月の輝く夜にのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ツ行
 > 月の輝く夜に
 > (レビュー・クチコミ)

月の輝く夜に

[ツキノカガヤクヨルニ]
Moonstruck
1987年【米】 上映時間:102分
平均点:6.59 / 10(Review 76人) (点数分布表示)
公開開始日(1988-03-26)
ドラマロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2012-12-08)【ESPERANZA】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ノーマン・ジュイソン
キャストシェール(女優)ロレッタ
ニコラス・ケイジ(男優)ロニー
オリンピア・デュカキス(女優)ローズ
ヴィンセント・ガーディニア(男優)コスモ
ジョン・マホーニー(男優)ペリー
ダニー・アイエロ(男優)ジョニー
ルイス・ガス(男優)レイモンド
アニタ・ジレット(女優)モナ
ジョー・グリファシ(男優)
ロビン・バートレット(女優)
脚本ジョン・パトリック・シャンレー
音楽ディック・ハイマン
挿入曲ディーン・マーティン"That's Amore"
ジャコモ・プッチーニ"La Bohème"より「冷たい手を」「愛らしいおとめよ」他
撮影デヴィッド・ワトキン
製作ノーマン・ジュイソン
MGM
パトリック・J・パーマー
配給UIP
美術フィリップ・ローゼンバーグ(プロダクション・デザイン)
字幕翻訳細川直子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
76.いかにも80年代に作られたメロドラマって感じでした。
シェールが主演女優賞を取ったようですが、群像的な作り方なので、主役を演じているように見えません。
1時間40分くらいで終わったから、よかったと思います。
もう一度見たいとは思わない。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2017-01-28 21:06:10)
75.《ネタバレ》 なんともう30年も前になりますか・・・
CSで久々の再鑑賞、当たり前だが出演されている皆さんが若い!
ニコラス・ケイジの若さは椅子からずり落ちそうになる位。
逆にシェールは余り変化が見られず少々怖い。
お話は良くあるファミリードラマ。
深刻な要素は無いのでワインでも飲みながら気楽に楽しめる。
たくわんさん [映画館(字幕)] 7点(2016-07-14 18:24:07)
74.とても面白く観ました。この映画は人によって意見が分かれそうですね。
cogitoさん [映画館(字幕)] 8点(2014-07-31 21:13:22)
73.予備知識無しで観ましたが楽しめました。
アフロさん [地上波(字幕)] 6点(2014-06-27 21:13:14)
72.《ネタバレ》 婚約者の弟と口論中にいきなりキスされてスイッチが入ってベッドイン。
月の魔力がそうさせたのか、女が単に尻軽なのか。
破棄された婚約指輪をその場で弟が兄から譲り受けてプロポーズ。
それをあっさり女が受けて、大円団のハッピーエンド――イタリア系ってこんなに動物的なのだろうか。
ツボが違うのか、気分に合わなかったのか、笑いどころがなかった。
シェールもラブロマンスの主人公としては好きでもないし、脚本も含めてアカデミー賞に値する魅力も理解できない。
飛鳥さん [ビデオ(字幕)] 3点(2014-04-28 01:43:59)
71.ニコラスケイジ氏の髪と歯に違和感を感じつつ鑑賞し続けることになりましたが、とてもいいストーリーの余韻に浸っていました。登場人物すべてがまたいいキャラで、サントラも◎、庶民的なイタリアンコミュニチィがほほえましかったです。シェールももちろんよかったです!!
HRM36さん [DVD(字幕)] 8点(2014-02-10 10:59:59)(良:1票)
70.《ネタバレ》 シェールの代表作。 芝居がかったセリフが多いのが舞台劇のようで、その面白さはウディ・アレンとはまたちがうイタリアン・テイスト。 確執のある兄弟とそれぞれに関わりを持つロレッタの変身後も濃厚に美しいけれど、飾っていない変身前の方が顔立ちのよさが見えやすい感じ。(地がいいということですが) マザコンのジョニー(ダニー・アイエロ、瀕死の母を看取りにいくシシリアン)と愛のない婚約をしながらロニー(ニコラス・ケイジ、まだ髪フサフサのパン職人)といい仲になってしまう彼女、さいご危機一髪なところをスコーンと小気味よく決まってくれるのが、逆転ホームランの爽快さ。 ローズ(オリンピア・デュカキス)がダンナの浮気にバシッと言えるのも、自分が魅力的な誘惑を退けたからこその力強さで、大団円にわけわからずに××してるおジイさんがオカシイ。 イタリアン・ファミリーの一騒動には、ニューヨークを照らす満月の魔力も関係していそうです。
レインさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-03-08 07:00:07)(良:1票)
69.大爆笑する感じではないけど、なんだか滑稽でじわじわ来る面白さがある。
ストーリー展開も巧みで、どうなってしまうんだろう???と期待感を煽られる。
最後にとんでもない修羅場が待ち受けてるかと思ったら、意外と丸く収まってしまうというのが微笑ましいですね。
あと、どうでもいいことだけど、結局は跪かなくてもいいのね。
もとやさん [地上波(字幕)] 7点(2012-12-28 16:22:13)
68.米国映画だけどイタリア的ラブコメディの匂いがプンプン、そうかイタリア系米国人の家族なのか。オペラもイタリア、プッチーニの「ラ・ボエーム」だし・・・。でもポエームが主人公の死で悲しく終わるのに、この映画はどさくさに紛れてハッピーエンド、危篤の病人まで生き返るし・・・。ストーリーは結構単純なのだけど、雰囲気と音楽の良さでカバー、ビッキー・カーの歌とディック・ハイマンの音楽がすばらしい。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 7点(2012-12-04 22:25:34)
67.《ネタバレ》 特濃な主人公二人の顔に慣れるのにちょっと時間かかったけど、それはそれとしてお話はけっこう面白い。コメディーの段取りをきちんと踏襲しているし、笑いの質がほのぼのと丸っこいのが良い。意外や上手いこといってる展開なのに、婚約不履行を相手から言われるとそれはそれでムカッときちゃう女心、いやあわかりますよ。成就するもしないも色々あれど、ちょこっと恋に落ちちゃう皆さん。まあこれは満月のせいということで。アカデミー受賞の大看板はこの作品には無い方がいいかも。そっと名画座あたりで上映されるべきテイスト。あ、シェールのくるぶしまであるロングコートがこの時代っぽくてとても懐かしかった。
tottokoさん [ビデオ(字幕)] 7点(2012-05-09 11:03:23)
66.男女間において一歩間違えれば大変な事態を引き起こすような出来事をカラッと明るく楽しいほどに巧くまとめた見事な秀作。シェールを始め登場人物それぞれ個性豊かな人たちばかりで爽快な気分に浸れました。
白い男さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2012-01-09 23:27:17)
65.「男が女を追うのは死への恐怖から」。王道でした。
すたーちゃいるどさん [地上波(字幕)] 6点(2011-11-18 11:57:46)
64.《ネタバレ》 なるほどね。それは確かに弟の方に惹かれる気持ちが何となくだけど解る気がしてしまうほど兄貴のアホ、マヌケぶりがある意味微笑ましくもあり、情けなくもありと色んな意味でこの映画に出てくる人達はどこか憎めない。結婚したい相手にプロポーズする場面で大事な指輪さえ忘れるわ、挙句の果てには弟に女を持っていかれるわでどうしようもないバカ兄貴!話としては都合の良すぎる展開も全て許せてしまうのは雰囲気が良いのと、絵が美しいのと音楽も美しく、都会の町並みの風景やら空に浮かぶ大きな月、それを見て吠える犬、一度に五匹もの犬を連れて歩くおじいちゃんも微笑ましかったりとそういうものもこの映画を単なるラブコメディではない、大人のドラマとして見せるだけのものを感じさせる上手さを感じることが出来た。
青観さん [DVD(字幕)] 7点(2010-09-23 21:18:51)
63.普通のアメリカン・ラブコメかと思って見始めたのですが、恋愛に絡む当人同士だけじゃなく、家族の絆やイタリア系の絆の深さやその気質なんかも上手く織り交ぜられたいい意味で大らかさがあって、温かみのある人間ドラマでした。ドロドロした方向に行ってもおかしくなかった本作の人間模様を短い時間で上手くハッピーエンドにまとめ切った家族が揃った朝食のラストシーンがお見事でした。
とらやさん [DVD(字幕)] 7点(2010-05-05 21:13:55)
62.《ネタバレ》 なんてことない映画ですが、ハッピーだし、のんびり見るにはいいと思いました。
色鉛筆さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2008-08-16 16:54:04)
61.アメリカ人が持っている「イタリア人情もの」ステレオタイプの典型みたいなストーリー。
小原一馬さん [地上波(字幕)] 3点(2008-05-25 00:38:08)
60.《ネタバレ》 まぁ、この頃のシェールは信じられないほどの美貌と知的さも兼ね備えた容姿で圧倒していて、ハリウッドゴシップがどんなに叩いてもモノともしない妖艶さにバブル期に青春だった(古くさい表現でヘドが出る)私には眩しすぎて、みつめられないほどで。映画のタイトルが正しくピッタリで。20年経って今観ても、きっと秀麗なんだろうなぁ。久々にまた観たい作品。
成田とうこさん [ビデオ(字幕)] 7点(2008-04-21 05:50:19)
59.《ネタバレ》 いいです。本当は結構アブナイ話なんだけど、ユーモアと軽さで見事な喜劇に仕立て上げてる。嘘くささがないんですよね。演技っていう感じじゃない。本当にああいう家族がいて、生活感溢れる住まいで、イタリアンファミリーを覗き見してるような感じに思えてくる。だから、いくら話が大嘘(ありえない!)でも、納得して見れちゃう。人間味のあるシェールの演技にオスカー獲得も納得。
あろえりーなさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2008-03-04 20:53:36)
58.ラブロマンスというよりもファミリー・ドラマですね。アメリカ作品らしからぬ、手作り感あふれるほのぼのとした作りが新鮮です。シェールとニコラスが終始ぼそぼそ喋りだったのが残念。こういう話だからこそ、演技も明るく楽しく行ってほしかった。
Oliasさん [DVD(字幕)] 6点(2007-11-29 03:41:42)
57.アメリカ人が「筋肉がなければ男じゃない」「胸がなければ女じゃない」という風潮になる前だったので、ニコラス・ケイジは違う人に見えた。アカデミー賞で助演女優賞を獲得しただけあってオリンピア・デュカキスはよかった。
あるまーぬさん [DVD(字幕)] 4点(2007-07-23 19:11:33)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 76人
平均点数 6.59点
000.00%
100.00%
200.00%
345.26%
445.26%
51114.47%
61317.11%
72026.32%
81823.68%
945.26%
1022.63%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.33点 Review3人
2 ストーリー評価 5.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 6.75点 Review4人
4 音楽評価 2.00点 Review1人
5 感泣評価 2.00点 Review1人
chart

【アカデミー賞 情報】

1987年 60回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演女優賞シェール受賞 
助演男優賞ヴィンセント・ガーディニア候補(ノミネート) 
助演女優賞オリンピア・デュカキス受賞 
監督賞ノーマン・ジュイソン候補(ノミネート) 
脚本賞ジョン・パトリック・シャンレー受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS