HK/変態仮面のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > エ行
 > HK/変態仮面
 > (レビュー・クチコミ)

HK/変態仮面

[エイチケーヘンタイカメン]
HK: Forbidden Super Hero
2013年【日】 上映時間:105分
平均点:6.25 / 10(Review 44人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-04-06)
アクションコメディシリーズもの漫画の映画化
新規登録(2013-05-27)【民朗】さん
タイトル情報更新(2019-01-04)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督福田雄一
キャスト鈴木亮平(男優)色丞狂介/変態仮面
清水富美加(女優)姫野愛子
ムロツヨシ(男優)大金玉男
安田顕(男優)謎の教師 戸渡
佐藤二朗(男優)真面目仮面
塚本高史(男優)刑事
岡田義徳(男優)自殺志願の男
大東駿介(男優)さわやか仮面
池田成志(男優)色丞張男
片瀬那奈(女優)色丞魔喜
高畑充希(女優)TVレポーター
久保田悠来(男優)立て籠もり事件を取材する記者
大石吾朗(男優)
木南晴夏(女優)
笠原秀幸(男優)
鈴之助(男優)
今野浩喜(男優)
原作あんど慶周「究極!!変態仮面」(ジャンプコミックス)
脚本福田雄一
小栗旬(脚本協力)
製作ショウゲート(「HENTAI KAMEN」製作委員会)
東映ビデオ(「HENTAI KAMEN」製作委員会)
プロデューサー加藤和夫【プロデューサー】(エグゼクティブプロデューサー)
配給ティ・ジョイ
美術松井祐一(特殊造形)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
44.《ネタバレ》  某ローカルTV局の元日に当作品、そして翌日に続編…と二夜連続で放送されたので、録画して鑑賞。
 原作漫画(1992~1993年連載)は、タイムリーに読んでいました。ただし「ドラゴンボール」「幽遊白書」「ジョジョの奇妙な冒険」といった少年ジャンプの看板漫画の“ついで”ではありましたが…。当時の私の率直な感想は「たぶん“女子”には理解してもらえないだろうけど、これぞ少年ギャグ漫画だ!」と、小学生の“男子”に戻った気持ちで楽しんだものです。
 映画化の話を耳にしたときは「20年ぶりの復活か~」と感無量ではあったものの、題材が題材だけに気恥ずかしくて劇場には足を運ばず…しかし大成功をおさめて続編も製作!…にもかかわらず、やはり観ずじまいでした…。
 そんな不誠実な読者だったわけですが、今回のTV放送を観て感激しました!。以下、他のレビュアーさん達の肯定的なご意見と異口同音かもしれませんが、長々と述べさせていただきます。

 まず私が感心したのは、漫画から抜け出たかのような変態仮面のフォルムは勿論ですが…ギャグ漫画が原作だからといって、けっしてドタバタな演出で終始しなかったことです。
 確かに、脇役陣(主人公の両親、大金玉男 及び 第四までの刺客-真面目・爽やか・モーホー・細マッチョ仮面)については、ストレートにコミカルな演出がなされています。
 一方、主軸であるストーリーラインは【平凡な主人公の紹介 → ヒーロー誕生 → 巷での活躍と共に深まる主人公の苦悩 → 強敵出現と初めての敗北 → 再起とクライマックス】というように、まさにヒーローものの王道。しかも学園ものとしての純情ラブストーリーも加味してあり…それらを、主役二人(鈴木亮平さんと清水富美加さん)が、真面目に演じています。瀬川英史さんによる音楽も、この二人の場面では、原則、真面目な曲調で、ときとして「シリアスすぎでは?」と感じるほど。そして真面目に演じれば演じるほど、シチュエーションや台詞とのギャップから、観る者の笑いを誘う…これは福田監督の演出上の戦略かな…と思いましたし、私は好感を持ちました。

 さらに、私が個人的に熱くなったのは、映画の後半に差しかかる【偽変態仮面との最初の対決から敗北に至る場面】です。これらは寒空のもとでロケ撮影されたことがわかります。随分前のことですが、私は某TVドラマのロケ現場に偶然、出くわしたことがあり「10数秒程度のワンカットを撮るだけでも、準備や打合せ等で、相当の時間がかかるんだな…」と知りました。そのため「路上での対決では強い風が吹いているし、その後のビルの屋上の場面は夜間。待機中は防寒に配慮したとは思うけど、撮影本番は、どんどん体温が奪われ、さぞかし寒かったろう…アスファルトや屋上の床に横たわるのは、さぞかし冷たかったろう…」と、観ている間、過酷な撮影現場を想像してゾクゾクしました。特に、偽変態仮面を演じる安田顕さんが、変態哲学を語り「そんな屈辱にエクスタシー!」と絶叫する鬼気迫る姿は、【寒さに耐える】を突き抜けたからこその境地から生み出されたのでは!…と感じました。もちろん、私が寒い季節に観たことも影響していたとは思いますが、おかげさまで、中だるみせずにラストまで集中して鑑賞できました。

 さて、採点ですが…上記のように安田顕さんについては言うに及ばず、見事なボディーを作り上げた鈴木亮平さん、そして福田監督をはじめとするスタッフの皆さんが、真剣に情熱を込めて創りあげたことが伝わってきて、新年早々、元気になれました!。当レビューに投稿するにあたり、DVDをレンタルしてノーカット版も観ましたが、感想は変わりません!率直には10点にしたいところですが…万人受けは難しいでしょうから、当サイトの採点基準である【見た後、率直に面白かったぁ…って言える作品】として8点を献上します。
 ところで、今や鈴木亮平さんは【西郷どん:2018年】で、一躍、大河ドラマ俳優になってしまいましたが…できれば、当作品を黒歴史化せずに、今後も代表作の一つとして誇ってほしいものです。また、男の子向けの作品ではありますが、某TV局のバラエティー番組【ダマされた大賞】の“変態おじさん”を楽しめる(というより、笑って許してくれる?)女性の方々なら、観ていただけるかも…と思ったりしています。
せんべいさん [地上波(邦画)] 8点(2019-01-27 21:25:12)(良:1票)★《更新》★
43.《ネタバレ》 一言でいうとこれは最低の映画だ。だが、最悪の映画ではない。というかこの手の映画は私の大好物だ。
よくぞこのバカバカしい原作を期待通りのバカバカしさ溢れる潔い作品に仕上げてくれたと福田監督の手腕に感心する。
主演の鈴木亮平のその仕上っぷりは見事だ。そして、安田顕。貧弱な身体を全く恥じ入ることなく惜しみなくさらけ出したその役者魂に、増々安田という男が好きになった。さらに、福田組常連の佐藤二朗。どんな卑怯な手を使ってでも笑かしてやろうというその姿には、執念というよりむしろ悪意すら感じる。さぞかし現場は修羅の世界と化していたことだろう。素敵だぞ佐藤。
kainyさん [インターネット(邦画)] 6点(2018-12-12 23:33:54)(良:1票)★《更新》★
42.変態仮面、筋肉すげえ・・・。アホな展開にアホな技、アホな演技の悪役にアホみたいにしょぼいCG。作る側がどうせアホな映画だし、みたいな姿勢が見える。それだけに筋肉がホント際立つ。
たろささん [インターネット(邦画)] 7点(2018-11-18 17:08:25)
41.《ネタバレ》 よくぞこんなの映画化しようと思ったわな。
バカだろぉ。
そしてよくぞここまでのクオリティに仕上げたなぁ。
神だろぉ。
ほんとまぁ、語るべくはない作品ですが、素晴らしい。
特に安田顕さん、地顔丸見えですからね。
確かに変態度は圧倒的に、本家を超えてたわな。
と、まぁ楽しいシーン満載の良い作品でした。

わたしは校則に違反しているかな?
の登場シーンは死ぬほど笑った(^o^)
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 8点(2018-04-29 22:12:18)(良:1票)
40.序盤の強烈な引きは良かった。この馬鹿馬鹿しい内容を映画にしてしまうなんて、ある意味で見事だと思う。ただ、前半の刺激の強さと比較して、後半だんだんと退屈に感じるようになってしまった。
もんでんどんさん [地上波(邦画)] 5点(2017-09-01 14:32:09)
39.《ネタバレ》 安田顕さんが、変態の役を見事に演じ切っていると絶賛したら、事務所の関係者からのコメントが
顕さんの地があれですから、演技というほどでもない・・との情報 そっちの方がビックリ。
真面目な役が来た時の方が、役者として頑張っていたんですかあ・・下町ロケットのイメージが崩壊。
最近クルマのCMで、メンタルのオカシイ演技してて、あの路線を突き進むのかますます不安に・・。(笑
まあ映画としては、お下品コメディなので、最低ラインはクリアしていますが、気になるのはまず
変態仮面の声が軽い。ここは音響さんに工夫して貰って、ずしっと強そうな安岡力也さんのような声に
して欲しい。ハーモナイザーでキーを下げた声を混ぜるとか、ショートリバーブで響きを足すとか。
で、最後に巨大ロボットとの対決は白けた・・ ありゃつまらないです。やめて欲しい。
ヒロインの女の子が、最近宗教に走ってしまいましたが、この映画のせいでないと信じたいです、ハイ。
変態もいろいろだけど、なんかこのキャラは女性大好き変態というより、ホモゲイ変態の雰囲気があるのは
原作のせいなのかなあ。自分的に見せ場は、偽物が街中で羨ましい悪事のシーンでした。失礼。
グルコサミンSさん [DVD(字幕)] 6点(2017-07-06 19:57:40)
38.最近、酔っぱらうと記憶が完全に消えます。単に消えるだけならいいんですが、その状態でけっこう複雑なことをこなしてしまうので困ったもので。
というわけで、全く記憶のないまま申し込んだAmazon プライム会員として最初の鑑賞がこれです。w
いやあ、とことん馬鹿げてます。でもそのバカげたことを、かなり真面目に作ってるのに好感を持ちました。
千眼さんも思っていたより可愛くてびっくり。(某事務所は、タレントと上手にやって行くのは下手かもしれませんが、審美眼だけは確かなものを持ってますよね)
これ。たとえ一円でもお金かけてたら、ちょっと引いたかもしれませんが、上記のような理由で元を少しでもと考えてる人間には十分満足。楽しめました。
rhforeverさん [インターネット(邦画)] 7点(2017-05-21 14:20:37)
37.《ネタバレ》 う~ん、アホですね(笑)
もちろんほめ言葉です。
虎王さん [DVD(邦画)] 7点(2016-09-19 22:04:14)
36.《ネタバレ》 変態仮面という作品の小学生くらいしか笑わないくだらなさの本質は珍しく実写化した映画作品の中ではブレていないと思う。
前半、やたら頻繁に使うCGやスパイダーマンにインスパイアというかパロディ丸出しで、
もうスパイダーマン変態仮面バージョンで行くのかな?と思いきや、
急にVシネ版「けっこう仮面」くらいの安い展開に。
まぁ、原作愛は制作側、演者側からも十分に感じられる作品ではあると思います。
清水富美加は「私、面白い演技してます!」という全開のオーラが出すぎてて苦手。
バニーボーイさん [地上波(邦画)] 6点(2016-06-26 08:49:10)
35.《ネタバレ》 はぁ~スゴイ映画(苦笑) 観始めて30分ぐらいまではなんとか頑張って観てたけど、基本的にキツいこともあってw飽きてきちゃったかな。役者魂というかプロ根性というかまぁよく変態仮面のお二人は頑張られていたと思いますよホント。なぁんとまぁ疲れる内容wだったけど、これを海外の人が観たらどう思うんだろ?拍手喝さいだったりしてね(笑)まぁそれはそれでということデ
Kanameさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2016-06-02 05:27:12)
34.《ネタバレ》 そうだったか。原作があんまり好きではなかったか。そりゃあ、映画もそんなに楽しめませんよね。皆さま仕事とはいえ、そんな恥ずかしげな役を・・・ノリノリで演じてらっしゃる(笑)
いっちぃさん [地上波(邦画)] 5点(2016-06-01 23:14:49)
33.《ネタバレ》 鈴木亮平の仕上げた体と、体当たり的演技は素晴らしいが、主人公のイタさがまだまだ突き抜け切れていない それに比べて安田顕の突抜感がハンパ無い この人のレベルで主人公が突き抜けていればかなり良かった ヒロインは逆に芝居が痛過ぎて見ていられないレベル このレベルでいいなら可愛ければだれでもいいと思える 片瀬那奈のセリフをしゃべってる時の振りとか、何より変態仮面の佇まいや、バトル時の振りが原作のイメージをよくここまで再現したなって思った この振りを考えた人はマジ天才的 強い弱いが変態対決になって行くあたりは面白いが、作りが真面目すぎるのか、今ひとつ笑いにつながってないと思った 脇を固める役者達の力不足もかなり感じた ザコキャラたちの力が抜けた芝居もちょっとわざとらしい 説明をすべてセリフでするのも、原作がギャグマンガだからかろうじて許せるが、テンポが悪くなっている原因になっているのでアレンジが必要だ とにかく変態仮面のくねくね動きと変態バトル、安田顕と片瀬那奈の変態振りが突き抜けて良いが、その他が空回りが残念な感じがした一本だった 
にょろぞうさん [ブルーレイ(邦画)] 7点(2016-05-10 12:39:30)(良:1票)
32.《ネタバレ》 なんだこれ,すごい(笑)
原作は知っていて,映画になったときの話題も知っていましたが,映画館に足を運ぶほどではなく。
たまたま,長距離バスに乗った時に,観ることができました。

いやあ,くだらない!!! でも,それがいい!!!!!
普段は,お堅い歴史映画が好きなんですが,この映画のおかげで「バカな映画を全力でたのしむ」というたのしさを知りました。

しかし,バカだからこそ,徹底的にバカでいてほしかった。
偽変態仮面が,本物のパンティ+素顔で見事なくらい演じているので,本物の変態仮面も,リアルで行ってほしかった。
他に言及されている方がいますが,ヒロインがパンティを脱ぐシーンも,明らかに「本当は脱いでない」ということがわかってしまって,残念。そこはやりきってほしかった!

こんなことを,真面目にレビューしてしまうくらい,大変楽しかったです。
続編もあるそうなので,今度こそ映画館に行ってみようかな。
プランクトンさん [DVD(邦画)] 8点(2016-04-17 18:57:13)
31.《ネタバレ》 たくさんの映画をDVDで見てきましたが・・・。SM中の片瀬那奈さんの声に警戒したのか、隣室にいた飼い猫が、見たことないぐらいしっぽを太くし、体勢を低くしてTVを確認しに来てしまったので、よくなだめておきました・・・。 いろいろ怖かったです。街中での撮影の様子を想像するとぞっとします。そして何より、偽変態仮面が、本当に怖かった。本物の変態仮面のおパンツはピシッとしているのに、偽変態仮面のおパンツはたるみがあって、呼吸でパフパフしていたり・・・。美しく完成している変態仮面を喰ってしまっていると思います。無名ではない安田顕さんに、ここまで役者生命をかけさせた何かを、考えさせられます。
まーごさん [DVD(邦画)] 6点(2016-02-29 12:43:02)
30.《ネタバレ》 HULUで鑑賞。
俳優さんたちの恐ろしいまでの怪演っぷりに拍手。
でも他の方も書かれてるように尺が長すぎた感
前半が一気に駆け抜けてるのでそのまま最後まで突っ走って欲しかったなと
脚本の問題っすな
まぁそれにしても安田顕さんのバトル最中の乳首いじりとかヤバイw
片瀬那奈さんも器用な女優さんだねと改めて感心
ぷらむ少佐さん [インターネット(字幕)] 8点(2015-10-28 23:04:10)
29.《ネタバレ》 主演・ヒロイン・敵役みんな頑張っていた。
さぞかしノリの良い撮影現場だったか想像がつく。
特に安田顕さんの怪演は凄まじいの一言。
でも自分的この世界観を見続けるのは辛く、最後の方は飽きてしまい惰性で見ていた。
当然心に残るものがなく、バラエティー番組を見終わった感じ。
映画としてはどうかと考えると4点、役者の熱演に+1点で合計5点が自分の評価。
たんたかたんさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2015-09-24 02:47:37)
28.原作未読だが大変に楽しめた。泣きたくなるほど下らない。凄まじく下品。当然ながらこれに高得点をつける、或いは人に勧めるのはやはり非常に勇気がいる。思わず主人公にならって、訊かれてもいないのに「でも私は変態じゃない!」といちいち注釈したくなるが、そんなことを口にしたら余計に変態ぽいし・・という苦悩に陥る悩ましい作品。ここはやはりキャストの役者魂に敬意を表することにしよう。鈴木亮平の肉体美は完璧。この見事なカラダさえあればどんな衣装でも(あの衣装ですらも!)かっこよく見えてしまうというもの。でもある意味彼以上に役者根性を見せていたといえるのが安田顕の偽変態仮面。屈辱感に全身を震わせながら変態哲学を語るイッちゃってる姿にこっちが涙目。サイコーでした。
lady wolfさん [DVD(邦画)] 7点(2015-06-25 02:08:29)(良:1票)
27.《ネタバレ》 変態仮面の再現性、あの肉体美はすばらしいと思います。ストーリー展開も途中までは、サクサク進んでおもしろいと思いますが、後半少しあきてしまいました。娯楽映画としてはよかったかと思います。
しかたんさん [DVD(邦画)] 5点(2015-04-04 01:57:21)
26.リアルタイムで読んだクチで、そのフォルムと立ち回りが強烈な印象を残す怪作漫画だった。まさかの実写版の再現度は文句なしで、良い意味で下らなさ全開だけど、これほどワンパターンだと正直退屈さが勝る。この手の内容なら80分弱に縮めた方が気楽に見れそう。
Cinecdockeさん [DVD(邦画)] 4点(2014-12-28 13:52:51)
25.《ネタバレ》 なんだこれ。全編、楽しい苦笑い(笑) 
原作漫画のことは知りませんが、日本であまた作成されたアニメ・漫画原作映画としては、屈指作品でしょう。
主演の鈴木亮平さんをはじめ、その他の共演の方々も、妙なキャラクターの役を真面目に演じられています。
MARVEL風のオープニングから、マトリックスや特撮ヒーロー要素満載のサラ金強盗解決までの20分は個人的には文句なしの10点w 
あと片瀬さんのキャラもなかなかw 
内容が内容なので万人には薦められませんが、これは・・これで・・・ういぃーーー!

こっちゃんさん [DVD(邦画)] 8点(2014-12-26 22:10:50)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 44人
平均点数 6.25点
012.27%
100.00%
200.00%
324.55%
424.55%
5818.18%
6920.45%
71125.00%
8920.45%
924.55%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.20点 Review5人
2 ストーリー評価 6.85点 Review7人
3 鑑賞後の後味 7.57点 Review7人
4 音楽評価 7.16点 Review6人
5 感泣評価 6.00点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS