アウトレイジ ビヨンドのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アウトレイジ ビヨンド
 > (レビュー・クチコミ)

アウトレイジ ビヨンド

[アウトレイジビヨンド]
Outrage Beyond
2012年【日】 上映時間:112分
平均点:6.41 / 10(Review 87人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-10-06)
アクションドラマシリーズもの犯罪ものヤクザ・マフィアバイオレンス
新規登録(2012-08-18)【+】さん
タイトル情報更新(2015-02-24)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督北野武
キャストビートたけし(男優)大友(元大友組組長)
西田敏行(男優)西野(花菱会若頭)
三浦友和(男優)加藤(山王会会長)
加瀬亮(男優)石原(山王会若頭)
中野英雄(男優)木村(木村一派)
松重豊(男優)繁田(刑事)
小日向文世(男優)片岡(刑事)
高橋克典(男優)城(花菱会組員)
桐谷健太(男優)嶋(木村一派)
新井浩文(男優)小野(木村一派)
塩見三省(男優)中田(花菱会幹部)
中尾彬(男優)富田(山王会幹部)
神山繁(男優)布施(花菱会会長)
名高達男(男優)白山(山王会幹部)
光石研(男優)五味(山王会幹部)
白竜(男優)李(チャン・テソンの側近)
田中哲司(男優)舟木(山王会幹部)
山中崇(男優)山王会組員
菅田俊(男優)岡本(山王会幹部)
中原丈雄(男優)刑事
深水三章(男優)刑事
中村育二(男優)刑事
井坂俊哉(男優)花菱会組員
國本鍾建(男優)花菱会組員
西沢仁太(男優)国土交通省役人
山中アラタ(男優)山王会組員
中村英児(男優)山王会組員
月船さらら(女優)
出演北村総一朗関内(前山王会会長)(写真)
脚本北野武
音楽鈴木慶一
オフィス北野(音楽製作)
撮影柳島克己
製作バンダイビジュアル(「アウトレイジ ビヨンド」製作委員会)
テレビ東京(「アウトレイジ ビヨンド」製作委員会)
オムニバス・ジャパン(「アウトレイジ ビヨンド」製作委員会)
ワーナー・ブラザース(「アウトレイジ ビヨンド」製作委員会)
オフィス北野(「アウトレイジ ビヨンド」製作委員会)
プロデューサー森昌行
吉田多喜男
川城和実(アソシエイトプロデューサー)
配給ワーナー・ブラザース
オフィス北野
特殊メイク江川悦子
特撮納富貴久男(ガンエフェクト)
美術磯田典宏
尾関龍生(装飾管理)
江川悦子(造形)
柴田博英(装飾)
衣装黒澤和子
山本耀司(大友衣装)
編集北野武
太田義則
録音柴崎憲治(音響効果)
堀内戦治(整音)
鈴木慶一(音楽録音)
照明高屋齋
その他吉川威史(キャスティング)
東京現像所(協力)
あらすじ
山王会は、新会長である加藤のもとで勢力を拡大していた。しかし加藤は、若く新参者である石原に絶大な権力を与えており、そのことに対し古参の幹部の多くは不満を持っていた。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
87.《ネタバレ》 日本映画史に残るあっけない荒業を使って黄泉の国から現生に帰ってきた大友の親分。「大友が死んだなんて私言ってないですよ、噂があるって言っただけです」、いやはや、こんなセリフだけでプロデューサーからの無茶ぶりを解決させたたけしは、やはり天才なのかもしれません(笑)。 さて二作目として物語をパワーアップさせるために登場してきたのは、お馴染みの関西の大組織。3分に一度は役者の誰かが「コノヤロー!」「バカヤロー!」を口にするのはスコセッシ映画の“FUCK”みたいなものだと思いますが、そこに関西弁が入ってくると迫力が一段ましです。刑務所から出てきても大友のお人よしぶりは相変わらずで、在日のフィクサーのところにいるときは借りてきた猫みたいに大人しいし、なんだかんだと言ってもけっきょく片岡の扇動に乗って木村とともに山王会潰しに奔走するわけです。でも殺しを重ねるうちに、大友の残忍な本性がだんだん目覚めてくる感じはよく出ています。花菱会のリップサービスを真に受けている木村に愛想を尽かして大友が最後に逃げだしちゃうところなんか、要は前作の愚かだった自分の姿を見てるようで嫌になっちゃたんだろうな、学習の効果が少しはあったというわけです。たけしのヤクザ映画にはいわゆる“指ネタ”はお約束ですけど、それにしても歯で自分の指を食いちぎるとは、木村は前作ではカッターナイフで指を詰めようとして悪戦苦闘しただけに、お前の歯はカッターナイフの刃よりも固いんかい、と思わず突っ込みを入れてしまいました(笑)。 この映画での最大のサプライズはやはりラストですが、これは大友がまだ見ぬ第三作ではカッコつけるの止めて鬼に徹することになるのを暗示してるのかな?
S&Sさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2019-01-26 22:14:09)★《新規》★
86.《ネタバレ》 前作の方が良かった。バイオレンス描写は、シャープ。関西弁に違和感あり。
にけさん [映画館(邦画)] 6点(2019-01-26 21:37:04)★《新規》★
85.《ネタバレ》 前作よりも更にパワーアップして面白くなっています。とにかく、なんらかの組織に属している方であれば、見ていて「あるある」と頷いたり、登場人物を知り合いにあてはめたりして楽しめる作品です。

これは単なるヤクザ映画ではなく、日本社会そのものをヤクザ社会に投影して描いた映画ですね。とにかく、北野監督の冷徹なまでの人間観察力、虚無感、ユーモア等々が全てマックスレベルで投入されています。
そして、「本当の敵は誰なのか」を明確にしたラストの素晴らしさ。まさに満点の映画でした。
TMさん [DVD(邦画)] 10点(2018-10-07 00:48:45)
84.《ネタバレ》 「続編なのに面白くなってるじゃねーか、このヤロー!」と思わず“コノヤロー、バカヤロー文体”で書きたくてたまらなくなるから困る(苦笑)。そんな、この映画の“魅力”(もしくは“魔力”)を変に照れずに全開バリバリで押し通した結果のパワーアップだったように思えます。ちょっと大友と木村がビミョーに「いいヤクザ」になってしまいましたが、まぁ逆に感情移入しやすくなって良かったのかもです。
そして…個人的には高橋克典の“特命ヒットマン”がオモロカッコ良くてツボでした(笑)。
幻覚@蛇プニョさん [地上波(邦画)] 8点(2017-11-19 11:03:29)
83.《ネタバレ》 大友はすっかり丸くなって「みんな悪人」ではなくなったけど、加藤が死んだ時はスカッとしたね。片岡死んだときもスカッとしたね。
センブリーヌさん [インターネット(邦画)] 7点(2017-10-14 13:27:56)
82.《ネタバレ》 前作とほぼノリは一緒。会話に関西弁がプラスされたくらいか。関東ヤクザのパートはいいんやけど関西ヤクザのパートに違和感がある。一人ひとりの演技というより掛け合いの問題。前回いい演技してたなと思った役者が軒並み死んでいたのでパワーダウンは否めない。
今回ちょっとタケシの役どころがいい格好し過ぎでバランスが悪い。
CBパークビューさん [DVD(字幕)] 5点(2017-10-14 12:15:23)
81.前作より派手さも無く大味だし、西田敏行や中尾彬の登場は緊張感よりむしろ変な安心感を生んでしまっている。3部作の間を意識して作った感が強かった。前作では怖みがあった加瀬亮もただのチンピラに成り下がってしまった様な演出でやや残念。
Kの紅茶さん [地上波(邦画)] 6点(2017-10-05 10:11:48)
80.相変わらず派手な殺し方は多いけど、前作よりもギャグが少ないのでちょっと物足りない感じ。
ちょっと調子に乗るとすぐ殺されるので、この世界で生き残るには無欲でなくちゃいけない。
たけしが死なないのは主人公だからではない。失うものが何もないし、やる気もないからだ。気づけば、段々と「ソナチネ」で演じたヤクザに近づいていってる気がする。
最終章では同じ結末になりそうな気がしないでもない。
ヴレアさん [DVD(邦画)] 6点(2017-09-09 21:31:27)
79.《ネタバレ》 待望の続編。ビヨンドって響きがな~完全に続編なわけで1観てないとストーリーが分からないはずなので2でよかったんじゃないかな。
まず目を引くのはキャストの豪華さ。西田に松重に白竜に高橋に桐谷に新井に田中に。出演の逆オファーもあったっていうから武映画のファン(?)がずらりと並ぶ。椎名桔平がいないのは残念だが加瀬や中野も危なさ健在。これだけでも見応え十分です。
残虐シーンが一番の期待だったがドリルか…。これもいいんだけど。やっぱり期待してたのは関東VS関西。これじゃあかませ犬過ぎて。関西の圧勝ジャン。それは次回作で鬱憤を晴らしてくれることでしょう。
アウトレイジ3公開発表まで待ったなし。登場人物が死に過ぎてキャストが予想しづらいぞバカヤロ。
Mighty Guardさん [映画館(邦画)] 8点(2016-10-02 23:58:09)
78.ドンドン人が死んでいく。緊張感あるバイオレンスシーン満載だったけど、あまり内容は記憶に残らなかった。前作はシナリオがしっかりあったので、今回は少し残念。しかし、たけしのヤクザ役は相変わらずカッコいい。
SUPISUTAさん [DVD(邦画)] 6点(2016-09-25 12:42:32)
77.前作に比べると、良くも悪くも「まとまった」印象。前作の物語が、どこへ転がっていくのか、どこまで転がっていくのかわからない動的な面白さを持っていたのに比べると、本作は、何人かの人物の転落の姿にフォーカスした物語で、バイオレンスではあっても静的なものが感じられます。なので、物語の意外性、という意味では、前作よりも大人しいかな、と思いきや。ラストに至って、それはこの結末の意外性を際立たせるための布石であったか、と思わされます。なるほどそうきたか、と。前作では主人公・大友が、のっぴきならない立場の中で彼自身も事態をかき回す存在の一人であったのに比べると、今回の彼は、事態から離れようとし見守ろうとする立場なんだけれども、事態の方が自ら崩壊を起こしながら彼を追いかけてくる。その原動力となるのが、中野英雄のスゴミであったり、加瀬亮のキレっぷりであったりするのでしょうけれど、それを上回るのが何といっても小日向文世のメフィストフェレスっぷり、ですわな。何考えているかわからない人が、一番コワい人、という訳で。
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2015-09-05 14:55:18)
76.バンバン人が死んでいく。目が離せないが、一本調子で印象に残りにくい嫌いも。
飛鳥さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2015-09-02 00:18:48)
75.2015.05/06 鑑賞。前作に続きかなりハードバイオレンス。でも慣れは恐ろしい、ショックは減る。前半は結構心理面も面白いがビートの出獄後の展開が雑で荒過ぎる。ちょっと残念。ビートより小日向が主役並みで好演。
ご自由さんさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2015-05-06 18:35:59)
74.《ネタバレ》 ぶんぶんぶん ハエが飛ぶ 
おたけのまわりを 
こひなた ちょろちょろ 
ぶんぶんぶん ハゲが飛ぶ
3737さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2015-04-30 21:40:32)(笑:1票)
73.《ネタバレ》 東と西の激突を期待していただけに消化不良気味
osamuraiさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2015-04-29 21:46:24)
72.《ネタバレ》 面白かったですが前作に比べると、少し張り切ってしまいガチャガチャした普通のヤクザ映画という印象でした。
元気に水中を泳ぐ魚より、水底で蠢いているドジョウやウナギの様な前作の雰囲気が良かったので少々残念です。
花菱会と、水原と、木村の下に着いていた若い2人がその要因だと思います。
花菱会の3人組は、もろステレオタイプの関西ヤクザと言った印象ですが、配役、演技は良かったです。特に塩見さんは引くほど怖かったです。
彼等をトーンダウンさせる必要はないと思うので、寡黙で不気味な第4の人物を花菱会の中に立てて、バランスを取って欲しかったです。(勿論、喋る時は関西弁)
水原は前作での雰囲気が良かった為にがっかりしました。
小物感を出す為だと思いますが、中尾さんを始めとする周りの組員の演技に対して、加瀬さんのあのヒステリックな演技は上手いとは思えませんでしたし、小物感に対する演出、演技の程度や方向が違っていたように思います。
重要な役どころだったので、1人だけビー・バップ・ハイスクールになってしまったのは残念です。
それに対して、清廉性はあるが口と態度が悪いマル暴の繁田は説得力が有り、演じている松重さんも役にハマっていました。

 脚本は前作同様、設定や話の筋におかしな所が無かったのでストレス無く見る事が出来ました。
音楽が唯一前作を超えていたという印象でした。
しってるねこのちさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-04-16 16:06:41)(良:1票)
71.前作の完全な続き物なので、内容を思いだすのに多少時間を要したけど、ストーリー自体は単純なので問題はなかったです。
登場人物のキャラ分けはできているし、何と言っても、たけしの存在感はやっぱりすごい。
普通に面白いヤクザ映画でした。
MAHITOさん [地上波(邦画)] 5点(2015-03-24 08:43:13)
70.演技力は流石の一言。人を威圧するシーンは感心ものでした。でも話がイマイチ盛りあがらなかった。もっと意外性がほしかった。
真尋さん [DVD(邦画)] 4点(2015-03-07 17:56:51)
69.《ネタバレ》 前作に比べるとパワーダウンしている感は否めません。そして、前作を観ていなければまったくもって意味が分からないと思われます。どうせなら2作続けて観ることをお勧めします。
いっちぃさん [地上波(邦画)] 6点(2015-03-01 23:27:16)
68.一部まともな人がいたり残虐表現が少ないとかあるけど、前作に続きおもしろかった。
ラスウェルさん [DVD(邦画)] 7点(2015-02-14 12:50:02)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 87人
平均点数 6.41点
000.00%
100.00%
222.30%
300.00%
411.15%
52225.29%
62022.99%
72225.29%
81517.24%
944.60%
1011.15%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.33点 Review3人
2 ストーリー評価 7.00点 Review9人
3 鑑賞後の後味 6.60点 Review10人
4 音楽評価 6.20点 Review5人
5 感泣評価 4.25点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS