シュガーマン 奇跡に愛された男のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > シュガーマン 奇跡に愛された男
 > (レビュー・クチコミ)

シュガーマン 奇跡に愛された男

[シュガーマンキセキニアイサレタオトコ]
Searching for Sugar Man
2012年【スウェーデン・英】 上映時間:86分
平均点:7.50 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-03-16)
ドキュメンタリー実話もの音楽もの
新規登録(2013-05-14)【クロエ】さん
タイトル情報更新(2014-08-17)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マリク・ベンジェルール
脚本マリク・ベンジェルール
音楽マリク・ベンジェルール(追加音楽)
撮影マリク・ベンジェルール(追加撮影)
製作マリク・ベンジェルール
配給角川映画
美術マリク・ベンジェルール(イラスト / オープニング・タイトル・デザイン)
編集マリク・ベンジェルール
あらすじ
1968年、デトロイトのバーで歌う一人の男が、大物プロデューサーの目に止まる。彼の名はロドリゲス。アルバムを2枚発表するが、アメリカで売れたのは合計6枚。しかし、その音源は何故か海を越え、反アパルトヘイトの機運が盛り上がる、南アフリカの地に渡っていた。若者たちの胸に突き刺さったロドリゲスの曲は革命のシンボルとなり、その後20年にわたって広い世代に支持され続けた。しかしロドリゲスの「その後」を誰も知らない。失意のうちにステージで自殺をした、という都市伝説だけが残されているだけだった…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.映画をみてサントラはすぐに借りたくなった。映画を見なくても音楽を聴けばそれで十分だと思う。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 5点(2015-03-14 20:57:51)
7.作中に何度かボブ・ディランの名前が出てきます。
ボブ・ディランは成功をおさめスーパースターとなった。
一方でロドリゲスは2枚のレコードを出したが全く売れず、労働者に戻っていった。
しかし僕は作品に流れるロドリゲスの歌う声、ストレートな歌詞に魅了されました。
ボブ・ディランは成功し、ロドリゲスは成功しなかったのか?
このドキュメンタリーを見ると、そうではないのかもと思えた。
本作はレコードが売れず労働者に戻っても、
数十年の時を経て突然南アでライブ会場を埋め尽くす熱狂的なファンに迎えられても、
ロドリゲスがその時々の自分が置かれている状況を淡々と受け入れてきた姿をとらえていく。
ロドリゲスの関係者や家族へのインタビューが主体となっており、
本人の言葉をもっと聞きたかったという思いもありますが、
人生、気持ちの持ち方しだい変われるものなのかもしれない。
色々と考えさせられることが多いロドリゲスの生きざまでした。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-01-23 23:27:13)
6.《ネタバレ》 情報鎖国だった南アだからこそ生まれたスーパースター・ロドリゲス。彼の佇まいが良いんです。都市伝説となった自分のバイオグラフィーを突きつけられ、まるで浦島太郎のように別世界が用意された時、人はどうなるか。浦島さんは遊蕩してしまったがロドリゲス氏は全く揺るがない。この、地に足の着いた姿勢、数十年にわたって米国でブルーカラーの労働者として生きてきた人生訓がそうさせるのか。歌声も滋味に溢れ、しかし歌詞はなかなかに攻撃的で、私はすっかりこの人に魅了されてしまった。ステージ上での第一声がまたさらりとユーモアを含んでかっこいい。
奇跡、と邦題にあるけれど輝く石は埋もれていてもいつかは人の目に留まるもの。南アでの大ヒットも、氏の捜索への人々の熱意も、すべてロドリゲスの才能が呼んだもの。奇跡というより必然かなとも思う。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2014-07-31 23:55:13)
5.《ネタバレ》 江頭2:50さんがこの映画を絶賛していたので見てみました。度々流れる音楽は渋くてすごくいいです。ざっとあらすじは知っていたせいでしょうか、彼がアフリカに降り立つまでの流れは少々退屈に感じました。しかし、あのコンサートの映像なんか見ると鳥肌立ちます。
やぶからスティックさん [DVD(字幕)] 6点(2014-06-21 13:08:37)
4.《ネタバレ》 アメリカでまったく無名だったミュージシャンが南アでは誰でも知っている伝説のミュージシャンだった しかも死んだと思っていた本人は生きていて、自分がヒーローであることをまったく知らないで、なおかつめちゃめちゃ人格者で良い奴だったって話 一言でいえばこういう話だが見て行くにつれて解る展開になっている なので本人が生きていることがわかるまでに興味を引っ張る魅力に乏しいと思った もう少し本人登場までに盛り上げてくれる演出がほしい しかし本人が生きているとわかってからはまぁまぁおもしろかった しかし最後まで見ても素晴らしい人格者だと回りの人達が言うだけで具体的な例は何もなく、今ひとつ「シュガーマン」の人となりがわからなかったのがこの映画の弱点じゃなかろうか
にょろぞうさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2014-02-02 22:44:33)
3.《ネタバレ》 いやーーこれはスゴイ。なぜ南アフリカに広まったのか?当時のアパルトヘイト政策の白人に対しても厳しかったことが、愛された理由なんでしょうね。もぅとても信じがたい展開だけども、ラストの南アフリカでの演奏場面はホント最高!! 感動必至の奇跡の物語でゴザイマシタ
Kanameさん [DVD(字幕)] 9点(2013-12-10 08:40:42)
2.《ネタバレ》 音楽で生計を立てることができなかったけれども、誇り高く生きてきたロドリゲスの姿にロック魂の真髄を見ましたね。ドキュメンタリーとして決して出来が良いとは言えませんが、それだからこそ、彼の音楽、歌詞、生き方そして作品の終盤に訪れる素晴らしい奇跡が引き立って見えました。

 何度も見返したくなる作品です。
TMさん [DVD(字幕)] 9点(2013-12-03 23:08:52)
1.《ネタバレ》 2013年のアカデミー・長編ドキュメンタリー映画・受賞作品。冒頭の荒廃したデトロイトの街で流されるロドリゲスの歌は尖ったボブ・ディランって感じで凄く渋いんです。
「シュガーマン」の意味は麻薬密売人のことで、流される曲の内容は70年代の不況のデトロイトで仕事のない苦しみを切に歌ったものが多かったのが印象的でした。
どうして彼のアルバムが南アフリカの人たちに広まったのは全く分からない状態で、政府からは、ラジオでは放送禁止される中、口コミだけで広がったというのが驚きです。
ジャケットは長髪でサングラスの男があぐらをかいた姿だけなので、ミステリアスな雰囲気が漂い、、皆が歌詞の内容もわからず、想像だけで英雄視していたのは興味深かったです。
ネットが普及していなければ、彼の消息は突き止めることは出来なかったでしょう。
それでも、彼の存在はなかなか見つけられませんでした。
そしてついに、彼は、あのジャケットと同じ容姿で登場します!
ドキュメントだけができる感動です!
見てやってください。ロドリゲスの姿を、声を。
彼は南アフリカの人たちの描いていた英雄そのもので登場した、その感動を是非味わってください。
彼の人柄が私たちの涙腺を崩壊してくれることでしょう。
彼が南アフリカへ行き、コンサートを開くシーンは必見です。
クロエさん [映画館(字幕)] 10点(2013-05-25 20:08:50)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 7.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5112.50%
6225.00%
7112.50%
8112.50%
9225.00%
10112.50%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 10.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 10.00点 Review1人
4 音楽評価 10.00点 Review1人
5 感泣評価 10.00点 Review1人
chart

【アカデミー賞 情報】

2012年 85回
ドキュメンタリー長編賞マリク・ベンジェルール受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS