ラスト・ボーイスカウトのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ラ行
 > ラスト・ボーイスカウト
 > (レビュー・クチコミ)

ラスト・ボーイスカウト

[ラストボーイスカウト]
The Last Boy Scout
1991年【米】 上映時間:105分
平均点:6.04 / 10(Review 55人) (点数分布表示)
アクションドラマサスペンス犯罪もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-03-19)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督トニー・スコット
助監督ジェームズ・W・スコッチドポール
ドナルド・J・リー・Jr(第二助監督)
キャストブルース・ウィリス(男優)ジョー・ハレンベック
デイモン・ウェイアンズ(男優)ジミー・ディックス
ハリー・ベリー(女優)コリー
チェルシー・フィールド(女優)サラ・ハレンバック
テイラー・ネグロン(男優)マイロ
ブルース・マッギル(男優)マイク・マシューズ
キム・コーツ(男優)チェット
モリス・チェスナット(男優)
ビリー・ブランクス(男優)ビリー・コール
エディ・グリフィン(男優)
ノーブル・ウィリンガム(男優)シェルドン・マルコーネ
樋浦勉ジョー・ハレンベック(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
山寺宏一ジミー・ディックス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
高島雅羅サラ・ハレンバック(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
本多知恵子ダリアン・ハレンベック(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
筈見純シェリー・マーコン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
麦人マイロ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
亀井芳子コリー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
辻親八マイク・マシューズ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
有本欽隆ベイナード議員(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
江原正士チェット(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)/マイロ(〃【フジテレビ】)/ジミー(〃【日本テレビ】
池田勝ベッサロ刑事(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
塚田正昭マッコスキー刑事(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
幹本雄之(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
中博史(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
中田和宏(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
桜井敏治(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
大谷育江(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
喜田あゆ美(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
村野武範ジョー・ハレンベック(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
玄田哲章ジミー・ディックス(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
坂口芳貞シェリー・マーコン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
水谷優子コリー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
秋元羊介マイク・マシューズ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
仲野裕ベイナード議員(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
富田耕生ベッサロ刑事(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小島敏彦マッコスキー刑事(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
伊井篤史(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
一柳みる(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
野沢那智ジョー・ハレンベック(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
山路和弘ジミー・ディックス(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
勝生真沙子サラ・ハレンバック(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
坂本真綾ダリアン・ハレンベック(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
藤本譲シェリー・マーコン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
牛山茂マイロ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
田中敦子〔声優〕コリー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
石塚運昇(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
島香裕(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
磯部勉ジョー・ハレンベック(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
銀河万丈シェリー・マーコン(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
有川博マイロ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
沢海陽子コリー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
長島雄一マイク・マシューズ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
小林勝彦ベイナード議員(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
宝亀克寿ベッサロ刑事(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
荒川太郎チェット(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
福田信昭(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
星野充昭(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
伊藤栄次(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
松本大(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
沢木郁也(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
柳沢栄治(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
小林さやか〔声優・1970年生〕ダリアン・ハレンベック(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
脚本シェーン・ブラック
音楽マイケル・ケイメン
挿入曲プリンス"Gett Off"
撮影ウォード・ラッセル
製作ジョエル・シルヴァー
スティーヴ・ペリー〔製作〕(共同製作)
マイケル・レヴィ
ワーナー・ブラザース
製作総指揮シェーン・ブラック
配給ワーナー・ブラザース
美術ブライアン・モリス[美術](プロダクション・デザイン)
ジョン・H・アンダーソン(セット装飾)
衣装マリリン・ヴァンス
編集マーク・ゴールドブラット
マーク・ヘルフリッチ
スチュアート・ベアード
クリスチャン・ワグナー〔編集〕(追加編集)
マイケル・トロニック(追加編集)
クリス・レベンゾン(追加編集)
コンラッド・バフ(追加編集)
スタントダニー・アイエロ三世
ケニー・ベイツ
ケイン・ホッダー(ノンクレジット)
スティーヴ・ボーヤム
ノーマン・ハウエル
グレン・R・ワイルダー
その他マイケル・ケイメン(指揮)
スティーヴ・ペリー〔製作〕(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
55.《ネタバレ》 ○ブルース・ウィリスの役にどこか「ダイ・ハード」的な影を落としつつ、エンターテイメントとしてそこそこの仕上がりにするトニー・スコットはさすが。○娘の位置づけが、映画内でころころ変わるので、脚本はかなりいい加減。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2016-10-29 23:06:18)
54.《ネタバレ》 娘からの助け舟で、ぬいぐるみに隠した銃で逆襲するシーンが好き。オープニングの自動車爆破シーンとかも迫力が有って良い。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 6点(2015-11-16 00:53:43)
53.ブルース・ウィリスというヒト、役を選ばないのか働き者なのか、『ダイ・ハード』で大当たりをとって以降は休むことなく山ほど映画に出演しておりますが、『ダイ・ハード』を観ててもわかるように、このヒト、あまり真面目で必死な表情は似合って無くって、ダラダラヨレヨレした感じが非常に似合っております。まあ「そもそも」の出演作であるテレビドラマ『こちらブルームーン探偵社』での役柄が一番ピッタリだった気もする訳で。で、この『ラスト・ボーイスカウト』。『ダイ・ハード』後の彼は何か自分のハマリ役を探そうとするかのように様々な役に挑戦し(ているのかと思ってたら実際は無節操なだけだった)、そんな中で、この作品の役柄などは彼にピッタリな感じがするのですが。でも何か変。きっと「監督=トニー・スコット」ってのがマズイんでしょう。でもその変な感じがまた作品の特徴だったりもします。本作の主人公、昔はそれなりのキレ者だったらしいけど、今では酔いどれのしがない私立探偵。奥さんにも浮気されちゃったりして、どうしようもないヤサグレ感、ブルースウィリス感。またその一方で、殴り殴られ口から血反吐を吐く場面が繰り返される、タフでハードな描写。これぞまさに典型的なハードボイルドの世界ですな。夜の雰囲気も魅力的。と、イイ感じなのにそこはトニー・スコット。なぜか大味な展開になり、そもそもこのハードボイルドなはずの主人公が、まさか二丁拳銃ぶっぱなしまくるとは思わなんだ。後半の娘とのカラミももうハードボイルド形無しでむしろコメディ路線か、これは。ラストはもちろんスペクタクルに締めくくり、そりゃこんなイカした作品に出てりゃ、ブルース・ウィルスも迷走するわな、と。そしてそんな彼の自分探しの旅は、今なお続くのでありました。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-08-14 00:41:57)
52.《ネタバレ》 やたらと重くシリアスになったかと思えば、急にお馬鹿で陽気な2人組路線になったり、クライマックスではギャグとしか思えないシュールな演出が炸裂したり(あの馬というのも大概漫画的だけど、わざわざ照明の当たる箇所から狙撃するあの敵キャラは、頭が悪いのか?)と、思いつきで場当たり的な作り方しかしていないので、いくら派手に爆破やカーチェイスのシーンを入れても、予算の無駄遣いでしかないのです。あと、娘を危機にさらしたり放置したりするのはまだいいとしても、例え急場をしのぐ方便とはいえ、娘に銃口を向けるのは絶対にありえない。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2013-06-18 01:03:34)
51.《ネタバレ》 初めはいいのよ。まず社会的な大事件をポンと置いて、次にうらぶれた主人公へのつまらなそうな依頼があって、それがだんだんつながっていく段取りね。古風なハードボイルド風の気の利いたセリフもあり、キザと悪趣味のギリギリの線で面白く、でも展開がザツなんだな。こういうのではよくあるんだけど、主人公以外はあっさり殺すのに、主人公だけは手をかけて拉致するだけで、あとで逆転されてしまう悪漢、とかさ。良かったのはしつこい殺し屋か。テープ早回しすると絡まっちゃうってのはおかしかった。これトニー・スコットか。自殺記事ではもっぱら“『トップガン』の”と書かれていたが、『トゥルー・ロマンス』が面白かった記憶。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 6点(2012-08-27 09:47:16)
50.《ネタバレ》 そっかー、探偵なんですよねー、ブルース。最近、金田一耕助シリーズを観てたので、ブルース・ウィリスの犬神家の一族とかだったらどんな解決法なんだろーなーなんて思っちゃいました。一見冴えないオッサンぶりは共通の特徴ですが、日米の探偵ぶりの違いに愕然ですね!あ、この作品ですけど、フツーにハラハラドキドキ、なかなか面白かったです。
ろにまささん [地上波(吹替)] 6点(2012-04-14 23:13:58)
49.《ネタバレ》 ワンパンで鼻をめり込ませて敵を殺すという、B級ホラー並みの殺人パンチを披露してくれたブルース。ヘリコプターの羽に敵が巻き込まれミンチになって、周囲の人々がボーゼンとするなかで、何故か踊り出すブルース。あんた最高。
真尋さん [地上波(吹替)] 6点(2012-04-11 21:06:19)
48.ブルース・ウィリス主演、私立探偵の活躍を描いたアクション映画。
ややハードボイルドタッチの内容で、斜に構えた主人公のキャラに新鮮さは感じないけど、
ブルースはひたすらカッコよく描かれています。ハードボイルドといっても、
娯楽映画のポイントはしっかり押さえているので、万人向けといえば万人向け。
ストーリーそのものに関しては、あまり面白味は感じなかった。
やはりブルースを見るための映画。
MAHITOさん [地上波(吹替)] 4点(2011-08-21 09:51:12)
47.探偵のクセに無茶しすぎだっつーの
くまさんさん [インターネット(字幕)] 7点(2010-06-07 04:35:33)
46.《ネタバレ》 なかなかの良作。
物語を通し、終始汚い言葉が飛び交い、クソッタレが次々と死んで逝きますw
序盤でブルースの親友で妻の浮気相手であるデブが吹っ飛ぶ場面で
「これは(・∀・)イイ!」とw
消えて欲しい場面で的確にクソどもが死ぬのが爽快!!
ブルースのふてぶてしさと暴れっぷりはダイハードに負けず劣らず。

ラストの場面ではこのままシリーズ化されそうなやりとりがあって、
このコンビでの続編を見てみたい気もしたが、なくて正解だったんでしょうなw

惜しむらくは上院議員が生きたままだったので
コイツも爆弾で吹っ飛ばして欲しかったところだ。
それとこの映画の中で警察は何の仕事もしません。
そこは現実と同じで非常にリアルだなと感じた。
幸志さん [地上波(吹替)] 7点(2009-11-23 04:58:48)
45.ちょっと平気で人殺しすぎではないか?キャラクターの割には。あと奥さんの存在感が無いのが新鮮だった。
nojiさん [地上波(吹替)] 5点(2009-08-06 12:22:13)
44.《ネタバレ》 こういうサエナイ中年のおっさん役やらせると、ブルース・ウィリスはいいですね~~ なぜか違和感がない(笑)ま、確かに「?」で無理あるポイントありますが、あまり気にならず一気に観ちゃいました。 言われてみれば良き相棒ができて、続きがありそうな感じで終わりましたね~ ちょっとこの二人の今後をみてみたくなっちゃいました。 なかなかけっこう好きですよ、こういう作品
Kanameさん [インターネット(字幕)] 8点(2009-03-05 08:52:21)
43.メンツの時点で中身は推して測るべしな90年代アクションですが、あらためて見返してみると、冒頭15分のみ完璧な仕上がり。「フットボールはお祭りですよ!」とバカバカしいまでの盛り上がりの音楽でスタートしたかと思いきや、本編最初のカットは一転して重々しい雨のスタジアム。何やら電話を受けた選手が深刻な顔をすると、試合の真っただ中に突如銃を取り出し、相手チームの選手を射殺するという空前絶後の掴みで物語が開始されます。次に来るのは登場人物の紹介場面。真っ昼間から酔い潰れるいかにもしがないブルース・ウィリスですが、そんな彼が部屋のわずかな変化を察知し、クローゼットにいるであろう妻の浮気相手に対して鋭い脅しをかけるたった数分の描写で、人物像をほぼ完璧に見せ切っています。妻の浮気相手がよりにもよって主人公の親友であることも、本来は敏腕であろう彼が、家族からも友達からも尊重されない人間になり下がっている現状を見事に表現。また、奥さんは郊外に似つかわしくない美人なのですが(梅宮アンナ似)、恐らくは主人公が輝いていた頃に結婚し、その後何かのきっかけで落ちぶれていったために家族からも見放されることになったことを想像させます。本筋となるアクションも主人公達のドラマも非常にエッジの立ったものを期待させ、「ただのアクション映画じゃないぜ!」というオーラをムンムンに放っているのです。しかし、そんな秀逸な冒頭15分を過ぎると映画の質は一気に低下します。シリアスな雰囲気からはじまった作品が、リーサル・ウェポンのようにベラベラとしゃべりまくるただのバディアクションに早変わり。あれほど家庭が荒れていたはずなのに、いきなり「お父さんを探しにきた」と言ってアクションに加わる娘などは、物語前半と後半ではまるで別人となっています。丁寧に陰謀を説明してくれる敵ボスのカックンぶりや、安物のニコラス・ケイジのような中ボスの壮絶な印象の薄さも見逃せません。取ってつけたような大団円を迎えるラストも最悪で、無精ヒゲを剃り、髪型もバッチリ決めたブルース・ウィリスのわかりやすすぎる変化ぶりに笑ってしまいました。本来はよくできた脚本だったのに、一般客向けに角をとってしまった結果、どうにももったいない出来になってしまったようです。トータルではあまり評価できない映画なのですが、作品中の荒れた部分は物凄く魅力的なので部分評価で6点とします。
ザ・チャンバラさん [DVD(字幕)] 6点(2008-09-01 02:51:38)(良:1票)
42.ブルース・ウィリスの作品は結構波があるが、これは面白い方。トニー・スコットの演出もスピーディーでパワフル。「探偵」という職業が良い。ラストも爽やか。
フライボーイさん [DVD(吹替)] 6点(2008-02-08 21:36:46)
41.映画館で観たという事実に、自分でも驚いた!
にじばぶさん [映画館(字幕)] 6点(2007-10-12 00:19:27)
40.《ネタバレ》 ありきたりっちゃあ、ありきたりで、4~5回ほど見てるはずなのにあまりアクションシーンが頭に残らない。でも冒頭でいきなり妻に浮気されるというものすごく情けないというかやるせないシーンがけっこう効いてて、ついつい応援したくなる。で、ラストで娘の父に対する言葉遣いを注意する母、という描写に毎回頷くのだ。子供が父親のことを尊敬できるかどうかは、父親の行いはもちろんであるが、妻の夫に対する行いも重要なのだよ。聞いてるか?うちのヨメさん。
R&Aさん [DVD(字幕)] 6点(2007-08-01 12:01:52)
39.「ラストマン・スタンディング」とごっちゃになってて今まで観てなかったんですけど、意外や意外、中々面白かったです。何より本作のブルース・ウィリスは、「シン・シティ」の時よりハードボイルドでカッコ良いんじゃないでしょうか。また、最近のトニー・スコット作品よりは、余程マトモで観易い仕上がり。中身が無いっちゃぁ無いですけど、こんなアクション映画にそれを言っちゃぁお仕舞いです。「中身のあるアクション映画」なんて私はほとんど知りません…。本作の場合はブルース演じる主人公のキャラクターが気に入れば、映画自体も好きになれるんじゃないでしょうか、6点献上。
sayzinさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2006-09-29 00:02:44)
38.特徴の無い映画ですぐ飽きてしまった。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2006-02-05 16:55:28)
37.この主人公に妻子はいらないんじゃないかと・・・。独身だったらシリーズ化もありえたと思う。題名もよくないね。
東京50km圏道路地図さん [地上波(吹替)] 6点(2005-07-10 21:17:37)
36.ダイハードⅠに並ぶ名作といえる。10点でもいいが、9点が誰もいなかったのと、続編がなかったので-1点。こんな名作、なんで今まで見てなかったんだろうか。最近の作品だと、ボーンスプレマシーに似た感じ。カーチェイス・ハードアクション。一見の価値あり。『fuck you! 』
joumonnさん [地上波(字幕)] 9点(2005-06-22 21:51:28)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 55人
平均点数 6.04点
000.00%
100.00%
211.82%
311.82%
4712.73%
51018.18%
61832.73%
71018.18%
847.27%
911.82%
1035.45%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 8.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review2人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS