ゼロ・ダーク・サーティのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > セ行
 > ゼロ・ダーク・サーティ
 > (レビュー・クチコミ)

ゼロ・ダーク・サーティ

[ゼロダークサーティ]
Zero Dark Thirty
2012年【米】 上映時間:157分
平均点:6.79 / 10(Review 80人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-02-15)
アクションドラマサスペンス戦争もの実話もの
新規登録(2013-01-17)【とらや】さん
タイトル情報更新(2015-07-12)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督キャスリン・ビグロー
キャストジェシカ・チャステイン(女優)CIA分析官 マヤ
ジェイソン・クラーク〔男優・1969年生〕(男優)CIA諜報員 ダニエル(ダン)
カイル・チャンドラー(男優)CIA イスラマバード支局長 ジョセフ・ブラッドレイ
ジェニファー・イーリー(女優)CIA分析官 ジェシカ
ハロルド・ペリノー(男優)CIA分析官 ジャック
マーク・ストロング〔男優・1963年生〕(男優)CIA シニア・スーパーバイザー ジョージ
レダ・カテブ(男優)捕虜 アンマル
スコット・アドキンス[1976生](男優)アフガニスタンのチャップマン基地主任 ジョン
エドガー・ラミレス(男優)CIA特殊部隊 ラリー
ジョエル・エドガートン(男優)米海軍の対テロリスト特殊部隊 パトリック
クリス・プラット〔1979年生〕(男優)米海軍の対テロリスト特殊部隊 ジャスティン
フランク・グリロ(男優)レッド中隊司令官
ジェームズ・ガンドルフィーニ(男優)CIA長官 レオン・パネッタ
スティーヴン・ディレイン(男優)国家安全保障顧問
マーク・デュプラス(男優)CIA分析官(指令室) スティーヴ
ホマユン・エルシャディ(男優)ハッサン・グル
佐古真弓マヤ(日本語吹き替え版)
根本泰彦ジョセフ・ブラッドレイ(日本語吹き替え版)
深見梨加ジェシカ(日本語吹き替え版)
内田直哉ジョージ(日本語吹き替え版)
楠見尚己レオン・パネッタCIA長官(日本語吹き替え版)
脚本マーク・ボール
音楽アレクサンドル・デスプラ
撮影グレッグ・フレイザー
製作キャスリン・ビグロー
マーク・ボール
製作総指揮コリン・ウィルソン
配給ギャガ
特殊メイクマシュー・スミス(ノンクレジット)
衣装ジョージ・L・リトル
編集ウィリアム・ゴールデンバーグ
ディラン・ティチェナー
録音ポール・N・J・オットソン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
80. ドラマ的な演出を排し、優れた「再現ドキュメント」に徹した映画。そのためプラスアルファ(メッセージなり喜怒哀楽や葛藤等の“人間”を描く)が乏しい。
風小僧さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-07-08 15:47:56)
79.丁寧によく作られた作品という印象は強い。
ドキュメンタリーのようだが、映画としてのクオリティーをきちんと保っている。それでも、長いな。飽きるわけではないが。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-07-07 11:12:09)
78.《ネタバレ》 全編を貫くピリッとした緊張感がいい。いくら国家の安全を確保するためとはいえ、慣れない敵地へ赴き、現地で嫌われたり場合によっては生命まで危機に晒しながらミッションを遂行する神経とはどういうものか。で、多大な歳月と犠牲を費やしてミッションを完遂した後も、結局アメリカは警戒を解くことはできていないわけで。かの国の場合、おそらく「テロとの戦い」は未来永劫にわたって続くのでしょう。そう考えると、なんとも虚しい話です。ラストのヒロインの涙は、そんな行く末を暗示しているような気がします。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2018-07-03 02:45:08)(良:1票)
77.2時間半もかけて、段階を追って整理して成り行きを見せてくれるもんで、ふーんなるほど、とは思うのですが・・・
友人をテロで失ったとか、自分もテロリストに命を狙われてるとか、何もできないまま時間ばかりが経っていってしまうとか、そういう「事情」がただ並べられている感じ。そこから湧き上がってくる感情を映画の中にどう織り込むか、という点では、やけに直線的、やけに淡泊です。事実というものに敬意を表して、作為を感じさせないように抑えているのかも知れませんが、「事実っぽさ」最優先のあまりに、クライマックスの襲撃の場面が「ホントっぽいけど何やってるかわからん」となってしまうんだったら。
忠臣蔵映画の討ち入りシーンの方が、いいよなあ。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-07-01 13:50:00)
76.事実であれフィクションであれ、
えぐいな( ´ー`)

そしてそこで心を壊し始めながらも、
人を招き入れたら、大切な人へ危害を加えられる。

そこで狂人のごとく、復讐を(国家的にではなく個人的に)誓うのが、
実にフィクションのようであるが、
恐ろしさが現実的である。

終始、真の笑顔がなく、
戦争のむごさを知るのに十分な作品。
元祖さん [インターネット(字幕)] 6点(2018-06-16 21:18:24)
75.なんだかすっきりしない。結末はわかっていたが、本当に気分が悪い。そりゃそうだよな。
海牛大夫さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-10-15 22:48:54)
74.《ネタバレ》 ウサマ・ビンラディン殺害の背景を知ることができて満足。
事実は小説よりも奇なり。同じ世界で起こってる実感がしない。
アジト発見までがやや冗長なのは否めないが、長きに渡る緻密な捜査が、実を結ぶラストは爽快。
カジノ愛さん [インターネット(字幕)] 6点(2017-05-20 21:02:45)
73.全体的にリアルで重厚な作りは素晴らしく、最初っから一気に映画に引き込まれます。しかし全体を見たときに無駄に長いし重い題材なだけにちと疲労感も多めに残りました。

ぶっちゃけ最初のシーンと中盤自爆テロのシーン、ラストのビンラディンのシーンを中心に1時間半くらいにまとめてくれたらもっと良かったのにと思います。エンタメとしての映画というよりか、どちらかといえばドキュメンタリー風です。鑑賞者がどちらが好みかで評価が分かれそうですね。映画の完成度は高いし題材もシリアスなのになんか点数が伸び悩みました。
アラジン2014さん [インターネット(字幕)] 5点(2017-04-08 10:34:55)
72.CIAの女性分析官マヤを主人公にした、9.11同時多発テロからビン・ラディン殺害までの10年間。
この間、アメリカにとっては公表されると都合の悪いことも色々あったのだろうと思いますが、
前半の拷問のシーンなど、アメリカ、CIAにとって都合の悪い部分も執拗に描かれています。
この10年間の長さを感じる2時間半を超える作品ですが、タイトルをつけて局面ごとに章立てすることにより
それぞれの局面ごとの緊張感があり、作品にうまくメリハリをつけています。
マヤの友人の分析官がテロで命を落として以降は、その報復、彼女の弔い合戦の様相を呈する。
ネイビーシールズの精鋭部隊がビン・ラディンの隠れ家に突入し、作戦は成功する。
しかし迎えの専用機に乗り込み、「どこへ行く?」と聞かれても何も答えられない虚ろな表情のマヤ。
アメリカ万歳どころではない。作戦は成功しましたが、その作戦成功の後味は極めて悪い。
結局は報復がさらに新たな報復の連鎖を生みだす。
その虚しさしか感じられないラストにキャスリン・ビグローが本作に込めた思いを見たような気がします。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-03-26 21:09:37)
71.《ネタバレ》 無辜の人をテロで闇討ちにする輩に対する拷問(新大統領が復活させたがっている水責めもありました)は仕方ないと思います。マヤが同僚を爆殺された後私怨に走ったのも仕方ないと思います。ラストで独り涙する彼女が将来、両親を目の前で殺された子供達の報復に怯えて生きてゆかなければならないのも仕方ないと思います。力だけが正しい憎悪の連鎖が終わらないのも仕方ないと思います。
JAPANESE. 551さん [DVD(字幕)] 6点(2017-01-29 15:10:22)
70.登場人物のヒゲ率、高すぎだろ!!
ひげのおかげで誰が誰かわかりません。

まぁそれはさておくとして、こういう実話物の場合、ストーリーの結末についてはそもそも誰でも知ってます。
相当な情弱でもなければオサマビンラディンの最後についてはざっくりくらいは知ってるわけで、ある意味最初からストーリーはネタバレしているわけです。これは映画として相当なハンデです。
しかも実話だけに映画的な脚色もしづらいという面もあります。うかつな事をすると訴訟問題とかになっちゃいますから。

逆に言えば、ストーリーの背景説明をある程度端折れるというメリットもありますし、実話ならではの緊迫感もあるわけですが(フィクションは所詮作り物だから…と考える人は一定数います)そのメリットとデメリットの狭間で難しいカジ取りを要求される、実話物ってけっこうむつかしいジャンルの映画だと思うのです。

さて、近年造られた「実話テロ物映画」というと「アルゴ」が有名ですが、個人的には「アルゴ」はイマイチでなんか退屈な映画でした。
しかし一方、こちらの「ゼロダークサーティ」は、終始映画に引き込まれ、最近にしては長尺な157分を最後まで飽きずに観る事ができたのです。

その理由を分析的に考えてみたのですが、まったくわかりません。

単なる個人の感覚的なもので「アルゴ」はなんかつまんなくて「ゼロダークサーティ」は面白かった。

まぁ映画なんてそれでもいいのかな、と思います。
あばれて万歳さん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2016-11-28 19:46:27)
69.《ネタバレ》 4つ目見たさに鑑賞。
 爆発や銃撃の度にぐらぐらさせるカメラワークは、またかと正直うんざりしました。
 アジトを突き止めるまでは延々マヤを追っていた視点が、抹殺作戦実行の途端にチーム6を
主眼にしだしたのは一貫性が無いです。あくまで、作戦本部の受信機やモニター越しに得られる
わずかな情報から滲ませる、マヤの不安や期待の表情を見せ続けてくれれば良かったのにと思います。
 特殊部隊の活躍については、各々私生活のゴタゴタや悲しみ・憎しみを抱えつつ、
無抵抗の女子供は殺さず銃を向けてくる相手には容赦せず粛々と任務を遂行する姿が見られ、
後ろ暗い後日談も伝える『ネイビーシールズ:チーム6』で充分でした。あ、4つ目には満足しました。
 ただ、長年かけた執念のすさまじさには畏れ入りました。(まぁお金持ちの住んでいそうな邸宅が
豪華な装飾ではなく有刺鉄線の施された高い塀に囲まれている、って時点で超怪しいですけど)
 また「友達はいるの?」という問いへの答えに、心臓がぎゅっと握られた気がしました。
 さて、証人保護プログラムのあるアメリカですから、テロ首謀者の抹殺に関わった人達を復讐から守るため、
人物像やその後の生死について、映画で語られた大半の情報は偽りかもしれません。
 チーム6は撃墜で全員死亡した・・・事にされ、新しい名前で元気に暮らしていると思いたいです。
 マヤは若い女性ではなく、本当はむさいおっさんではないでしょうか。
 そしておぞましい拷問を繰り広げたおっさんが実は・・・
ぱいなぽさん [地上波(字幕)] 6点(2016-11-10 23:01:55)
68.ハートロッカーの監督と聞いて納得。
あれのCIAバージョンと思っていいですね。
ハートロッカーが苦手ならばこの映画も同じ結果になると思います。
あまり人物を追うと疲れるタイプの作品なので、深く追わずリラックスして見ました。
ハートロッカーのように退屈な時間が長めですが、眠くなるとドカーンとなるのでいけました。
ビンラディン殺害に至る場面はリアリティがあり、そこだけは必見レベルでしょう。
たんたかたんさん [インターネット(字幕)] 6点(2015-10-15 20:08:20)
67.《ネタバレ》 『ハート・ロッカー』の姉妹作として位置付けられている気もしないでもない。ドラマ性を排除し、ヒロインの成長物語するような愚かさも切り捨て、妄執や狂気と言っても過言ではない焦燥感が伝わってくる。主人公が女性であることとビンラディンが如何にして殺害されたかという点で本作の強みにはなっているが、2時間半はちょっと長いし事実だけを提示して何かしらの主張がないのは前作同様不満である。今でもビンラディンが死んだという実感が湧かない。彼女が涙を流すラストに、一時的な安堵感と終わりのない負の連鎖が起こる虚脱感を覚えた。
Cinecdockeさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2015-06-20 01:04:07)
66.前半、テロ組織の実体があまりにもなさすぎて、しかも探しているのは、ビンラディンその者ではなく、いるかいないかもわかからない連絡員の男であり、これが途方もなく無謀に思えて、退屈で、正直、寝そうになった。ところが、後半、テロ組織がCIAの職員を暗殺しかけてくるところから、一挙にドラマが緊迫し、おもしろくなった。やはりテロ組織への距離は近づきつつあり、点が線となり、スパイ戦の攻防がよーやく見えてきたから。そこからビンラディンへの暗殺までは映画の世界にどっぶりはまってしまった。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 7点(2015-05-08 01:41:37)
65.《ネタバレ》 ドンパチしてる戦争映画とは違い情報戦が主なテーマ。何年もかけて情報をコツコツと集めて周りを固めていくやり方はまさにアメリカ流。しかし最後の作戦はやや強引な感じがするが、それでもビン・ラディンに対するアメリカの執念が実行を決断させたのかな。それ故にラストの彼女の涙がこの長い戦いの異様さを物語っていたと思う。
ぷるとっぷさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-11-18 00:58:44)
64.ラディンを追い詰めた裏のドラマはこんなにも障害や犠牲を生んだのか。とにかくマヤの執念につきる。強い女性は魅力的だった。時間はちょっと長くてだれたかな。
Mighty guardさん [地上波(字幕)] 6点(2014-10-13 12:35:32)
63.面白い。
そして疲れた。
でもやっぱり面白い。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 8点(2014-08-19 01:42:15)
62.《ネタバレ》 K・ビグローの前作「ハートロッカー」とも共通して流れるのは厭戦の思想。
テロ相手に奮戦するCIAの面々が描かれる。容疑者を拷問する描写があったり、オサマの潜伏先に突入した際に巻き添えの死者が出たり子供の泣き声を挿入したりと、とてもCIA万歳とはいえない作りになっている。けれどこれは米映画なのだった。
女性捜査官マヤは米国そのものの象徴にも思える。意見を通すべく上司に食ってかかるヒステリー気味の精神状態も、オサマが死体となって終幕を迎えた際の疲れた表情も、どれも対テロへの米国のそれに重なる。
テロと、報復行為と、憎悪の連鎖。悪循環を断ち切れずにもがき続ける勝者無き戦争。K・ビグローの訴えは今まさにリアルに進行していて、誰も答を持っていなくて途方にくれる。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-08-15 23:28:44)(良:1票)
61.《ネタバレ》 いやあ、なんだろう、不思議な映画。主人公があれだけの執念を見せつけてるのに、どこか実在感がない。与えられた情報は「マヤ」という名前だけ。なぜ彼女が抜擢されたのか、何が彼女をそこまでさせるのかよくわからない。ラストで「名字は聞いてない」と言われ、一人だけで空っぽの輸送機に乗るときの空虚さ。まるで彼女自身が9.11以降のアメリカが陥った「狂気」を体現しているかのよう。テロから数年たって、国民の関心は薄れ、戦争や拷問への批判が巻き起こり、行き場を失いつつあった「狂気」は、ビンラディン追討への執念として生き延びた。この映画では、あの死体が本当にビンラディンだったのかどうかもわからない。そういうことにしなければならない空気だけは理解できた。そして少なくとも、あの時代の「狂気」をなかったことにはできない。そういうことは十分に伝わった。
ころりさんさん [DVD(字幕)] 7点(2014-07-24 16:19:21)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 80人
平均点数 6.79点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
51417.50%
61822.50%
72835.00%
81316.25%
956.25%
1022.50%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.50点 Review4人
2 ストーリー評価 6.87点 Review8人
3 鑑賞後の後味 6.75点 Review8人
4 音楽評価 7.33点 Review3人
5 感泣評価 6.00点 Review3人
chart

【アカデミー賞 情報】

2012年 85回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演女優賞ジェシカ・チャステイン候補(ノミネート) 
脚本賞マーク・ボール候補(ノミネート) 
音響効果賞ポール・N・J・オットソン受賞 
編集賞ディラン・ティチェナー候補(ノミネート) 
編集賞ウィリアム・ゴールデンバーグ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS