ピラニア リターンズのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヒ行
 > ピラニア リターンズ
 > (レビュー・クチコミ)

ピラニア リターンズ

[ピラニアリターンズ]
Piranha 3DD
2011年【米】 上映時間:83分
平均点:3.60 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-07-14)
ホラーサスペンスシリーズものパニックもの3D映画
新規登録(2012-12-25)【フライボーイ】さん
タイトル情報更新(2017-11-26)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・ギャラガー
キャストダニエル・パナベイカー(女優)マディ
マット・ブッシュ(男優)バリー
カトリーナ・ボウデン(女優)シェルビー
デヴィッド・コークナー(男優)チェット
クリストファー・ロイド(男優)グッドマン
デヴィッド・ハッセルホフ(男優)デヴィッド・ハッセルホフ(本人)
ゲイリー・ビューシィ(男優)クレイトン
クルー・ギャラガー(男優)モー
ヴィング・レイムス(男優)(ノンクレジット)
穂積隆信グッドマン(日本語吹き替え版)
てらそままさきデヴィッド・ハッセルホフ(日本語吹き替え版)
楠見尚己ファロン(日本語吹き替え版)
原作ピーター・ゴールドフィンガー(キャラクター創造)
ジョシュ・ストールバーグ(キャラクター創造)
脚本ジョエル・ソワソン
音楽エリア・クミラル
製作ジョエル・ソワソン
マーク・キャントン
製作総指揮ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
筑波久子
特殊メイクゲイリー・J・タニクリフ
美術ゲイリー・J・タニクリフ(クリーチャー・デザイン)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 “バカがおバカ映画を撮ると悲惨なことになる”という定説を見事に実証してくれました。前作の監督アレクサンドル・アジャのおバカ・センスには足元にも及びません、彼が巨匠に思えたぐらいです。前作に比べるとグロなパワーはダウンしてしまったので、エロのネタで挽回しようとしたみたいですが単なる下品な下ネタだけと言う感じです。アソコからピラニアが飛び出してくるというのは、どう考えてもその理屈が判りません。デヴィッド・ハッセルホフのネタになると、自分はこの俳優の出ていたTVシリーズのことなんか知識皆無なので全然面白くもない。前作から登場のクリストファー・ロイドとヴィング・レイムスだけは少しクスッとさせられました。でも理解不能なのがラストの生意気小僧を襲う惨劇で、さすがにこれは監督の趣味を疑いたくなりました。そしてやっぱり出てきました駄作の証明・エンド・タイトルに流れるNG集、これがまた長いんだ10分以上あります。正味の上映時間が70分少々ですからねえ、こんなに長いNG集は珍しいんじゃないですか。
S&Sさん [DVD(字幕)] 3点(2015-07-17 23:31:13)
4.《ネタバレ》 馬鹿馬鹿しいほどに悪趣味なB級モンスター映画であることは明らかなのに、想定外のクオリティーを見せ、世の好事家たちを興奮のるつぼに叩き込んだ前作はサイコーだった。
続編の製作が早々に決まったということで期待はあるにはあったが、前作とは監督が変わってしまった時点で、この続編がB級以下の映画に成り下がってしまうことはある程度予想できた。
そもそもが“お下劣上等!”のスタンスで臨んでいる映画なのだから、間違っても真っ当な娯楽映画的なクオリティーを求めるべきではないのだ。

そうやってハードルを十二分に下げ切って、ある意味開き直って鑑賞に至れれば、まだまだ楽しめる映画だとは思う。
前作に対してピラニアの恐ろしさも、被害の規模も明らかに縮小してしまっているが、その分というかなんというか、エロさと、ナンセンスなユーモアは、過剰な程に増幅している。
前作よりもユーモアとしての程度は遥かに低く、映画としての良さには全く繋がっていないが、馬鹿馬鹿しさと悪趣味さは、より突っ切っている。

「ナイトライダー」のデヴィッド・ハッセルホフが本人役の自虐的キャラクターとして登場するくだりや、彼と絡む“坊や”の顛末などは、無意味さと悪趣味さが脇目も振らずに突っ走っているようで、それに対して悪態をつく方が馬鹿らしく思え、逆に印象深い。

“悪役”と言えるキャラクターが二人登場するが、両者とも“ピラニア”に襲われるのではないのに誰よりも痛々しい死に方をするのが、この映画世界のブラック性を象徴しているようで良かった。

間違いなくクソ映画だけれど、鼻糞でもほじりながら無意味に馬鹿馬鹿しいというか、はっきり「バカ」な展開と、“おっぱい”を楽しめば、それで充分だろう。
個人的には、前作に続きクリストファー・ロイドの健在ぶりを確認出来ただけで良し。
鉄腕麗人さん [DVD(字幕)] 5点(2013-03-09 00:50:23)
3.つまらなくはないが、前作に比べるとだいぶパワーダウンしています。ちょいちょい笑える場所はあったけど、なんだか色々と勿体ない仕上がりです。
真尋さん [DVD(吹替)] 5点(2013-01-31 22:57:50)
2.ゴアシーンには定評のあるアジャが撮った、エログロ馬鹿スプラッターとして傑作といえる前作。アレを期待して見ると脱力感が半端ないと思います。脇のキャラが割とツボな人選ではあるものの、やる事なす事すべてが大幅スケールダウンで可哀想になるくらいセンスが無い。脳天気に出ていたハッセルホフのしょうもないPVや肝心のエロもグロも、「どうだ、おもしれーだろ?(笑)」というような自己満足の悪ノリテイストなだけで寒々しく全力で空回り。よくこんな人に監督を任せたもんですね。
ロカホリさん [映画館(字幕)] 0点(2012-12-25 22:54:26)
1.《ネタバレ》 前作のお祭り精神は確かに引き継いでいるが、規模が小さくなった上にギャグに走りすぎ。クリストファー・ロイドとヴィング・レイムスの再登板は嬉しいところ。相変わらずおっぱいとち〇こネタ多し。『ナイトライダー』のデヴィッド・ハッセルホフの実名登場など、B級映画ファンへのサーヴィス精神は旺盛で、ラストまで悪趣味なグロと無意味なギャグで通すところは(ある意味)素晴らしい。個人的には、冒頭で死ぬ二人組みのオヤジが、『リーサル・ウェポン』のゲーリー・ビジーと『バタリアン』のクルー・ギャラガーというのがツボ(笑)
フライボーイさん [DVD(吹替)] 5点(2012-12-25 11:14:14)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 3.60点
0120.00%
100.00%
200.00%
3120.00%
400.00%
5360.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 3.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS