火垂るの墓(1988)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ホ行
 > 火垂るの墓(1988)
 > (レビュー・クチコミ)

火垂るの墓(1988)

[ホタルノハカ]
Grave of the Fireflies
1988年【日】 上映時間:88分
平均点:6.64 / 10(Review 406人) (点数分布表示)
公開開始日(1988-04-16)
ドラマ戦争ものアニメ小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-10-11)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督高畑勲
辰巳努清太
白石綾乃節子
山口朱美未亡人
志乃原良子
中村正[声優]
原作野坂昭如「火垂るの墓」
脚本高畑勲
音楽間宮芳生
撮影大地丙太郎
岡崎英夫
プロデューサー原徹
制作スタジオジブリ
配給東宝
作画近藤喜文(作画監督/キャラクターデザイン)
高坂希太郎(原画)
百瀬義行(作画監督補/レイアウト)
庵野秀明(原画)
田中敦子〔作画〕(原画)
小田部羊一(原画【ノンクレジット】)
梅津泰臣(原画)
奥山玲子(原画)
木上益治(原画)
美術山本二三(美術監督)
シャフト(仕上)
平田秀一(背景)
保田道世(色彩設計)
編集瀬山武司
録音浦上靖夫(音響監督)
その他東京現像所(現像)
糸井重里(キャッチコピー【ノンクレジット】)
あらすじ
昭和20年神戸。いつ襲ってくるか分からない空襲に怯えながら、4歳の節子と14歳の清太は、戦地に行っている父親の留守を母と共に待っている。そんなある日、空襲によって母を失ってしまい、おばの家で新しい生活を始めるのだが、働きもせず食料も減らすばかりの2人はやがて、邪魔者扱いにされてゆく。 そんな暮らしに別れを告げ、明るい生活を夢見ながら幼い兄妹は、防空壕で2人きりの生活を始める....。   作家の野坂昭如氏が自らの戦争体験をもとに綴った直木賞受賞小説、発行部数130万部を誇るベストセラーの映画化。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
21
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
406.《ネタバレ》 今更ながら初めてちゃんと視聴しました。
80年代のアニメーションなのに、目を背けたくなるような色褪せないクオリティーです。
特に、焼夷弾にやられた母ちゃんの包帯グルグル巻きシーンと、衰弱でやつれていく節子のシーンは、子供の頃に見たトラウマが甦りました。
確か当時はこれがトトロと2本立て上映立ったんですよね。
どんな観客はどんな気持ちになったんだろうか…。
アーウーマンデさん [地上波(邦画)] 7点(2018-05-27 10:03:54)
405.希望ってものが全然ないのであまり見たくない映画ですが、未評価だったので高畑氏を偲んで改めて鑑賞しました。生理的欲求や安全の欲求が満たされない中で、自尊心と思いやりを失わない幼い二人、社会的欲求くらいは満たされていると思っている身にもグサリと突き刺さります。やっぱり涙を見せたくないので見たくありません、しばらくは。
ProPaceさん [地上波(邦画)] 9点(2018-04-21 18:13:15)
404.《ネタバレ》 初めて観たのは、小学生の時・・・。
小学生ながら、とても悲しくて、可哀想でもう観ないと思っていましたが、大人になったんで、もう一度見て観ようと思ってましたが、
なかなか覚悟が決まらないまま時が立ってましたが、高畑監督追悼で本編ノーカット放送があったので観賞・・・・。
もう、冒頭「・・・僕は死んだ」から鳥肌が立って、号泣です。
大人になって観てみると、子供の時には、何とも思わなかったシーンがわかりました。
(清太の親父さんは、海軍でお家はお金持ちだったシーンなど・・・)
ウジが湧いた母の死体を見送る清太・・・・。
その後、ガレキと共に焼かれる死体の山・・・。
蛍の死骸を埋める時に、同じように母の死体が投げ込まれるカットシーンが入り
母が死亡したことを知っていた節子・・・・。それを知り泣く清太・・・。
交番まで来た節子の姿を見て、顔を背け泣く清太・・・・。
もう、清太の気持ちを考えると、涙なくして観れません。
10点満点です。
へまちさん [地上波(邦画)] 10点(2018-04-14 21:14:17)(良:1票)
403.《ネタバレ》 2度と観たくない作品。

戦時中、親戚の家に疎開する兄妹。
そこで不遇な扱いを受け、我慢できなくなった兄は妹を連れて脱走。
その後、この兄妹が死んでいくまでをつづった映画。

つまりは、兄の身勝手で自分だけではなく妹をも殺した、ってことです。
親戚一家にしてみれば、ただでさえ食料が少ないのだから疎開してきた兄妹を快く思わないのは当たり前。
自分が親戚の立場だったら・・・と考えてしまう。

この映画に高得点つけてる人は、親戚一家が性悪にみえるんだろうな。

「ほたる、なんですぐ死んでしまうん?」
この節子のセリフが、今後の兄妹たちに当てはまっているコトが笑えない。
人間もすぐ死んでしまうから。


あと、製作陣からの「兄妹かわいそうでしょ。ここで泣いてね」のゴリ押し感がハンパなくて、更にマイナス要素。
毎年、夏に放送するような反戦映画じゃないよね、これ。
みけらさん [地上波(邦画)] 2点(2017-11-07 00:19:26)(良:2票)
402.昔から何度も観ているけど、こんな居た堪れない気持ちになる作品もめずらしい。
名シーンはたくさんあるけど兄弟の愛情は特に印象的。また、何かを物語っているように静かに飛び交う蛍の光には込み上げてくるものがある。
ジブリの中でも異色の傑作。アニメーションながら表現力は実写版のよう。
平和ボケしている今こそ戦争の無意味さや残酷さを過激な描写に背を向けず、こういった作品からでも向き合っていくべき。
Mighty Guardさん [地上波(邦画)] 8点(2017-07-27 23:18:13)
401.久々に泣ける映画を観たいなということで、火垂るの墓を借りてきた。両親ともに戦争で喪ってしまい、西宮のおばさんのところにお世話になるのだが。おばさんが相当に恐くて冷たいですね。いくらタダメシ食いでも、節子がたまに夜泣きして、喧しくても、それもひっくるめて引き取ってあげだじゃなかったのかなぁ。結局追い出されちゃった形だけど、探しにも行ってあげないし。2人だけの洞穴生活は、見ての通り飢えを凌ぐこともままならずの生活となる。節子と2人生きるために人を騙したり、泥棒したりと仕方ないけど散々で見ていられない。池の周りにホタルが沢山飛んでて、捕まえて洞穴もホタルで一杯になる。その時は綺麗でいっときのしあわせが訪れるのだが。それも翌朝には散ってしまい、死骸だけが残った。泣けます。
SUPISUTAさん [DVD(邦画)] 9点(2017-01-25 12:47:20)(良:1票)
400.《ネタバレ》 ジブリ映画で苦手な方な一つです。
兄貴の行動で共感できるか、そうじゃないかが結構大きいかと思うのですが、
個人的には共感できないですね。

節子の為に我慢できれば救えたのは?というのが最初に感じた感想です。

ただ、時間をおいて二回目をみると、その兄貴の甘さも計算されて描かれているように感じました。

でも、やっぱ苦手だなぁ。(点数変わらず)
シネマレビュー管理人さん [地上波(邦画)] 5点(2016-08-30 18:16:06)(良:2票)
399.なぜか、家にある。久しぶりに見て、今回は娘ともめた。

私は清太が悪いって思って見てしまう。彼がいなければ、節子はあんな死に方はしていないはずだと思う。

でも娘は親戚のおばちゃんが悪いと言う。

あの場では清太は叔母ちゃんの言うことを聞くべきだ、母親に死なれ悲しい、妹の世話もしなければいけない、それはわかるが、中途半端に金持ちで、わがままに育ったからこーなったんだよって言い聞かせてしまう。

ホタルに垂れるという字がつく。2人は野垂れ死ぬわけで、私は見ていてすっかり嫌いになった。

この戦争で誰が悪いとかもめちゃうと、ルーズベルトじゃんとか言いたくなる。関係ないか。。。
新しい生物さん [DVD(邦画)] 1点(2015-11-20 01:47:18)(良:2票)
398.5年以上前にDVDを手に入れたが、きちんと観ていない。
冒頭だけで、おなかいっぱいになる。

たまにアニメを「なぜ実写にしない?」と疑問に思う人がいる。じゃあ、この映画を実写化するには何が必要か。とんでもない情報量と時間と金がかかる。そんなこと、誰でもわかる。それ以前に、実写化無理なものもある。今敏監督の『パーフェクト・ブルー』である。
この『火垂るの墓』も実写化が無理だと思う(しているようだけど未見)。なぜなら実写と絵では意味が変わる。人気女優と素人女優以上に印象が違うと思う。絵だと「虚構が大前提」なんだから、違って当然である。

「何を言ったか」。それだけで、その人の中身がわかる。高畑勲は何者か。インタビューを見ても、冴えない人としか思えない。だが、あの宮崎駿が太刀打ちできない師匠的な存在なのだから、すごい人なのは間違いない。

この映画、テレビで何度観たことだろう。少なくとも三度は観た。観なくてもいいのに、観てしまう。
他のどの映画にも似ていない映画(原作付きだけど)。存在に大きな価値がある映画だと思う。
焼肉の掟さん [地上波(邦画)] 8点(2015-10-25 15:58:35)(良:1票)
397.《ネタバレ》 清太の過信、軽率な行動の数々には目に余るものが確かにあるのだけど、14歳の僕ならどうしただろうかと考えてしまう映画 。そして、もし大人なら、清太にどんな言葉をかけれただろうかとも思う。映画を見るときは、恥ずかしいことに大体自分のクズ度は棚に上げて、一々の言動に文句を垂れがちなのだけど、今作は何か人のこと言えないなぁって気分になったかな。何かそういう見方をしてしまう特殊な映画でした。経験なくして、成長なんかあり得ないってのは僕の持論なのだけど、人の痛みは痛めつけられて初めて、分かる。親心は親になって初めて、分かる。清太は節子の死をもって、自身の甘さを心の底から悔いて、思い知ったと思う。あの沈痛な面持ちは筆舌に尽くしがたい程。でも、清太も間も無く、夭折する。これが“火垂るの墓”で一番、残酷なシーンだと思った。自分を正しく知ること、置かれている境涯を知ること、そして、そこで何をするかを判断することは非常に困難だと思った。
これで、何度か観たことになるのだけど、親戚のおばさんがおにぎりを握り終わった際に、手についた米粒を舐めるシーンで、毎回胸を突かれる思いがします。
うーさん [地上波(邦画)] 5点(2015-08-26 17:49:35)(良:2票)
396.思ってたのと違った。私が『火垂るの墓』を初めて見たのは小学生の頃。学校の集団映画上映会にて仰々しく上映され、見終わったら感想文を書かされた。「けっ」と思った。「いつものやつか。」私は紙に“戦争反対”と書いて提出した。2回目に見たのは高校生くらいだったと思う。夏休みのテレビで放映されていた。「けっ」と思った。「なんやこいつ、自分のせいで妹殺して悲劇のヒロイン気取りか。」いよいよ私は『火垂るの墓』に別れを告げた。大っ嫌いな映画としてカテゴライズし、二度と見ることはないと思った。そして10年以上経ち、今日、夏休みのテレビで放映されている本作をたまたま見た。ものすごく驚いた。思っていたのと全然違った。おそらく私はこの映画に、もっとも悪い形で出会ったのだと思う。このあたりは、戦争を題材にしたアニメ映画ということで安直に教材に取り上げる小学校側に文句を言うべきであろう。これは反戦映画ではない。たまたま舞台が戦時中というだけで、たとえば大災害とか、出稼ぎに行った親を待つ子とかでもこの話は成り立つ。反核映画としてしばしば取り上げられる作品『風が吹くとき』が、実はその危機的状況に瀕した夫婦の会話やあり方を描くものであるように、この映画は幼いゆえに過ちを犯し、それでも父親の帰還を信じて兄妹で必死に生きたふたりのあり方を描くものなのだ。これは反戦映画ではない。どんな感想も強いられていない。この原作者は、この作品を執筆している際「締め切りに追われて必死だった」と娘に語り、“原作者の気持ちを答えなさい”と問うテスト問題に娘が不正解をもらったという話は有名である。その程度なのだ。何の教育的思惑も裏もない、ひとつの映画として、フラットな気持ちで見るべきなのだ。私のように、幼い日に感想を強いられ、「けっ」と思ってこの映画と決別した人にこそ見てほしい。
デルモゾールG軟膏さん [地上波(邦画)] 8点(2015-08-15 00:17:51)(良:2票)
395.《ネタバレ》 当初は「反戦映画ではない」とジブリ側からコメントがあったように、世間知らずの裕福だった兄妹が疎開先での愚かな行動によって破滅していく姿を、作者の実体験を基に描いているに過ぎないのだと思う。妹を見殺し同然にしたのに生き永らえ、それを飯のネタにした作者の疾しさと後ろめたさが中盤の清太の亡霊を通じて伝わってくる。親戚とは折り合いが悪かったが穀潰しだとしても、恥を忍んで働くことを選べば飯と寝床はある程度提供してくれるだろう。ただ、作者にあった強かさが清太にはなかった。誰もが我先にと生きることに必死だった。恐らく兄妹ともども生きて戦後を迎えても、逞しく乗り越えられる自信はあったのだろうか。戦争でなくてもこの物語は通用する。反戦に結びつけるにはちょっと極端だ。
Cinecdockeさん [地上波(邦画)] 5点(2015-07-09 19:33:23)(良:2票)
394.《ネタバレ》 確かに自業自得で死んだかも知れない、確かにほぼ毎年放送されて「うっかりチラ見してしまうだけで不眠症になるだろうがふざけんな日本TV」と思うかも知れない、確かに「トトロ」の後にこんな悲惨なもんを見せられて監督を殺したくなるかも知れない。

おばさんだって好きでいじめてるワケじゃないし、妹のために我慢出来なかった兄貴も悪いのかも知れない。働きもしないのだから怒られて当然・・・だが、だが、だが・・・あの子供は「恥をしのぐくらいなら死んだ方が良い」という戦争教育の犠牲者だったのではないか。
兄はその父親の教えに染まりすぎ、我慢も出来ずに勝手に戦い民間人が空襲で焼き殺されるのも“見殺し”にしやがった軍隊の、政府のクソ共の犠牲者なのかも知れない。ここまでくると、無残に転がる黒焦げの遺体になってしまった人が、そこに到るまでの事も考えてしまうんだ。「日本のいちばん長い日」みたいにな。

こんな点を付けるのも嫌になるくらい哀しい映画があっていいのだろうか。

戦争の悲惨さ、直接的な描写をしなくとも分厚い包帯と夥しい蠅と煙・・・これほどアニメから「死臭」を感じた事は無い。

小さい頃はよく解らずに見てたけど、大人になった今は逆に見るのが怖くなってしまった。
今だからこそ見なきゃなんないのにな。

だってよー節子がよー、節子がドロップとおはじきをよーうわああああっ!節子!それドロップちゃう!おはじきや!死ぬなーうわー!

高畑勲と宮崎駿が本気で殺しにかかった残酷さを感じた。
いつも夢と希望に溢れる現実逃避な作品が多いジブリだが、1本くらいこういう作品があっても良いと思うんだ。

そんなわけで「はだしのゲン」と双璧をなすこの作品、忘れちゃいけないね。
すかあふえいすさん [DVD(邦画)] 9点(2014-12-16 22:39:07)(良:2票)
393.セツコ、にいちゃん、サクマのドロップ。何度も観ていることもあるけど、印象的なシーンがごろごろしている。悲しさもしっかり描いていて良い。
nojiさん [地上波(邦画)] 7点(2014-09-20 18:08:03)
392.素直に良い映画だと思います。原作者の野坂昭如の実体験を基にした映画。家族を空襲で失い、妹を餓死させている。実際の戦争のむごたらしさを当時の自分の視点から表わしています。自分の愚かさ、日本全体の愚かさを懺悔して描いた映画なのでしょう。
cogitoさん [DVD(邦画)] 8点(2014-09-10 01:00:05)
391.甥姪2人がイキナリ転がりこんで来たら、自分ならどうするだろう?とか、畑荒らされたらどうするだろう?という目線で見てしまった。あんまりイジワルもできないだろうが、かといって歓迎とか優しくもできないんじゃないだろうか?他者への優しさや思いやりってのも、自分あってのものだから限界あるし。そういう皆が余裕のないギリギリの所で生きなきゃいけない悲劇なんだろうが、昨今の生活保護騒動などを見ていると、家族・親戚で支えるって事には限界があって、貧困に対して国や社会保障がどこまで支援できるのか?そのために国民はどれぐらい負担できるのか?なんて事を考えてしまった。でも、やはり本作品のケースは本人が悪いのではなく、まわりの大人がもうちょっとナントカ出来なかったかな?って思うけど。特に畑荒らしで捕まえた警官の責任は大きいかな。中学生に自己責任論を押し付けるのは酷でしょ。
東京50km圏道路地図さん [地上波(邦画)] 6点(2014-08-19 12:06:16)(良:2票)
390.何度も観たい映画ではないけど、悲しくて泣いた作品を挙げるとするとやはりこれが一番に思い浮かぶ。
清田の決断に否定的な意見もあるようだけど、そこは教訓として捉えればいいんじゃないかな。
勾玉さん [地上波(邦画)] 8点(2014-08-17 15:02:36)
389.《ネタバレ》 自分の成長とともに映画から感じ取る印象が変化する映画
miumichimiaさん [ブルーレイ(邦画)] 9点(2014-08-03 20:03:42)(良:1票)
388.《ネタバレ》 原作小説は未読な為、あくまでこのアニメ映画に限っての感想として。「名作」「号泣必至」といった絶賛を各所で耳にしていただけに、こんな「ただの自業自得主人公」ストーリーだったとは驚いた。
このアニメで作り手側はいったい何を訴えたかったのか?ただ首をかしげたくなるばかりの物語。
戦火で親を失った不憫な境遇とはいえ、その後の主人公の取っている行動があまりに不遜で身勝手。
感心するほど同情の余地がない。あえて「同情できない主人公」という奇抜な演出設定なのかとすら思ったが作り手はそのまま「ほら可哀想でしょう」というスタンスなのが驚いた。
戦時下を生きて死んだ子供の物語で、まさかその子供主人公に苛立ち憤りまで感じさせられることになるとは。
ジブリとしてアニメーション描写はさすがに緻密だが、そこだけしか取り得がない、話の根幹が語るに全く値しないロクでもない話。
力の入ったアニメ描写で駄話をさも悲しげに語り、一部の(雰囲気に丸め込まれやすい)人達を煙に巻いてまんまとお涙頂戴している、これぞ悪質な「駄作」。
我が国で現実にあった戦時中という間違った料理などしてはならない極めて重い題材だけに、このアニメ屋達のズレた悲劇陶酔ごっこがつくづく腹立たしく許し難い。
Lagerfeldさん [DVD(邦画)] 0点(2014-05-30 13:17:10)(良:7票)
387.FPSゲームが流行する現在において、子供達がこの映画の視点に触れることは重要だと考えます。親しみやすいアニメで語られる悲惨な兄弟の物語は、多くの子供達がおそらく最初に見ることになる反戦映画としてはこれ以上ないものです。トトロとの同時上映というのも、見にきた子供達に世の中には楽しいことばかりではないということを叩き込んでやろうとしたからではないかと。ただ、話はあまり面白いと思いませんので、この点数。
カニばさみさん [DVD(邦画)] 6点(2013-08-17 00:52:14)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
21
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 406人
平均点数 6.64点
0256.16%
1112.71%
2122.96%
3112.71%
4153.69%
5358.62%
64110.10%
76816.75%
87317.98%
96215.27%
105313.05%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.95点 Review22人
2 ストーリー評価 6.37点 Review29人
3 鑑賞後の後味 4.58点 Review29人
4 音楽評価 6.55点 Review20人
5 感泣評価 7.12点 Review32人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS