ドラゴンボールZ/神と神のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > ドラゴンボールZ/神と神
 > (レビュー・クチコミ)

ドラゴンボールZ/神と神

[ドラゴンボールゼットカミトカミ]
Dragon Ball Z:Battle of Gods
2013年【日】 上映時間:85分
平均点:5.41 / 10(Review 32人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-03-30)
アクションSFファンタジーアニメシリーズものTVの映画化漫画の映画化
新規登録(2013-01-16)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2020-07-31)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督細田雅弘
野沢雅子孫悟空/孫悟飯/孫悟天
山寺宏一ビルス
森田成一ウイス
佐藤正治亀仙人
鶴ひろみブルマ
田中真弓クリリン
堀川りょうベジータ
古川登志夫ピッコロ
古谷徹ヤムチャ
緑川光天津飯
草尾毅トランクス
八奈見乗児界王
中川翔子予言魚(特別出演)
皆口裕子ビーデル
石塚運昇サタン
大友龍三郎牛魔王
渡辺菜生子チチ/プーアル
龍田直樹ウーロン
塩屋浩三ブウ
伊藤美紀〔声優〕18号
平野綾デンデ
千葉繁ピラフ
玄田哲章シュウ
山田栄子マイ
川浪葉子ブルマの母
内海賢二神龍
軽部真一寿司職人
三ツ矢雄二キビト界王神
田中亮一老界王神
赤羽根健治
藤井ゆきよ
原作鳥山明
脚本渡辺雄介
鳥山明(ストーリー)
音楽住友紀人
津島玄一(音楽プロデューサー)
作詞森雪之丞「CHA-LA HEAD-CHA-LA」
作曲清岡千穂「CHA-LA HEAD-CHA-LA」
製作亀山千広
東映(「2013ドラゴンボールZ」製作委員会)
集英社(「2013ドラゴンボールZ」製作委員会)
フジテレビ(「2013ドラゴンボールZ」製作委員会)
東映アニメーション(「2013ドラゴンボールZ」製作委員会)
バンダイ(「2013ドラゴンボールZ」製作委員会)
バンダイナムコゲームス(「2013ドラゴンボールZ」製作委員会)
20世紀フォックス(「2013ドラゴンボールZ」製作委員会)
企画鳥嶋和彦
森下孝三
プロデューサー清水慎治(シニアプロデューサー)
制作東映アニメーション(制作プロダクション)
配給東映
20世紀フォックス
作画鳥山明(キャラクターデザイン)
山室直儀(総作画監督/絵コンテ/アニメーションキャラクター設計)
細田雅弘(絵コンテ)
竹之内和久(絵コンテ)
菅野利之(作画監督)
山下高明(原画)
中鶴勝祥(原画)
美術加藤浩[美術](美術設定/美術監修)
編集福光伸一
録音新井秀徳(サウンドエフェクトデザイン)
その他文化庁(助成)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
32.原作は人造人間くらいまで。テレビはフリーザくらいまでしか見ていません。それ程ハマっておらず、普通に見ていた程度です。 今作も、期待もなく何気なく見ただけでしたが… 正直、かなり楽しめました。まるで、同窓会のような懐かしいキャラ達、変わらない性格。 確か、連載が始まった頃は面白くて、内容が戦いだけになっていった時、徐々に離れていった気持ちが、今作を見て分ったような気がしました。 そう、こういう何気ないギャグ。そう、突拍子もない行動(特にベジータ)。 素敵でした。 そして、今、妻子が居る身なので、ベジータの怒りの感情もよく理解できます。 原作者の、「純粋に楽しんでほしい」という気持ちが詰まっているようにも感じました。 特別大きな課題も、教訓を得られるようなものも無いような内容でしたが、「私が楽しいと感じた頃のドラゴンボール」を見た気がします。
sirou92さん [インターネット(字幕)] 7点(2015-06-28 22:14:26)
31.スーパーサイヤ人ゴッドって、ネーミングのセンスが昭和のテレビ版デビルマンから進歩してないな。。。
最初あんだけ力の差があったら、そりゃどうしたって勝てないだろうが。
ベジータも守りに入ったら良さがなくなるし、
生まれてもない子もすでにスーパーサイヤ人扱いって、
とかいろいろどうなん!がありますが、基本的には悪い方のドラゴンボールが出てました。これ、劇場で観たらきつい。
Skycrawlerさん [地上波(邦画)] 5点(2015-04-18 03:05:27)
30.《ネタバレ》 久しぶりにドラゴンボールのアニメ映画を見ましたが、けっこう楽しめました。簡潔にまとまっていて見易いです。ひと通り主要キャラクターが出てきますし、神龍の登場もストーリーの一つのキモになっていますし、ドラゴンボールの世界を感じるには丁度良い内容だと思います。裏を返せば、物足りなさもありました。ストーリーの進行がほぼブルマの誕生パーティ会場だったのでもっと場面に変化が欲しかったです。ピラフ一味が登場して懐かしさもありましたが、がっつり出てきてドラゴンボールをくすねようとする大役があった割にはあっさり見つかって、別にメインストーリーとは全然関係なかったのでカメオ出演程度でも良かったような気がします。その分もっと他のキャラたちのバトルが見たかったです。悟空の戦闘がメインになるのは当然ですが、それにしても今回は悟空以外のキャラがほとんど戦わない、戦ってもビルスにあっという間にやられてしまう状態なので、もう少しバトルでの活躍が見たかったです(ベジータはかっこいい見せ場がありましたが)。それだけ敵との差があるという描写なのも分かるんですが、せっかくCGで見応えのあるバトルシーンになっていたので、せめて各キャラの必殺技(気円斬とか魔貫光殺砲とか気功砲とかドラゴンボールには魅力的な必殺技がたくさんある)は見せてもらいたかったです。ベジータの歌とダンスや超サイヤ人ゴッドといった原作の設定を覆すようなやり方は、原作者が直接関わった結果ならではだなと思います。個人的にその辺り肯定的に見れたので良かったです。それと悟空が結局勝てず終いで、ビルスも勝ったけど悟空を認めて帰るという終わり方も良かったですね。
Nerrucさん [DVD(邦画)] 6点(2015-04-17 09:43:35)
29.そこまでドラゴンボールが好きというわけではなく普通に好きという感じの自分ですが、ゲームの「ドラゴンボール ゼノバース」というのをたまたまやってみたらすごく出来がよくハマってしまいその流れでこの映画も見てみました。この作品は漫画が終了してから15年以上経ってから再始動したという形ですが、ものすごく面白いものを作るというような作品作りではなく新しいファンも古くからのファンにも楽しめるスタイルで好感の持てる作りでありお祭り作品としても良く出来ていると思います。(寒いシーンもややありましたが)敵のキャラクターも単純な悪というスタイルではなくとにかくヤバイ奴という雰囲気を出せていて良いと思います。また映画をやるみたいですがDVDが出たら見てみたいなと思いました。
映画大好きっ子さん [DVD(邦画)] 6点(2015-03-01 21:32:40)
28.「オラ、ワクワクしてきたぞ!」
このアニメの主人公が過去に何度も何度も発してきたセリフである。
孫悟空という主人公が終始一貫追い求めてきたものは、「最強」という称号などではない。
自分よりも“強い者”と出会い、それに打ち勝つことだ。

前作から実に17年ぶりの劇場版作品。原作者鳥山明が初めて直接ストーリーに関与した今作には、原点回帰ともいえる要素が色濃く表されていた。
アニメーション映画としてのクオリティーは別として、この漫画・アニメシリーズによる“高揚感”がDNAに刷り込まれている世代の者にとって、久方ぶりに描き出された世界観は、ただただ楽しく、嬉しいものだったと言える。

勿論、難点はいくつもある。
“破壊神ビルス”というこれまた次元を超えた難敵が登場したわりには、舞台となる場所はブルマ邸の庭先に過ぎず、描かれるストーリーの大部分は“ブルマの誕生日会”なので、あまりに派手さがない。
また、ビルスの怒りを抑えようと孤軍奮闘するベジータの“キャラ崩壊ぶり”もいささかやり過ぎなように思える。

ただ、そういった難点すらも、長年のファンにとってはもはや微笑ましく見える。
誕生日会であれなんであれ、レギュラーキャラクターたちが勢揃いした様は、その描写を見ただけで嬉しい。
“キャラ崩壊”のベジータも、彼が長らく地球に住み着いて辿り着いた人格だと思えるし、恥もプライドもかなぐり捨てて、家族と仲間たちを守ろうとする滑稽な姿は、もはや感動的ですらあった。

何よりもこの映画作品には、“3・11”の大震災を受けた偉大な漫画家の熱い意思が表れている。
それは、多少ふざけすぎていたとしても、久しぶりに一堂に会した仲間たちとの時間を“楽しいものにしたい!”という思いであり、それを見た子どもたち、そしてこの作品に熱狂し大人になったかつての子どもたちを再び笑顔にしたいという熱い思いだろう。

この映画はおそらく初めて、孫悟空が相手に勝てないまま終幕する。
それも、上には上がいて、この世界は、この宇宙はもっと“可能性”に溢れているという漫画家からのメッセージに違いない。
“可能性”、それは即ち“未来”。
孫悟空という主人公はこれから先も、いくつも可能性に出会い、打ち勝ち、新しい未来に立ち続けることだろう。

成る程、「ドラゴンボール」という作品がいつまでだっても風化せず、愛されるわけだ。
鉄腕麗人さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2015-02-09 00:26:16)
27.《ネタバレ》 前作「最強への道」を見た時にはまさか出るとは思っていなかった新作劇場版。「帰ってきた若大将」が同窓会的ノリの映画だったのと同じように本作もやはりかつて原作やテレビアニメ、劇場版を見ていた世代が懐かしい友人たちに会うための同窓会映画になっていて、殺伐とした雰囲気はなく、ほのぼのとしたコメディタッチの作風で、Zの劇場版というよりは初代に近いような印象なのが本当に懐かしい。敵であるビルスとウイスが完全悪という存在ではなく、最後も悟空が勝てないまま終わるというのはファンからは賛否両論あると思うけど、個人的にはこういうのもいいなあと思う。「最強への道」では出番を丸ごとカットされてしまっていたピラフ一味が登場していて、この三人の登場が本作の中でいちばん懐かしかった気がする。必死にビルスの機嫌を取って穏便に帰ってもらおうと振る舞うベジータのキャラ崩壊はなんとも滑稽で、ふだんとのギャップが笑える。ただ、ドラゴンボールがビンゴの景品になっていたのはおいおいという感じ。来年もう一作劇場版が製作されるらしいけど、平和な話だっただけに本作の続編とかだったらちょっとイヤかも。神龍の声は内海賢二が演じているのも懐かしいのだが、彼が出演した劇場アニメとしては最後の作品で、洋画吹き替えの最後の出演作である「007 慰めの報酬」新録DVDと合わせて昔から彼と縁のあるシリーズ作品が最後だったのは本人にとっては良かったのかもしれない。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 6点(2014-10-07 11:08:16)
26.批判や低評価も多い中ですが基本的にメタルクウラもブロリーもジャネンバも…私個人的には劇場シリーズにハズレは無かったので本作も大変楽しみにしておりました。悩んだ末、結局劇場には行きませんでしたがTV放送されたので見てみることに。ストーリー性も無く延々BBQのシーンを見せつけられ、アニメなのに舞台を観ている様な有様。神が全然強そうに見えない。はっきり言って酷かったですね。また続編を作る様ですが大丈夫でしょうか? かめはめわぁー!
Kの紅茶さん [地上波(邦画)] 2点(2014-07-16 07:20:01)
25.《ネタバレ》 オッス!オラ悟空!すんげぇ豪華な同窓会アニメだったよなぁー!?オラ、ビックリしたぞ!!こんだけ豪華なんだからよ、脚本なんてハラがふくれりゃどうでもイイって感じだな!でよ、やっぱブルマの母ちゃんは川浪葉子だよなぁ!?別キャストだったらオラ、ガッカリするとこだったぞ~!!!!!!!!!!!(なんか悟空と違う)
aksweetさん [DVD(邦画)] 5点(2014-05-30 00:31:04)
24.《ネタバレ》 まぁ、もっと低い点数でもつけて良いくらいのストーリーでしたが、
これも、ひとつのお祭りなので採点する行為自体野暮ですね。
全体的に制作陣が調子に乗っている感じが出てるのが、多少イラつきもしますが・・・。
たとえば、カメオ出演的に、それほど知名度の高いわけではないメダリスト使ったり、
(しょこたんはギリ許せるレベル)ベジータで、笑いを取りに行ったり、とか
本当にお前らちゃんとドラゴンボール読み込んだのか?と思わせるようなことを平気やってるあたりがね。
俺はベジータは特に好きでも思い入れがあるわけではないから、アレだけど、
ベジータが好きな人って絶対ベジータのああいう感じの描かれ方って嫌いだと思う。
いつものように突っ張って尖りに尖って、それでいてかませ犬なベジータこそがベジータ像ではないんだろうか?
お祭りとはいえ、調子に乗ってキャラ崩壊させてる感が正直、お前ら制作陣は反省文書いて俺に提出しろ、と言いたくもなる。
バニーボーイさん [地上波(邦画)] 5点(2014-04-28 21:53:38)
23.《ネタバレ》 思ってたのとはかなり違ったけど…昔ドラゴンボールを見てた人達の思い出、懐かしさを引き出すことが目的なのであればこれで正解なのかもね。
虎王さん [地上波(邦画)] 6点(2014-04-19 21:57:00)
22.《ネタバレ》 ただただ懐かしい。昔々夢中になったものです。悪役が出てこない平和なドラゴンボール。好きです。ランチさんを登場させてほしかったです。
いっちぃさん [地上波(邦画)] 7点(2014-04-13 23:00:55)
21.今までのドラゴンボール映画で一番おもしろいのは間違いないはず。
見れば分かる。
非映画人さん [DVD(吹替)] 7点(2014-04-01 01:54:15)
20.強者を前にするとヘタレになるベジータ様、だが、それが良い。
真尋さん [ビデオ(邦画)] 6点(2014-03-30 07:52:19)
19.ファンが望む続編と、製作者が作りたい続編というものがあります。おそらく本作は後者の方。金の成る木はそう簡単には手放せないもの。『宇宙戦艦ヤマト』や『機動戦士ガンダム』もそうですが、どんな人気コンテンツも絞れば絞るだけ疲弊します。もう許してやって欲しいと思うのです。ファンの心の中で静かに生き続けるのも、素敵な事ではないですか。
目隠シストさん [地上波(邦画)] 3点(2014-03-27 18:58:14)(良:3票)
18.マンネリを避けたかったのか、いわゆるいつものパターンでは無かったですね。
もんでんどんさん [地上波(邦画)] 5点(2014-03-27 14:30:09)
17.《ネタバレ》 TVで放送されるってことで、ワンピースしかり、なんとなく見てしまいます。
さて、全体的に、コメディタッチで、しかも、ブラックジョーク的。(と僕は感じましたが)肝心の戦闘シーンが、二の次のようでした。
「どうせ、ラストは悟空が倒しちゃうんでしょ」なんて思っていましたが、そうではなく、賛否両論あるでしょうが、僕は、あんな形のラストでも良かったのかなとも思えました。
TV版では追加されたシーンがあるそうですが、どのシーンなんでしょうかね。
あのほんわかした場面は、もう一度、見たいな。年のせいですかね。
がらんどうさん [地上波(邦画)] 5点(2014-03-24 21:46:31)
16.昔読んでいたからってやはり大人が見る映画ではなかった。
登場人物に一言でも喋らせようと演出頑張ってる感じがどうも受け付けない。
misoさん [地上波(邦画)] 4点(2014-03-24 14:07:59)
15.《ネタバレ》 当時から散々インフレについては語られているわけで、行くところまで行ってしまったドラゴンボールにもう今更やりようもなく…。ファンサービスはなんとなく感じられました。
なこちんさん [地上波(邦画)] 4点(2014-03-23 19:31:13)
14.《ネタバレ》 <特別版>どういう風の吹き回しか久しぶりにDB復活。簡単に言えば寿司の販促ビデオだったわけだけど(違うか)、破壊神ビルスは原作+劇場版のどのキャラクターとも違ったタイプだし、悟空でも倒せなかったことにより箔が付いたんで、ゲームに目玉キャラとして登場するんでしょう…。まあ、プリンごときでキレて地球を破壊するというのはあまりに小さいし、そんな奴に対し悟空が敬意を持って接するのは気に食わないわけだけど、楽しい&ほのぼのした感じを目指したと思われるので、こういうキャラもありかな。ネタキャラ化したベジータや悟飯は笑わせてくれる。あと、ピラフ一味が懐かしい。センスの良いEDも含めて6点。
リーム555さん [地上波(邦画)] 6点(2014-03-23 15:35:36)
13.あの、誇り高き戦士ベジータ様が、お笑い芸人になっている・・・・。
はりねずみさん [地上波(邦画)] 4点(2014-03-23 11:45:42)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 32人
平均点数 5.41点
000.00%
100.00%
213.12%
313.12%
4515.62%
5928.12%
61031.25%
7515.62%
813.12%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review3人
4 音楽評価 7.00点 Review2人
5 感泣評価 2.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS