21ジャンプストリートのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > 21ジャンプストリート
 > (レビュー・クチコミ)

21ジャンプストリート

[トゥエンティーワンジャンプストリート]
21 Jump Street
2012年【米】 上映時間:109分
平均点:5.57 / 10(Review 7人) (点数分布表示)
アクションコメディ犯罪ものリメイクTVの映画化
新規登録(2013-03-20)【8bit】さん
タイトル情報更新(2017-07-27)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督フィル・ロード
クリストファー・ミラー[監督]
キャストジョナ・ヒル(男優)モートン・シュミット
チャニング・テイタム(男優)グレッグ・ジェンコ
ブリー・ラーソン(女優)モリー
デイヴ・フランコ(男優)エリック
アイス・キューブ(男優)ディクソン警部
エリー・ケンパー(女優)グリッグス
ジェイク・ジョンソン〔男優・1978年生〕(男優)ダディアー校長
ニック・オファーマン(男優)ハーディ
ダコタ・ジョンソン(女優)フゲイジー
ジョニー・デップ(男優)トム・ハンソン(ノンクレジット)
原作スティーヴン・J・キャネル(TVシリーズ)
マイケル・バコール(原案)
ジョナ・ヒル(原案)
脚本マイケル・バコール
音楽マーク・マザースボウ
撮影バリー・ピーターソン
製作ニール・H・モリッツ
スティーヴン・J・キャネル
製作総指揮ジョナ・ヒル
チャニング・テイタム
エズラ・スワードロウ
編集ジョエル・ネグロン
あらすじ
 高校時代、学業成績は優秀だったが皆に馬鹿にされていたシュミットと、スポーツ万能で人気者だったジェンコ。  全てが正反対な二人が、警察学校で再会した事をキッカケに親友となり、警官としてもコンビを組む事になった。  彼らに与えられた任務は、高校生のフリをして学校に潜入し、生徒間に蔓延している麻薬の元締めを突き止める事。  ジェネレーションギャップに戸惑いながらも、何とか適応していく二人だったが、やがてシュミットが人気者となり、ジェンコが落ちこぼれのレッテルを貼られ、かつての高校生活とは立場が逆転してしまうのだった……
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.《ネタバレ》 下品で下劣で下らない。
でもアホな自分には面白かったです。
権利の読み上げからハトを飛ばすに至るまで、たくさんの伏線が利いていました。
特に「前の潜入捜査官達はマンネリ化して打ち切りになった」というセリフは言って大丈夫なのか!?と笑えます。
長ーーーいリムジンのカーチェイスはものすごーーーく振り回されそうですね。
ぱいなぽさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-05-10 00:07:15)
6.《ネタバレ》  ジョニー・デップ主演で、彼の出世作となったドラマを映画化した一品。
 作中にて、ドラマ版主人公の未来の姿と思しき役どころで、ジョニー・デップ本人が出演しており、彼のファンには嬉しい驚きを提供してくれていますね。
 残念ながら自分はドラマの方は未見なのですが、それでも情報として「元々はジョニー・デップが主演していた作品」という事は承知だった為、登場シーンでは大いにテンションが上がりました。

 ただ、理由は何故か分からないのですが、彼の登場以降やたらと血が流れたり、目を背けたくなるような描写が続いたりして、せっかく盛り上がった気持ちに水を差されるような思いもありましたね。
 撃ち合いのシーンなのだから、血が出るのは当たり前といえば当たり前なのですが、それまでは全くそんな素振りが無かったもので、少し戸惑いました。
 今となっては、あの「急に血生臭い銃撃戦になる」という切り替えも一種のギャグなのかな、と推測する次第です。

 そんな訳で、クライマックスにて「あれ?」と違和感を覚えたりもしたのですが、全体的には楽しめる時間の方が、ずっと長かったですね。
 何といっても「もう一度高校生に戻って、やり直したい」という願望を、疑似的に満たしてくれる作りとなっているのが心憎い。
 例えば、両親が旅行に出掛けた隙に、家でパーティーを行うシーン。
 二人が笑いながらアレコレと準備している様が、本当に楽しそうで、観ているこちらまでテンションが上がって来るのですよね。
 「酒はどうする?」「偽のID無いよな……」と、惚けた会話を交わす辺りなんかも、お気に入り。
 「子供の振りをしているけど、本当は大人」というズルい立場だからこその喜びを、上手く表現していたように思えます。
 その一方で、過去に囚われる事を良しとする作風ではなく、きちんと作中で前向きな答えを出して終わる辺りも、好みのバランスでした。

 他にも「スーパーマンII/冒険篇」に登場したゾッド将軍が、作中で妙にリスペクトされているのも可笑しかったし、やたらと扇情的な言動の女教師なんかも、魅惑的なアクセントになっていましたね。
 特に後者に関しては、もっと出番を増やして欲しいと思ったくらい。
 「俺は麻薬捜査官だ」「お前の盾になっても良い」などの台詞が、伏線として機能している辺りも心地良かったです。

 人気の高さゆえに続編も制作されて、三作目では「メン・イン・ブラック」とのコラボも決定したという本シリーズ。
 この一作目の終り方も、続編に直接繋がるような形となっており、観賞後もテンションの高さを持続させてくれたのが嬉しかったですね。
 楽しい映画でした。
ゆきさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2016-06-13 06:33:22)
5.《ネタバレ》 まぁまぁ面白い。終盤ジョニーデップが出てびっくりしましたが同名のTVシリーズの映画化で彼はそのシリーズで主役務めてたんですね!
がんばれ阪神タイガースさん [DVD(吹替)] 5点(2015-02-17 16:12:38)
4.オリジナルにどれほどの愛着があっての制作なのかは知らないが、一映画としては凡庸な出来ではないでしょうか。高校生活の描写はもうお決まりごとのオンパレード、勝ち組とオタク組、プロムにパーティにステージと、記号のようにイベントごとが並ぶ。並ぶだけ。
そして何が許せないってCSの番組紹介でJ・デップの出世作、とだけ記すのはあまりに言葉が足りないよ。よく考えれば2012年の作品が出世作なわけないんだが。ここでは単にカメオ出演だった。そう書いてくれ。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2014-11-18 00:27:51)
3.《ネタバレ》 まぁなかなか面白い。でもノリは軽くてもとはTVシリーズというのも納得。冷静に考えたらあの二人が高校生になりすまして潜入捜査するなんて無理ありすぎ(苦笑)&ジョニー・デップ目当てにみると大いにがっかりします。まぁそういいつつなかなか楽しめたので6点。
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-09-20 06:52:19)(良:1票)
2.《ネタバレ》 化学の女性教師のキャラが面白い。
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2013-11-11 16:13:59)
1.《ネタバレ》 たぶんオリジナルのTVシリーズはこんなに下ネタ満載じゃなかったと思うんだけど・・・笑。
おそらく主演(と製作総指揮)を務めた二人がこのドラマを観て育ったんでしょう。
オリジナルに敬意を表し今風にアレンジつつ、思いっきり好き放題やってみたと。
下ネタ・馬鹿ネタ大好きな人は楽しめるでしょう。
イケてなかった学生時代への復讐という裏テーマも良いと思います。
アクション映画にありがちな爆発シーンをおちょくるセンスとかはちょっと好き。
刑事バディものとしても良くできてると思います。
ただ、チャニング・テイタムとジョナ・ヒルという旬な役者が主演を張っているにもかかわらず、ラストのジョニデのサプライズ登場にオイシイ所を持ってかれた感あり。
オリジナルのTVシリーズにリンクさせつつ見事な死にっぷりが素晴らしいです。
やっぱ大スターのオーラ半端ねーっすわ。
8bitさん [DVD(吹替)] 6点(2013-03-21 00:45:47)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 5.57点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4228.57%
5114.29%
6228.57%
7228.57%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 9.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 5.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS