ガンジス河でバタフライ<TVM>のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > ガンジス河でバタフライ<TVM>
 > (レビュー・クチコミ)

ガンジス河でバタフライ<TVM>

[ガンジスガワデバタフライ]
2007年【日】 上映時間:88分
平均点:8.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
ドラマコメディTV映画ロードムービー
新規登録(2013-04-28)【ramo】さん
タイトル情報更新(2015-10-05)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督李闘士男
キャスト長澤まさみ(女優)高野てるこ
塚本高史(男優)シンゴ
中谷美紀(女優)テツコ(特別出演)
石橋蓮司(男優)高野昭吾
竹下景子(女優)高野典子
荒川良々(男優)高野昭典
立花彩野(女優)ちん
脚本宮藤官九郎
音楽coba
主題歌矢井田瞳「ハネユメ」
制作鈴木武幸(制作者)
東映
あらすじ
就職活動の面接で、印象を深めようとしてつい「私、ガンジス河でバタフライをしました」とテキトーなことを言ってしまい、なぜかインドを旅することになった女子大生・てるこ。初めての海外・インドでさまざまなカルチャーショックに遭いながらも、自分自身と向き合い、たくましく成長していく姿をコメディータッチで描く。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 クドカンの脚本、ハマる時とそうでない時の差がかなり大きいですが、これはとても楽しむことができました。ストーリーよりも、インド人のオヤジギャグやら、竹下景子の腹話術など、笑いどころがすべてツボにハマりまくり!それに、長澤まさみってただのアイドル女優と思っていましたが、この作品を観て印象が変わりました。ただ、中谷美紀の使い方がもったいないというか、全体の流れの中にそぐわないような役で、ちょっと残念でした。また、個人旅行でしか味わえないようなインドの風景や文化を見られたのも楽しかったです。
ramoさん [地上波(邦画)] 8点(2013-04-29 00:44:48)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 8.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
81100.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS