ソウル・サーファーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ソ行
 > ソウル・サーファー
 > (レビュー・クチコミ)

ソウル・サーファー

[ソウルサーファー]
Soul Surfer
2011年【米】 上映時間:106分
平均点:6.79 / 10(Review 14人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-06-09)
ドラマスポーツものファミリー青春もの実話もの
新規登録(2012-06-16)【8bit】さん
タイトル情報更新(2018-03-17)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ショーン・マクナマラ
キャストアナソフィア・ロブ(女優)ベサニー・ハミルトン
ヘレン・ハント〔1963年生〕(女優)シェリー・ハミルトン
デニス・クエイド(男優)トム・ハミルトン
ジェレミー・サンプター(男優)バイロン・ブランチャード
クレイグ・T・ネルソン(男優)デヴィッド・ロビンスキー医師
山根舞ベサニー・ハミルトン (日本語吹き替え版)
坪井木の実シェリー・ハミルトン(日本語吹き替え版)
堀内賢雄トム・ハミルトン (日本語吹き替え版)
根本泰彦ホルト・ブランチャード(日本語吹き替え版)
東條加那子マリーナ・バーチ(日本語吹き替え版)
小島敏彦デヴィッド・ロビンスキー医師(日本語吹き替え版)
脚本ショーン・マクナマラ
音楽マルコ・ベルトラミ
撮影ジョン・R・レオネッティ
製作ショーン・マクナマラ
配給ウォルト・ディズニー・ジャパン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
14.《ネタバレ》  実話とは言いますが、『映画に合わせてだいぶ脚色してそうだなー』と思った次第。
 ところがところが。ラストまで見たところでベサニー・ハミルトンご本人登場。しかも当時の映像を流す流す。これまたびっくり。本作のストーリーやキャラ設定とほとんど変わらないじゃないですか。タイで子供にサーフィン教えている映像まで残っています。ここまで実話に忠実に作られている映画も珍しい。もしくは、あまり脚色する必要がないほど、現実に起こった出来事がドラマチックだったということでしょうか。
 ただ、私は映画の最後に実際の映像を流すという行為、あまり好きではありません。せっかく映画の世界に浸っていたのに、なんか急に夢から醒めちゃう感覚がします。インプリンティングみたいなもので、最初に見たベサニーとそのドラマが、自分にとっては『本物』なわけです。その後に、『実は本物はこっちでしたー。』っていう映像をわざわざ流す必要があるのでしょうか。こーゆー実話ベースの映画のラストに実際の映像が流れるたびに常々思います。
 本編はさすがのディズニークオリティに8点。ですが最後にちょっと気持ちが醒めちゃったので7点で。
 それにしても今まで普通の生活を送っていたのに、突然腕がなくなっちゃう。その事実は映像で見ると思っていたよりショッキングでした。外見もここまで変わるものかと。オープニングで流していた何気ないベサニーの日常。ギターを弾いたりとか。そーゆーのが、ベサニー退院後のベサニーの日常との切ないほどのコントラストを生んでいます。出来ないことがここまで増えるものかと。退院後のシーンは胸にぐっと迫るものがありました。そんなベサニーがプロサーファーとして活躍していることに驚嘆するばかりです。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2020-03-11 09:45:20)
13.ちょっと2時間弱では障害の受容過程を描き切れないんじゃないか。それともホントにこんなあっさり前向きな感じだったとか。義手に関するシーンは違和感あり。
nojiさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2015-05-21 00:15:51)
12.《ネタバレ》 ラストで主人公の台詞にもあるが、どっかの障害者のインタビュー記事で「障害のない体に戻りたいとは思わない」「生まれ変わっても障害者として生まれたい」というような言葉を目にし、ちょっと驚いた覚えがある。冒頭で、エレミヤ書 29章11節「わたしは、あなたたちのために立てた計画をよく心に留めている、と主は言われる。それは平和の計画であって、災いの計画ではない。将来と希望を与えるものである。」が紹介されるので、キリスト教の教えがテーマであり、それに主人公が救われていく話だろうなというのが想像できて展開に期待した。が、私はキリスト教への理解が十分なわけではないので、主人公の強さの根底にあるものは十分には理解できなかった。というより、そのような描写・説明は殆どなく、サーフィンシーンばかりで、そこに片腕を見せ付けて映像の力で強引に「障害克服してがんばりました」という作品になってしまい、肝心のキリスト教のメッセージが殆ど伝わっていないのではないか?神と主人公の関係も全くよくわからなかったし。結果的にはメサイヤコンプレックスを原動力として再生したようにも思えるし、それを召命とするのであれば、特に否定するものではないが、当時中学生ぐらいであった少女の心に何が起きたのか?をもっと深く知りたいと思った。「家族の支えがあったから」という単純な話でもないだろう。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2015-05-18 09:46:21)
11.《ネタバレ》 良品。とても健全なお話。この健全でひたむきで前向きなお話は、身も心も不健全な私には眩しすぎて逆に落ち込むわ。邦画なら一旦落とすよね、落として立ち直らせるよね。違うの、めっちゃ前向きなの。落ち込んでもすぐ前向きなの。しかも実話ベースときてる。実際こんな前向きな訳ない、脚本作り過ぎだわ、なんて納得しようと思ったら、最後にベサニーご本人も映る。ディズニー配給映画では表現できない紆余曲折も有っただろうに、なにあの入院時の屈託のない笑顔(ご本人)。マジな前向きなんだな、、、なに不自由ないのに後ろ向きな私は、、、せめて生き甲斐となる趣味を見つけたいね。 ありがとう、ベサニー。←結局励まされた
movie海馬さん [CS・衛星(吹替)] 6点(2014-08-08 17:57:16)(笑:1票)
10.《ネタバレ》 いいお話でした。でも、この内容に覚めた意見を言うと人格を疑われそうですが、彼女が特別な存在とも思わなかったです。障害を負ったとしても、好きなことが続けられる状況ならば、誰でも続けると思うからです。続けてあたり前、くらいに思います。だから、彼女が災難の直後に「海に戻る」と言った時には、勇気とか執念ではなく「健康な精神」だなと思った次第です。プロの世界で闘う為に相当の努力を要したことは理解しますが、技術の練度がテーマでも無いと思いますので…。家族や周囲の描写も感動的なのですが、家族全員がサーファーということで、こちらはとても特別な環境だと思いました。サーフィンを続けることに家族が反対する気配が無く、みんなで応援してくれますから。一般的な家庭なら、ああいう訳には行かないでしょう。好奇の目で取材に来るマスコミには閉口しますが、彼女のことが世界に知れ、多くの人に勇気を与えたとしたら、あながち悪い側面ばかりでもないと思いました。なんか、否定的なことを書いてるようですが、いいお話と思ってるんですよ。ホント。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-02-15 21:28:11)(良:1票)
9.《ネタバレ》 勇気をもらいました。ハンディがあるからこそ気付けること、苦しいからこそ見えるもの、足らないからこそ人よりも努力することなどなど・・・この「だからこそ」これがキーワードです。出来ない理由を山ほど上げてしまう時がある。それは「だから出来ない」と言ってしまう。これを「だからこそ」に変えるだけでどれほど豊かになるか判らない。「出来る理由は一つあれば充分」こんなスピリッツを感じる。ボランティア活動に参加した後、帰ると沢山の手紙が届いている。それは自分が思ってもない人たちに勇気を与えた証だった。そこでいう「どうして地区大会で敗退した私を応援してくれるの?」母は言う「挑んだからよ」中でもこのシーンが一番好きだ。腕をサメに食べられここからどうなって行くんだろうと、暗い気持ちになったがだからこそ感動を与えた。自分自身もっと出来るはずと思わせてくれた映画でした。
レスポーラーさん [ブルーレイ(字幕)] 9点(2013-07-25 00:00:00)(良:1票)
8.《ネタバレ》 サメに襲われ片腕を失った少女サーファーの実話に基づいた勇気の物語。選手生命の危機に立たされながらも臆することなく持ち前の明るさと澄んだ心で荒波に立ち向かいます。過酷な現状を受け入れて人生を楽しもうとする彼女の天性の前向きさと周囲を取り巻く人々の温かさに共感。全国大会で敗れはしたものの清々しさが残りました。波と水の描写が透き通って美しいです。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2013-02-20 23:25:23)
7.《ネタバレ》 実話なのでストーリー云々をいうのはおかしなことだが、主人公ベサニーの明るさと勇気、家族や友人たちの優しさと温もりで感動的な映画だと思う。
エンディングで本人たちが出てくるのは反則だろう・・・
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 7点(2012-12-15 21:41:04)
6.《ネタバレ》 アナソフィア・ロブと言えば、『チャーリーとチョコレート工場』で小生意気な女の子を演じていたが、いつの間にか立派な女優サンに成長していた。脇を固めるデニス・クエイド、ヘレン・ハントの演技も当然素晴らしい。サーファーとして将来を有望視されていた少女べサニーが、サメに襲われ片腕を失うという惨事に見舞われる。一旦はサーフィンの道を諦めるが、津波被害に遭ったタイのプーケットでのボランティア活動を通じて、再び自分のやるべきことに目覚めていく。少女のひたむきさが世界を変えていく様は、まるで実写版『ナウシカ』を観ているようであり、映画と分かっていても泣けてしまう。エンドロールで実際のべサニーの映像が流れるのはほとんど反則!
フライボーイさん [DVD(吹替)] 8点(2012-12-12 01:47:43)
5.プロサーファーを目指す、片腕を失った女の子べサニーの感動の実話。
しかし彼女の強さ、彼女を支える親友や家族や周りの大人達の描き方など、感動をあおる味付けは控え目にされており、音楽も大袈裟で感動的なスコアではなく、海やサーフィンのシーンに似合う爽やかな挿入曲が多用されています。それでいていくつものべサニーと彼女の傍にいる人達の感動的な姿があります。嫌に感じる部分と言えば度々登場する、いかにもという彼女に群がるマスコミの姿くらいでしょうか。

長くなりすぎず、まだ津波の傷痕が残るプーケットのエピソードの挿入も良かったです。彼女の笑顔に導かれるように人々が海へ歩を進める様が感動的でした。

エンドロールで挿入される今のべサニーと家族のドキュメンタリーもまた感動的かつ効果的でした。作品に描かれている通りのべサニーの強さや家族の絆の深さが伝わってきました。
とらやさん [映画館(字幕)] 8点(2012-07-04 21:15:12)(良:1票)
4.《ネタバレ》 「人生の教科書」ともいうべき素晴らしい作品。
のっけはブレた画面にコロコロ変わるシーンの連続で落ち着かないのだが、主人公が腕を無くしてからはシーンやセリフがことごとく胸に突き刺さってくる。
その感動も押し付けがましいものではなく、主人公ベサニーに自然と感情移入してしまう作りになっている。
何よりラスト。この映画が実話に基づいて作ったということが明らかになるところで、もう胸が一杯になってしまう。
特に印象深かったのは、主人公がタイのプーケットで自分がやるべきことを見出すシーン。
今の自分の境遇にピッタリくるものがあった。
サーフィンの迫力だけなら他の映画も良いけれど、ストレートに勇気をもらいたいという人に特にオススメ。
mhiroさん [映画館(字幕)] 9点(2012-07-01 23:13:58)(良:2票)
3.《ネタバレ》 優等生映画やねー。ラストの実際の映像が流れるくだりはじんわりきます。
とまさん [映画館(字幕)] 7点(2012-07-01 21:39:04)
2.《ネタバレ》 爽やかな良い映画を見せて貰ったと素直に感じる。
出演している俳優が皆良い演技をしており、アメリカ映画界の層の厚さをまたしても思い知らされた。
アメリカのこの手の映画にありがちな感動の押し売りも感じず、エンドクレジットで流れる実物の映像も本編と同じ位に感動的であり必見。
感動畳み掛けすぎの最後の虹は反則!(褒めている)
たくわんさん [映画館(字幕)] 8点(2012-06-28 13:00:54)(良:1票)
1.《ネタバレ》 なんだか騒がしい映画。もう少し「静かな映画」を見たかったのですが、それはデカい音=いい音だと思っているかのような新宿バルト9の再生環境のせいばかりでは無くて。私としてはベタな感動物語を期待していたんですけど、基本はサーフィン映画なんですよね。音楽ガンガン聴かせてカッコつけた編集でカッコいいサーフィン映像を見せてナンボっていう。で、一方で冒頭から病院に運ばれるまではB級ホラー。若者達の姿を点描して海の中の「何か」を少々引っ張った上で鮫に襲われて、って。ホラー的音楽だけでなく、明らかに『ジョーズ』から手法を引用していて。そしてヒロインがサーフィンをしている部分のアップはデジタル合成+CGI丸出しの、そこだけイメージショットの如き世界になる、と。なんだかバラバラの要素をそのまま繋げた映画って感じ。なのでこの映画の大切な要素の1つ、海に自由を奪われたけれどそれでも海を愛するって部分が他の様々なノイジーな要素にジャマされ続けるという。この映画、ほぼ全編波の音が聴こえているのですが、その波の音をヒロインと海との対話に対して重要なソースとしてあまり使ってないんですよ。何しろその上にガンガンと音楽乗せまくりですから。もう1つの大切な要素、家族愛はそれぞれのキモチや立場を描いていて良かったと思います。アナソフィア・ロブはこれまでの象徴的ヒロイン演技より進んで喜怒哀楽全てをぶつける演技で存在感を示してましたけれど、中盤以降ひたすら映像にデジタル処理が入り続けるという特殊性からか、片腕を失ったゆえのぎこちなさとは別のぎこちなさが生まれてしまっていた気がします。ラストの実在する人々の映像は、実話であった事を映像で実感するがゆえの感動で、映画そのものの感動とは全く違うモノですしね。落ち着いた感動系を期待するよりもアメリカ的なポジティブスポ根映画として見るのが吉って映画でした。
あにやん‍🌈さん [映画館(字幕)] 5点(2012-06-17 07:59:22)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 14人
平均点数 6.79点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5428.57%
6214.29%
7321.43%
8321.43%
9214.29%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 8.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 8.50点 Review2人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 7.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS