グランド・マスターのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > グランド・マスター
 > (レビュー・クチコミ)

グランド・マスター

[グランドマスター]
The Grandmaster
(Yi dai zong shi/一代宗師)
2013年【香・中】 上映時間:123分
平均点:5.96 / 10(Review 24人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-05-31)
アクションドラマカンフー伝記もの
新規登録(2013-04-28)【Carrot Rope】さん
タイトル情報更新(2017-04-14)【カニ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ウォン・カーウァイ
演出ユエン・ウーピン(アクション指導)
ユエン・シュンイー(武術指導)
ユエン・チュンヤン(武術指導)
キャストトニー・レオン(男優)葉問(イップ・マン)
チャン・ツィイー(女優)宮若梅(ゴン・ルオメイ)
チャン・チェン(男優)一線天(カミソリ)
マックス・チャン(男優)馬三(マーサン)
ソン・ヘギョ(女優)張永成(チャン・ヨンチェン)
ユエン・ウーピン(男優)陳華順
カン・リー(男優)鐵鞋七(アイアンシューズ)
チョイ・カムコン(男優)熊委員
ロー・ホイパン(男優)燈叔
ラウ・シュン(男優)先生瑞
ロー・マン(男優)
ラウ・カーヨン(男優)勇哥
チョン・チーラム(男優)
小杉十郎太葉問(イップ・マン)(日本語吹替版)
魏涼子宮若梅(ゴン・ルオメイ)(日本語吹替版)
脚本ウォン・カーウァイ
音楽梅林茂
製作ウォン・カーウァイ
ン・シーユエン(共同製作)
配給ギャガ
美術ウィリアム・チャン(美術監督)
衣装ウィリアム・チャン(衣装デザイン)
編集ウィリアム・チャン
その他ラウ・カーヨン(南拳顧問)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
24.冒頭、雨の中、水浸しのアクションがあって、この時点で「えー、いまだにマトリックスみたいなコトやってるの~」と、少々ゲンナリしてしまいました。
一応、映画の題材として「カンフー」ってのがあって、「カンフー」なら、人間と人間との対決というものが描かれることを期待するのですが、本作、驚いたことに、対話シーンですら、人と人が向き合わない。普通の映画なら、対話シーンではしばしば、話し手がこちらを向いていると、聞き手は手前に後姿として配置されてたりすると思うのですが、本作では話し手だけのショットが繋がれていって、まるで人と人が向き合わない。
小津映画みたいな独特のリズムがある訳でもなく、その不思議な演出を受け入れてしまっている自分への驚きがある訳でもない。
単に向き合わない、というのが、こんなに退屈なのか、という驚きは、少し感じましたけどね。あまり好きになれません。
とか言いつつ、よりによってトニー・レオンが、まるで似つかわしくない「達人」を演じている、ってのが一番受け入れがたい点だったりして。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-01-02 11:51:39)
23.途中から話がわからなくなってしまって辛かった。
ホットチョコレートさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2017-12-26 06:45:52)
22.映像はきれい。アクションも迫力があります。しかし、ストーリーとしては「で?」という感じ。実在の人物を描いているとのことですが、その上っ面だけを追いかけた印象です。それに「カミソリ」とは何だったのか、絡み方が実に中途半端でした。
だいたい、主人公もチャン・ツィイーもカミソリも強すぎます。しかも、あれほど激しく動きながら、呼吸すらまったく乱れないところがすごい。お前らは暴れん坊将軍かと。いつか何かの役のジェイソン・ステイサムと、東西頂上決戦を実現してもらいたいものです。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-12-23 04:33:03)
21.ギトギトした質感の、肉体の躍動感など毛ほども感じさせない映像のお遊びが羅列されているだけの作品。チャン・ツィイーを引っ張り出していながら、魅力的に撮られてもいなければ、アクションもまったく追い切れていない。そもそも、カメラがアップばかりなのは、背景のしょぼさや手抜きを目立たないようにするためなんだろうか、としか思えませんでした。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 2点(2017-12-22 23:10:25)
20.映像として出来は良い。でも、物語に入り込もうとすると肩透かしにあうような、消化不良が残る映画。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-12-16 15:12:30)
19.《ネタバレ》 イップ・マンという実在した人物を題材というから、もっと伝記的な作品かと思ったらそうでない、
ずっと夢の中の世界を映像にしているかのような印象。これぞまさにウォン・カーウァイなんだなと。
とにかく顔の寄りが多くて、独特なエフェクトで押しまくる。こういうスタイルもありなんだなぁと思うと同時に、
物語としての深みはあまり感じないなというのも正直なところ。
まぁ、流石にカンフーシーンは良かったですけど。
あろえりーなさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-12-12 16:03:52)
18.《ネタバレ》  二重の魅力を秘めた作品だと思います。
 武侠物としても、恋愛物としても楽しめる側面を備えている。

 でも、自分の場合は上記の要素どちらに比重を置いて観賞して良いのか分からず、今一つ集中する事が出来ませんでしたね。

「ウォン・カーウァイ監督? なら格闘シーンはオマケ扱いで、恋愛模様がメインなんだろなぁ……」
「おぉっ、思った以上にアクションのクオリティ高い! 甘く見てた自分が馬鹿だった!」
「これ完全に武侠映画だなぁ、やっぱ映画に先入観を持つのは禁物だわ」
「あれ? このラスボス(と思われた人物)あっさり負けちゃったけど、どう話の決着付けるの?」
「……って、結局は恋愛映画かよ!」

 と、こんな感じで混乱してしまった次第。
 途中から終盤にかけては、トニー・レオン演じる葉問よりも、チャン・ツィイー演じる宮若梅の方が主軸に据えられているように感じましたね。
 それでいて最初と最後をキチッと葉問で〆るのは生真面目な作りでしたが、それゆえに葉問が全然目立たない場面の長さも際立ってしまい、少々軸がブレているようにも思えました。

 冒頭の雨中の格闘シーンを筆頭として、アクションは格好良く描かれていましたし、監督の得意分野とも言うべき恋愛描写の部分も良かったです。
 不器用な自分としては、さながら左右から腕を引っ張られているかのような居心地の悪さを覚えてしまいましたが、器用な人であれば、その両方をしっかり楽しんで、満足出来そう。
 そんな器用さを備えた人が羨ましくなる、ちょっと手の届きそうにない位置に咲いている花のような映画でした。
ゆきさん [DVD(吹替)] 5点(2016-05-06 05:21:05)
17.《ネタバレ》 まさかのウォンカーウァイ監督による武侠クンフーもの。
技や動き、打撃が美しく撮ってある。佛山の妓楼の雰囲気もすごくいい。
東北の駅のホームでの決闘は、なんとなく北斗の拳の雰囲気を思い出した。
人間ドラマにスポットが当たっていたけど、拳法そのものに迫った武骨な作品も見てみたい。
中国の奥深さを感じさせる名作。
MARTEL1906さん [DVD(字幕)] 9点(2015-12-13 18:32:14)
16.《ネタバレ》 ウォン・カーワァイ監督のまさかのカンフー映画。出来は良い^ ^

中国の北部と南部のカンフーの交流と興亡を伝記映画として描く。カンフーの交流といってもメンツとメンツの争いとも言える。そして復讐、そしてカンフーの伝承とは。

とってもキレイな映像。戦いも本気度マックスのジェットリー映画とは違い、姿勢の整った美しいカンフー描写。ワイヤーアクションもあるが、個人的に、本当に個人的にだが、リベリオンを思い出した。様式美って感じ。でも迫力十分。

そんな映画だが、伝記映画ということもあってか登場人物像が出来上がっていて、どの人の魅力も成長しない。そこそこみんないいじゃ映画の魅力は半減。

トニーレオンがラストのラストでタンカ切ってるのはかっこいいが、映画としてドラマをあまり感じなかった。いろんな人がイップマン(トニーレオン)に技を託すシーンや、やはり復讐シーンはそれなりなんだが。

キレイでさらっとしたカンフー映画ってどうよ、と書いておこう。

最大の疑問は…、なんでウォン・カーワァイはここにきてカンフー映画撮ったんだろう???

普通にいい映画だけど。
JFさん [DVD(字幕)] 7点(2015-09-13 23:14:48)
15.カーウァイ監督の映像美ですね。最初から最後までとても美しい映像。トニー・レオンもチャン・ツィイーも美しいし、カンフーシーンも美しい。監督の映像美を期待してなら裏切らない作品だと思います。ブルース・リーが好きなので、イップマンさんの名前は存じておりましたが、この作品では彼は見えてこないと思う。フィクション作品としてご覧下さい。
movie海馬さん [地上波(邦画)] 5点(2015-01-24 17:11:30)
14.過去3回寝て、4回目にしてやっと最後まで鑑賞。
思えば王家衛の「楽園の暇」でも5回程寝てしまった私。
どうも王家衛×武侠映画は私にとって鬼門のようだ…。

前述の「楽園の暇」の例があるので、あまりカンフーには期待していなかった私。
その予感は的中し、やはりアクションよりもドラマに重きを置いた作品だった。
いい意味でいつもの王家衛映画。
一見さんお断り。というのは冗談だが、かなり敷居の高い作品である事は間違いない。

冒頭、雨の中の格好いいアクションが展開されるが、それはスピーディーなカット割とスローモーションを多様した何処まで本気かわからないアクションシーンだ。人によっては映像でごまかしただけのこけおどしカンフーだと揶揄されるかもしれないだろう。そういう本気のカンフーを求める方はこの後の展開で眠る事が予想されるので注意されたし。

格好いいアクションシーンが終わると、今度は淡々とイップマンの語りが始まり、ドラマが展開されていく。トニー・レオンのナレーションを聞いている内になんだかこれは「2046」なのか?という不思議な感覚にとらわれた。カンフーの達人というよりもいつもの王家衛映画に出てくるトニーと重なってしまった。なんだか音楽や屋上で佇む女などのカットが「2046」を思わせる所があった。

これまで散々1960年代にこだわって撮りつづけてきた王家衛だが、今回は1930年代から1950年代の激動の時代を描く。
いわばこの作品を原点として「欲望の翼」や「花様年華」へと繋がっていくのかもしれない。
ヴレアさん [ブルーレイ(字幕)] 10点(2014-10-13 20:13:51)(良:1票)
13.《ネタバレ》 チャンツィイーのコートが欲しい。チャンツィイーがかっこいい。
チャンツィイーっていったいいくつだ?
 
イップマンを描いた映画のなかでは史実に忠実なようだが、イップマンとチャンツィイーの恋する惑星は史実かウォンカーウェイ効果によるものか?
カンフーシーンがめちゃんこかっこいい。ストーリーはそこそこに雰囲気を楽しみながらカンフーに魅入れるいい映画だった。
 
いっぱい取材しただろうにストーリーが飛び飛びなのは、あの国の人はよくも悪くも話を盛りすぎるから、取材に応じていただいたグランドマスター他の方々に敬意を払うため、整合性がつくとこだけを映像化したものと邪推。
おでんの卵さん [DVD(字幕)] 8点(2014-10-04 14:48:53)(良:1票)
12. 中華思想とはこういうものか・・というのが印象でした。中国というお国柄というかお人柄を伺い知ることが出来る映画だと思いました。
 ブルース・リーなどのような今までのカンフー映画とは少し趣旨が違います。業の継承とその成り立ちとでもいうのでしょうか、それぞれの価値観、人間関係、葛藤などが描かれております。
 中国は世界の真ん中という考え方が如実に感じます。「俺が、俺が」の自己主張というかあくまで自分の目線で物事を見て判断をして行く。中国自体が断絶の歴史であるようにカンフーも伝承の中で洗練されて行くというより、強い者が出てくると先駆者の陰は薄れていく、そんな印象を受けました。
 その象徴的な言葉として最初と最後に「縦か横か」という言葉に表れている。流派は関係ないと・・・・確かにそうだろうと思うが、日本には嘗て「神道」というものはなく日本人が当たり前に生活の中で実践していたことが、色々な宗教が入って来たのでそれと別ける為に「神道」という名前が出来てるようにカンフーにもこれは外したらカンフーでなくなる・・という基軸があるのではないか・・・それが「縦か横か」というテーマの中でこれぞカンフーというその基軸が描いていればすごーーくいい映画になったと思う。でも感じない。何が言いたかったのか。
 日本ではどうなんだろう・・私は武士道という視点で行けば長い歴史の中で形は違っても連綿と受け継がれている日本人そのものの在り方のようなものを感じる。あえてその基軸、これを失ったら日本でなくなるというものを記載するのであれば「古事記」の随所にそれが描かれているように思う。そしてその中心にいらっしゃるのが「スメラミコト」であると思う。
 大和魂というものは大東亜戦争の時に、政治の世界に、また先の東日本大震災の時に随所に感じることができる。
 この映画を見て武道とはそういう世界ではと感じた。これにより、この映画を見ればやはり中国そのものの精神として見て同義ではないかと思う。
 ジンとくる日本でいう「侍」的な行動もないし、身命を賭して護るべきものを護る的なものでもないし。そもそも日本人は大東亜戦争で負けたが「負け」そのものの意味を歴史的に覆した民族のような気がする。
 なんかこのような戦争論にまで及んでしまったが冒頭にも記載したようにやはりこの映画は「中華思想」を学べる教材としてはいいと思う。
レスポーラーさん [ブルーレイ(吹替)] 4点(2014-03-22 13:51:18)
11.《ネタバレ》 スローモーションを多用した格闘シーンは好き嫌いあると思うがこの映画に関しては成功していると思う トニーレオンのイップマンはめちゃ渋 格闘シーンは形を含めて非常に美しい お話は時代背景が理解しやすく描かれない上に色々な格闘家の話が同時に描かれるため(むしろ説明を省略している)理解しにくいところがある しかしそれもこの映画の味かもしれないな しかしストーリーや人間関係を深く追いたい人には不向き 全編を通してあるのは詩情、これにつきる この詩情を受け入れるかどうかでこの映画が好きかどうかが決まる 私は結構イイと思った
にょろぞうさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2014-01-14 23:59:14)(良:1票)
10.《ネタバレ》 2時間の枠の中で、「ワンスアポン(アメリカ)」「ロードトゥパ―ディシャン」「ゴッドファーザー」よりもさらに品格のある映画を、ウォンカ―ウァイは、この時期に世に出してきた。自分が凄いと感じ始めたのは、「武術でなく、思想で競おう」と言った場面からである。ウォンカ―ウァイは、自分はノーマークだった。改めて、この監督作品を観なければ、と強く思った。
トントさん [DVD(字幕)] 10点(2013-12-13 17:01:23)
9.《ネタバレ》 チャン・ツィイーが好きで見に行きました。
彼女のファンとしては大満足!
あの大画面であの寄りはもうほんとに素晴らしいですね。綺麗。
アクションも素敵すぎる。
賛否両論あると思いますが、私はあのアクションの見せ方は良いと思いました。
マトリックスを彷彿とさせるようなスロー、水滴の飛び散り方、私もやってみたい。

ストーリーとしてはよく分からなかったというのが正直なところ。
他の方もおっしゃるようにまとまりがなく、そのエピソードいるか?と思うことが多々・・・。
ですがそれも考えのうちなんでしょうね。理解できないだけで。

絵の美しさだけで楽しめる映画でした。
らんまるさん [映画館(字幕)] 6点(2013-07-22 10:13:30)(良:1票)
8.電車の人はどうなったの?と観賞後に奥様が聞かれたので、王家偉だから、関係ないんじゃない?と答えたら納得してくれた。
ストーリーはよくわからんし、縦と横がかっこいいのかどうかもよくわからんけど、スタイリッシュなのは間違いないし、映画館で観といてよかった。ブルーベリーよりは良い。
Skycrawlerさん [映画館(字幕)] 7点(2013-06-22 22:58:19)
7.《ネタバレ》 うーん・・・・。トニー特に活躍しないよね・・・・。
どちらかというとチャン・ツィイーの復讐劇みたい。
黒の毛皮を着て登場~なんてやくざの姉御みたいでこわいっす。
でもきれい・・・・。
この二人がなんか争うんだか愛し合うんだかっていう感じの宣伝だったけど、実際はほとんどかかわりはなし。
チャン・チェンのカミソリのエピソードはなんだったんでしょう???特に必要ない気が。
香港映画は香港用と中国用と編集があるそうですが、日本版ってのもあってカミソリの重要なエピソードはけずられちゃったとか???
映像はさすがにきれいでしたが、なんか同じとこで撮り溜めしといた?みたいなシーンが多かった・・・・。各局カンフーマスターってなんだったんだろう?
エピソードを並べていっただけの印象派な(?)映画でした・・・。
あ、でも映画館で観たほうがいいと思います。それか家でも大き目の画面で。
ぺーこさん [映画館(字幕)] 5点(2013-06-18 21:39:13)
6.《ネタバレ》 久しぶりにウォン・カーウァイの映画を観て、自分がこの人の映画に惚れていたことを思い出す。
6年前に前作「マイ・ブルーベリー・ナイツ」を観たときも、同じような思いをしたような気がする。
近年決して多作ではない映画監督なので、映画を観始めてしばらくして、描き出される映画世界の特異な空気感に「おや?」となり、「ああそうか、これがウォン・カーウァイだ」と記憶が呼び起こされる。

誰もが楽しめ、受け入れられる類いの作風ではないことは明らか。
時に酷く散文的で、ビジュアル的な美しさが強調される世界観を嫌う人は多いと思う。
この映画にしても、ストーリー的にはあまりにまとまりがなく、「結局何の話なんだ?」と主題がぼやけて見えることは否めない。
詰まるところ、激動の時代における、伝説の武術家イップ・マン(葉問)をはじめとするカンフーマスターたちのそれぞれの人生模様を描いた作品なわけだが、「伝記映画」と謳っている故か、超人的なカンフーマスターたちがドラマティックに絡んでいくように見えて、実は直接的な絡みは殆どない。
アンフェアな予告編に騙されて、“カンフー映画”としてのエンターテイメント性を期待してしまうと、きっと肩透かしを食らう。

ただし、十数年前に「恋する惑星」を観て以来、この映画監督の作品に惚れてしまっている者としては、映画全体からほとばしるその「美意識」だけで、諸々の否定的要素は霧散してしまう。

ハット姿のトニー・レオンが土砂降りを切り裂くように敵を蹴散らす。薄い化粧(けわい)が秀麗なチャン・ツィイーが降雪の中で強く美しく舞う。

ビジュアル的な「美意識」だけが先行してしまっている映画という評は間違ってはいまい。しかし、その「美意識」だけで充分だとも言える。
ウォン・カーウァイがカンフー映画を撮るというのはこういうことなのだ。と、理解してもらうしかない。

兎にも角にも、映画自体の完成度はともかく、大好きな監督の最新作を久しぶりに観られたことの満足度は高い。
ああ、「恋する惑星」が無性に観たくなった。
鉄腕麗人さん [映画館(字幕)] 7点(2013-06-16 00:57:03)(良:2票)
5.宣伝ではカンフーを強調してますけど、予想どおりドラマ重視の映画でした。肝心のドラマ部分にまとまりがなく、散文的であります。チャン・チェンは必要でした?
shoukanさん [映画館(字幕)] 4点(2013-06-07 23:22:43)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 24人
平均点数 5.96点
000.00%
100.00%
214.17%
314.17%
4312.50%
5729.17%
6312.50%
7416.67%
828.33%
914.17%
1028.33%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 4.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review2人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

2013年 86回
撮影賞 候補(ノミネート) 
衣装デザイン賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS