三文役者のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > 三文役者
 > (レビュー・クチコミ)

三文役者

[サンモンヤクシャ]
2000年【日】 上映時間:126分
平均点:5.54 / 10(Review 13人) (点数分布表示)
ドラマドキュメンタリー伝記もの小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2021-04-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督新藤兼人
助監督新藤風
キャスト竹中直人(男優)タイちゃん
荻野目慶子(女優)キミエ
吉田日出子(女優)アサ子
新藤兼人(男優)カントク
乙羽信子(女優)オカジ
江角英明(男優)白鯨亭のオヤジ
松重豊(男優)キミエの兄
倍賞美津子(女優)トシコバーのママさん
真野きりな(女優)広島のバーの女
菊地百合子(女優)安夫の花嫁
東郷晴子(女優)ラーメン屋のばばあ
絵沢萠子(女優)廓の女
六平直政(男優)亀岡のタクシー運転手
上田耕一(男優)広島のタクシー運転手
今井和子(女優)アパートの近所の人
川上麻衣子(女優)アパートの近所の人
大森南朋(男優)「人間」~「悪党」の助監督
鈴木卓爾(男優)「落葉樹」の助監督
堀川弘通(男優)「花物語」のカントク
今村昌平(男優)証言者
神山征二郎(男優)証言者
田中要次(男優)トラックの運転手
原田大二郎(男優)愛仁病院の院長
二木てるみ(女優)縄手の旅館のかみさん
波乃久里子(女優)河原林の酒屋の主婦
原ひさ子(女優)タイちゃんの実母
桂南光(三代目)(男優)キミエの父
木場勝己(男優)トロフィーを受ける男
塩野谷正幸(男優)ジャズ喫茶の古田
谷津勲(男優)アパートの近所の人
下飯坂菊馬(男優)フランソアの大学教授
渡辺とく子(女優)夢子バーのママさん
笠原秀幸(男優)
竹嶋康成(男優)映画撮影隊スタッフ
大杉漣(男優)
田口トモロヲ(男優)
千葉茂樹(男優)近映協の糸氏
原作新藤兼人「三文役者の死」
脚本新藤兼人
音楽林光
撮影三宅義行
製作新藤次郎
プロデューサー新藤次郎
配給東京テアトル
近代映画協会
美術重田重盛
録音武進
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
13.《ネタバレ》 一度、劇中で見たら、忘れられない風貌の俳優、殿山泰司。
彼の愛すべき私生活を、殿山が怖い人だと言っていた監督、新藤兼人監督自身の
手により映画化。作品も竹中の好演が効いて、愛すべき一本になっている。

荻野目慶子は映画と結婚したような女優。
その体当たりの演技は、もうこれが映画の中と思えないくらいの肉迫ぶり。
素敵です。

何度も言うが、とても愛すべき映画だ。
やはり映画は、役者の魅力が隠し味のように効いてくるものだと再認識させられた。
竹中の魅力が、いつしか殿山の魅力と重なり、乗り移ったのではないかと思わせられる。
トントさん [ビデオ(邦画)] 9点(2019-07-04 00:48:02)
12.俳優殿山泰司の伝記映画だが、知っている世代には興味深いかもしれないけど、知らないと面白くも何ともない。
実際に出演していた映画のモノクロ映像やエピソードがしばしば挿入されるが、縁のない映画なのでついていけない。
全然知らない興味もない人のアルバムを身内ウケで延々見せられたのと同じような感覚。
竹中直人の演技も、よく知らない人物のモノマネなのでピンと来ないし、作りすぎてわざとらしく鼻につく。
そんなモノマネを2時間も続けられると胸焼けする。
飛鳥さん [ビデオ(邦画)] 2点(2013-07-16 21:22:55)
11.ちんこちんこぱ!でかなり笑いました。ここ近年乙羽信子さんの映画をよく見てたので非常に楽しく観れました。
ケンジさん [DVD(邦画)] 7点(2012-04-10 21:10:38)
10.故人となった乙羽信子が出るのが評判になってたが、証言者としてちょっとだけ出てくるのかと思ってたら、ナレーターで出っぱなしだった。しかも殿山泰司役の竹中直人と切り返しで会話調になったりするのには驚いた。生きてるうちにシナリオを完璧に作って撮影しといたんだな。プレハブに住み込み共同作業で映画を作っていた独立プロシステムの記録として、貴重な作品となるだろう。晩年、ポルノなどに出て嫌気がさし演技賞のトロフィーを投げる、なんて場面があって、こっちが思っているアナーキーな殿山泰司のイメージと違ったが、そういう面もあったのかなあ。
なんのかんのさん [映画館(邦画)] 6点(2008-08-23 12:13:33)
9.ダメ人間の生き様をダラダラ見せる伝記ものの典型的駄作。
カラバ侯爵さん [ビデオ(邦画)] 1点(2007-11-06 21:18:37)
8.みなさんが書いているように「荻野目慶子は上手い」です。
最初は「おいおい、17って設定は・・・」って思ったのですが
見ていると違和感がそんなに無くって・・・。女優だなぁ~。
でも竹中直人がちょっと見つづけていると鼻についてくる。
荻野目慶子と絡んでいる時は大丈夫なんだけど後半はちょっとしんどい。
モノマネも最初は良いけど最後まであれで通すとちょっとクドイ。
あずきさん [DVD(字幕)] 5点(2005-05-07 15:10:48)
7.つまらなかった。やはり映画としてみるには、その時代、人物、世相全てに思い入れのない世代の自分にとっては、最後まで観るのがつらかったな。荻野目慶子は本当にうまい!これぞ女優という艶技です。竹中はちょっと作りすぎですね。普通に演じて欲しかったなというのが私の印象です。
たかちゃんさん 3点(2004-04-30 13:12:04)
6.あ~良かった。印象に残るシーンがいっぱいあったし、荻野目慶子の演技力に脱帽!って感じです。竹中直人は物マネ&演技のW攻撃で観てるこっちが、いっぱいいっぱいになっちゃいました。ちょっと無理があったのかも?足の裏にキスするシーンが好き。
ぽんこさん 6点(2003-04-21 10:07:56)
5.「生きたい」を見て、新藤映画にはまりつつあります。竹中さんは良い味を出されてるんですが、どうも先入観からか、物まね風な感じで安っぽい印象も受けました。まぁ、それだけ泰ちゃんに似てるって事なんでしょうが。荻野目慶子さんの大胆な演技には惹かれるものがあります。彼女は、あぁいった役にハマってますね。実際に泰ちゃんが出演されていた、時折出てくるモノクロ映画。味わい深いです。最近の映画よりエロチズムを感じるには何故なんでしょうか?吉田ひでこさんにもっと登場して欲しかったなぁ。全体には見ごたえのある映画だったと思います。
みぃさん 8点(2002-10-14 14:28:55)
4.構造的にも面白いし、竹中直人演じる「殿山泰司」というキャラもかなり面白い。ただ、劇中では何十年という時間が経過しているはずなのに、それが上手く描かれていなかったような気がする。例えば住む家が変わるとか、電話やテレビが新しい物に変わるとかすれば、簡単に解決すると思うんだけど。子供の成長が唯一時の流れを示す指針になっていたけど、ちょっとわかりづらかった。
スペシャルラブさん 7点(2002-09-18 02:42:00)
3.竹中直人って見た感じあんま好きじゃなかったのでけっこうきつかったです。そこがねらいかもしれないけど、どう見ても60・70には頑張ってはいたけど見えないです。個人的にいろいろおもしろくなかった。。。
バカ王子さん 2点(2002-02-02 13:56:43)
2.泣けました。竹中&荻野目の息が見事にばっちり。挿入される過去の出演フィルムもうまく生かされていて、「泰ちゃん」(および乙羽さん)への監督の愛をひしひしと感じさせられました。
リコシェ号さん 8点(2001-12-02 04:02:47)
1.“泰チャン”の独特の言い回しは普段の生活でもほとんど変わらないということを、竹中直人がその風体やしぐさをもややデフォルメしながら、そのひととなりを気負う事もなく実に爽やかに演じてみせてくれる。それにしても荻野目ちゃんの相変わらぬ大胆な演技にはまたまた驚かされるし、乙羽信子の天国からの特別出演はさらにビックリだ!
ドラえもんさん 8点(2001-05-26 23:50:26)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 13人
平均点数 5.54点
000.00%
117.69%
2215.38%
317.69%
400.00%
517.69%
6215.38%
7215.38%
8323.08%
917.69%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS