ロック・オブ・エイジズのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ロ行
 > ロック・オブ・エイジズ
 > (レビュー・クチコミ)

ロック・オブ・エイジズ

[ロックオブエイジズ]
Rock of Ages
2012年【米】 上映時間:123分
平均点:6.58 / 10(Review 26人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-09-21)
ドラマコメディミュージカル青春ものロマンス戯曲(舞台劇)の映画化
新規登録(2012-06-27)【+】さん
タイトル情報更新(2017-06-03)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アダム・シャンクマン
キャストディエゴ・ボネータ(男優)ドリュー
ジュリアン・ハフ(女優)シェリー
トム・クルーズ(男優)ステイシー・ジャックス
ラッセル・ブランド(男優)ロニー
アレック・ボールドウィン(男優)デニス・デュプリー
ポール・ジアマッティ(男優)ポール・ギル
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(女優)パトリシア・ホイットモア
メアリー・J・ブライジ(女優)ジャスティス・シャルリエ
マリン・アッカーマン(女優)コンスタンス・サック
ブライアン・クランストン(男優)マイク・ホイットモア
ウィル・フォーテ(男優)ミッチ・マイリー
T・J・ミラー(男優)「ローリング・ストーン」誌の夜間電話受付係
イーライ・ロス(男優)ステファノ
デボラ・ギブソン(女優)ロッカー(デビー・ギブソン名義にて)
脚本ジャスティン・セロー
挿入曲ガンズ・アンド・ローゼス"Paradise City"
ジョーン・ジェット"I Love Rock 'n' Roll"
ボン・ジョヴィ"Wanted Dead Or Alive"
ジャーニー"Any Way You Want It"他
撮影ボジャン・バゼリ
製作アダム・シャンクマン
ジェニファー・ギブゴット
ギャレット・グラント
トビー・マグワイア
ニュー・ライン・シネマ
配給ワーナー・ブラザース
特撮デジタル・ドメイン社(視覚効果)
美術ジョン・ハットマン(プロダクション・デザイン)
振付アダム・シャンクマン
衣装リタ・ライアック
編集エマ・E・ヒコックス
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
26.80年代ロックが大好きな自分にとっては大満足の作品です。キャスチィングも素晴らしい!出演者全員を応援したくなります!特にキャサリンゼタジョーンズとアレックボールドウインが最高です。主役の女の子もとてもチャーミングです。セリフや映像も細部まで練られており、何度見ても新たな発見があり感動します。
みるちゃんさん [DVD(字幕なし「原語」)] 10点(2019-09-01 08:34:57)★《新規》★
25.どっちかというとUK派なんだけれども、当時深夜に放送されてたソニーMTVを毎週観ていたので
全曲懐かしくてワクワクしながら鑑賞しました、面白かったーー
ジャーニー、フォリナー、ヴァン・ヘイレン、REOスピードワゴン・・・MTVの常連でした。
「アイ・ラブ・ロックンロール」は女性シンガーのロックの中でいちばん好きかな
ジョーン・ジェットはランナウェイズ時代からカッコよかった。

80年代アメリカンロックって聴きやすくて特別ロックファンじゃなくても口ずさめるみたいな。
今でもどこかでいちどは聴いたことある曲ってかんじですかね。
ところでサックス吹きながら歌う女性シンガーってなんて人だったっけ。

キャスティングもいいですね、トム・クルーズが可笑しくて可笑しくて。
私にとって80年代は音楽もファッションも選び放題のまさに宝庫、いい時代でした。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2018-11-18 14:03:12)
24.《ネタバレ》 この監督は「ヘアスプレー」でも豪華絢爛楽曲洪水ミュージカルを提供してくれたんだけど、こっちの方はちょっと空回ってしまいました。一番まずいのは、選曲がどのシーンもどのシーンもあまりにもそのまんまなところで、これでは当時のその辺の高校生が作ったポエムストーリー付オムニバスカセットテープみたいなものです。同じバンドからの重なりが妙に多いのも気になりました。●トム・クルーズは暴走していてなかなか面白いんだけど、周りとの演技のやりとりはまるで念頭になく、勝手にどこかに行っちゃってるだけ。キャサゼタは、やっぱり老けちゃったな-、ダンスシーンの切れも「シカゴ」の記憶で見てしまうと悲しくなります。アレック・ボールドウィンは、いかにもライブハウスのマスターのオッサンにいそうで、いい感じ。●あとそれと、主人公が途中で血迷って加入してしまうださいディスコのグループ、あれはあれでそれなりに格好良くないですか?80年代後半から90年代初頭のフリースタイルっぽくて。
Oliasさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2016-10-01 00:42:50)
23.80年代のロックミュージックを全面クローズアップしていて、エンターテイメントとして素晴らしい。
ほぼ全編PVという映画だが、それなりに(ちょっとは)物語性もあって、観ていて爽快感あり。
トム・クルーズの演技もなかなか。そして、「I can't fight this feeling...」は好きな曲だったが、こんな使い方があるとは...怒りよりも、やはり笑ってしまった。
あの時代のこの音楽を好きな人には全面的にオススメ(当たり前か)。
simpleさん [地上波(字幕)] 7点(2015-08-13 23:11:48)
22.《ネタバレ》 いやーサウンドが80年代してるね~、あ~懐かしい。内容はぶっちゃけなんてないが(苦笑)、トム・クルーズ、キャサリン・ゼタ・ジョーンズの贅沢な使い方がナイスな一本。もうぅトム様なんか脱ぎ過ぎ(笑)、でもやっぱりな存在感はさすがですね。ミュージカル映画は苦手だけどあんまり気にならなかったな~、そこらへんが苦手な方にも観やすいロックな作品だとオモイマス
Kanameさん [DVD(字幕)] 6点(2013-11-23 20:59:20)
21.《ネタバレ》 これはもう、80年代のロックが好きか嫌いかで、評価が天地ほど別れるでしょう。大好きな私は公開直後に映画館で観たのですが、あれですよ! 会社の若い子とバーに行って、古い洋楽がかかって、「この曲さぁ、俺が高校生の頃、すげー流行ったんだよなぁ」と薀蓄たれたい中間管理職の心境ですよ。デフレパードって、当時なんであんなに売れたんだろうねぇ。ツィステッドシスターはもう頭おかしいでしょ。今流行ってる金爆なんか足元にも及ばない馬鹿っぷりだよ。ステイシーのモデルはアクセルだよね。あ、群衆の中にバズがいる!………そんな感じ(笑)
ともともさん [映画館(字幕)] 7点(2013-11-02 21:59:15)
20.《ネタバレ》 洋楽好きなら楽しめる。でもミュージカル調だとは思わなかった。途中から飽きてきたけど最後は盛り返してくれたので良かった。
ぷるとっぷさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-10-30 18:30:51)
19.「ロック愛」がわかりやすく描かれて、苦手なミュージカルとしてはまずまずでした。トム・クルーズの存在感はさすがです。
nojiさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-10-27 00:26:34)
18.《ネタバレ》 個人的には、80年代ロックには興味なくて(どちらかと言えば70年代の泥臭いハードロックやプログレ、90年代の重厚なグランジやインダストリアルのほが好み)、ミュージカルも苦手で、「じゃー、なんで観たねん!」と突っ込まれるとイタイところなんだけど、トム・クルーズが出てるという一点のみで鑑賞。いやぁー、ノーテンキ(笑)。やっぱり80年代音楽の、この何処までもノーテンキなノリは個人的に苦手だなぁ…。でも、それを抜きにしても、どうして主人公をあの女性にしたんだろう。てっきりこの女の子がのし上がってスターになっていくと思ったら、彼氏のヘタレ男がその役目っていまいち最後の盛り上がりに繋がらないような気が。でも、相変わらずのトムのお年を召してもいまだ逞しい肉体美と「マグノリア」で見せたセックス教団会長としてイケてない男どもをひたすらアジってた時の強烈ないかがわしさをも髣髴とさせる熱演は見応えがありました。あと、ロックに猛反対していたオバサマたちが急にノリノリのロックを歌い始めるのっていくらミュージカルとはいえ、どうなんですかね…。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 5点(2013-10-20 09:39:49)
17.ヘアスプレーと同じ監督さんですが、作品の性質はまるで違う。ヘアスプレーのミュージカルシーンは概ね「動くついでに唄わせよう」という方法論で作られてるのに対し、こちらはどちらかと言うと「唄うついでに動かしてみよう」という作られ方になってる。人にもよるんでしょうが、私にはこういうタイプのミュージカルがどうも肌に合わない。演出方法も水と油ぐらいに違う。ヘアスプレーでは「突然唄いだすなどという非日常的行為が、周りの日常世界に何らかの影響を与えた結果、予想外のセンスオブワンダーな反応が生じる」という楽しませ方をすることが多かったんですが(結果的にはこれがテンポの良さに多大な貢献をしていたように思えます)、こちらの作品のミュージカルシーンはそれ自体が周りの世界とは独立して進むことが多かった気がします。これをやってしまうと、たまたまその曲が好きになれた人には問題ないんでしょうが、そうでない人には「うわ~、もう早く終わってくれよ…」という類のダラダラ感へとつながってしまうと思うんです。また、各キャラクターのあまりの魅力の無さもなんとかならなかったんでしょうか。ミュージカル映画でキャラクターに魅力が無いというのはかなり致命的なことです。個人的に唯一の救いだったのは、スターシップの「シスコはロックシティ」が聴けたことでしょうか。実はこのバンド、私にとっては、メンバーの誰か(ボーカルの人だったっけな?)が何かのインタビュー(ミュージックライフだったっけな?)で「自分がミュージシャン生活を始めてから21年目にしてようやく掴んだ全米№1だよ」とか言ってたのを聞いて、奇しくもその同じ年に21年ぶりの優勝を果たした阪神ファンだった自分には妙な親近感が沸いたバンドとして思い出深いものがあったんです(←な~んのこっちゃ!)。ま、ともかくこの映画、自分にとっては面白い要素がほとんどなかったということで4点です。
バーグマンの瞳さん [地上波(字幕)] 4点(2013-09-09 00:47:09)
16.《ネタバレ》 なかなか爽快に楽しめました。大物をこんな弄り方をするなんて!、と改めて見てみたら、ヘアスプレーの監督さんなのね。ヘアスプレーでもミシェル・ファイファーやトラボルタが嬉々として弾けてましたが、こちらでもおじさまおばさまがオーバーアクション的に、実に楽しそうに演じてます。キャサリン・ゼダなんか口ひん曲げなから生き生きしちゃって(笑)。しかし、特筆はやはりトムでしょう!あの間、あの空気感。一挙手一投足目が離せませんでした。ほんとにステージに火をつけちゃうんじゃないかって(笑)あの厚みがある身体つきを強調するようお腹を突き出すような姿が何度かあり、納得のコメディパートを演じる余裕を感じました。 作品総じて、音楽、ファッション、全て懐かしく、自然に手足が動いてしまう、そんな幸せな時間でした。あのヒロインみたいな髪型を当時したかったのよね~。ただひとつ、ん?と引っかかったのは、主人公の男の子の単純さ。そんな言いがかりで別れるんかい?!ってとこ。ま、若いって事もあるんでしょうけど、それで女の子路頭に迷っちゃうんだからね。こりゃ今後も何かとすったもんだあるわね~、なとど親戚のおばちゃんのような視線になり、ビシッと一喝してやりたくなりました。(笑)
ぽてころさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-09-07 01:29:22)
15.《ネタバレ》 主役の女の子が歌い出すと安心する。
この人のボーカル素晴らしいな…と思ったら、元々歌手の方でした。
失礼ながら他の人が歌ってるシーンは、脳内が自動的に
「元歌が聴きたいよモード」になってしまう。
Tクルーズは、好演だったのでは?。彼の持つ独特なオーラが上手く作用している。
「そういう感じのロックスター、ほんとに居そう…」と思わせる。
1番驚かされたのは、てっきり90年代ヒットだと思ってた
「Extreme」の「More Than Words」がギリギリ80年代だった事。
マジで?。月日の流れは、速いっスね。
「パート2(90年代)」「パート3(00年~10年)」なんてのもイ~かも?。
じょるるさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-09-02 05:06:47)
14.『ロック・オブ・エイジズ』ってタイトルだから、もう少しハードロックなのかと思ったら、以外にポップな感じで少し裏切られた感じ。まぁ、音楽の趣味は広いからこう言うのもありかな。
もう一つ以外だったのが、トム・クルーズが脇役で出演していたことかな。脇役と言っても、主役の二人を喰っていたけどね・・・
後で知ったけど、主役のジュリアン・ハフってカントリーミュージシャンなんだね。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 8点(2013-08-15 18:11:06)
13.物語はシンプルで、成功を夢見てLAに集ってきた若者の青春ドラマ。
80年代のロックがテーマなので、当時流行した曲が随所に登場。
当時を知る人には、懐かしさも相まって、曲を聴いてるだけでも楽しいんじゃないかと思います。
ただ、主人公である、ジュリアン・ハフとディエゴ・ボニーが脇役達に押されてます。
主人公たちの恋愛ドラマがわかりやすいのと、容姿がポップで可愛い印象のせいか、
トム・クルーズやキャサリン・ゼタが出てくると、その毒々しさに(汗)画面を持っていかれます。
またロックをテーマにしている割には、すごく口当たりのいい曲ばかりなので、ヘビメタやハードロックを期待すると、肩透かしを食らうかも。
80年代ってもっと尖がったロックがあったような気がします。
シャウトが飛び交って、乱痴気騒ぎのようなライブ会場を思い描いてたんですが、ポップで上品な印象がありました。
もうちょっと、場末の汚らしい、まがまがしい感じが欲しかったなと思います。
kayokoさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2013-02-14 02:19:02)
12.80年代の名曲といろんなパロディが満載でくすっと笑えるが、正直イマイチでしょコレ。もっとリスペクトがあっても良かったのでは? でも80年代ってこういうことかっても気もするし、、、複雑です。。。
kaaazさん [DVD(字幕)] 5点(2013-02-09 23:07:49)
11.《ネタバレ》 この監督の『ヘアスプレー』はかなり楽しめたが、本作はちょっと期待外れか。主人公カップルに全く魅力を感じられず、ストーリーは若者向けで中身も何もない。トム・クルーズら脇の俳優陣がかなり豪華で、彼らの存在がなければ評価はもっと落ちただろう。ま、自分が洋楽に疎いというのも問題だと思う。
フライボーイさん [DVD(字幕)] 6点(2013-02-08 15:02:30)
10.飛行機の中で観ました。そこそこ面白かった!トム・クルーズが主役の映画だとばっかり思っていたので、いつ出てくるのかと。音楽には詳しくないけど、知ってる曲がいっぱい出てきて楽しい映画でした。エロ過ぎず。ティーン向けに作ったのかしら?って思った。
ネフェルタリさん [ビデオ(吹替)] 7点(2012-11-10 18:22:14)
9.《ネタバレ》 めちゃめちゃ面白かった。頭空っぽで楽しめる。

この映画で扱われるロックとは、所謂、80年代に興った産業ロックとか、大衆ハードロック、ヘアメタル(LAメタル)と呼ばれるものである。それは60年代後半から70年代前半のハードロックやマニア限定のスラッシュメタルとは違う。大衆に広く浸透した誰もが歌えるみんなのロックなのである。
産業ロックの代表格は、ジャーニー、フォリナー、REOスピードワゴン、そのハードロック系は、デフ・レパード、クワイエット・ライオット、ナイト・レンジャー、ボン・ジョヴィなど、80年代以降のヴァン・ヘイレンやエアロスミスも含めていいだろう。ヘアメタルからは、ポイズンとトゥイステッド・シスター。本当は、ラットこそ代表格なのだと思うけど、如何せん曲がない。。。(女性シンガーはパット・ベネターとジョーン・ジェット。。。ハートじゃないのか?)

映画の中で歌われるロック。実は、これって主人公のシェリーが持っていたアルバムに沿っていて、彼女が崇め奉るロックバンド達の曲である。産業ロック。60年代後半に変革を叫び、夢破れたロックは、70年代以降に大衆へと向かい、個的な愛や夢を語る装置として幻想化する。多くの人々がそれを共有化することで、商業的にも成功するのだ。
ただ僕はこの映画の80年代ロックを卑下するつもりは全くなく、逆に賞賛したいのである。なぜなら、僕自身がこの時代のポップ化したロックを聴いて育った世代だから。ある時期、それを否定して時代を遡ったけど、25年経った今、やっぱりその音楽が心に沁みるから。50年代に生まれたロックが反逆や反体制というイメージを覆し、大衆化、ポップ化していく過程を思うと、僕は自分自身や時代と重ねあわせて、ロックそのものをとても愛おしく感じる。ロック・オブ・エイジズを観ているとロックって素直にいいなぁって思う。観ているだけで、僕の涙腺は自然にゆるむのだ。

我が青春の楽曲たち。スクリーンで弾けるその映像は、まさしくベストヒットUSAやMTVで観た洋楽PVそのものである。キラ星の如きロックスターたち。僕らが洋楽に憧れたイメージ、幻想としての物語、その映像化。

主人公2人のデュエットが素晴らしかった。最後の”Don’t Stop Believin’” トム・クルーズもカッコよくて、無様で、とても痺れたよ。それとREOのTシャツを着て歌う年老いたケビン・クローニン。最高に泣けたなぁ。
onomichiさん [映画館(字幕)] 10点(2012-11-03 11:53:27)(良:1票)
8.ステイシー・ジャックスよりもフランク・マッケイのほうが好きだ。いつも思うんだけど、ミュージカルを楽しめない・・・。
ようすけさん [映画館(字幕)] 5点(2012-11-03 09:17:16)
7.私も青春ド真ん中世代なので映画視聴中は楽しかったけど、見終わるとお話がアレなんで評価はこれで。オリジナルのブロードウェイ舞台版の方が一緒に歌って騒げそうで楽しめるかも。日本の映画館では騒ぎにくいから。あとのマイナス点はやっぱりトム・クルーズが好きでないってところで。あの役も別のもっと細マッチョセクシーでロックしてる人がやってくれた方が良かったな。キャサリン・ゼタ=ジョーンズがブリジット・ニールセンばりの格好してくれたのがウケた!
movie海馬さん [映画館(字幕)] 6点(2012-10-08 20:42:30)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 26人
平均点数 6.58点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
427.69%
5519.23%
6726.92%
7519.23%
8415.38%
913.85%
1027.69%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 5.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 8.50点 Review2人
5 感泣評価 4.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS