・KSKさん [地上波(字幕)] 6点(2005-06-26 07:34:39)
69.話はそれほど面白いとは思わなかったけど、
レニー・ゼルウィガーがやたらかわいいので、
それだけで最後まで見られた感じ。
もしかしたら、駄作なのかも知れないけど、
彼女の笑顔に6点あげます。
もとやさん [地上波(字幕)] 6点(2005-06-25 06:43:51)
68.デヴィットに初めて会った時のレニーの嬉しそうな顔。素晴らしい演技でした。
ケンジさん 6点(2004-12-30 11:21:19)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 87人
平均点数 6.30点
000.00%
100.00%
222.30%
333.45%
433.45%
51517.24%
62225.29%
72528.74%
81213.79%
955.75%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.33点 Review6人
2 ストーリー評価 4.85点 Review7人
3 鑑賞後の後味 5.57点 Review7人
4 音楽評価 5.40点 Review5人
5 感泣評価 2.00点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS