恐怖ノ黒電話のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > 恐怖ノ黒電話
 > (レビュー・クチコミ)

恐怖ノ黒電話

[キョウフノクロデンワ]
THE CALLER
2011年【英】 上映時間:91分
平均点:7.70 / 10(Review 10人) (点数分布表示)
ホラー
新規登録(2013-05-06)【クロエ】さん
タイトル情報更新(2015-04-12)【8bit】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マシュー・パークヒル
キャストレイチェル・レフィブレ(女優)
スティーヴン・モイヤー〔男優〕(男優)
ローナ・レイヴァー(女優)
ルイス・ガスマン(男優)
あらすじ
離婚を機に環境を変えようと引っ越して来た女性・マリー。新しく暮らすアパートには回線の繋がった古い黒電話が据え付けてあった。そこへ謎の人物から着信が入り…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
10.復縁を迫ってくるDV夫と過去からのストーキング電話を受けるダブルパンチ。なかなか考えられた脚本でグロさが無くとも神経に障る怖さはありました。ただ、パンチに欠けると言うか、本サイト基準そのままの作品でありました。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 6点(2020-11-14 20:22:34)
9.《ネタバレ》 過去を変えられる立場にある人格障害者にターゲットにされたら――
対抗策もなく圧倒的に不利な状況で、まさに恐怖でしかない。
タイムパラドックス系のサイコホラーで、シンプルだけどなかなかおもしろかった。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 7点(2020-10-29 00:58:07)
8.《ネタバレ》 タイトルで損をしている作品ですね。これじゃあクラシックでオーソドックスな(古臭い)ホラーだとしか想像できません(非常に優れたアイデアのあるモダンな作品なのに)。

敵の為すがまま、いつ、何をされるかも分からないと言う防御力0の状況は、まるでサメ映画でサメがいる暗い海に放り込まれたかの様な極度の心地悪さを醸し出している。しかも、相手はサメでは無く悪辣で悪知恵のはたらく女サイコだという、実に不快で逃げ出したくなるような極上のホラー具合。女サイコは(当然ながら)姿が見えず、終盤、一瞬姿が映りかけるもすぐ消えてしまう、という、敢えて「見せない」恐怖の演出も秀逸だと感じる。

ネガティブなラストも、過去を変えた弊害であることを含めてこれも好みだが、DV元旦那については、ラストで殺される以外にはあまり上手く使えていなかった様にも思う(奴が何をどうしたいのかがイマイチ分からないのも一因かと)。どちらかと言えば間違い無くシナリオは複雑な方であることもあり、ツッコもうと思えばツッコめる箇所もいくつか在るとも言えるが、無理に気にするのも野暮だろう。文句無しの優秀ホラー。
Yuki2Invyさん [DVD(字幕)] 7点(2020-04-13 21:52:02)
7.《ネタバレ》 終始、薄暗い映像であるがストレスが溜まることはない。逆にその薄暗い映像の中において彼女の奇麗な金髪がすごく映えるので彼女の動きも十分追えるし、これはもう主人公が黒髪の日本人女性でなくてよかったと思えてしまったほどであります。そしてその薄暗い映像の中において目に留まる彼女の潤みまくった潤んだ瞳と時折キラリと更に光り輝くその瞳も見逃せないものとなっていました。(ホント彼女は目が綺麗。)そしてそれプラス、、私ら視聴者に向けてのサービス精神なのか ラフな格好において見せる腕や首筋や胸元に光る白、そして長くニョキッと伸びた白い脚。暗いながらに映えた映像美でいっぱいとなっていました。いやあ、このひと何かといろいろ美人さんやな~  あ、でも、ただし、、、これは小声で言わせてもらいますが、残念ながら彼女の両肘はあまり〝綺麗ではない〟、これは中庭のシーンで彼女が庭師のオッサンにヒナギクで作った首輪をかけてあげた後のところで確認できます 開始約55分くらいのところです。なぜかその醜い両肘に目を疑った。もしかして彼女って異星人?とか思ってしまった だってそのぐらい変てこなおヒジだったもので ほんと一瞬自分の目を疑った。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2016-03-19 16:06:59)(良:1票)
6.《ネタバレ》 なかなか怖かったです。個人情報ベラベラ喋ったり、DV夫へ「命令違反よー命令違反よー」しか言わないところにイライラしたり、大きなナイフで自分を攻撃して自爆したあげく武器捨てたり、ラストシーンで何故か出血が止まってる驚異の回復力を持つ主人公にイライラしたけれど。他の方も挙げられた通り「オーロラの彼方へ」と同じ手法ですね。やっぱ生きてる人間が一番怖いですわ(まぁ一回死んでるんですけどね)
悲喜こもごもさん [DVD(字幕)] 8点(2014-08-08 02:15:27)
5.《ネタバレ》 この映画と同じアイデアのオーロラの彼方へを見た時は正直あまりピンと来ませんでしたが、ホラーと相性がいいのかこの映画は十二分にアイデアが生かしきれていてすごく楽しめました。電話一本繋がった先の手の届かない相手に呪いのように未来を変えていかれるというのはなかなか理不尽でホラーっぽくて良いですね。この映画一本で終わりにしてしまうのはもったいないくらいババアの嫌がらせパターンは豊富に用意出来るでしょうから、リメイクかエルム街、13日の金曜日みたいにシリーズ化して欲しいw
映画大好きっ子さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2013-06-12 22:51:28)(笑:1票)
4.如何わしい都市伝説、又は昔の怪談話みたいな邦題を付けられてしまった本作品。かなり危機管理能力が足りない主人公が追い詰められていく様は見事です。電話相手の顔を殆ど映さない見せ方も、恐怖心を煽り良い余韻に浸れる。
真尋さん [DVD(吹替)] 8点(2013-06-05 01:29:43)
3.《ネタバレ》 ホラーという観点で見た場合、本作はかなり怖い。ホラー版「オーロラの彼方へ」といった感じか。

■過去の側の犯罪者が圧倒的に有利(未来はただ時の流れに従うしかない)というのが通常のイメージと逆のところで、それが生殺与奪権を完全に相手に握られているという不条理性を作りだしている。親しい人を何人も殺され、自分も大火傷を負わされ、そして負の連鎖からは逃れられない。

■しかし、冷静に考えてみるといろいろおかしい。「時間の流れを変えている主人公だけは外側にいる」かのような説明が途中でなされていながら、主人公もが時の流れの変更の影響を受けるようになる。そして、そんな大火傷を負ったり人を一人殺したりするような大変化を受けながら、主人公の境遇が前後でほとんど変化していない(前の夫すら同じ)というのは到底ありえないと思う(他の人の境遇変化を見よ)。とはいえ、そういったことは見ている間はほとんど気にならず、ただただ怖かったのであまり減点はしない
θさん [DVD(字幕)] 9点(2013-05-21 01:06:30)
2.《ネタバレ》 裁判所の接触禁止命令という強力な武器があるのに、主人公はDV夫の言いなりでした。困難に立ち向かうのではなく、目を瞑り、耳を覆ってしまう。この性質は、おそらく夫からの暴力が原因。彼女は現実を直視出来ていません。見知らぬ相手に個人情報を漏らしてしまう不用意さも、実生活に現実感が無いから。大切な人を失い、大怪我を負わされてもなお、彼女から危機感が伝わって来ません。キチ婆を事故に巻き込む目論見は、今の彼女が行使できる唯一の対抗手段。にもかかわらず、その計画には周到さの欠片もありません。これでは助かるものも助かりません。多くのものを失った代わりに彼女は勇気を手に入れた…のであれば救いもありますが、残念ながら違います。一人殺すも二人殺すのも変わらないだけ。正当な手順を踏まぬ解決は、逃げと同じ。彼女はこれからも人生の障害から眼を逸らし続けるのでしょう。DV夫が消えても、彼女はその呪縛から逃れたわけではないのだと思います。良質なタイムパラドックスホラーサスペンス。圧倒的な“無力感”という名の恐怖を味わってみてください。『オーロラの彼方へ』と見比べてみるのも面白いかもしれません。
目隠シストさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-05-09 20:29:22)
1.《ネタバレ》 ホラー映画については私は結構辛口レビューになってしまいますが、いやいや、邦題がダサいわりには面白かったですよ。
この監督は人は何を恐怖するのか、よくホラー映画を勉強していると思います。
私はホラー映画を観て怖いと思ったことはあまりないのですが、本作は恐怖というツボをよく押さえていると思います。
私自身、この映画を観て考えさせられました。
今、「死霊のはらわた」のリメイクが不評を買っているようですが、本当に怖いものって、ゾンビとか幽霊とかスプラッターではないと思うんです。
まず、ホラー映画は90分が限度。
本当の恐怖は現実にあって、怖いのは現実に存在する人間。(本作ではストーカー)
現実的な恐怖と非現実的な恐怖をシンクロさせると観ているほうは惹きこまれていく。
主人公は美人であること。
本作では、生足脚線美のキュートな女性でした。(例、エイリアンのシガニー・ウィーバー)
犯人は最後まで姿を見せないこと。
私なりに書き出してみたのですが、確かに突っ込みどころはあります。
でもホラー映画ですよ。このへんでいいじゃないですか?
面白い!
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-05-07 08:02:19)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 10人
平均点数 7.70点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6110.00%
7330.00%
8440.00%
9220.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 2.00点 Review2人
2 ストーリー評価 7.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review2人
4 音楽評価 7.50点 Review2人
5 感泣評価 5.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS