Menu
 >
 >
 > きっと、うまくいく

きっと、うまくいく

3 Idiots
2009年【インド】 上映時間:170分
平均点: / 10(Review 56人) (点数分布表示)
ドラマコメディミステリー青春ものロードムービー
[キットウマクイク]
新規登録(2013-06-25)【すねこすり】さん
タイトル情報更新(2015-12-30)【カニ】さん
公開開始日(2013-05-18
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ラジクマール・ヒラニ
キャストアーミル・カーン(男優)ランチョー
シャルマン・ジョシ(男優)ラージュー・ラストーギー
カリーナ・カプール(女優)ピア・サハスラブッデー
ボーマン・イラニ(男優)ヴィールー・サハスラブッデー(ウィルス学長)
アリー・ファザル(男優)ジョイ・ロボ
ピトバッシュ(男優)
平田広明ランチョー(日本語吹き替え版【BSジャパン】)
高木渉ファラン・クレイシー(日本語吹き替え版【BSジャパン】)
川田紳司ラージュー・ラストーギー(日本語吹き替え版【BSジャパン】)
井上喜久子ピア・サハスラブッデー(日本語吹き替え版【BSジャパン】)
玄田哲章ヴィールー・サハスラブッデー(日本語吹き替え版【BSジャパン】)
水島裕チャトル・ラーマリンガム(サイレンサー)(日本語吹き替え版【BSジャパン】)
石塚理恵モナ(日本語吹き替え版【BSジャパン】)
脚本ラジクマール・ヒラニ
ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラー
製作ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラー
配給日活
編集ラジクマール・ヒラニ
あらすじ
インド屈指の名門工科大の新入生ファランとラージューは、学生寮で個性的な自由人ランチョーと知り合う。以来3人は、他の優等生とは一線を画した生活を送り、様々な問題を起こしながらもそれぞれの道を歩んでいく…。10年後、ファランとラージューは音信不通になっていたのランチョーの消息を知る同級生と再会する。ランチョーの行方を探す旅に出る2人。果たして再会の願い派は叶うのか? 映画大国インドで歴代興行成績ナンバーワンに輝く感動の社会派ヒューマンストーリー。主演はインドの大スター、アーミル・カーン。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
56.基本コメディーなのだが、恋愛や笑いの合間にふとシリアスな話題が入る。教育問題だったり友人の自殺だったり…その落差がメリハリになってとても良い。また、ランチョーの元にたどり着いたと思ったらランチョーの出自について新たな謎が出現したりして意外性のあるストーリー展開が、尺の長さの割には飽きさせない作りになっている。さすが映画大国インドで多くの記録を塗り替えた映画だけある。ランチョーがピアを夢想するときに、死にかけた爺さんを間に挟んでバイクに乗ってたシーンが出てきたときには笑った。好み45/50、演出15/15、脚本14/15、演技6/10、技術9/10、合計89/100→9/10点
chachaboneさん [DVD(字幕)] 9点(2017-03-15 23:11:20)
55.何というか、いろいろ盛りすぎなんだよね。出産シーンとか自殺未遂シーンとかそこまで必要なんだろうか。
もちろんよく練られた映画だとは思うけど。実際にはありえない御都合主義が多くてうんざりする。
主人公のランチョンからして出来過ぎ君で、それを淡々と進めればいいのにゴタゴタしているのがもったいない。
まぁでもよく出来ているので一回は見てほしいインド映画だ。
mhiroさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2017-03-02 16:27:01)
54.《ネタバレ》 ちょっと尺が長いけど笑あり涙ありで昔懐かしい雰囲気の流れで楽しめた。いろんな伏線も読めたのあったり意外なのありだったし。ランチョーが替え玉入卒者と発覚してから先が全然わかんなくなって、余計に笑顔で見終われた。
movie海馬さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2016-04-26 18:35:23)
53.《ネタバレ》 初のインド映画。

個人的にインド映画には必ずあるという
ミュージカル調な部分があまり合いませんでしたが、
それを覆す笑いあり、涙もありと良いストーリーでした。
ただ勉強する、良いところに就職するなど自分の人生も振り返っちゃいますね。
日本や世界の大学生達にもぜひ観せたいみたい!

ラストのどんでん返し?は自分がやりたい事をやった奴が勝ちみたいな
感動的な話で締めると思いましたがサイレンサーの商売先だったとは気づきませんでした。
すっきりしました。
とむさん [DVD(字幕)] 9点(2016-04-18 00:18:10)
52.私には面白さがわかりませんでした。出てくる人がみんないい人なだけで、正直つまらなかったです。
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 2点(2016-04-04 00:56:10)
51.《ネタバレ》 インドの学歴就職事情や生活事情について深く考えられさせ、でも泣いて笑って感動し、観終わった後は爽やかな気持ちちで自然に笑顔が続き、久しぶりに全力で友人に勧めたい!と思った映画でした。気持ち的には10点にしたいところですが、少々お下劣なシーンがあったのでマイナス1点です。「本当の親友とは、困った時やイザという時に損得勘定なしで助けてくれる・行動してくれる人物だ」と実体験や映画などから感じていたことですが、このランチョーこそそれを体現している人物ですよね。こんな友人がいたらきっと人生がより楽しく充実になると思います。親友二人以外にも学長やライバルなど強烈な個性を持っているキャラがいいスパイスになっていて、またミステリー要素も加えた事で3時間が長く感じません。私は女でいずれ母親になりたいと思っていますが、子供の個性や意志を大切にしたいなとも思いました。
forestcrownさん [DVD(吹替)] 9点(2016-04-01 22:04:25)(良:1票)
50.2時間50分もあるのに、そんなに変わったことはやっていない単純ストーリーなのに、各シーンに無駄がなく、少しも間延びしていない不思議。馬鹿な友人って素晴らしい、というたった1つの当たり前のことを言うためにその全部の時間を投入してしまうテンションの高さも、同様に素晴らしい。
Oliasさん [DVD(字幕)] 7点(2016-03-31 01:01:06)
49.《ネタバレ》 3時間という長尺が気にならない、エピソードてんこ盛りの感動作でした。全く予備知識なしで鑑賞し始め、男子学生寮の様子がちょっとお下品で、あれ?大丈夫か3時間、と思いましたが、ドローンの自殺の所から雰囲気が変わりました。インドの学歴競争と若者の自殺件数について、そして激しい貧富の差など、かなり深刻な問題を投げかけています。それでもミュージカル部分が能天気で全体的に明るい作品になっている。三人は馬鹿な事もするが、それぞれに悩みを抱えつつも、退学の危機や就活を乗り越えます。三人がお互い支え合って、そしてうまくいく。ラストもすがすがしい。長かったけど最後まで観て良かった。「アーリーズウェール♪」の歌がいつまでも耳に残っています。
ちゃかさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2016-03-20 12:38:52)
48.大学時代の同級生が10年後に再会する、が、その相手は? という、O・ヘンリの「二十年後」とか松竹新喜劇の「人生双六」みたいな発端(要するに、ハズレなしの鉄板ネタ、というヤツですかね)。学生時代と現在とを全く無理なく演じ分けた役者さんたちが、まずもって見事。というよりむしろ、たった10年後の設定にしては歳食い過ぎてるやろ、というヒトもいるくらいで(笑)、とにかく学生時代のシーンにおけるこの若々しさが、作品を成功に導いております。
作中に散りばめられたエピソードやセリフが、意外な形で伏線になっていき、ここまでうまく伏線回収されると、ちょっと人工的でイヤミな感じがしないでもないですが、ミステリ作品を楽しむような気持ちで観れば(実際、物語にそういう要素も若干あるし)、気持ちよく楽しめるのではないかと。もちろん、それらのエピソードが、回収するためにのみ伏線として存在するのではなく、ちゃんと物語の起伏に繋がっているからこそ、楽しめるワケでして。「誰だって間違うことはあるんだ」という学長の言葉が、結構、感動的だったりします。
ただ、こういう感動を、もう少し巧みに作中に入れ込んでくれれば、なお良かったんだけどな、という側面もありまして。何かと言えば登場人物に涙を浮かべさせて見せる演出、ややマンネリ感もあります。
ところで本作の中に、テストの答案を出すのが遅れて教官に受取りを拒否されるエピソードが出てきますが、コレ、本作のオリジナルではなくって、以前からある有名なもののようですね(早坂隆「世界の日本人ジョーク集」にも載ってます)。
鱗歌さん [CS・衛星(吹替)] 7点(2016-03-13 08:17:12)
47.《ネタバレ》 インド映画もずいぶん垢抜けたなあ、とびっくり。主演の男優・女優とも欧米人みたいな顔立ちで小ざっぱり、小奇麗。ちょっと前までのこってりインドな暑苦しさがちと懐かしい。
女子は洋装でスクーターを乗りこなす女医の卵、男子エリート学生は激しい競争の真っ只中と、舞台設定も欧米化だけども、山ほどのエピソードをてんこもりに詰め込んだストーリーは、やっぱりちょっと盛りすぎな感があってスタイリッシュとは言い難い。田舎の娯楽芝居のような張り切りぶり。
各キャラは立っているし(その家族までが印象深い)主人公の本当の出自が明かされるくだりはプチサスペンス感もあって、確かに見ごたえはある。だけどやっぱり鼻につく演出。”ええ場面”ではお互いによく泣くので観てるこっちがちょっと引く。泣くのは恩を受けた側だけでよくないでしょうか。学長の仕打ちも二度三度としつこく、強権的でえげつない。少なくとも三名は自殺へと追い込んでますよね、この人?
総じて、笑いどころとか、かの国との感性のズレを所々感じる作品でありました。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-03-11 23:27:58)
46.《ネタバレ》 ちょっとやりすぎても、うまくいく~♪で乗り越えられたのはなんとも能天気で、ちょっと理解できないところだけど、面白かったです。インドの感性がイマイチ分かりませんが、全体的にハッピーな感じ。3時間は長かったが登場人物の背景をきちんと説明できているのは良かったと思います。
Keytusさん [DVD(字幕)] 7点(2016-02-29 23:22:58)
45.《ネタバレ》 ◆インド人特有の時間感覚なのか、3時間に及ぶ大作だが、三人を描くにはこのくらいの時間が必要だったかもしれない。日本人の倫理感からすれば、仮病で飛行機リターン、下品なスピーチ単語すり替え、学長邸宅荒らし、バイクで病院乗り込み、なんてどうよと思わせる個所はあるにせよ、逆に強者の価値観や常識に囚われる社会もまた息苦しいのではないか。それをデフォルメに代弁してくれるのが彼らであり、『ショーシャンクの空に』を思わせる共通点がちらほら。非常識だからこそ、アップルの製品が生まれ、フェイスブックが生まれ、ドローンによる監視も現実味を帯びてきた。勿論、選択する自由への代償も覚悟しなければならないが・・・。◆中盤、ランチョーはこの世に存在しない人物だった?と驚いた場面があり、そこからの切り返しが見事。ほとんどミュージカルに頼らない脚本が抜群に上手い。◆日本では下流拡大から恐れるように一流大学・一流企業のレールに乗りたい子供達が急増中だという。ただ、保身のための手段として履き違えていることが問題であり、社会を良い方向に変えるための目的と過程が重要なのだと映画は伝えている。それが取引先の社長の正体に集約されていた。湖と空が織りなす青一面のラストショットはこの数年で記憶に残る一枚だ。
Cinecdockeさん [DVD(字幕)] 8点(2016-02-23 21:03:39)
44.《ネタバレ》 すんごく面白い、と勧められると、それを検証するような気持ちで見てしまう。インドの(笑)のツボが自分とずれていると感じた。
特に、留学生に違う言葉を教えて笑うシーン。人をからかって笑うのは自分的にはng。しかも「ゴーカン」と言う字幕で笑えますか?いいえ。
初めて見たインド映画なので異文化への敬意をはらいたいが、可もなく不可もなく、かと言うと、不可があるから4点。
LOISさん [映画館(字幕)] 4点(2016-02-13 14:39:57)
43.「超格差・競争社会を勝ち抜くためには何でもあり」みたいな生き方が伝わってくる超楽しい映画です。ベタベタのストーリーですが、笑いと涙、ミステリーにサスペンス、ロマンスにミュージカルと何でもありの物語が細かいところまできれいにまとめられていて、話が進むほどに引き込まれます。品の無い場面も多いですが、人間の本性に素直に向き合うセンスと皮肉のこもった数々の比喩がとてもナイスです。ちょっと長めですが、きれいな背景と絵にかいたようなハッピーエンドが観終わった後の心地よさを際立たせてくれます。
ProPaceさん [CS・衛星(吹替)] 10点(2016-02-13 01:44:19)
42.インド映画らしからぬすばらしいストーリー。頭がいいってうらやましいね。
六爺さん [DVD(字幕)] 8点(2016-01-26 15:01:30)
41.全然知らない映画だったし、インド映画は見たこともなかったけど、このサイトで点がよかったので見てみました。最初のうちはアホなコメディ映画だと思ったけれど、途中から見事な展開でした。笑いながらも心に響き、ちょっぴり泣かせ、最後は爽快に終わります。とっても元気になれる映画です。もうちょっと短ければいいんですがね。
チョコレクターさん [CS・衛星(吹替)] 9点(2016-01-15 09:26:13)
40.《ネタバレ》 常識破壊者を投入して、まわりがそれに感化されていく。という構造は『男はつらいよ』的ではあるのだが、主役のランチョーが寅さんとは違って、デキスギ君で、ちょっと嫌味があり、愛されるキャラでもないので、イマイチ好きなれず話に入り込めなかった。他の3人はその辺にいそうな青年たちで群像劇としては悪くはないのだが。本当に自由に生きる人間として描くなら、同じ大学のエリート学生ではなく、違った環境で全く別の生き方をしているスナフキン青年にした方がよかった。ランチョーがスーパーマン的扱いなので、結果的に話がデキスギでやや説教臭くなってしまった。青春群像劇なら絶望や挫折や裏切り等々の苦悩的なモノがもっとあってもよかったような。数名が学内で突然自殺(未遂)してしまうのも何だか唐突だった。同窓会的青春群像なら『サニー 永遠の仲間たち』の方がいい。
東京50km圏道路地図さん [地上波(吹替)] 5点(2016-01-12 12:47:08)
39.”うまーくいく、うまーくいく”って、流石に何事もご都合主義でうまくいきすぎて萎える。
新年早々、真顔のままで映画を見通しました。
はりねずみさん [DVD(吹替)] 2点(2016-01-10 11:30:52)
38.笑えて泣けて感動できて楽しめる、この上なく痛快な気分にさせてくれた映画でした! 単純なストーリーですが、最後まで飽きることなく、テンションMAXなまま、ラストまで突っ走ってくれましたね。自分も、指の数より多い指輪をつける臆病タイプでしたが、これからは、あれこれ考えずに「うま~くい~く」と唱えて、楽しく生きていきたい!そんな気分にさせられました♪ とにかく、観て良かった!!!
ramoさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2015-11-21 17:57:38)
37.とにかく笑った。
でも、中盤くらいから雲行きが怪しくなる。
一昔前の日本のような社会問題が織り交ぜられて、単なるおバカ映画じゃなくなってくる。
それでも、インド人の天性の陽気さのお陰で、それほど深刻にならないのがいいね。
終盤は笑いながら泣かされる展開で、散りばめた伏線もガンガン回収していく。
バカみたいに長い映画だったけど、最後までハイテンションで楽しめました。
自分もランチョーたちと一緒に青春時代を過ごしたかのような爽やかな余韻の残る作品でした。
あと、どうでもいいことだけど、邦題がちょっとおかしい。
正確には、うまーくいーく。
もとやさん [DVD(字幕)] 9点(2015-09-28 12:22:19)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 56人
平均点数 7.77点
000.00%
100.00%
223.57%
300.00%
411.79%
523.57%
635.36%
71017.86%
81730.36%
91730.36%
1047.14%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.50点 Review2人
2 ストーリー評価 5.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review2人
4 音楽評価 6.50点 Review2人
5 感泣評価 4.50点 Review2人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS