メリダとおそろしの森のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > メ行
 > メリダとおそろしの森
 > (レビュー・クチコミ)

メリダとおそろしの森

[メリダトオソロシノモリ]
Brave
2012年【米】 上映時間:100分
平均点:5.76 / 10(Review 29人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-07-21)
アドベンチャーファンタジーファミリーCGアニメ3D映画
新規登録(2012-06-27)【+】さん
タイトル情報更新(2019-09-07)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マーク・アンドリュース〔脚本・監督〕
ブレンダ・チャップマン
ケリー・マクドナルド王女メリダ
エマ・トンプソンエリノア王妃
ビリー・コノリーファーガス王
ケヴィン・マクキッドマクガフィン卿
ロビー・コルトレーンディンウォール卿
ジュリー・ウォルターズ森の魔女
ジョン・ラッツェンバーガーゴードン
フランク・ウェルカー馬のアンガス / 熊のモルデュー
大島優子王女メリダ(日本語吹き替え版)
内田直哉ディンウォール卿(日本語吹き替え版)
山路和弘ファーガス王(日本語吹き替え版)
塩田朋子エリノア王妃(日本語吹き替え版)
天田益男マクガフィン卿(日本語吹き替え版)
梅津秀行カラス(日本語吹き替え版)
根本泰彦ゴードン(日本語吹き替え版)
多田野曜平マーティン(日本語吹き替え版)
小森創介(日本語吹き替え版)
木村聡子(日本語吹き替え版)
脚本ブレンダ・チャップマン
マーク・アンドリュース〔脚本・監督〕
音楽パトリック・ドイル〔音楽〕
製作総指揮ピート・ドクター
ジョン・ラセター
アンドリュー・スタントン
制作ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
ピクサー・アニメーション・スタジオ
配給ウォルト・ディズニー・ジャパン
美術スーザン・ブラッドリー(タイトル・デザイン)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
29.《ネタバレ》 今までのピクサー節となにかが違い感動できなかったなぁ。メリダのキャラも勝手すぎるところが気になってあまりハマりきれませんでした。よくあるディズニーな感じ。
とむさん [DVD(邦画)] 5点(2014-02-28 18:20:17)
28.《ネタバレ》 自分が食べさせた魔法のケーキでクマになってしまった母に対して「魔女がわるいのよ」を繰り返すメリダなんだけど、そのフツーの娘っぽいところが面白かったです。そんな我儘勝手な娘に道理だけを強要する母親も同類みないなものだけど、窮地に陥れば協力するし、根底にある信愛を確認できる。この母娘関係って、世間一般のそれじゃないでしょうか。わざわざピクサーの映画でそんなものを見せられても、って意見もあるでしょうが、私はこの小ぢんまりとした感じ、嫌いじゃなかったです。母クマの表現が可笑しくて、楽しく観られました。声優・大島優子も良かったですね。キャラがメリダに被りました。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2014-01-24 00:36:48)
27.序盤が長くて肝心のクライマックスはあっという間で少し拍子抜け、でも、大島優子の声はアイドルにしては珍しく、あたり、だったのではないでしょうか。
HRM36さん [DVD(字幕)] 4点(2013-12-10 13:49:38)
26.うーん。ピクサーの看板が無ければそこそこ楽しめたのかもしれません。ピクサーの看板はまだまだ期待値大きいですからね。まぁそれは鑑賞側の勝手な期待感なので監督にとっては迷惑な話というかハンデかもしれません。物語はおとぎ話。それは良かったんです。ヒロインがね、まったく感情移入のし所がない。容姿も、性格も、まったく可愛げがない。それが私にとっては大きな問題でした。そして唐突な終わり方。王妃の心の変化はいつ起こったのか...?逆に観ていて良かった点は王様、三つ子、隣国の王子たち、そして隣国の体格が良い兵士のそれぞれの描写が楽しかった事かな。あと、吹替でのAKB大島優子さんが意外とお上手で気になりませんでした。映像は期待を裏切らず最高でした。ピクサーさんは技術がどんどん右上がりですね。
movie海馬さん [CS・衛星(吹替)] 4点(2013-11-25 01:49:57)
25.《ネタバレ》 こんなに酷い出来だとは全く思いもしませんでした。ピクサーどうしちゃったの?って感じ。メリダに魅力も可愛げも全くないのはまあ我慢しましょう。しかしながらメリダの人格ヤバイです。エグイです。ハッキリいって糞野郎です。自分の母親に魔女から貰った得体の知れないものを騙し食べさせ、最悪の事態に陥ったのに悪びれることもなくひたすら魔女のせいにしやがります。母親の代わりに魚を取った時も偉そうに小馬鹿にしたりしてます。(顔面殴りたい)しまいにはこの小娘「ホントの熊みたい」と母親の目の前で思いっきり口に出してドン引きしております。全部お前のせいやん・・・、こっちが引きますわ・・・。メリダの安っぽい演説でみんな改心して一件落着みたいになるのもナメとんのかと言わざるおえないですね。なんなんだね、この茶番劇は。小熊ちゃんはやたらかわいいのに非常にかわいくない映画でした。 みなさん母親と食べ物は大事にしましょう。
映画大好きっ子さん [CS・衛星(吹替)] 2点(2013-11-23 20:25:37)
24.原題は「Brave」で邦題とは偉い違いなわけですが、ピクサーだと思ってワクワクしながらいくと肩透かしを喰うようなこじんまりとした映画。話が動き出してからはそこそこ面白いのですが、あくまでも「そこそこ」。まぁピクサーだって毎回当たりは作りませんって事でひとつ。


あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-11-16 22:54:07)
23.《ネタバレ》 なんか「騒がしい」んですよね。バタバタしてる。暴れる。物が散らかる。
それが普通にあるぐらいならいいけど、結構しつこく続く。
話も特に面白くない。森も全くおそろしい森では無い。
3つ子もこれは必要だったとは言えないレベル。いなくてもいいぐらい。
ヒロインの魅力にも疑問。とにかくイマイチだー。
虎王さん [DVD(吹替)] 5点(2013-07-03 17:57:56)
22.《ネタバレ》  基本的なストーリーはおとぎ話にありがちなもの。

 運命は「変えられる」って話が、魔法で変わってしまった姿を「元に戻そう」とする話なのは、ちょっと皮肉。ま、変えすぎちゃったって事か…。
 モルデューに襲われるメリダの前に、すっくと立ちはだかって娘を守ろうとした王女にはちょっと感動させられるが、運命がらみの話としては、そこでクマとなる運命を受け入れる、王女の決意なんか見せてくれても良かったと思う。

 途中で三つの国の人たちを感動させたメリダの演説は、物語の最後にあった方が良いような気もする。「運命は自分で切り開くのだ。このように」というように。
Tolbieさん [DVD(字幕)] 6点(2013-06-02 02:56:54)
21.《ネタバレ》 ふ、普通。まあまあ面白いけど、しかしこんなにこじんまりしたお話だったとは。これじゃよくある家族のいざこざレベルじゃん。予告編とかを見て、もっと王国の存亡を掛けた壮大な話だと思っていた自分は完全に肩透かし。でも、お母さんが熊になるってアイデアと、そんな熊になったお母さんがちょっと変に色っぽかったのが面白かったのでぎりぎり6点。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2013-05-04 19:06:22)
20.《ネタバレ》 赤毛でテンパのじゃじゃ馬王女と魔法のケーキにカブリつきクマになったオカンのドタバタアドベンチャー。ピクサーアニメらしくコミカルな動きと美しい最先端のCG映像は見事ですが、主人公の王女に華がなくストーリー性も乏しいですね。純な母娘愛を感じるフィナーレ。ケッコンはまだ先のようです。
獅子-平常心さん [DVD(吹替)] 6点(2013-05-02 02:14:33)
19.ピクサーにしては面白くない。メリダが母に不満を抱くのはいいとして、変えてしまえっていうのはひどい発想です。そこから熊に変わってしまった母をかばう行動は素晴らしいと思うのですが、そもそもお前が原因だろ!って突っ込みを入れたくなります。ストーリーもゆるい感じで進むので、ハラハラドキドキ感がなかったですし、母娘の成長物語として観れば、それなりに良いお話だったと思いますが、ピクサーならもっと面白くできたはずって思っちゃうので今作はちょっと期待外れだったかなー。
Yoshiさん [DVD(吹替)] 4点(2013-04-02 13:18:46)
18.《ネタバレ》 お話は可も無く不可も無く。大島優子さん吹き替え上手いな~。珍しく全然違和感なかったよ。吹き替えで安心して観られないタレントやアイドルや芸人の吹き替えはほんと勘弁して欲しいけど、大島さんは大丈夫。
ぐっすすっすさん [ブルーレイ(吹替)] 5点(2013-01-22 23:35:41)
17.《ネタバレ》 さすがはピクサー。安定の面白さを見せてくれます。王妃と王女の葛藤と和解の物語ですけど、それはどの家庭でも起こりえるような、親子ならではの普遍的な対立。だからこそすんなり感情移入出来る。自由を欲し、自分の個性を認めてもらおうとする年頃の女の子の気持ちと、王女としての立場の重要性と、幸せになってほしいという親心からくる母の気持ち、よくわかる。ラストは素直に感動致しました。対立を乗り越えることで、より一層の理解と共感が持てる。その点は、争っていた互いの民族を一つにまとめた展開でも描かれているテーマですね。ただ、これまでのピクサー作品と比べると、ヴィジュアル、内容共に小粒かなと感じさせます。
あろえりーなさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2013-01-21 20:08:54)
16.巨大な熊と熊がぶつかり合うクライマックス。場合によりゃ最高に盛り上がるポイントに見えるのかもしれないが、「自分は一体何を見ているのだろう?」と理解不能な異次元に放り出されたような気分になった。
この映画には、全編通してそういったどうしても“違和感”にしか感じられないストーリーテリングが羅列されていて、面食らうというよりも肩透かしを食らってしまった。

もちろんこの映画が、無名のアニメーションスタジオで制作された作品だったならば、映し出される映像世界の秀麗さだけを捉えて、手放しで賞賛することもできよう。
しかし、これが「ピクサー」の映画である以上、そういうわけにはいかない。

観賞後にトレーラーを見ると、本編のテーマとの本質的な相違に呆れてしまった。
ただ、国内の関係者がこのようなプロモーションをしてしまったこともある部分では理解出来る。
武に秀でた姫、馬上から放たれる弓矢、森の精霊、暴走する野生……、この映画の彩る要素の数々のモチーフは、間違いなく「もののけ姫」であり、それはもはや表面的には模倣に近い。
ピクサーが新たに描き出した映画世界には、人間と自然との対峙における大スペクタクルが繰り広げられるに違いない。と、無闇矢鱈に「期待」してしまうことは、“日本人”としてある意味仕方のないことかもしれない。

が、この映画が描くテーマは、そもそもそのような大スペクタクルなどではない。
終始中心にあるものは、母と娘のあまりに普遍的でこじんまりとした物語だ。だから、「思ってたのと違う」と大多数の人が感じることも当然だ。
しかし、それでも結果的に「面白い!」と感じる映画は山のようにある。

描こうとしているものは母娘の普遍的な物語なのだろうが、それに対してのストーリーの“考え方”自体が、あまりに稚拙で、ある部分では明らかに破綻してしまっている。
主人公をはじめ、キャラクターの言動に深みもなければ説得力もなく、なぜそういう結論に至るのかという疑問符が消えることが無い。

「ピクサー」が作り出すアニメーション映画が、賞賛される最大の理由は、必ずしも最新技術による秀麗な映像世界のみではないはずだ。
そういった世界最高峰の映像技術に彩られた、文字通り世界中の老若男女が心から楽しみ感銘を受けることが出来る卓越したストーリーテリングこそが、最大の理由であったはずだと思う。
鉄腕麗人さん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2012-12-18 00:03:05)
15.《ネタバレ》 タイトルとは全然違う内容ではないですか?と思いつつもけっこう楽しくワクワク。
自分の道を・・と言いながらも素敵な王子さまと巡り合って・・なんてストーリーを
想像してたんですがいい意味で期待を裏切られた。
お母さんくまさんの表情もとても良かったし。
けど、くまさんになっていろいろ苦労したから娘の自立を理解できた??
そうそう、メリダちゃん、自分が悪い時は素直に謝らなくちゃね!
ずいぶん後で反省してたけど;
AKOさん [DVD(吹替)] 7点(2012-11-25 00:23:33)
14.《ネタバレ》 メリダがモルデューに襲われそうになったとき、母クマが捨て身でモルデューにぶつかっていったときに泣いた。『クレヨンしんちゃん戦国大合戦』でみさえがやったことは、刀で受け止めるまでだったが、メリダの母はエバ初号機なみにモルデューにつかみかかり、ボッコボコに戦う。母の娘への命を賭した戦い。
せっかく映画前半、メリダの弓テクニックをあんなに描いたのだから、後半にも弓が活躍して欲しいものだった。

それはそうと、ピクサー映画おなじみの、上映前の10分くらいの小作品、今回は豪華2本だて、一つめは『トイストーリースピンオフ、チビバズ登場』もはや同窓会のノリで、彼らが何やったって面白いに決まっている。だから特に何も。
いやいや、あのね、二つめですよ、『月と少年』これが秀逸。できればこれをもう一度観たい。精巧な手のひらサイズのガラス工芸品のような映画。
no_the_warさん [映画館(吹替)] 8点(2012-11-11 18:39:47)
13.《ネタバレ》 むっちゃ面白かったよ!
こんなに可愛いらしい映画なのに、この邦題は勿体ない。もっとホラー色の強い話なかと思ったけど、全然!
非常にコミカルで軽快で、ニコニコしながら気楽に楽しめる上質のお伽話。
舞台がスコットランドという事で、バグパイプ音がひたすら気持ちよくて、大自然の映像とのマッチングも素晴らしいわけですよ。キャラクターのアクションもドタバタと楽しいし、大島優子の吹替も悪くないし、なんで評判悪いん?
確かにパっと見は、「ヒックとドラゴン」みたいだし、ストーリーは「塔の上のラプンツェル」みたいだから、そこらへんのド傑作と比べられてしまうとキツイけどさ…。

ただ、お母さんに毒盛っておいて、その部分をほとんど反省してなかったり、ラストバトルでいい働き出来ないメリダちゃんは主人公として、どうなの?ってとこはあるけどね。
本作は、細かいストーリーより、映像とアクションとクマとクマとクマとクマとクマを素直に楽しめばいいんじゃないかね?
こんな風に勢いだけで突っ走る映画は好きだなー。
すべからさん [映画館(吹替)] 8点(2012-09-15 18:54:26)
12.もとやさんの感想と同じく、男の自分にとっては、ちと感情移入しにくい母娘の愛情物語だったが、クライマックスの母の愛情には心打たれた。メリダが母の思いを理解して、二人が新たな関係に踏み出すというストーリーはきっちり描かれていたが、ただ、二人の葛藤の描き方が浅いのと、さらには周りの男どものパーソナリティや関係がまったく描かれていないので、全体としては非常に浅いストーリーになってしまった。これを見ると、主人公二人を中心に、周りのキャラクターもしっかりと描かれていた「トイ・ストーリー」がいかにすばらしい出来かを思い知らされる。ただ、母娘の愛情物語ってなかなか取り上げられないテーマだと思うので、この映画はかなりの野心作だったと思うし、深く考えずに楽しめた。
ぽん太さん [映画館(吹替)] 6点(2012-09-02 14:32:22)(良:1票)
11.ピクサーということなのでやはりそれなりにおもしろかったんですが、話がどこかで聞いたような使い古された内容だったので、これといった目新しさもなく惜しい作品でした。
しっぽりさん [映画館(吹替)] 6点(2012-08-20 00:01:10)
10.ここ数年 個人的に思ってるのですが、ピクサー作品の劣化は酷い。おっさんの自分には楽しめない。
naniwahitoさん [映画館(吹替)] 5点(2012-08-08 17:40:09)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 29人
平均点数 5.76点
000.00%
100.00%
213.45%
313.45%
4310.34%
5517.24%
61137.93%
7517.24%
8310.34%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 1.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review2人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 6.00点 Review1人
chart

【アカデミー賞 情報】

2012年 85回
長編アニメーション賞 受賞 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2012年 70回
アニメ映画賞 受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS