そして父になるのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ソ行
 > そして父になる
 > (レビュー・クチコミ)

そして父になる

[ソシテチチニナル]
Like Father, Like Son
2013年【日】 上映時間:120分
平均点:7.07 / 10(Review 83人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-09-28)
ドラマ
新規登録(2013-08-17)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2018-11-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督是枝裕和
演出飯島奈美(フードスタイリスト)
キャスト福山雅治(男優)野々宮良多
尾野真千子(女優)野々宮みどり
二宮慶多(男優)野々宮慶多
真木よう子(女優)斎木ゆかり
リリー・フランキー(男優)斎木雄大
夏八木勲(男優)良多の父 野々宮良輔
樹木希林(女優)みどりの母 石関里子
風吹ジュン(女優)良多の義母 野々宮のぶ子
高橋和也(男優)良多の兄 野々宮大輔
國村隼(男優)良多の上司 上山一至
田中哲司(男優)弁護士(良多の友人) 鈴本悟
中村ゆり(女優)看護士 宮崎祥子
小倉一郎(男優)病院の職員
大河内浩(男優)病院側の弁護士 織間忠治
井浦新(男優)宇都宮の研究所職員 山辺真一
ピエール瀧(男優)宮崎祥子の夫
吉田羊(女優)良多の同僚の女性社員
脚本是枝裕和
作曲ヨハン・セバスチャン・バッハゴルトベルク変奏曲
撮影瀧本幹也
製作亀山千広
フジテレビ
ギャガ
企画石原隆〔製作〕(企画協力)
臼井裕詞(企画協力)
制作西川美和(制作協力)
砂田麻美(制作協力)
配給ギャガ
美術三ツ松けいこ
衣装黒澤和子(衣裳)
編集是枝裕和
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
83.《ネタバレ》 ええ〜…評価高いから期待して見たけど、なんじゃこりゃ。
6年育てた子供をどっちの親もお互い離したくないと思ってるし、子供も知らない家に行きたくないのに、結局取り替える流れになったきっかけや明確な理由がない。どう考えてもうまく行きそうにない、誰得な選択をなぜするんだ、と。登場人物が脚本の都合でアホになってるから冷める。
ラストでも福山はほとんど父親として成長してない。元々教育に小うるさいだけで、そんなに嫌な父親でも怖い父親でもないし、この事件のあとも、多少子供と遊んであげるんだろうな〜ってくらいの変化しか想像できない。
最後の子供との再会も、ゆっくり歩いて話してるんじゃなくて、めちゃくちゃにみっともないくらい泣いて追っかけて、すぐ力いっぱい抱きしめたれや。お前は俺の子だと、一緒に暮らそうって言ってやれよ。ごめんな、ポンポンじゃすまないよ。
母親とリリー、子どもたちはよかったのに、福山のキャラの苦しみ、後悔、成長が弱く、主人公に感情移入も応援もできない作りになっており、「父になる」という大事な主軸の表現や感動が弱い話になってしまっている。もったいない。
ブラック武藤さん [インターネット(邦画)] 2点(2019-10-07 21:30:42)★《更新》★
82.《ネタバレ》 自分なら迷わず育ての子供を選びますが。
やっぱり子供物はダメだね。
この歳になると涙が出らあ!
kontikiさん [ブルーレイ(邦画)] 8点(2019-09-24 08:05:05)
81.《ネタバレ》 去年の6月にテレビで見たらしいがCMが多くて変なCM入りだったとあるので地上波かな。

プロットは割と単純で、出生時に取り違えになった男の子ふたり。
父親二人は、片方(福山)はエリートで多忙で嫌味、もう片方(リリー)は貧乏で奔放で暇。
ちょうどエリートのほうは、なんで自分の子供なのにこんなにできないんだ?と思っていたところ、という。
ここまではまあまあよくある話なんだが、ここからの味付けで本当に才能に差が出るなぁと。

まぁ、ただ、嫌味に見ればこれは逆算の映画かな、と。
最初にたぶん福山ありきで持ち掛けられた話じゃないかなと。
そこで監督は思いつくわけだ、そうだ、福山を嫌な役にしようと。
福山といえば大体いい役だから、そういう「役職」の「いやな性格」に、
その逆といえばで意表を突いたと言えるのがリリーだろう。
以降リリー=貧乏父さんというイメージが付いて回るわけだが。

なんにせよこの話の気持ち悪いところは、誰にでも共感できるところだろう。
子供を自分の子供じゃないと思うのは男親だけかもしれないが
子供がこの親本当に自分の親なのだろうかと考えるのは人生に一度くらいはあるだろう。
親がよく冗談で言う「(元から)うちの子じゃない」「橋の下から拾ってきた」の延長とも。

それにしても元々俳優である福山の演技はお世辞にもうまいとは言えないのが
元々漫画家だった演技のうまいリリーとの対比で、福山の演技も許せるかなぁと。
この見せ方も明らかに監督の計算だろうのは言うまでもないのでやはりうまい。
そして何よりこのタイトル、これは明らかに福山が演じる父親に100%かかっている。
リリーの演じるほうではない、というところだろう。
にんじんさん [地上波(邦画)] 8点(2019-08-21 03:42:27)(良:1票)
80.血か過ごした時間か、そして裕福だけれど淡白な家庭か貧乏だけれど温かみのある家庭か、ステレオタイプな部分もあるが非常に対照的に描かれている。自分だったら、どちらを選ぶか、幸せの在り方を考えさせられた気がする。
是枝監督の映画を観るきっかけになった作品。
アクアマリンさん [地上波(字幕)] 9点(2019-07-27 18:40:05)
79.《ネタバレ》 主人公・野々宮の造形については、ステレオタイプなものを脱却しようという懸命な努力は窺えるし、安直な方向に流れてはいない。しかし、そこを突き抜けて、この壮絶な物語の中心に位置するほどの存在を確立しているかといえば、そこまでは至っていないし、やはり食い足りない。●ただし、尾野・真木・リリーとの四者の取り合わせは絶妙であり、ここの押し引きの呼吸が万華鏡のように交錯することによって、作品に一本の鼓動を与えている。とりわけ、ほどよく一般人、ほどよく俗物、ほどよくいい人という役作りを完成させたリリーの功績が大きい。●病院との交渉シーンや法廷シーンはまったく滅茶苦茶で、交渉の場で病院はあんなことは絶対に言わないの連続だし、法廷では何が争点なのかがさっぱり分からない(大体、取り違えに争いがない以上、病院は責任の否定のしようがないのでは?何で尋問が行われてるの?)。看護師が証言台で突然告白というのもありえない(どっちが申請した証人なんですか?)。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2019-01-09 04:17:37)(良:1票)
78.《ネタバレ》 倍速ですっ飛ばしたくなるようなトロトロの展開に、途中で嫌気がさした。
ところどころでいいシーンはあるけれど、感動しないし笑えない。
福山パパの暗い翳がさす家庭じゃ、家出したくもなるだろう。
もっと前向きになれる映画が観たい。
mhiroさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2018-12-31 19:02:19)
77.私も男の子の母親なので、母親達のリアリティある演技に自分を重ねました。
尾野真千子さん真木よう子さん、それぞれのキャラクター良かったです。
大人も子供も悶々とした気持ち、私にもずしっと重い。
実に辛いです。

子供たちそして親の幸せを願うばかり。
たんぽぽさん [地上波(邦画)] 8点(2018-11-07 16:19:19)
76.《ネタバレ》 良い感じの映画です。父になるミッションをクリアしたのかな?
まだ、8人の家族が必要と思えるが。
cogitoさん [DVD(邦画)] 7点(2018-06-26 23:38:00)
75.感動より怖さが残る。
なぜなら、実際に起こり得る事例だから。
それを、感動ストーリーだけで描いていない所に好感が持てる。

相変わらずリリー・フランキーはダメな男を演じたら良い。
バッジョさん [DVD(邦画)] 7点(2018-06-09 21:00:29)
74.再観賞で9点から10点にアップ。
やっぱり血かなー。
へまちさん [DVD(邦画)] 10点(2017-12-01 23:49:19)
73.絵に描いたような白々しいスーパーヒーローではない福山を、おそらく初めて見ました。(出演作をすべて見てきたわけではありませんが。)いつもとは調子が違うせいか、いささかぎこちない感じもしましたが、けっこう熱演だったように思います。
それにしても重い話です。しかも現実にある話だから、恐ろしい。しかし6歳にもなっていきなり交換するというのは、さすがにナシだと思いますけど。どういう道を選択するにせよ、スッキリ解決とはならないわけで。どこかで覚悟を決めて割り切るしかないのでしょう。
それはともかく、派手なドンパチがあるわけでもなく、豪華スターがズラリと勢揃いしているわけでもなく、安っぽい笑いでごまかすわけでもなく、それでも固唾を呑んで見守りたくなるような映画でした。「大人の鑑賞に堪える」とは、きっとこういう作品を指すのだと思います。
眉山さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2017-09-27 23:51:05)
72.《ネタバレ》 「そして父になる」というタイトル通りの映画で、主人公が人として成長する物語

主人公がステレオタイプのイヤな感じの優秀仕事人間で、最近では暴言の豊田議員(ちょっと前だとワタミの会長)あたりを連想させる人間なのですが、その主人公が自分より下に見ていた人たち(というかこの人はすべての人を下に見てるわけですが)からいろいろ教えられて人間らしさを知っていく話なわけです。
ある意味テレビ版エヴァのような「僕はここにいてもいいんだ」「おめでとう」的な話ですね。

しかし「三つ子の魂百まで」ということわざにもある通り、人間の本質はそうそう変わるものではなく40年積み上げてきた人間性が今更大きく変わるわけもないわけで(私も50年以上生きてるのでそれくらいの想像はつきます)、おそらくこの数年後には再度問題噴出、離婚(しかも嫁から突き付けられる)にいたる…というのが透けて見えるわけで、そのあたりなかなか微妙な映画であります。

映画のストーリーは、正直言って正解がどこにもない非常に難しいものですから、どこに着地したとしても「まぁそれもあるよね」としか言いようがないものになってしまうわけで、そういう意味ではストーリーはどうでもよくて、結局ただひたすら主人公の成長を見守るだけという、映画を観る前に想像していた内容(取り違えた子供をどうするかの葛藤がメイン)とは全然違うテーマの映画だったのでそこはちょっと驚きましたが、しかし先に書いた通りタイトルではきちんと映画のテーマを説明してくれているので、これは僕が悪かったといえます。
あばれて万歳さん [地上波(邦画)] 6点(2017-09-18 21:15:40)
71.《ネタバレ》 知らぬが仏とでも言えば良いのだろうか。
言うだけ言って、選択を委ねる病院は無責任だ。

4人の親が全く異なる性格の持ち主であるのが面白い。
気の強い真木よう子、おちゃらけていてるリリフランキー、気難しい福山雅治。
そして静かに苦難を受け入れる尾野真千子。(個人的には彼女のキャラクターが一番すきだった)
様々な個性と考えがぶつかり合い、最後には子供だけでなく親たちも成長している。

一方で、斎木家の描写をもう少し観てみたたいとも思った。
リリー・フランキー演じる斎木雄大もなにかバックストーリーを持っているはずだ。
最後風呂の中で慶太くんが静かに見つめる雄大のタトゥーがそれを暗示している様に感じた。


そして、父になるというタイトルのセンス素晴らしい。
最後双方がどちらの選択を取ったのか観客の我々には分からないが、
どちらの選択をしても今後苦難が待ち受けているのは間違いない。
それでもどちらの家族も応援したい。そしてどちらの家族もその苦難を乗り越える事ができるだろう。
そんな風に思わせてくれるちょっと悲しいけど爽やかな映画だった。
鈴木さん [インターネット(字幕)] 8点(2017-08-27 19:26:35)(良:2票)
70.いかにもお涙頂戴的テーマにあまり興味が持てなかったのですが、TVでやっていたのをたまたま観、最後まで集中して観られました。
二組の夫婦がそれぞれ味があって好印象、特にリリー・フランキーが良かったです。
クリプトポネさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2017-08-06 15:13:43)
69.《ネタバレ》 夫婦で観ました。僕らには小さな息子が1人いるので、もう感情移入度はハンパなかったです。嫁も僕も涙ポロポロ状態でした。クライマックスで、あることに気づき福山雅治演ずる主人公が、唇をふるわせるほど心にカウンターパンチをくらう場面があるのですが、あそこの主人公の気持ちが、もう、直に伝わってきて、ヤバいです。あと子供たちの立ち振る舞いや表情が自然すぎて、それゆえに、子供たちが映るたびに涙です。鑑賞後はもちろん、家族とは、親とは、なんかをテーマに夫婦で会話がはずみました。色々な考え方があると思います。それを考えるいいきっかけになる映画でした。
なにわ君さん [ブルーレイ(吹替)] 10点(2016-09-28 01:27:45)
68.《ネタバレ》 ピエール瀧&リリー・フランキーってコンビ?まさに凶悪?

いや、フランキーさん、いい役。

「大事なのは一緒にいる時間だよ。」いいセリフ。

最後は・・・ご想像にお任せします的だったから、嫌いかな。

主人公と父親、血のつながった子供、よっぽどうまくいかない。

風吹ジュンさんが後妻で2人を育てたこと、

子供をわざと取り替えて、守ってもらった息子も血のつながりは無い。

(馬は血だ、犬猫でも交換は・・・だの、そういう発想は置いといて)


途中、流れるバッハの「ゴールドベルク変奏曲〜アリア」が痛かった。

ここでこの選曲はすごい。

ハンニバルレクター的★
新しい生物さん [DVD(邦画)] 8点(2016-09-26 01:19:04)
67.子供を取り違えて育てるなんて。なんて残酷な映画なんだ。親の葛藤、子供の葛藤をあるあるで上手く表現出来てる映画であり、感心しました。また、自分の子供に対する見方も考えさせられた。ウチのは間違いなく自分の子なので、こんなに平凡な暮らしが出来ているって感じです。
SUPISUTAさん [地上波(邦画)] 8点(2016-08-29 08:41:45)
66.《ネタバレ》 そして父になる。この表題が家族という概念を問う。出産の苦しみを知らない男性にその実感がないから尚更だ。エリートの主人公に訪れた暗転。お金や身分といった面子を剥がされ、過去のトラウマからか素の自分を受け入れないでいる。もし、意図的な取り違えがなかったら、二つの家族は幸せになれたのか? 主人公は本当の父親になれたのか? 夫の連れ子と二人暮らしの女性看護師や電気屋の親父の方がずっと親としての役割を全うしている。この映画には答えはなく、結論は二つの家族で決めることだ。下手したら家庭環境等で人生が狂ってしまう。それでも、起こってしまったことに地団駄を踏まず、時間をかけて前を進むしかない。高級セダンが停まった古い家屋に、誰の声が分からない子供たちのはしゃぎ声が新しい可能性を提示する。
Cinecdockeさん [映画館(邦画)] 7点(2016-06-16 21:41:27)
65.《ネタバレ》 主人公の子供よりも幼い子を育てていますが、とても恐ろしい話だと思いながら鑑賞しました。何より観ていて終始いやな気持でした。決定を急がせ、子供の交換をさも同然のように言う病院も、二人とも自分の子供にしてしまおうと画策する父親も。夫と分かり合えない妻(母親)の姿も。全く対照的な暮らしをしている二人の子供も。ですが、終わり方はよかったです!カメラに残っていた子供が映した自分の寝顔を見てやっと、「父」になり、初めて子供と対話することができます。とは言え、遅すぎますけどね…。多くの父親とはこういうものなのでしょうか?うちのイクメン且つ私より家事の出来る夫というのは希少なんだろうな~。
SAEKOさん [地上波(邦画)] 7点(2016-05-17 13:51:37)
64.お互いの家庭をとても対照的に描いていて、特に福山に対してあまり家庭を顧みない父親という印象を持ってしまうが、結構普通にいそうな感じ。箸の持ち方を注意するところなんか上手いと感じる。尾野の意向と夫婦間のやり取りがもう少しあると良かった。
nojiさん [地上波(邦画)] 7点(2015-11-15 22:59:01)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 83人
平均点数 7.07点
000.00%
100.00%
211.20%
333.61%
422.41%
567.23%
61315.66%
72327.71%
82024.10%
91113.25%
1044.82%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review6人
2 ストーリー評価 5.80点 Review10人
3 鑑賞後の後味 5.33点 Review9人
4 音楽評価 7.60点 Review5人
5 感泣評価 4.85点 Review7人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS