メン・イン・ブラック3のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > メ行
 > メン・イン・ブラック3
 > (レビュー・クチコミ)

メン・イン・ブラック3

[メンインブラックスリー]
Men in Black III/Men in Black 3
2012年【米】 上映時間:108分
平均点:6.17 / 10(Review 54人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-05-25)
アクションSFコメディシリーズもの漫画の映画化3D映画
新規登録(2012-05-24)【M・R・サイケデリコン】さん
タイトル情報更新(2022-04-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督バリー・ソネンフェルド
助監督ダグ・コールマン(第二班監督)
サイモン・クレイン(第二班監督)
演出ダグ・コールマン(スタント・コーディネーター)
サイモン・クレイン(スタント・コーディネーター)
鍛治谷功(日本語吹き替え版)
キャストウィル・スミス(男優)エージェントJ
トミー・リー・ジョーンズ(男優)エージェントK
ジョシュ・ブローリン(男優)若き日のエージェントK
エマ・トンプソン(女優)エージェントO
デヴィッド・ラッシュ(男優)エージェントX
ビル・ヘイダー(男優)アンディ・ウォーホール
リック・ベイカー[メイク](男優)エイリアンの脳
バリー・ソネンフェルド(男優)発射を見ている夫
アリス・イヴ(女優)若き日のエージェントO
マイケル・スタールバーグ(男優)グリフィン
ティム・バートン(男優)(ノンクレジット)
江原正士エージェントJ(日本語吹き替え版)
谷口節エージェントK/若き日のエージェントK(日本語吹き替え版)
高島雅羅エージェントO(日本語吹き替え版)
三ツ矢雄二グリフィン(日本語吹き替え版)
中田譲治ボリス(日本語吹き替え版)
糸博エージェントX(日本語吹き替え版)
東條加那子(日本語吹き替え版)
岩崎ひろし(日本語吹き替え版)
魚建(日本語吹き替え版)
津田健次郎(日本語吹き替え版)
江川央生(日本語吹き替え版)
釘宮理恵(日本語吹き替え版)
浦山迅(日本語吹き替え版)
間宮康弘(日本語吹き替え版)
脚本デヴィッド・コープ
ジェフ・ナサンソン
イータン・コーエン
音楽ダニー・エルフマン
編曲スティーヴ・バーテック(編曲スーパーバイザー)
撮影ビル・ポープ
イゴール・メグリック(第二班撮影監督)
製作ウォルター・F・パークス
ローリー・マクドナルド
製作総指揮G・マック・ブラウン
スティーヴン・スピルバーグ
配給東宝東和
特殊メイクバート・ミクソン
特撮ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス(視覚効果)
ピクセル・マジック社(視覚効果)
美術ボー・ウェルチ(プロダクション・デザイン)
ケヴィン・イシオカ(美術監督)
衣装メアリー・E・ヴォクト
編集ウェイン・ワーマン
ドン・ジマーマン
録音ポール・N・J・オットソン
トム・フライシュマン
字幕翻訳戸田奈津子
日本語翻訳松崎広幸
スタントリック・エイヴリー
エリザ・コールマン
その他ピート・アンソニー(指揮)
あらすじ
宇宙刑務所に、極悪宇宙人が収監されています。左腕がなく、身体中拘束されています、それは昔、ミスターKが捉えたのです、物語は、この宇宙人、Mr.k、そして、kの同僚、ウイルスミス、この3人が、面白いことをしてくれますよ、是非ご覧になってください。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
54.《ネタバレ》 『2』が個人的にイマイチだったので本作『3』は長らくスルーしていたのですが、最新作『インターナショナル』鑑賞を機に遅れ馳せながら観てみることに。いやはや、こんなに面白いとは全くもって予想しておりませんでした。某三谷幸喜監督は新作が出る度に『最高傑作!』なる誇大広告が出されますが(失礼)、本作こそ掛け値なしのシリーズ最高傑作で間違いないでしょう。『タイムトラベルもの』としても相当に優秀です。そうくるか、こんな使い方があるのか、ここに繋がるのかと感心することしきり。切なくも心温まる納得感ある結末こそタイムトラベル映画の大正義と考えます。MIBテクノロジー進化の過程をみるのも面白かったなあ。それにしても若き日のエージェントKを演じたジョシュ・ブローリンのキャスティングは神業レベルでした。こんなハマり役見たことないです。もっともエージェントOの方は脳内補正が必要な並業キャスティングであり「歳月は女性を大いに変える」というメッセージが込められているのだとしたら、誰かに少し怒られたらよいでしょう。それが真実だとしても。
目隠シストさん [インターネット(吹替)] 9点(2022-05-04 21:28:20)★《新規》★
53.《ネタバレ》 宇宙もの一筋だった『メンインブラック』シリーズに、ついにタイムマシーン要素が。007とドラえもんを足し合わせたような感覚。少し気になったのが、一作目までは地球に住むエイリアンたちにも人権(と言っていいのか?)のようなものがあって、エージェントたちは彼らの多様性を認めつつ共存しようと言うむしろ令和の今っぽい人間意識を感じたのですが、三作目の今回はエイリアンと見るや瞬殺してしまって、そういう意味でなんだか軽い映画になっているように感じました。一作目では殺されたのは地球に害をなすゴキブリエイリアンとゴキブリだけだったのに…。
あとタイムトラベルして時代が変わったからなんでしょうが、黒人だから、的なあの差別の空気感は私のような日本人にはピンと来ませんね。あーあの時代はそうだよねー、とはならない。世界に配信されるSF大作といえどそこはアメリカ映画ということですね。

Kの若かりし姿をした俳優、よく見つけましたね。Tommy Lee Jonesさんに若作りの特殊メイクでもしているのかと思った。あそこまで体格や顔の作りの条件がバチっと合うもんなんですね。
もはやベテランとなったJも風格のようなものを漂わせながらしかし生まれ持った軽快なテンポは忘れない良さがありました。

キャラクターには魅力、ストーリーには少しの違和感を感じつつ、『メンインブラック』シリーズとして楽しめたと思います。
TANTOさん [インターネット(字幕)] 6点(2022-02-06 10:08:25)
52.《ネタバレ》 前作があまりに雑だったから今回は丁寧に作った。結果時間も伸びた。とにかく台詞が長い。だからテンポが悪い。そして最初から最後まで話の核となる悪役、一生懸命悪く魅力的に描こうとはしてるけど、しょせんお話の都合で作られたワルモノだからやっぱり観終わると存在感が薄く感じられる。

1969年の再現は素晴らしい。ディテールは良いんだよ。そこだけ一生懸命描きたかったんならそれでもいい。でもね、真面目に作れば作るほどあらわになってくる問題がある。

それは「エイリアン」という存在。変で訳わかんなくてふざけてて凶暴でいいヤツもいて面白くて特殊な能力ある奴もいて・・・それ、お前らの差別意識丸出しじゃない?

この問題は1作目には感じなかったことで、それは1作目は「自虐」に満ちていたし異なる文化へのリスペクトもちゃんとあったからだ。しかし今作ではそれが単なる「超常能力」にすり替わっている。

ここにここまで引っかかるのは「1969年は黒人にとって辛い時代」というのが最初に提示されるからだ。しかしウィル・スミスが理不尽な目に合うのは最初の1回だけ。そのあとはひたすら映画の方から1969年のアメリカの言い訳を取り繕ってくる。

結局真面目に振ったらどこまでも突き詰めないといけなくなる。バカコメディに時代考証と感動だけ接ぎ木しようとしてもだめ。この映画は色々と魅力があって楽しめて感動もできるが、肝心な核が足りなかった。結局そこまでの技量がなかったんだろう。
tubirdさん [インターネット(字幕)] 5点(2021-11-15 22:49:23)
51.《ネタバレ》 シリーズの中では一番面白い作品

アクションは相変わらずひどく、わざとらしいモタモタが続きます
細かい設定を気にしてはいけないのは変わらないが、今作はストーリーがまだあります

前作に比べると娯楽映画としてのポジションにまではギリギリ戻れた
かなという感じです
メメント66さん [インターネット(字幕)] 6点(2021-10-11 01:31:04)
50.なんの工夫もなかった2よりずっと面白い。ちゃんとした娯楽作です。起承転結をきちんとやっているシナリオが良いですし、敵役のエイリアンがきっちりと凶悪で気色悪いのもよろしい。タイムワープという荒業も‶ネタ切れの挙句の苦し紛れ”に留まらない説得力を持ちました。
全然年を取らないウィル・スミスの安定したはっちゃけぶりも常連客を安心させます。わたしはトミー・リー・ジョーンズが好きなのでジョシュ・ブローリン版のKがメインなのがちょっと残念でした。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2021-07-10 23:40:13)
49.《ネタバレ》  タイムパラドックスってなにー?整合性ってなにー?みたいな細かいことは全部抜き。このノリを楽しみましょうってスタンスは好き。ここまで適当な設定だったら逆に清々しいです。おかげさまでお気楽に楽しむことができました。
 ノリ良し。テンポ良し。ギミック良し。キャラ良し。トーク良し。ヴィジュアル良し。どれをとってもエンターテイメントになっていて楽しい。
 1作目は衝撃的な面白さで、それには敵いませんが、これはこれで全然イケてます。
 最後の最後でまさかの感動エピソード。これは嬉しいサプライズ。まさかこのシリーズでほろりとさせられるとは思いませんでした。なんというか、ギャップにしてやられた感じです。KとOがJに真相を話せなかった理由。それはJを思いやってのことだったのですね。ですがKとOがくっつかなかった理由にはなっていない気がするのですが。なんか見落としてんのかな?
 アニマル・ボリスは良いキャラでしたが、ちょっと引き出しが少なかったですね。
 登場シーンはインパクトあって良かったのですが、そこで全部の引き出し出しちゃって、他になんかほしかったかもです。個人的にはやや期待はずれキャラでした。
 でもそんなとこも含めて、総合的に見ても良くできたエンターテイメントムービーだと思います。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2020-11-29 18:46:20)
48.《ネタバレ》 必要性は感じないですが、タイムトラベル要素を絡めてきました。それがうまくハマって上手に消化できてるように感じます。ロケット発射直後のKとJには意表を突かれ、一気にテンション上がりました。好きなシリーズです。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-05-06 02:38:22)(良:1票)
47.1作目、2作目とワクワクさせて楽しませてくれたので少し期待していました。面白くは見れたけど、それだけという感じです。
最初のうちは面白かったけど、後半に行くつれてはちゃめちゃ感が減ったような気がします。
omutさん [DVD(字幕)] 5点(2019-11-23 23:08:05)
46.あれ、このシリーズって、こんなにつまんなかったっけ?そもそも、このコンビとタイムトラベル&タイムパラドックスって、全然合ってないように思うんですが。肝心の入口の障壁(相棒消失の謎を解く+過去に移動+過去の相手と状況の意思疎通)もあっという間にクリアしてるし、ちょっと飛行機で外国に飛んで消えた相棒を発見する、というくらいにしか感じられませんでした。
Oliasさん [CS・衛星(吹替)] 3点(2017-02-11 22:41:54)
45.思ったよりも面白かった。
タイムトラベルが入り込んでくるのを上手く使っていると感じる。それでも、明日には忘れてしまいそうだが...。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-01-28 22:41:50)
44.このシリーズ、ずっと続いてほしいな。
センブリーヌさん [地上波(邦画)] 6点(2016-12-07 03:19:35)(良:1票)
43.一作目=まあ新しい感覚が良かったと思ふ。二作目=ほとんど思い出せないくらいに、、全く面白くなかった。三作目(今作)=期待値が低かったせいか、コレがなかなか面白かったです!前半から伏線の張り方も面白いし、次へ次へと見せていく絵の力強さも申し分なし。ネタバレするので詳しくは書けませんが、ラストでの伏線の全回収は素晴らしい。不覚にも感動すら・・

ストーリーは極めて陳腐ですが全くそう感じなかったのは、やはりグリフィン(マイケル・スタールバーグ)の使い方がウマかったこと、主人公二人の感動の過去が判明することなど、極上の装飾が施されていたことがあると思います。タイムトラベル物の映画でよく話題に上がる「未来と過去の二人が出会うとパラドックスがおこる」という、冷静に考えたら??な設定が無かった点も良かったです。おかげで悪役がダブルで登場するという面白さもありました。

最後に、皆さん触れていますが若き日のエージェントK(ジョシュ・ブローリン)も非常に良かった。映画に熱中しているせいもありますが、まるで若い時のトミー・リー・ジョーンズと錯覚してしまうほど。。このシリーズ最高の出来栄えだったと思います!
アラジン2014さん [地上波(字幕)] 7点(2016-11-28 10:51:44)(良:1票)
42.《ネタバレ》 (ネタバレしてるんで、注意してね)
さて、映像が好きだし、観ていて楽しいので、とりあえず7点。
だが観た翌日、「昨日は何の映画を観たんだっけ?」状態。
大好きなシリーズなのに。

なんて……実は、二作目は退屈だった。映像は色々と印象に残っているけど。

二作目は観て良かったと思う。Kの過去が楽しめたから。
だがこの三作目は微妙だ。Jの父親やJとKの初対面のことなど、特に必要と思えない。
一作目に伏線があったわけじゃなし。

ところでKは本当に強い。極悪宇宙人が相手でも、「それが何か?」といった感じ。
そこが良いところだが、たまに納得できない。宇宙一強いんじゃないか? とすら思えるから。
激辛カレーライスさん [DVD(字幕)] 7点(2016-06-04 21:51:45)
41.シリーズ中で映像、ストーリー共に洗練されてたと思いますが突出した部分が感じられなかったのは相変わらずでしょうか。
spputnさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2015-11-12 01:59:31)
40.ウィル・スミスさん頑張っていましたね~。
さすがです。面白かった。
でもでも、私的にはエイリアンがMIBっぽくなく感じてしまい、ちょっと乗れないものがありました。
残念、残念。
たんぽぽさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2015-06-14 21:04:32)
39.つまらなくはないのだが、タイムトラベルものをMIBでやらなくてもいいのでは?
misoさん [地上波(吹替)] 6点(2015-04-13 20:28:35)(良:1票)
38.このシリーズ、満足の1作目に期待外れの2作目でしたが、3作目は意外に面白かったです。さすがに時の流れを感じますが。
ProPaceさん [地上波(吹替)] 6点(2015-04-12 22:44:14)
37.正直、続編で成功した映画は少ない。なので、期待せずにみたのだが、この映画は続編で成功した映画といえるだろう。ブルーレイでみていたからか、トミーリージョーンズがものすごいしわしわで、さすがにもうアクション映画は限界なのが伺えるが、それを見事にストーリーでカバーし、ちゃんとアクション映画として成立させている。また、今までの単なる宇宙人を倒すという、ゴーストバスターズ的な話だけではなく、タイムスリップもののSFとしての要素を取り入れているため、そっち系の映画が好きな人にもお勧めできる。このシリーズ3作の中では一番面白いと感じた。年齢的にもトミーの4はないか、引退的な話に持っていくかという感じかな。
シネマファン55号さん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2013-08-28 10:43:25)
36.《ネタバレ》 ○久しぶりの続編で期待して観賞。○序盤の狙ったギャグがスベっていて大丈夫かと思ったが、中盤から割と面白かった。○時計のシーンからの展開ができすぎているのが玉に傷だが、若き日のK、ジョシュ・ブローリンも何となくトミー・リー・ジョーンズに似ていて良かった。○ただ、トミー・リー・ジョーンズの出番が少なく残念。前作から10年、しわの数も増え、完全におじいちゃんになってしまった。彼の活躍は1作目の観賞で楽しむしかないかな。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-08-05 00:17:48)
35.ここでの評価が良かったのでレンタルして来ました。多くの方々が思いの外良かったと評価しておりますが、私もその一人になりました。このSFの中にちゃんとヒューマンドラマも盛り込んだあたりが評価に値します。色々な宇宙人が出てくるのも楽しいです。それにしてもボリスなかなか存在感ありました。あんないたら怖いですね~っ!あまりイケてなさそうに見えるグリフィンがキーワードで一言一言がストーリーのワクワク感を出すのに一役買ってました。グリフィンが任務が終わったら直ぐ元に戻るよう促すが戻れずにいるとJが思わぬ所で自分の少年時代に遭遇し謎が解ける・・・そしてKの黙りの理由を知る。後味も良く楽しめました。
レスポーラーさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2013-07-25 00:11:44)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 54人
平均点数 6.17点
000.00%
100.00%
211.85%
323.70%
411.85%
5916.67%
61935.19%
71629.63%
847.41%
923.70%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review4人
2 ストーリー評価 6.87点 Review8人
3 鑑賞後の後味 8.14点 Review7人
4 音楽評価 6.57点 Review7人
5 感泣評価 7.50点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS