だれもがクジラを愛してる。のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > タ行
 > だれもがクジラを愛してる。
 > (レビュー・クチコミ)

だれもがクジラを愛してる。

[ダレモガクジラヲアイシテル]
Big Miracle
2012年【米・英】 上映時間:107分
平均点:6.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-07-14)
公開終了日(2013-01-18)
ドラマロマンス
新規登録(2012-12-25)【フライボーイ】さん
タイトル情報更新(2013-10-02)【ESPERANZA】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ケン・クワピス
助監督ピーター・ライオンズ・コリスター(第二班監督)
キャストドリュー・バリモア(女優)自然環境保護活動家 レイチェル・クレイマー
ジョン・クラシンスキー(男優)TVリポーター アダム・カールソン
クリステン・ベル(女優)TVリポーター ジル・ジェラード
ダーモット・マローニー(男優)アラスカ州兵部隊司令官 スコット・ボイヤー大佐
ヴィネッサ・ショウ(女優)大統領補佐官 ケリー・マイヤーズ
テッド・ダンソン(男優)石油採掘会社社長 J・W・マグロウ
ジェームズ・レグロス(男優)カール・フットキン
ティム・ブレイク・ネルソン(男優)パット・ラファイエット
スティーヴン・ルート[男優](男優)ハスケル州知事
キャシー・ベイカー(女優)ルース・マグロウ
マイケル・ガストン(男優)ベックフォード
シェー・ウィガム(男優)SARパイロット コンラッド
ブルース・アルトマン(男優)
マーク・イヴァニール(男優)
音楽クリフ・エイデルマン
撮影ジョン・ベイリー〔撮影〕
ピーター・ライオンズ・コリスター(第二班撮影監督)
製作ティム・ビーヴァン
リザ・チェイシン
エリック・フェルナー
スティーヴ・ゴリン
ユニバーサル・ピクチャーズ
ワーキング・タイトル・フィルムズ
製作総指揮スチュアート・M・ベッサー
配給東宝東和
特撮リズム&ヒューズ・スタジオ(視覚効果)
衣装シェイ・カンリフ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 当初は、関わる多くの人に別の思惑がある。
選挙での好感度、会社の評判、軍の予算、視聴率、
キャスターとしての実績、捕獲して食べたいけど我慢するか…、
ソ連には頼みたくないなあ…、鯨の声よりガンズが聴きてぇ!。
しかし、事が進行するに従って、それぞれの心情や行動が
「この鯨たちが生き伸びて欲しい」という"本来の理由”に結実して行く。
時に「2番目の理由」で行動してもいいじゃないか、人間だもの。
バンバンも生きていた!という(ありがちな)感動のフィナーレかと予感したが、
そうはならなかった。史実に基づいている物語の強さがあると思う。
じょるるさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-10-21 02:32:13)
1.《ネタバレ》 作品選びに定評のあるドリュー・バリモアらしい感動の一篇。始まりはアラスカのローカル局で流れた一本のニュースだった。〈アラスカの厚い氷に閉じ込められて外海に出られなくなったクジラの親子がいる〉救出活動に名乗りを挙げたグリーンピースの女性(バリモア)の行動を機に、石油採掘会社や軍隊、合衆国政府、更には対立するソ連(80年代の実話なので)までがそれぞれの思惑でクジラ救出に動き出す。そんなひと冬の騒動を、地元のイヌイットの少年の目から描かれており、ラストは爽やかな感動を呼ぶ。軍のヘリパイロットと大統領補佐官の女性が結ばれるのは出来すぎだけど、実話だから文句は言えまい(笑)はるばるミネソタから氷を溶かしに来た二人組もいい感じ。
フライボーイさん [DVD(吹替)] 7点(2012-12-25 11:34:39)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 6.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6150.00%
7150.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS